akiさんの映画レビュー・感想・評価

aki

aki

ホドロフスキーのDUNE(2013年製作の映画)

3.9

リンチのDune見に行って、大失敗だ!と喜ぶホドロフスキーに笑った。

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.0

ぐさぐさと心に刺さる台詞やシーンが沢山。グレタカーウィグ天才すぎる。配役が最高すぎる。
衣装も美しい。
ジョーだけでなく、エイミーの力強さ。儚い少女時代。
見た後、確実に前を向きたくなる作品。素晴らし
>>続きを読む

エイブのキッチンストーリー(2019年製作の映画)

3.2

序盤はブルックリンのvlog見てるみたいでよかった。設定などはいいのに・・・ストーリーは微妙だった。ブルックリン橋の近くの屋台エリアSmorgasburg行ってみたいな。

ディスタービア(2007年製作の映画)

3.0

2000年代のティーン向け映画てかんじだった。
キャスト豪華。マトリックスのキャリーアンモスにトランスフォーマーのシャイア・ラブーフ

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

4.0

想像の10倍くらい重かった。
この作品、ダンブラウンのダビンチコードの「インフェルノ」を出版する際に、流出を恐れた出版元が翻訳家たちを地下室に2か月間隔離して作業させたていう実話を元にしたとのこと。
>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

4.0

WB試写室にて鑑賞。
重厚感のある壮大SF超大作の序章。
当たり前だけど、、いいところで終わってしまった。早く続きが見たい。

これは絶対劇場で見るべき作品。
砂虫の迫力は想像してたより遥かに圧倒的。
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

3.3

コメディベースだけど、意外と強いメッセージ性。
ゴールデングローブ賞にノミネートされたホン・チャウはタイの難民キャンプで生まれた移民とのこと、彼女ならではの解釈の演技すてきだった。

ベケット(2021年製作の映画)

3.4

真相が思いのほかあっけないのがあまり評価が高くない理由なのかも・・。
クライマックスのアクションは凄かった。
所謂エンタメっぽく仕上げてない雰囲気が良かった。

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.0

なにこのB級映画。
クローバーフィールドの続編ではなかった。

彼氏役の電話の声、ブラッドリークーパーなんだとか!

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

3.6

ちょっとつっこみどころは多いけど、
やっぱり主演ザックのキャラクターは愛おしい。
タイラー役のラブーフは撮影期間中に泥酔して警察沙汰になったりして本作の公開があやうかった時期があったとのこと。映画の役
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.1

途中眠くなった。BGM無しで、ワンシーンで進んでいく。
エンドロールの静かな音楽がその分、沁みた

Doodlebug(1997年製作の映画)

4.0

ノーラン監督の原点。悪夢のようなショートフィルム。

母が教えてくれたこと(2016年製作の映画)

3.4

原題:Other People 「他者」
アメリカのバラエティ番組"サタデー・ナイト・ライブ"の脚本のクリス・ケリーの監督デビュー作
ダイナーで見知らぬ男が腹筋をセルフィーしてるところとか、ところどこ
>>続きを読む

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

3.2

クリス・プラット初の製作総指揮
本当は昨年劇場公開作品だったのにコロナで断念、
アマプラに売却されデジタル配信の流れに。
つっこみどころの多さが気になった。似た作品今まで沢山あるよなーて思ってしまった
>>続きを読む

イカとクジラ(2005年製作の映画)

3.3

監督ノアバームバック、製作陣にウェスアンダーソン
親の離婚下の思春期の子供兄弟、これはかなり辛い・・・
同業者同士ののパートナーや夫婦で上手くいってる人たちを見たことがない。
少し希望のあるラストでよ
>>続きを読む

レイトナイト 私の素敵なボス(2019年製作の映画)

3.3

ミンディて声がかわいいといつも思う。
この映画、脚本もミンディ・カリング
築いたキャリアを保ち続けるのてもの凄いしんどいだろうな・・

恐怖のセンセイ(2019年製作の映画)

3.4

原題"The Art of Self-Defense"
日本劇場未公開作品
銃社会アメリカ
女性軽視 フェミニズム
ジェシーと飼い犬の表情のリンク感
監督の元妻メアリー・エリザベス・ウィンステッドが元
>>続きを読む

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

3.0

カルト的人気ギャスパーノエ。
サングリアにLSD
ダフト・パンク、ローリング・ストーンズ、セローン、エイフェックス・ツイン。

カオス。しんどい。
ソフィア・ブテラのダンス堪能。
映画館で観なくてよか
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

4.0

何度見てもこれが20年前の作品だなんて信じられない。凄すぎる。
差別、夢を追うこと、愛、メッセージが沢山詰まったSF作品
イーサンホークのラストの表情

グッド・オン・ペーパー(2021年製作の映画)

3.2

スタンダップコメディアンのイライザ・シュレシンガーが主演脚本。実話。
一度感じた違和感は見逃してはダメ・・・
後半どう話が進むのかと期待しすぎてしまったので、この評価。
エンディング曲がYunoの"N
>>続きを読む

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ(2015年製作の映画)

3.3

ホラーと見せかけ感動コメディ。パロディのパロディ。
深夜にポップコーン食べながら友達とぐだりながら見たい1本。
期待したスプラッター感ゼロなのが残念。

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

3.6

カンヌ国際映画祭、審査員賞受賞作品。
怪作。UFOに裸に死体。
このモデルになった小さな村は脱走奴隷たちの孤立した集落なんだとか。
前半のシュールで不思議な雰囲気が途中から一気にスプラッタ。ところどこ
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.4

ツッコミどころの多さがあるものの楽しめた。
続編のほうがさらに面白いとのこと、楽しみ

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.8

ホラーだけど、もはやコメディ。笑ったし、脅かしてくれた。タイラーのラップかわいい。

ホームメイト!(2017年製作の映画)

3.0

ドーナルグリーソンがただただかわいい映画。ストーリーはつまらない

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

3.8

北欧ミステリーと謳われていたが、不思議な世界観だった。
モザイクなしだと、もっと強烈だったはず。
ミステリー?ファンタジー?でもなく独特の空気感。
余韻の残るラスト。エンドロールで流れる北欧エレクトロ
>>続きを読む

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.6

コミュ力ゼロってあらすじに書いてあるけど、そんなことないだろーて感じだった。イケメンごろごろ登場しすぎ。

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)

3.9

20年以上たったこのタイミングで今再度見る意味。
環境が人を作っている。単純に父親を亡くした悲しみだけではなく、父親もまた思想の持ち主だったこと。

ラストのダニーの引用こそ本作のメッセージ。

>|