マサさんの映画レビュー・感想・評価

マサ

マサ

映画(951)
ドラマ(0)

白鯨との闘い(2015年製作の映画)

2.8

木の船とでっかい銛で鯨を取りに行ってたなんてすごい時代だ!一年で樽一杯にみたいな話をしてたからその位行くこともあったんだね。確かに鯨との戦いは迫力あるけど、後半はほとんど生きて帰れるのかのサバイバルを>>続きを読む

暴走車 ランナウェイ・カー(2015年製作の映画)

3.5

あまり暴走感は無いと笑うなかれ。こいつは面白い作品だったぞ!車内という日常が地獄に早変わり。犯人は気になるし、息子は大変だし、娘良い子だし、奥さんこんな時に何してるのってなるし、登場人物は少なくてわか>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

3.0

本当にある街角で出会ってから、物語が始まる。実際こんな人や出会いがありそだな~っていうくらいリアル。どこかに絶えず付きまとう暗さと、それとは真逆の希望を持ってる音楽パート。そしてラストはそこでそんな風>>続きを読む

路上のソリスト(2009年製作の映画)

3.0

すごい人はどこにでもいるもの。車がビュンビュン行き交うなかでチェロを聞き入る場面とかはすごく良い味を出してると思う。人それぞれに価値観があって、自分の思う幸せを人に与えようとしても良い結果にはならない>>続きを読む

闇金ドッグス8(2018年製作の映画)

3.8

とある事情で一週間限定公開になってしまったが、素晴らしいゲスさ!これはまだまだ色んな話いけるな!やっぱり面白い!!気になるのは9の公開とDVDの発売と続編の制作。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.5

オチはわかるんだ!中盤にはわかるんだ!でもわかっていてもおばあちゃんには弱いんだ!心の中で早くリメンバー・ミーを歌えと叫んでしまったよ。一緒にハミングするなんてなんて良いシーンなんだぁー!!

ポンペイ(2014年製作の映画)

2.8

地図から消えた街ポンペイ最期の日。火山の噴火というよりも、ヒューマンドラマで魅せる作品。熱い男の友情と死に様、そして権力を持つ悪い輩。その輩のしつこさにうんざりし始めた時こそクライマックスだ!!ラスト>>続きを読む

人間の証明(1977年製作の映画)

3.0

あの人の存在を証明するからこのタイトルになったのかな。同じ親でもこうも対応が違うのか。松田優作の渋さ、今も変わらない大物への捜査の難しさ、日本とアメリカとの行き来を見て楽しもう。犯人はすぐ検討がつくが>>続きを読む

最後のマイ・ウェイ(2012年製作の映画)

3.0

マイウェイってフランク・シナトラがオリジナルだと思っていた自分。まさかフランスの歌だったとは!?恋人への束縛や嫉妬、世間への見栄などやばい一面もあるものの、チャンスを待つのではなく、掴みにいくハングリ>>続きを読む

X-コンタクト(2015年製作の映画)

3.0

海から拾った危ないものにむやみに手を出してはいけない!ゾンビやサメよりやっかいな小さき物に一気に地獄に叩き落とされるぞ!死に方がかなり痛そう。そして感染してるかわからない恐怖。ハービンジャー号ここに落>>続きを読む

北のカナリアたち(2012年製作の映画)

3.0

昔の教え子である生徒の元を訪れていくにしたがって、今と昔の真実が徐々にわかっていくという構成。主人公が良い人すぎて、普通なら裏の顔とかも出てきそう。でも演じてるのが吉永さんだからね。歌がうまい子供達と>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.0

勢いに乗る国よりも苦境に立たされながらも決して倒れない国の方が強い!アメリカ参戦前にあそこまで決断できるとは。日英同盟の破棄がやっぱりでかかったな~と一人思う。去年公開のダンケルクと合わせて見るとより>>続きを読む

狂覗(2017年製作の映画)

3.5

うわー、これ事実基にして作られてんのか~。この手のことを取り上げた作品は数あれど、ここまで生徒が出てこないのは珍しいな。そしてほぼそのシーンだけでここまで飽きさせない演出!森先生の最後の行動は狂愕!覗>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険(2017年製作の映画)

2.5

リニューアルされたドラえもんのオリジナルストーリー映画を初めて見た。絵はすごく綺麗。そして今回は映画といえば良い人になる&大活躍が多いジャイアンがあんまり活躍してなかったな。意外とヒラリマントを持つス>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.0

特別燃えるようなシーンは無かった気がするけど、なんか見れちゃう!つーか怪獣以上にイェーガー東京の街を壊しすぎだ!!何な恨みでもあるのでは!?そしてまさかあそこに怪獣が大好物のレアメタルが大量にあるとは>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

リーアム師匠に手を出すと身の破滅を招く!たとえどんな権力を持った人物であろうとも!サスペンス、列車の迫力、アクション色々な要素がつまっていて、後半になるほど引き込まれていったよ!リーアム師匠の最後の笑>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.0

日にちも時間も違うのに途切れてないように進行していくカメラ演出が見事!ドラムソロのBGMも個人的には好き。特殊能力のくだりはどのように解釈したらいいのかな。コメディーになりそうでならない、マーベルに入>>続きを読む

私は絶対許さない(2018年製作の映画)

3.5

私が死んだ日の嫌悪感、家族の描写、男というものの描写すべてがものすごいインパクトで襲ってくる!これはそんじょそこらの話題作では太刀打ちできない。過去の自分の客観的視点も良かった。見るなら覚悟を決めて行>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.0

思わぬ邪魔が入ったと思ったら一気に奈落の底へ。最近のスパイは道具やら技術よりも人の心をどう操るかが重要になってくるのね。それにしてもあんな拷問されたら自分は2秒でショック死するな。ある種の爽快さが残る>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.0

ゲームの中で大暴れ!ライフゲージが三つしかないのに、それを感じさせないハラハラ感のなさ!そしてドウェイン・ジョンソンの筋肉量がやっぱりすごい!敵キャラの印象が全くないのに飽きないのもすごい!最後はみん>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.0

日本が戦時中に守れなかった、報道の自由。真実と国の利益。権力と国民。新聞社という立ち位置を再確認させられる重厚なストーリーだった。見終わってよく知らない人は水門事件について調べ出すことだろう。自分もし>>続きを読む

シコふんじゃった。(1991年製作の映画)

3.0

珍しい相撲映画。若貴ブームに乗ってシコをふませちゃったのだ。竹中さんが大学生役というところにまず度肝を抜かれたわけだが。内容は面白い!ラスト手前で止めても良かった気もしたけど。相撲が好きじゃなくてもき>>続きを読む

キング・オブ・エジプト(2015年製作の映画)

3.0

弱いんだか強いんだか映画を見てると良くわからなくなる神様たちが多数登場!だが安心して欲しい、我らが人も大活躍するのだ!ゼウス弱っ!とか目簡単に手に入るな~とか思うかもしれないが、なにも考えずに楽しもう>>続きを読む

運命の逆転(1990年製作の映画)

3.0

実話を基にした殺人未遂事件の裁判。被害者の奥さんも十分やばいが、奥さんが瀕死になっているのに飄々としている旦那もかなりのもの。弁護軍団が新たな証拠のもと真相にせまるが、結局真実は闇の中。誰が何のために>>続きを読む

不機嫌なママにメルシィ!(2013年製作の映画)

3.0

途中まで良くわからなかったけど、後半になってだんだんとこの作品の意図がわかってきた気がする。色々周りから言われたり、考えたりするが結局は自分の気持ち次第ということで。腸洗浄はうけたくないということが良>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.0

子供向けにしては中々ショッキングな話題もありつつのんびり見れました。個人的には目覚まし時計と子守りにエルヴィスに大活躍のあっちのお兄ちゃんがツボだった。そしてメイン前のビルビーが何気に好き!

アースレイジ 合衆国最期の日(2013年製作の映画)

2.0

アメリカを恐怖に陥れる新エネルギーの暴走による竜巻。その竜巻がなぜか逃げても逃げても主人公一家を目指して突撃してくる。何度ここまで来れば…逃げろ!!を繰り返すんだ!?絶えず嵐のシーンにも関わらず、逃げ>>続きを読む

ハプニング(2008年製作の映画)

3.0

人類に逃げ場無し!目に見えず、匂いもせず、音もせず。自然が本気になれば人間なんてちょちょいってことよな。生き残るのは運でしかないが、とりあえず風が吹いたら風下からは逃げませう。ハプニングなんて簡単な言>>続きを読む

世界で一番パパが好き!(2004年製作の映画)

3.0

あの手の展開だと最後まであの日のことを引っ張ってしまいそうなもんだが、一度そこからコメディーに持っていくのがこの作品。しかもそれだけでは無く、最後の山場へ向かって、転職での面接現場、お遊戯会と印象に残>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.0

鶴が逝った…というこで何か良い話に落ち着いたけど、ピンと来てない部分もあり。途中から話がガラッと変わって予想していた展開から全く違ったものにもなったし…まさかハクリュウに幻術を見せられていたのではある>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

バイク便で働いていたララさんは、謎をもろともせず、腕の筋力、弓の実力、体力、運、財力すべてを持っているスーパーウーマンであった。訓練無しであそこまで出来るとは、才能って恐ろしいね。きっと続編もあらば大>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.0

パターソンに暮らすパターソンさんの日常。それ以上でもそれ以下でも無い日常の一部を切り取った映画。誰にでも起こりそうなちょっとした非日常や人との会話をゆったりと見るのがこの映画の楽しみかただと思う。

ファンシイダンス(1989年製作の映画)

3.0

お坊さんコメディーとは中々無いタイプの作品だ。坊主頭もみんな違和感が無いなぁ。こんなに厳しい修行を一年間しないとお寺を継げないなんてやっぱり大変な職業なのね。ちなみにあのトイレの作法は実話なのか?だと>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.0

思ってたよりもヒューマンドラマ&政治性の高い作品だった。パンサースーツや科学力はマーベルヒーロー要素満載なので続編も期待できるな!鎖に繋がれるよりも死を選べなければブラックパンサーの敵にもなれないし、>>続きを読む

スズメバチ(2002年製作の映画)

3.0

昆虫苦手な人にはダメな映画か!?と思いきやそうではない!二つの物語が重なるときにメインの攻防戦が始まる。なんか犯罪者の一味が良い奴に見えてくるのが不思議なとこだよね。警備員のおいちゃんはヴァイオリンを>>続きを読む

PAN ネバーランド、夢のはじまり(2015年製作の映画)

3.0

ピーターパンはこうして誕生した!って話。個人的にはネバーランドのはちゃめちゃな生き物たちをもっと見たかったかな。ネガティブなピーターパンよりも良いとこ取りのフック船長の方が主役感が強い!船同士の戦闘シ>>続きを読む

>|