skkさんの映画レビュー・感想・評価

skk

skk

2017.9〜
たまに映画を観ます

映画(70)
ドラマ(0)

WEEKEND ウィークエンド(2011年製作の映画)

3.4

ゲイカップルを取り上げた映画として「君の名前で僕を呼んで」とかが最近ありますが、これはもっとリアリティがあるお話
大きな事件があるわけでもなく、ただクラブで会った人との週末というお話
全般的に絵がとて
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

まわりでの評判がすこぶる高く、私はバッドマンには全く詳しくないのだが、久々に映画館へ足を運んだ
こんだけ格差社会とか子供部屋おじさんと言われてる日本でこの作品があるのはタイムリーですな

ひたすら凄惨
>>続きを読む

ホテル・ルワンダ(2004年製作の映画)

4.4

題材からして予想はしていたのだが、大変感動するとともにめちゃくちゃに打ちのめされた 見終わって呆然としてしまった…
シリアスで骨太な代物なので見るタイミングは選びそうですが、見ておく価値のある映画だと
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.2

こんな変なあらすじで、こんないい話になるとは…!こりゃ製作陣すげえわ
とても幸せな良い映画でした

ひょんなことで何かが始まりだした時の多幸感が非常に良く描かれています
全編通して胸糞悪くなるタイプの
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

最初のテロップで「これは実話である」とか書いていたので信じて見てたんですが、結局フィクションなんですかw まんまと騙されたw

お金欲しさに偽装誘拐を企てるも計画の綻びからどんどん思わぬ方向へ・・・と
>>続きを読む

アムステルダム・ウェイステッド!(1996年製作の映画)

3.4

ドラッグをやったときの追体験、ということでカメラワークとかフラフラしていたり、映像の色彩が超独特 たまにそのせいでやや見にくいところもあったのだが、割と面白い試みだと感じました
音楽はひたすら90年代
>>続きを読む

13日の金曜日(1980年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

あまり知識がないこともあり、あの覆面とかチェンソー出てこないの!!とビックリしてしまった
ホラーとしては非常に王道で、可もなく不可もなくってとこかな
最後の湖のシーンは不意打ちでかなりビビった

>>続きを読む

アンダーグラウンド(1995年製作の映画)

3.6

最初は黒猫・白猫みたいなハチャメチャなノリで進んでいき、やや疲れを覚えたりもしたのだが、ユーゴスラヴィア内戦に差し掛かる後半から非常に沈鬱な雰囲気に かつてあったユーゴスラヴィアへの鎮魂歌のように思え>>続きを読む

ヒップスター(2012年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

311の動画が出てきて少しびっくりした

ダメ人間なミュージシャンを慕う妹3人がとても可愛い 普段はトゲトゲしている主人公が自然な笑顔なのがとても良い
ただ、主人公、妹たちに甘えてるだけなのでは?とい
>>続きを読む

死霊の盆踊り(1965年製作の映画)

1.0

親から「死霊のはらわたは是非見て欲しい、ただし死霊の盆踊りはクソだから見るな」との教えを受けておりましたが、あまりのZ級映画としての評価の高さ(?)を見て、好奇心故に親に背いてしまいました

本当に見
>>続きを読む

リアリティのダンス(2013年製作の映画)

3.8

エンドレスポエトリーと見る順番を間違えてしまったな

これぞ芸術映画、みたいな不思議な表現の連続 とはいえ主題は割とわかりやすいかもしれない 膨大なイメージの奔流を楽しむだけでも見る価値はあるかと(表
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

こりゃすげえ、傑作だわ 期待よりはるかに面白く、見終わってしばらく呆然としてしまった

漫画の原作は先に読んでいて、ものすごいパワーのある漫画で生命力を吸い取られた記憶があります それだけに映画化して
>>続きを読む

パロアルト・ストーリー(2013年製作の映画)

3.6

監督名見てもしかしたら、と思ったけどやっぱりコッポラ家の一族なのね

友達の家でお泊りして馬鹿騒ぎ!みたいなアメリカの若者文化には当然縁はないわけだけど、その中で描写される10代の何やってもうまくいか
>>続きを読む

サスペリア(1977年製作の映画)

3.5

流石に時代が大分前なので血糊がちゃちいな、とか話の筋としてはあれ?っていう展開もあったりもしましたが、とにかく赤を基本とした色彩の映像が強烈で新鮮
音楽とか効果音もやたら耳に残る

ジャンル上はホラー
>>続きを読む

パーマネント・バケーション(1980年製作の映画)

3.5

ジャームッシュらしくとにかく何も起きないが、絵面はひたすらにかっこいい
BGMと相まって非常に陰鬱なムードが続きますが、若者のあてどない放浪って主題と良くあってます
ふらりと旅をするっての、憧れるなぁ
>>続きを読む

パンチドランク・ラブ(2002年製作の映画)

3.9

タイトルを見かけたときにサニーデイ・サービスの「パンチドランク・ラブソング」が頭によぎったので鑑賞

癇癪持ちでかなりADHDな主人公のラブストーリー
とにかく主人公の行動が不器用で見ていてヒヤヒヤす
>>続きを読む

みんな〜やってるか!(1994年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

カーセックスがしたいがために奔走する主人公が流れ流され最後なんだかとんでもないところまで行ってしまうお話
これ、コメディの体で自分のやりたいこと(時代劇、任侠もの・・・)とか詰め込んでんのかな

ほぼ
>>続きを読む

アタック・オブ・ザ・キラートマト(1978年製作の映画)

2.9

カルト映画として名前は知っていたのだが、いざ見てみるとひたすら続く謎のギャグと意味不明を通り越した展開に狂気を感じました
何だそりゃ、というラストシーンに俺は何を見てたんだ…!という気持ちになりますが
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.4

ラストも含めてほとんど展開読めてしまうのだが、そんなことどうでもよくなるぐらい真っ直ぐな映画でめちゃくちゃに感動してしまった(つーかここでドライな展開になられても困る)
終盤のジャーナリストの演説から
>>続きを読む

イレイザーヘッド(1976年製作の映画)

3.0

不条理な悪夢のような映画 モノクロだからか余計に悪夢っぽい

ひたすら気味が悪い、といえばその通りなのだが、父親になることの恐怖という背景を知るとなるほどなぁ、と思った
制作当時のデヴィッドリンチの精
>>続きを読む

ショート・ターム(2013年製作の映画)

4.3

これは見て良かった!素晴らしい映画でした

親からの虐待とかが絡む話なので、当然ながら重い展開にもなるのだが、沈鬱な話だけにならずに優しさや希望を感じさせるお話でした
それでいて、ただのお涙頂戴な軽薄
>>続きを読む

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス(2016年製作の映画)

4.5

めっちゃ良かった…
前作を見たのはだいぶ前だが、その時よりこの手のラテン音楽をちょこちょこ聞くようになったこともあり、とても楽しめた
特にイブラヒムの追悼ライブでのオマーラの歌が圧巻!

前作から18
>>続きを読む

ヴァージン・スーサイズ(1999年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

パッケージに対して中身は結構重い
とはいえ、5姉妹の不安定さの見せ方も上手くてなかなか面白かった 男性側からの回想という見せ方も良かったです

5人の姉妹が全員自殺という選択を選ぶに至るのも、すべて冒
>>続きを読む

ワイルド・アット・ハート(1990年製作の映画)

3.5

デヴィッドリンチ先生がおそらくやりたい放題やってらっしゃる映画
登場人物が例外なく全員イかれており、キマってるシーンがバシバシ出てくる 口紅で真っ赤な顔にしだすシーンとか笑ってしまった
総じてはちゃめ
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.4

シャーリーズセロンが完璧にカッコいい女スパイ役で、オーラ出すぎじゃない?ってぐらい過剰にカッコ良いです
一方で戦闘シーンのアクションが思ったより肉弾戦 特に中〜後半のシーンはグロッキーになりながら戦う
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.5

とても良い映画!
見る前は170分かよ…って思ってましたが、笑いあり涙ありの盛りだくさんな内容かつ胃もたれしない感じで、見終わってとても爽快な気分になりました

あの3人の関係が最高ですねー、ああいう
>>続きを読む

アシッド・ハウス(1998年製作の映画)

3.2

3話の短編オムニバス形式
トレインスポッティングのスパッド役の人とかが出てますね

全体的にどうしようもない人たちばっかり出てきます
3話目が一番好きかなー LSDでトリップしてる時の描写がドラッギー
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

アメリカンスリープオーバーの監督ということで、あちらのティーンエイジャーの日常描写がとてもそれっぽい
友人達基本いいやつだよな

追いかけてくるアレ(と表現するしかないか?)は性病とかHIVのメタファ
>>続きを読む

(1990年製作の映画)

3.3

幼少期に見て、狐の嫁入りシーンが怖すぎて見事にトラウマとなった映画
何となく今再び見てみようと思いました

親からも突き放され、単身決死の覚悟で狐に謝りに行く第1話のラストシーンはやはり今見ても恐ろし
>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

北欧への(ありがちな)憧れを満足させてくれることに期待してみた映画ではないですが、想像以上に容赦なくてシリアスな映画でした
気分はやや落ち込みますが、映画として見る価値は大きいと思います

サーミ人で
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

この漫画実写化して大丈夫かなーと個人的には思ってたが、案外良かったです
きっちりゾンビ映画になってて、中々のスリリングさ
映画化してる範囲は原作読んでいたが、枝葉末節を思い切ってぶった切って、うだつの
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.0

サスペンスの名作ということで見てみましたが、物の見事に騙されました こんなん予想つかないよ…

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

3.9

強烈な映像が目白押しで、とても80台後半の監督が作ってるとは思えない、エネルギーを感じる映画でした

かなりアート寄りな映画だと思うんですが、伝えたいメッセージが割と明快で見やすかったです

続編なの
>>続きを読む

裸のランチ(1991年製作の映画)

2.8

んんー、よくわからなかったぞ
元々の原作があれなので、筋を分かろうとする必要がないのかもしれないが…

ジャンキーの見えてる世界なので、かなり独特ってかグロテスクな表現多数
変化?したタイプライターや
>>続きを読む

ブエノスアイレス(1997年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ゲイカップルがついたり離れたりな映画、とまとめてしまうと身も蓋もないな 冒頭のいきなりなベッドシーンには驚いた

途中で現れる職場の後輩がすごい爽やかで良いキャラ 声は嘘をつけない、みたいなセリフがと
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

オタクの願望てんこ盛りな映画
色んなところからの元ネタ探しが楽しい

DVDで借りてみたんだけど、これは映画館で見るべきだったなぁ

俺もガンダムで行くとかそういうセリフ言ってみたい…

>|