マサさんの映画レビュー・感想・評価

マサ

マサ

映画(1168)
ドラマ(0)

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

3.0

盲目の少女と透明人間の少年が出会ったら。このシチュエーションでしか成立しない恋。でも少女は目の手術をして少年の姿を見たいという。果たしてその結果は!?透明人間の動く描写などがすごく丁寧でアドバイスを透>>続きを読む

トリプルX ネクスト・レベル(2005年製作の映画)

3.0

主役がヴィン・ディーゼルじゃなくなってた!前作からのメンバーを残しつつ、新たな主役で再起動!いや、再起動は次か。サミュエルがあそこで本当に死んだと思った人が何人くらいいるのか気になるところ。アクション>>続きを読む

トリプルX(2002年製作の映画)

3.0

ヴィン・ディーゼルが大暴れ!奴が出てきた時点で、もはや敵に勝ち目は無し!肉体を使ったアクションももちろんすごいけど、車に乗ったときの安心感とスッキリ感はさすがワイルドヴィン!続編も早く見たくなったぜ!

黒の怨(うらみ)(2003年製作の映画)

3.0

最後の乳歯が抜けるとき、奴がやってくる!明かりがないとやられてしまう…。子供時代を乗りきっても、ずっとついてまわる。なんて恐ろしい!でも元はといえば、村人がわるい!それにしても、すべての人が乳歯生え替>>続きを読む

精神分析医J(1995年製作の映画)

3.0

両親が殺された!残されたのは娘と息子。そこに登場するのがJだ!あんまり精神分析をしている印象はなかったけど、真相にせまっていくぞ!事件の真相よりも二人の子供の演技と声マネのレパートリーの多さに注意が向>>続きを読む

ハチ公物語(1987年製作の映画)

3.0

ご存じ忠犬ハチ公の物語。この映画を見てみると、犬に対しての接し方が人によって両極端すぎるな。ずっと待つことになるお父さんがすごく良く描かれているせいもあって、飼おうと言い出したその娘の冷たさがすごい際>>続きを読む

バニラ・スカイ(2001年製作の映画)

3.0

トムの顔が大変なことに!イケイケの人生がそこから急転直下!ストーリーもそこから一気に視聴者を惑わせに来る!現実は性格が変わってしまうほど辛すぎる世界。そんな現実より何でも思い通りになる世界でのんびり暮>>続きを読む

映画 ちびまる子ちゃん(2015年製作の映画)

3.0

まる子とマルコが縁でホームステイすることになったイタリアから来た少年。まるちゃんにしては丸尾くんががんばってるものの、ギャグよりもほんわかがメイン。むしろ一瞬少女マンガ原作の恋愛っぽい要素も。

ブレイン・ゲーム(2014年製作の映画)

3.0

連続殺人事件発生!そこに登場するのはアンソニー・ホプキンス!おじいちゃんだけど、存在感はやっぱりあるな。あの特殊能力はかなりずるいが、ずるいがゆえに、ラストのシーンの究極の選択は重い!知ってしまう辛さ>>続きを読む

女ドラゴンと怒りの未亡人軍団(2011年製作の映画)

3.0

当主が行方不明!唯一の一族の男である嫡子に出陣命令が!このまま不利な戦に向かわせれば、最後の男子が死んでしまう。じゃあ未亡人の私たちが守ろうということでたくさんの未亡人が出撃!いすぎて誰が誰だかわから>>続きを読む

スモールフット(2018年製作の映画)

3.5

子供向けかと思って侮ってはいけない!CGもさることながら、話がめっちゃ深い!まさかそうくるとは!言葉の不便さと無用さ両方味あわせてくれる演出も見事!最後のシーンは理想だけど胸を打たれてしまったよ。チョ>>続きを読む

パシフィック・ウォー(2016年製作の映画)

3.0

原爆を運ぶという歴史的な役割の一端をなした戦艦インディアナポリス。その任務の後に、さらなる死闘が待ち受ける。もし運送中だったら歴史が大きく変わったかもしれないな。隠れたサメ映画でもあるが、この状況が一>>続きを読む

フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石(2008年製作の映画)

3.0

軽いノリで終始展開。長年見つからなかった沈没船に乗っていた財宝があっという間に見つかるという戦法だ!おそらく、最後のほうでヒロインがドンピシャなところに浮上してくるシーンでは総ツッコミが入ることだろう>>続きを読む

劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~(2018年製作の映画)

3.0

アニメは初期の頃しか見てなかったので、久々の鑑賞。相変わらず優しい綺麗な物語だな~。人間と妖怪それぞれの想いもしっかりと描かれてたし、ニャンコ先生のいつも以上の可愛さも見れたし良かった良かった。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.0

何もしない事が最高の何かにつながる。じゃあ会社を辞めて、のんびりしようか。でも無理だよプーさん!休みでも見たい映画がありすぎて、何もしないなんて出来ない!おバカな話は置いといて、プーさんとリグレットの>>続きを読む

ゾンビーズ(2018年製作の映画)

3.0

ディズニーにかかれば、ゾンビも青春映画に早変わり!しゃべる、踊る、恋する、笑い合う。襲うことなんて忘れてしまったかのようなゾンビと人間の共学青春ストーリー。これはこれでいいんだけど、やはりちょっとスパ>>続きを読む

私の愛情の対象(1998年製作の映画)

3.0

中々複雑な二人のお話。20年前にこの話題をやってることに、日本よりも大分進んでいる外国のLGBTの事情があるのかな。様々な友情と愛情が入り交じりながら、ラストへ。コメディー以外のジェニファー・アニスト>>続きを読む

LBJ ケネディの意志を継いだ男(2016年製作の映画)

3.0

ケネディ暗殺については日本人でもほとんどの人が知ってるけど、その後を継いだ大統領は?と聞かれたら答えられない人が多いに違いない。この作品を見れば、ケネディが暗殺された背景、その時の周りの状況、そしてジ>>続きを読む

ラバランチュラ 全員出動!(2015年製作の映画)

3.0

正直誰が全員なのかはわからないが、蜘蛛を倒すのだ!主人公と家族以外は続々と倒れる上に、女王蜘蛛を倒せば他も死ぬという超都合の良い設定つき!廃れた映画俳優が現実のピンチにスポットライトを浴びる場所を見つ>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.0

音を立てるとやばい!喋るな!落とすな!泣くな!音を封じられると生活するのが大変だ。お父ちゃんの見せ場が家族愛の見せ場。その見せ場から物語が一歩前進。こだまする装填音は絶望か逆転か、それとも諦めか。見て>>続きを読む

伊賀忍法帖(1982年製作の映画)

3.0

ヒロインが双子だったり首が入れ替わったりで、忍法に化かされてるかのように複雑。城からダイブ→空中捕獲連れ戻しからのあの展開は中々の衝撃だった。忍法帳とあるが敵側は使うけど主人公はほぼ使わなかった気も…>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

3.0

ババアこと母ちゃんの存在感がすごい!最初から最後まですごい!主人公の女性に対する接し方が途中から全く変わってきて、かなりやばい方向に進んでいくけど、アイリーンへの気持ちはきっとあったと信じたい!胸くそ>>続きを読む

散り椿(2018年製作の映画)

3.0

映像美と噛み締めさせるストーリー。深いゆえに相関図を頭に入れておかないと、ちょっとこんがらがってしまうかもしれない。馬も殺陣もこなす岡田さんの万能っぷり。そこに豪華俳優人が加わり重厚さ∞。エンドロール>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.0

電気を消すと奴がやってくる!コイツのせこいところは、自分で電気を消してくるところだ!そんなことされたら生き延びれないじゃないか!とりあえずたくさんの電気とブラックライトを用意して恐怖の夜に備えましょう>>続きを読む

エリン・ブロコビッチ(2000年製作の映画)

3.0

見た目や素行なんかで疎まれてる人が、ある場所ですごい才能や力を発揮する話って好き。もうちょっと才能を開花させるくだりがあると思いきやいきなり本題なのね。大企業に苦しみながらも噛みついてく姿は見てて爽快>>続きを読む

ダウンレンジ(2017年製作の映画)

3.0

車が見晴らしの良いところでパンクしちゃった。と思ったら、凄腕のスナイパーになぜか狙われているぅぅぅ!!的なやつ。車しか楯が無い中で、どうやって生き延びるのか!?補充メンバーの使えなさといったら。そして>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.0

プレデターつえー!もう、止められないでしょあんなの!ただ、基本速攻でやられていく中、主人公周りだけは補正が効いてて大健闘!途中まで軽いノリが続いてたけど、最後は見せ場も個人差はあるがあり。ナイフでプレ>>続きを読む

ペット 檻の中の乙女(2016年製作の映画)

3.0

いやー、そう来たか!?タイトルからわかるとおり乙女が檻の中にいます。結構やばい主人公の暴走かよと思っていたら、もう一つ先があったよ!お前もやばいんかい!って奴が出てきちゃったよ!この展開は予想して無か>>続きを読む

永遠の僕たち(2011年製作の映画)

2.6

出会いは趣味のお葬式巡りでという中々無い出会いかた。初恋とは叶わぬものと決まっているのか、叶いそうになるとそれを阻止しようとする力が働くのね。そこにからむ加瀨亮さん演じる日本兵の幽霊が作品の評価に大き>>続きを読む

純平、考え直せ(2018年製作の映画)

3.0

マジで純平考え直してくれぃ!みんなそう思うはず!SNSはかなりいい加減なことが呟かれてるけど、取捨選択できればこれほど使える情報はないな。そして「またね」ということばの良さを再実感。柳さんいいね!先輩>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.0

ドウェイン・ジョンソン+インテリ=無敵!!飛んだり、渡ったり、もうミッション・イン・ポッシブル以上のミッションを軽々こなすドウェイン先輩に脱帽!粘着テープが主役に躍り出る印象があるものの、やはりドウェ>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.0

静から激動だった死霊館シリーズに比べ、今回のは動から激動だった!ヴァラクさんがもう呪ってきまくり!ちょっと霊というよりも怪物感もあったけど、やはり見入る。次への期待感もちゃんと持たせてくれるのが素晴ら>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

3.0

しょっぱなから歌声のダイナミックさに圧倒されてしまったぜ。ダンスのキレや完成度にも魅せられたと思ったら、やっぱりまた歌声に圧倒される。当事者同士では解決出来ない事柄を、第三者を巻き込むことで新たな視点>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.0

実写版。死の影が迫っているというのにあそこまで明るくできるなんて強い子。じっくりじっくり描いてると思ったら、まさかあんな展開とは…。なんだかんだずっと一緒にいたいはずなのに、笑顔でデートに送り出すお母>>続きを読む

暗殺(2015年製作の映画)

3.0

昭和初期の韓国。当時は日本が入り込んできているのでとても複雑で難しい時代。タイトル通り暗殺がメインの話だけど、色々な伏線が絡み合って最後の場面へと集約されていくから、見ごたえ十分!ヒロインの人屋根から>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.0

いやー画面所せましと動く動く。小さくなるのはもちろん、大きくなったり飛んだり大忙し!ストーリーも暗くなくて良いし、周りのキャラも色が濃い!ゴーストの映像処理とか大変なんだろうなぁ。アレをキックボードみ>>続きを読む

>|