sとkさんの映画レビュー・感想・評価

sとk

sとk

大統領の料理人(2012年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

前に見たことあったことを忘れてて再視聴。とにかく料理がとっても美味しそう!見てるだけでお腹が空く。
ただストーリーとしては消化不良なところがある。自分の作りたいものを作れる環境を求めるのか、大統領の料
>>続きを読む

武士の献立(2013年製作の映画)

3.3

主人公のはるがとても強く素敵な女性でした。包丁侍として地位がある家の次男坊に嫁ぎ、料理指南して育てていく過程を描いたほっこり物語かと思ったら、意外とシリアスストーリーでした。はるのひたむきさに泣ける要>>続きを読む

仮面病棟(2020年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

犯人に利用された人が普通にかわいそうな作品ですね。共犯者殺すなら、主人公も殺すんじゃ、とおもってしまったが、わりと楽しめました。犯人が予想できてしまうところがおしいかな、と思います。最後思いとどまった>>続きを読む

劇場版 奥様は、取扱い注意(2020年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ドラマ見てなくてもなんとかなりました!綾瀬はるかさんのアクションかっこいいですね。夫婦役で公安とスパイというのが設定的に美味しいです。が、結局、最後逃しただけで、一緒にいることは叶わないですね。ストー>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.5

あいも変わらず、アンニョイなエロかっこいいボンドが見られます。女性は必ず最初はボンドに敵対心?警戒MAXなんだけれど、すぐに絆されてボンドに抱かれるの定番展開なんですかね。かっこいいから許す。アクショ>>続きを読む

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

3.6

王道なパニック映画。昔見たけれど、金曜ロードショーで再閲。昔の映画だけれど、死ぬ人って、本当にわかりやすい作品で、ある意味想像通りにことが進む安心感があるので、ハラハラ感はあまり感じられないですよね。>>続きを読む

ムーラン(2020年製作の映画)

3.6

4k映像で見たらすごく綺麗だった。映像美が素晴らしい。ストーリーは王道で安定感があった。

浅田家!(2020年製作の映画)

4.0

最後は衝撃の展開!3.11をまじえながらなので、後半は重い展開もあるけれど、重くなりすぎずにみることが出来たのはある意味よかった。
ちゃんとした家族写真を撮りたくなりました。

ジャック(1996年製作の映画)

3.5

今更ですが、視聴。とても明るく前向きになれる作品だった。ジャックの細胞分裂が普通の人より4倍の設定は、ストーリーの展開によっては、悲壮感にあふれてもおかしくないのに、そんなことは感じさせず、ジャックの>>続きを読む

とんかつDJアゲ太郎(2020年製作の映画)

3.2

ギャグ漫画の実写化だし、いろいろな事件があったが、普通に王道的作品で面白かった。
挫折からの成功物語。もっとギャグ満載かと思っていたら、意外だ。しかし豚カツとDJを同じ括りに括って良いのかどうなんだい
>>続きを読む

ゲキ×シネ「偽義経冥界歌」(2020年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

うたの ちからって すげー!
いまじゃ がっきを かなでることで
ししゃを よみがえらせたりできるんだと
(ネタ全力投球)
以下真面目に
「偽義経」はコロナで予約していた舞台が観れなくなり、ようやくゲ
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前半は炭治郎後半は煉獄さんがすごかった。前半の炭治郎が夢に囚われていることに気づいて、何度も何度も自分で首を切って戻ってくるシーンは本当にしんどくて泣ける。
煉獄さんはこの無限列車でだけ登場するキャラ
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

金曜ロードショーで見た。
 正直予告では、鎌倉ファンタジーということもあり、興味をひかれなかったので、いい意味で予想を裏切られた。
 あんなに夫婦の日常パートに尺をとっていると思わず、貧乏神のストーリ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

2.0

消化不良
考える余地があるじゃなくて考え直さなきゃいけないとこばかりで、全容がわからない
また考察してから評価直しします

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最近のディズニー作品は一見いい人そうに見えて悪役みたいな展開が多かったけれどこの作品はそれがなく王道で素直に感動できる。
兄弟愛はもちろん家族全員に見せ場があるのがいいね😊👍
お母さんがちょい役でなく
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

4.0

ようやく観た一作目!二作目よりどんでん返し感が、まずそこから!?となり、爽快感が二作目よりあって、良かったー。二作目はじわじわって後からくる感じでしたが。三浦春馬さんが良い味出しててよかった。最後あん>>続きを読む

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

3.4

反抗期の親子を描いた作品。
親子愛だけでなく一つのことをやり続ける信念にも感動した。

ゲキ×シネ「けむりの軍団」(2020年製作の映画)

3.7

裏切りが多い複雑さをコミカルさで軽減してくれて長時間なのに見やすかった
ミュージカル要素がもうちょい欲しかった

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.0

種明かしが爽快!俳優豪華でちょい笑ってしまうシーンも多々あってよかった。1作目、実は観てないまま鑑賞だったけれど、充分面白かった。1作目がみたい。きれいな終わり方で伏線もちゃんと回収されて、もやもやが>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.3

音で心情が語られていて台詞が少ないのがいい味を出している。天才にしか分からない世界観が垣間見えた感じ。
天才側じゃない松坂くんに共感できた。
しかし原作の人物描写が台詞が少ない分、亜耶のラスト演奏に感
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

キャストが豪華な王道ラブコメ
展開が読めててもガッキーが可愛いからいい
最後は勝って終わって欲しかったかも
けれど、実際には短期間で決勝までいけることがそもそも奇跡なので、ある意味勝ち負けではないもの
>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

3.2

子ライオンが可愛いかったからもっと登場してほしかった。
ストーリーに意外性がないドタバタ。
王道ストーリーで安心感はあるが、キャラクターがよい分少し残念。

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.4

綾瀬はるかが可愛い作品。死の間際に主人公が脚本を完成させる演出がとても良かった。ラストに向けてのあの描写が無かったら、少し変わった妄想ラブストーリーで終わってた。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.5

最後の衝撃が!ある意味狂気の沙汰なんだけれども、それでもこの映画のあったかさからか、それが普通なんじゃないかと思わせる。双葉さんにみんながしてあげたいという愛の形の大きさが出てた。泣きっぱなしでした。

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.4

アニメのシンデレラに設定がちゃんと足されていて補足されてた面は、シナリオ的には良い。が、ビビデバビデブーがないってどーいうこと??

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

王権争いの話だった。マーベルのヒーローは科学の進歩でスーツを作って、戦う話が多いですね。

AI崩壊(2020年製作の映画)

3.2

現代のAI 技術の発展版でトラブルを映画化。ドラマチックなところあって良い部分は良い。大沢さんよくあの包囲網の中から逃げ出せるなーとご都合もありつつ、弟の兄姉への想いに涙するところもあった。けど、この>>続きを読む

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ドラマのカイジはかっこいい。実写バージョンはじめてみたけど、だめだめな原作のカイジをみてると、ドラマがむしろカッコよすぎる感が。
今回の勝負は追い詰められた感、絶望感が少し足りなかったかな。人間秤も最
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.0

テーマが重い。ずっと泣いてしまった。母は勿論だけど、子供たちもつらいよな。

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

4.2

前作の謎を見事に回収。キャラがより愛おしくなる。姉妹愛最高です。

スノーホワイト 氷の王国(2016年製作の映画)

3.2

設定も好きで、キャラクターも好きだけど、色々説明が足りなくて、途中から流し見をしてしまった。
主人公よりフレイヤに感情移入してしまったので、フレイヤがかわいそうで、仕方なかった。主人公側が愛で幸せにな
>>続きを読む

マレフィセント2(2019年製作の映画)

3.8

マレフィセントのオーロラ姫への愛にじんわりと暖かい気持ちになりました。義母同士の争いが、種族間戦争、国同士の戦争になっていて、心痛い。王子母の恨みが根深い。可哀想な人でした。

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.5

お祭り感がすっごく楽しかった。しかし、クロコダイルの出番をもう少し!と好きなキャラの登場時間によって評価が変わる。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.8

3ほど感動!な感じではなかったけれど、普通に面白かった。ウッディーの立ち位置が前作までとは違っていて、新鮮でよかった。

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

君の名はより好き。少し毒があった方が新海監督という感じがする。

半落ち(2003年製作の映画)

4.0

何故今更感が強いですが。ミステリーが面白いという楽しみ方はできない。人情話に近いです。主人公の立場胸中を思うと涙で、ボロボロ。弱いんだよこういう映画。他の方もおっしゃっていますが、2003年の時点でア>>続きを読む