GaPToothさんの映画レビュー・感想・評価

GaPTooth

GaPTooth

映画(1566)
ドラマ(33)

バラントレイ卿(1953年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ブラボー!エロール・フリン!
絵になる男前!魅力的な笑顔!圧倒的な存在感!
やはりエロール・フリンの剣戟シーンは最高!胸ワク( ノ^ω^)ノ
コテンパンにやられた姿も麗しくゾクゾクする( ノ^ω^)ノ
>>続きを読む

艦長ホレーショ(1951年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

( 」゚Д゚)」ペックが素敵すぎて眩しいーっ♪
身勝手だと言われながらも寡黙に任務第一を貫き、部下に対しても公正で寛大。そしてユーモアを忘れない。
尊大な無礼者フリアン王子にも礼儀正しく接し、剣戟シー
>>続きを読む

ジャバへの順風(1952年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

!ピーテルスゾーンの💎財宝💎を探せ!

穏やかな美しいジャワ海を航行するゲリマンダー号の指揮を執るボール船長は、常々「自分の船を持つ」という夢を叶えたいと願っていた。

そんな折りも折「3年前にサメか
>>続きを読む

大城塞(1950年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

1805年。『ダーネの戦い』をベースにしたフィクション。

地中海を航行していた米国の商船が、トリポリのバルバリア海賊に襲撃される事件が頻発。
米国大統領は、軍艦エセックスを送り込んで海上を封鎖し、海
>>続きを読む

北海の子(1938年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

( 」゚Д゚)」Excellent!!

初夏のアラスカが舞台。
川を上る無数の鮭。
その鮭を狙う熊の親子。
子熊の鮭を狙って襲う鳥たち。

鮭の遡上中、ジムたち漁師は仕事に追われる。当然、缶詰工場の
>>続きを読む

宝島(1934年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ロバート・ルイス・スティーヴンソンの名作文学『宝島』の初トーキー映画作品。

胸ワクワクの冒険に出発だぁーーっ!

その夜、町の人々によって、ブラックヒル入り江の「ベンボウ提督亭」では女主人のホーキン
>>続きを読む

ラスティ・メン/死のロデオ(1952年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

所有DVDのタイトルは『不屈の男たち』
原題は『The Lusty men 』

ロデオに魅せられた男たちと、夫の身を案ずる妻たちの心情の話。

ロデオのチャンピオンだったジェフ・マクラウドと、ジェフ
>>続きを読む

フェザー河の襲撃(1953年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

1862年。南北戦争の最中に白人家族が先住民シャイアン族に襲われて2人の娘がさらわれた。

南北戦争が終結し、西部開拓が盛んになって鉄道施工工事が始まりつつある頃、キンケード河の北シャイアン族の村で白
>>続きを読む

決闘の町(1953年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

長年、トゥームストーンの保安官として法と秩序を重んじてきたフレーム・ジョンソン。

保安官を辞して、牧場経営のための土地を購入し移住してきたコットンウッドは、暴力と悪の巣窟。町はカート・ダーリングに牛
>>続きを読む

ハチェット牧場の対決(1952年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

1892年。
ハチェット牧場を経営していたフィル・エバーツの死後、ここぞとばかりハチェットの水源地と牧羊地を狙ってくるハイエナ野郎どもから牧場を守り抜いたウィル・バラード&シーモアのお話。

正義感に
>>続きを読む

アリゾナのバロン(1950年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「アリゾナの歴史に名を刻んだ男」
「政府相手に大勝負を仕掛けた男」
「アリゾナのバロン」
その名も『ジェームズ・リーヴィス』

長い年月と、大掛かりな偽造工作によって架空の人物「アリゾナ初の男爵ミゲル
>>続きを読む

平原の勇者(1949年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

無法なる平原の勇者ジム・ダンサーの物語。良くできた話(*’ω’ノノ゙☆パチパチ☆

1863年8月21日。
南北戦争のさなか、クァントリルのゲリラ隊がカンザス州ローレンスを襲撃した。
ゲリラ隊の一
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ユアン・マクレガーが、ちょっぴり間抜けなド変態マスク野郎を好演。奇声を上げるお姿も静かにキレたお姿もマジで尊い🙏ありがたや🙏ありがたや🙏( 」゚Д゚)」ありがとーっ!

エンドロール後!バットマンの秘
>>続きを読む

スローターハウス・ルールズ(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

クリスピアン・ミルズとペグ兄が『変態小説家』以来二度目にタッグを組んだ上に、ペグ兄の相棒ニック・フロストが投入されちゃってるからもう最高に面白い。

英国パブリックスクール「スローターハウス学園」を舞
>>続きを読む

オヴァランダース(1946年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

実話をヒントにしたフィクション。
1942年のオーストラリアが舞台。
シンガポールから南へ侵攻してくる日本兵から牛たちを守るためにノーザン・テリトリーを通りクイーンランドまで2500キロの大陸を横断し
>>続きを読む

チャップリンのエスカレーター(1916年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

所有DVDのタイトルは『チャップリンの替え玉』

チャーリーそっくりなデパートの偉いさんが出てきて入れ替わるからかね。替え玉。

マルクス兄弟はチャップリンが大好きだったんだなー(笑)と思っちゃう作品
>>続きを読む

チャップリンの泥棒騒ぎ(1916年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

所有DVDのタイトルは『チャップリンの改心』

出所早々「改心する手伝いをしよう」と近づいてきた偽ラビ(ユダヤ教の聖職者)に金を掏摸取られてしまうチャーリー。
ホームレスが寝床を求めて列を作るGLEA
>>続きを読む

チャップリンの移民(1917年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

( 」゚Д゚)」Excellentーーーっ!!
いやー面白いっ!

自由の国を目指す移民たちでいっぱいの船内。
船酔い、食事シーン、賭けポーカーと定番ギャグ満載。中でも"サイコロの振り方"が秀逸。笑い
>>続きを読む

チャップリンの勇敢(1917年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

所有DVDのタイトルは『チャップリンの勇気』

「希望の伝道所」へ導かれるように入って説教を聞き讃美歌を歌ったのを転機に"正しいことをしよう"という気持ちに満たされたチャーリー。

迷った末に警察官募
>>続きを読む

チャップリンの消防夫(1916年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

( 」゚Д゚)」Excellentーー♪
良くできていて無駄がない。
チャップリンの魅力たっぷり。
ギャグ全開!スラップスティック満開!

ベルが鳴ってもぐっすり眠り込んでいる消防士チャーリー(笑)
>>続きを読む

チャップリンの冒険(1917年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

いきなり銃を持った警官たちが犯人を探して砂浜を手分けして走るシーンでスタート。

探されているのは横縞囚人服を着たチャーリー。砂浜からニョキーと顔が出てきた!
で、崖をよじ登り逃げる!警官の裏をかき逃
>>続きを読む

チャップリンの霊泉(1917年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

中庭に湧く「健康の泉」でひとギャグかましてから回転ドアでお決まりの鉄板ギャグ(笑)グルグル。

面白いのが、BATHSでのマッサージ師との攻防。水着姿のチャーリーのチョコマカとした動き(筋肉の動きまで
>>続きを読む

チャップリンの伯爵(1916年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ダンスシーンは流石チャップリンらしい軽やかなステップ。卓越した身体能力を活かしたギャグの連続に脱帽。

ブロコ伯爵に成り済ましてマネーバッグズ家の夜会に紛れ込み、仕立て屋の親父と張り合い、マネーバッグ
>>続きを読む

チャップリンの船乗り生活(1915年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

( 」゚Д゚)」Excellentーー👍

自ら所有する船を沈めて保険金を騙し取ろうとする船主。

船主の娘とラブラブなところを引き裂かれたチャーリーは、「簡単な仕事で大金を稼がないか」とスカウトされ
>>続きを読む

三つ巴事件(1918年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

前半は、ナット家の雑用係として雇われたチャーリーとナット家のコックや女中とのスラップスティックをたっぷりと。
さらに無線爆弾装置を発明したナット氏から爆弾装置を盗もうとする某国外交官たちの企み。

>>続きを読む

チャップリンの悔悟(1916年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

所有DVDのタイトルは『チャップリンの改心』

出所早々「改心する手伝いをしよう」と近づいてきた偽ラビ(ユダヤ教の聖職者)に金を掏摸取られてしまうチャーリー。
ホームレスが寝床を求めて列を作るGLEA
>>続きを読む

チャップリンの失恋(1915年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

序盤から後半にかけて、いつもの定番ギャグとスラップスティックで笑わせてくれるが、終盤、娘の恋人が出てきた辺りからはドラマにシフトチェンジ。
去っていくチャーリーの後ろ姿に優しさが溢れている。

アルコール先生公園の巻(1915年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

所有DVDのタイトルは『チャップリンのいたずら』

公園が舞台のスラップスティック。

チャーリーが公園内の行く先々で、会う人たちと巻き起こす騒動の数々。

※『髭のあと』と同じ公園で撮影されている。
>>続きを読む

チャップリンのお仕事(1915年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

チャップリンお得意のマイム・ギャグの嵐(笑)
 バナナの皮でスベる
 マンホールに落ちる
 熊の頭につまずく
 肩にかついだ板で回れ右
と、分かりやすい定番ギャグが次から次へと繰り出されてくる。

>>続きを読む

髭のあと(1914年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

所有DVDのタイトルは『恋の痛手』

チャップリン圧巻のマイム・コメディ。

恋のライバルに敗れ、ナンパしようとした女性にはパートナーがいた。
腹いせにライバルをやっつけ、女性のパートナーを湖に突き落
>>続きを読む

チャップリンの女装(1915年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

スラップスティック。

仲良しのノラ(笑)
女装したチャーリーだよーっ♪

ズボンがスポーンと脱げて下着姿も披露。

チャップリンの活動狂(1914年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

撮影所に乱入するチャップリンのギャグが炸裂し騒動を巻き起こす。

当時の撮影所内部、セット設営、撮影風景が見られるのも貴重。

痛ましの恋(1914年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ヴォードヴィルかっ!

ジョルジュ・メリエス『地獄の鍋』

ラストのスラップスティックも荒削り。

ヴェニスの子供自動車競走(1914年製作の映画)

-

カメラのまえに写り込むチャップリンと排除しようとするクルーの攻防戦。

珍カルメン(1915年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

デューク・バクラクの序文が長い。
「序文」と始まるが、簡潔にまとめた『カルメン』のあらすじが延々と流される。
そして「さてチャップリンは、本作にどんな風刺をきかせたのか」なんて締めくくられて、本編スタ
>>続きを読む

チャップリンの替玉(1916年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

あーマルクス兄弟はチャップリンが大好きだったんだなー(笑)と思っちゃう作品。
実験的な要素あり。試したかったんだろうな。

>|