マサさんの映画レビュー・感想・評価

マサ

マサ

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

3.5

ラストシーンに痺れた!あのシチュエーションめちゃくちゃ好き!個人的に音楽映画としてインプットしました。だって、後半たたみかけて来るんだもん。「せがれ」ときたお祖父ちゃんも格好いいし、ロングライフルも素>>続きを読む

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

3.0

絵が綺麗だわ~。モビルスーツ内の360°モニターとかやばいね。ガンダムのディテールは夜のシーンが多かったからはっきり見えなかったのが残念。次作だな!ハサウェイってもうすでに老練した人だったのね。シリー>>続きを読む

ナイト・オブ・シャドー 魔法拳(2019年製作の映画)

3.0

残念ながらジャッキーのアクションは見れず。ただ、妖怪達のCGは盛りだくさん。話も中々面白いのだが、メインの話は良い話っぽくしてるけどお前らのせいだからな感は否めないな~。ジャッキーファンはおさえとけぃ>>続きを読む

カムバック・トゥ・ハリウッド!!(2020年製作の映画)

3.0

大ベテランたちさすが!面白い映画を作ってくれますなぁ。前半パートも面白いけど、本領はやはり後半の撮影パート!思惑と違う素晴らしいカットの連続に名画の予感全開!実話でもありそうな話だぞ。ミラクル社の作品>>続きを読む

インサイダー(1999年製作の映画)

3.0

タバコ業界を巡る事実を基にした映画。こんなに実名企業出して大丈夫なのかと心配になるくらい日本でも聞いたことある企業が登場。企業と個人との情報を巡る暗闘が展開。主演の二人の演技も良いですな。きっと告発者>>続きを読む

漁港の肉子ちゃん(2021年製作の映画)

3.0

大竹しのぶさんだったのか。あのトーンでやりきるとはさすがですな。そして、思ってたよりもはるかに大人向けのアニメだった。後半は泣かしにくるのでそのつもりで。肉子ちゃんの見た目からは想像できない人生を見た>>続きを読む

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.0

OLの最強は私だ!って、いや働けし!バトルに次ぐバトルでOL感ゼロ!おバカなあだ名も良いよね~。遠藤憲一さんと室井滋さんの怪演がやばかった。そこにもってくるとはやるな!広瀬アリスさんのスカジャン姿がま>>続きを読む

リトル・ニキータ(1988年製作の映画)

3.0

少年の青春グラフィティかと思ったら全然違う展開じゃないか!サスペンスだったのね。両親の設定とか実際にアメリカではあったことなのかな。あんな人混みの中で人質を取ったり銃を撃ったりするなんて、恐ろしい奴ら>>続きを読む

グリーンランドー地球最後の2日間ー(2020年製作の映画)

3.0

序盤から次どうなるのかが気になって、引き込まれてしまった!現実世界にもありそうなことだからかな。人の良し悪しが如実に出てくるのもリアルだな~。降り注ぐシーンはあんなに来るかって感じでえぐいね。最後日本>>続きを読む

日本統一33(2019年製作の映画)

3.0

侠和会の幹部が次々に警察の手に落ちる。丸神の新たなメンツは暴れん坊!いよいよ全面衝突に向けて駒が出揃ってきたか!?愛知のあの方はあんな我慢強くて芯の通った人だったっけ!?残るは関東だけだったが争いがま>>続きを読む

アオラレ(2020年製作の映画)

3.3

ラッセル・クロウ最初から最後までやばいやつだった~!!アオラレどころの騒ぎじゃない展開が終始展開。弟ももちろんだが、名も無き人々が次々と巻き込まれていくのは恐怖。あのサプライズはなんて冷静さなんだ。ク>>続きを読む

日本統一32(2019年製作の映画)

3.0

侠和と丸神、そして中国マフィアが激突寸前!少しの火花でも発火しそうな展開に終始目が離せない!そしてラストには今後の激闘を予感させる出来事が。まさかアイツが登場するとは。鶴見さん!!鶴見さんが丸神を引っ>>続きを読む

ローズメイカー 奇跡のバラ(2020年製作の映画)

3.2

面白かった!人とバラの成長の物語。あの3人がみんなすごいいい人なのね。今までバラに触れる機会は無かったので、種があそこに出来るとか、新種はこうやって作るとか色々新鮮。洋服もバラ柄が多かったりこだわって>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

3.0

うん、まぁ世界がすごくなってた。前半と後半のシンジくんのメンタル真逆だぜ。そして、シンジくんが司会となって次々と皆を浄化させていったか。人って結構簡単に捨てられるものなのね。ミサトさんの柔らかい声の方>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

3.0

え、これドキュメンタリーなの!?やばい奴らが続々と登場するため、モザイクが多用されてるじゃないか!でも、モザイクが取れるパターンは新鮮だった。皆さんかなり積極的で実際会いに来る肝っ玉はすごい原動力だな>>続きを読む

カツベン!(2019年製作の映画)

3.0

我らが映画に音が無かった時代。そこに命を吹き込む人々の物語。昔の映画のあるあるがちりばめられているOPがいいね~。成田凌さんは活弁士の雰囲気をこれでもかというくらい醸し出してたわ。ラストはバタバタしす>>続きを読む

明日の食卓(2021年製作の映画)

3.3

三者三様のゆうくんとその母親たち。どの家庭も一つは自分に当てはまりそうな怪しい出来事が忍び寄ってくる。菅野美穂さんの叫びは一見の価値あり!子供たちも良い演技で盛り上げてるな~。飛行機雲のごとく良いこと>>続きを読む

カットスロート・ナイン(1972年製作の映画)

3.0

ヘイトフルエイトの元ネタらしい。7人の囚人とともに刑務所を目指す。まさかそこに金が隠してあったのかー!そして、え、この人死んじゃうの?的な展開も。要所でかかるBGMが緊張感を高める!

立ち去った女(2016年製作の映画)

3.0

230分に及ぶその女のストーリー。本当にゆっくりとワンシーンとストーリーが進んでいく。優しさと恨み、愛がじっくりと見てるものの中に熟成されたときクライマックスへ。静けさとこのテンポ、見始めるなら気合い>>続きを読む

風をつかまえた少年(2019年製作の映画)

3.0

大雨にやられ、日照りにやられその日の食料すらままならないアフリカの村。問題は日本の人々が文字通り湯水のごとく使う水。水があれば雨季以外でも畑で栽培が可能!風が強いその地域で水を汲み出すポンプの電力を賄>>続きを読む

スタイルウォーズ(1983年製作の映画)

3.0

地下鉄のスプレーアートを巡るドキュメンタリー!冒頭の街灯から覗くアートの演出は良かった。でも日常に使う人にとっては確かに否定的な意見が多いこともうなずける。特に車内はな~。投資した人は成功したのかな。>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

3.0

榮倉奈々さんの個人的にはベスト!かなりたくさんのコスプレというか死んだフリを見せてくれる。その後の笑顔がまぁ素敵なわけで。そして、死に方もかなり凝っているのだ。後半は少し感動系に舵を切ってしまうが、死>>続きを読む

フィスト・ファイト(2017年製作の映画)

3.0

こんな学校絶対行きたくない!卒業の日に学校にイタズラしまくる生徒たちに戦慄!それに怒り斧で机を叩き壊す先生のせいで教師同士の決闘さわぎに。日本のノリと全く違うので合うかどうかは見てみるべし!ピンク色に>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.0

ラストがいいね!ベタだけど良い!宗教の違いを描きつつもそんなもんは障壁になんてならないんだよ!という制作者の心意気を感じる。ん?これ実話なの?最初は歯牙にもかけなかった彼女の母親と仲良くなる展開も良か>>続きを読む

クー!キン・ザ・ザ(2013年製作の映画)

2.7

まさかあのおじさんから物語が始まるとはね。ストーリーがカオスだな~。まさかこんなにチェロの音色が出てくるとは思わなかったけど。月夜に登場したあの子がすごい良かったけど、出演時間は短めなのね。クー!とい>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

3.0

OPとクライマックスの曲の入りが格好良いねぇ~。劇中に出てくるMIRAMAXがシャレが効いてるね。あ、買ったんだって。セリフ回しや演出にクスリとさせられて楽しい。ヒュー・グラント師匠がフィクサーなわけ>>続きを読む

トレマーズ4(2004年製作の映画)

2.8

なぜか4で過去編に突入!お馴染みの顔もご先祖様として登場。武器が旧式のため、空気を読んで相手もシンプルな形で出現。前作の空を飛んでるのを見ると、ちと物足りないかな。凄腕のガンマンのキャラはやばくて素敵>>続きを読む

神と共に 第二章:因と縁(2018年製作の映画)

3.0

今作は3人の使者の過去について解き明かされる。そして、韓国俳優の雄、マ・ドンソクが合流!結構リアルな投資話も出てくるのね。CGの素晴らしさは前作と同様。閻魔がまさかあの人だったとはね。まさに副題の因と>>続きを読む

FUNNY BUNNY(2021年製作の映画)

3.0

独特なセリフ回しと世界観。最初はサイモンのくだりがあったから、軽い感じで進むのかと思った心の葛藤や想いがあふれ出てくる感じで熱い叫びがたくさん出てきた。町中華が中々攻めてるが、メニューのアイツとはどん>>続きを読む

96時間 レクイエム(2015年製作の映画)

3.8

あぁ、リーアム・ニーソン師匠のこのシリーズもこれでラスト…。今回も家族にまさかの展開!お前師匠の恐さを知ってるはずなのによくそんなことしたな。とばっちりで殲滅されるマフィアよドンマイ!アクションは今作>>続きを読む

96時間 リベンジ(2012年製作の映画)

3.8

リーアム・ニーソン師匠のシリーズ二作目!まさかの師匠が拉致される展開だが、目をつぶっていても距離や場所を測るのはさすがの無敵ぶり。娘のキムも今回は大活躍!奴らのリベンジにも全く動じない師匠。その引き金>>続きを読む

96時間(2008年製作の映画)

4.0

リーアム・ニーソン師匠の最高シリーズ一作目!誘拐されるときのアドバイスがすごい。そして、娘が捕まって犯人に対してあのセリフは中々言えないぞ。かっこいい!ほぼピンチに陥ることもなく、娘に手を出した輩を始>>続きを読む

なんのちゃんの第二次世界大戦(2020年製作の映画)

3.0

現代劇だったのか!?外来種の亀にマッカーサーと名付けたり、駆除しようとしたり、平和とは何かを問いただしたり、戦争を考える上で第二次世界対戦だけでいいのかと提言したり。所々のメッセージは見えたんだけど難>>続きを読む

荒野の無頼漢(1970年製作の映画)

2.8

妹を殺されてしまうというショッキングな展開からスタート。曲は西部劇の雰囲気が満載でいいね~。物語が進むにしたがって、南北戦争が絡んでくるというスケールの大きさも披露。だが、なぜそこで撃ち合いをしないん>>続きを読む

トレマーズ3(2001年製作の映画)

3.0

飛んだぁー!!もはや地を這うだけの生き物ではなくなった奴ら。飛びかたもチープで怖さは全く無いな。ただし熱探知が備わってるので出会った際は注意して欲しい。あの3人はドタバタ劇を終始繰り広げてくれるので、>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

3.0

下北沢が舞台なので、ちょっと舞台劇のような感じのする映画。「映画に大きいも小さいも無い」は映画ファンにとっては金言でございました。泊まり明けのあの5人の会話は積み上げてきた設定が遺憾なく発揮されてたな>>続きを読む

>|