saeさんの映画レビュー・感想・評価

sae

sae

映画(21)
ドラマ(0)

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.2

ギルバートにとって家族って本当に大事な存在だから、どんなに辛くても耐えれるんだね。
辛くても平気そうな顔をしている彼をとっても応援してしまいます。

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

5.0

舞台の中であろうが現実の世界であろうが、
トゥルーマンは、みんなのスターであり続んだ!!

エンパイア レコード(1995年製作の映画)

3.6

90年代ティーン好きにはたまらない1作。
エンパイアレコードでくり広げる、ファッション、曲、人物、世界観全てがすきです。

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

5.0

2人が出会ってしまう瞬間。惹かれていく2人の情景がとても美しいんです、、、

原作とはまた違うストーリーだけど、結局思うようにはいかないんだよね。

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

4.3

断ち切ることのできないスコットへの思い、変わってしまった彼へ見せつけるような行動。切ない。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

5.0

家に自分の居場所がない、
だけど仲間が自分の居場所だった。
友達の存在って本当に大事。
友達と過ごした日々は大切な思い出。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.5

自分のことを思っていないってわかってる。
彼が頼ってくれるだけでそばにいてくれるだけでいい。

リアリティ・バイツ(1994年製作の映画)

3.5

当たり前のようにいた存在
離れた時にわかるその人の大切さ。

バスケットボール・ダイアリーズ(1995年製作の映画)

4.0

つらいこと続きで薬をはじめる、
そして気づいた頃には母にさえ見捨てられる。
それでもやめられないんだね薬って。

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.8

ちょっとしたすれ違いでこんなにも遠い存在になってしまうなんて、切ない
後悔って本当にあるよね。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.1

彼は天才だよ、こんなにも人々を魅了するなんて。
私もその1人です。

17歳のカルテ(1999年製作の映画)

4.3

リサは常にクールだけど彼女の弱さを見せるシーンはすごく切なくなった。

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.5

それぞれのキャラクターに個性があってみんな雰囲気違うのに信頼しあっている関係が羨ましく感じました。個人的には麦ちゃんが大好き。

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

4.0

予告編からワクワクしてて、見に行ったらやっぱりよかったです。ダンスしてるところとか美しくてずっと見惚れてました。

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.3

ベジタリアンってすごいって思った。
人間ってほんとどうなるかわからないんだね。
衝撃受けました。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

人からはそんなに注目されてなくても
自分の意思を持って好きなことをやり続けるってとっても大事なことだと思う!
音楽と服もヴィンテージな感じがすごく良かったです。

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

4.0

なんか変わってる主人公だと思って見てたけど、
なんとなく自分と似てる節があって面白かった。