oyasuさんの映画レビュー・感想・評価

oyasu

oyasu

映画(757)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.9

主人公のデズは、武器を持たずに敵味方関係なく人命救助した。
本当に人間として勇敢で凄い人だと思う。
どちらの国の兵士も沖縄では悲惨な戦いをした。
しかし私は日本人なので、殺られても殺られても立ち向かっ
>>続きを読む

追憶(2017年製作の映画)

3.2

幼馴染みが殺される事件から、闇に葬ったはずの過去が甦ってくる... という話。
印象に残ったのは主人公を含む少年達を助けた安藤サクラ演じる女性。
登場場面は多くないが、この女性はどういう人生を歩んでい
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.5

今までにないキムタクが見れたのが面白かった。
八嶋さんや松重さんの顔ぶれが『HERO』だけど、松重さんもイメージが違う役どころで新鮮味を感じた。
容疑者とやり合うニノはつい最近のドラマとかぶって見えた
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

困難に負けない女性のサクセスストーリーはやはりスカッとする!
黒人女性と言っても信じられない頭脳の持ち主で天才の彼女達。
そして舞台は時代の最先端をいくであろうNASA。
そんな所で、何てくだらない人
>>続きを読む

パピヨン(1973年製作の映画)

3.9

とにかく目を離さずに観てしまった。
過酷な境遇が描かれた後での、ラストの海の青さが凄く印象的。

ライラの冒険 黄金の羅針盤(2007年製作の映画)

2.9

シリーズ化するような話だったのにこれっきり。
デカイ白熊と女の子の冒険物だが、それなりに面白いんじゃないかと思うんだけど。
似た時期に公開された同じファンタジー大作に比べると「ヤラレたー!」と思うけど
>>続きを読む

バトルシップ(2012年製作の映画)

3.0

浅野忠信さんがハリウッド映画に出演と言うことで映画館に観に行った。
が、ちょっと後悔(笑)
配信サービスやTV放映で観るのはいいと思います。
エイリアンとの戦闘シーンはあまり迫力ないけど、日本も頑張っ
>>続きを読む

深夜食堂(2015年製作の映画)

3.6

TVドラマも観ていたが、最初に流れる曲といい大人のドラマだなぁ…と思う。
しみじみとホッとさせられるメニューの数々。美味いんだろうなぁ~

スパイキッズ2 失われた夢の島(2002年製作の映画)

3.3

キッズにお薦めしたいシリーズ。
どちらかと言うと前作の方がシンプルで分かりやすいが、こちらも色鮮やかな楽しい物やキャラが登場する。

ウォンテッド(2008年製作の映画)

3.2

こんな事ができるか?!と思うようなアンジーのアクションの連続。
まぁ、いつからかよく使われる弾と人をCG 使用のスローで映すってやつです。
特に目新しいアクション物ではないけど、マカヴォイの初々しさで
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.8

生田斗真演じるリンコさん?素敵だった。
田中美佐子演じるリンコさんのお母さんも素敵だった。
リンコさんを愛する桐谷健太も素敵だった。

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.4

観たらそれなりに面白いよね。このシリーズ。
オーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイが登場すると、と~っても懐かしい気分だった。二人とも歳をとっていた... それだけ長く続いてるってことか。

MARS ただ、君を愛してる(2016年製作の映画)

2.8

窪田くん演じるゲイ青年の異常愛の話。
ストーリーはともかく、窪田君の怪しい演技は上手いかな。

生きのびるために(2017年製作の映画)

4.0

イスラムの女性があんなに冷遇されているなんて、知らなくて衝撃を受けた。
しかも、昔話ではなく現代の話なのだから...
主人公の少女とその友達が20年後に会おう。みたいな感じで別れたが、20年後に無事
>>続きを読む

予兆 散歩する侵略者 劇場版(2017年製作の映画)

2.6

好みではない。
人間になりすます宇宙人が人間の『概念』を奪って侵略を企てているという話。
全編不穏な音がバックに流れているわりには恐怖を感じなかったし、東出昌大の宇宙人役も怖いと思わずイマイチ。
染谷
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.2

エイプ(高い知能の猿)がヒーロー。主役のシーザーは強いだけでない超かっこいい猿です。
敵とされている人間側の私としては... ガンガン人間が殺されるのは... .. 複雑な思いでみましたけど

undo(1994年製作の映画)

3.2

不思議な感覚になった映画。
精神病んだ山口智子の場面が変に美しく感じたりした。

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(2008年製作の映画)

3.0

タイタニックのジャックとローズの番外編みたいな事も言われてたけど...
そう見ればそう見れるかも... ぐらいの感じ。
夫婦の在り方を考えさせられる別の映画だと思う。

K-19(2002年製作の映画)

2.8

映画館で観たけど、何しか暗かったー。
殆んど潜水艦の中のシーンで場面も暗いし、しかも人が苦しんで倒れていく画面の応酬。
見終わった後も嫌な気分だった。

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

4.0

台詞がなくても誰でも笑えるコメディーの代表だと思う。
初めて観たのは、かなり幼い頃だったのに面白くて一生懸命見てた記憶がある。

美しい星(2017年製作の映画)

2.8

地球に送られていた宇宙人達が目覚めだし、地球の未来に向けて行動を起こしはじめる。
「何だ?!このバカバカしい映画は」
「何だ?!この小難しい映画は」と評価が分かれるのでは?
原作は大きく脚色されている
>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.3

最後に一番救われたのが店主だったように思えたので良かった。
映画の登場人物が作ったという曲が何回もでてきてたけど、旋律の不安定なパッとしない曲だなぁ…と思っていた。
エンディングで山下達郎が歌ってて、
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.1

私は皆さんとは違う変な見方をしてしまった?
福山演じる弁護士が最後に言った台詞「器?!」で役所演じる犯人は特殊能力を持っていたのか?!と思った。
けっして悪人じゃないのに他人の思いや欲望が入り込んでし
>>続きを読む

WE ARE X(2016年製作の映画)

3.8

X -JAPANにちょっと興味あるなぁっという人は、見ると完全にファンになるかも

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

3.9

個人的にはハリウッド全盛期の豪華な映画音楽のファンです。様々な時代の映画音楽のエピソード等が知れて、とても興味深く観ました。

サクラダリセット 後篇(2017年製作の映画)

3.0

後半、いよいよリセットと様々な超能力を組み合わせて問題解決と進みます。
時間が行ったり来たり... あ~ややこしい。

サクラダリセット 前篇(2017年製作の映画)

3.0

超能力者の管理局が存在する町『サクラダ』。
時間のリセットと全てを記憶する能力を持つ二人が死んだ同級生を甦らせる為に奔走する話。管理下におかれる超能力者って設定で『ナイトヘッド』(豊川悦司、武田真治
>>続きを読む

円卓 こっこ、ひと夏のイマジン(2014年製作の映画)

3.7

個人的にはとても好き。
愛菜ちゃん達の軽快な関西弁とズケズケした物言いで、子供の世界を描いている。
きも~い変態は笑えた。

ふしぎな岬の物語(2014年製作の映画)

3.5

岬でカフェを営む女性とまわりの人々の話。
不器用な甥っ子役の阿部寛は可愛いくて、女性に好意を抱く男役の鶴瓶のさりげない暖かさが素敵だと思った。

野獣死すべし(1980年製作の映画)

3.5

表の真面目な顔と裏の狂気な顔を持つ主人公。
松田優作のイッテル目は怖い。

>|