スキッピーさんの映画レビュー・感想・評価

スキッピー

スキッピー

映画(185)
ドラマ(0)

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

5.0

ベランダのプランターに水やりしたら下の人に水がかかったことが、国を二分する大問題に発展していく。話がよくできていて、引き込まれた。

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

5.0

わずか30年前に市民への暴力があったとは知らず、見てびっくりした。多くの国にとって、民主主義とはこういう時代を経て得られるものなのだな。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

1.0

女性向けなんだと思います。私は男性なので、朝子がさっぱり理解できませんでした。

野のなななのか(2014年製作の映画)

3.0

大林宣彦らしい幻想的な会話劇。最初はセリフが速すぎて圧倒されたが、最後には慣れて心地よくなった。

永い言い訳(2016年製作の映画)

5.0

こういう人は身近にいると鬱陶しいだけなんだろうけど、愛らしい部分がうまく描かれていて、どこか憎めない人になっていた。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

5.0

おっさん向けファンタジー映画。蒼井優の関西弁がかわいい。

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

3.0

新しく子供ができることが不安な子供に振り回される親。浅野忠信がどこかでキレるのではないかと怖かった(笑)

三度目の殺人(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

人の思いが分かりすぎるので、相手の意向に沿って行動してしまう人の話。殺してほしいのだと感じたら殺すし、証言してほしいと言われたら証言し、証言させたくないという思いに応えて否認する。人の思いの数だけ真実>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

「怒りは怒りを来す」のだが、怒りは捌け口を求めてさまよったりもする訳で、ままなりませんな。

>|