skm818さんの映画レビュー・感想・評価

skm818

skm818

感想も評価もテキトーです。

映画(662)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.7

途中1時間くらい寝てたけど、例によって人間関係がよくわからんのは、多分寝てたせいじゃないよな。レーンって何者だっけ?(そこ?)  
ウィドウに会ったあたりからガレージ前で女性警官に遭遇するあたりまで寝
>>続きを読む

ボディガード(1992年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

初めて見た。こういう話だったのねー。まあこれ内部の犯行だよなと思いながら見てたら、半分くらいは当たってたな。動機ばりばりだもんな。あの実行犯もなぜ都合よくあの場にいるのかってこと考えたらね… 元シーク>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.7

ワイオミング州の先住民居留地で起きた強姦致死事件を扱った映画。
事件自体はそんなに複雑じゃない。性犯罪ものによくある身内や警察官が云々といったようなこともない。世界のどこかで今この瞬間も起きているよう
>>続きを読む

早春(1956年製作の映画)

3.9

東京の蒲田に暮らす若いサラリーマンとその妻、それに夫の友人たちの話。
夫婦の話は夫の浮気で妻が怒ってどうのこうのというよくある展開。どちらかというと当時(1950年代)のサラリーマンの生活風俗の方が面
>>続きを読む

お茶漬の味(1952年製作の映画)

4.2

途中ちょっと寝たが、ほぼ見ていたと思う。
佐分利信演じる夫がいい人すぎる… こんないい人現実にはおらんやろ…
木暮実千代演じる妻のほうは、ほんとは夫を憎からず思っているのに、いつも一緒にいるんでよく
>>続きを読む

グッバイ・ゴダール!(2017年製作の映画)

3.7

ゴダールの妻だったアンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝を元にした話で、アンヌの話というよりはある時期のゴダールを描いた話かなあ。アンヌと一緒に暮らし、「中国女」を撮り、68年のデモに参加し、カンヌ映画祭を中>>続きを読む

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

4.1

大学教授ギャング団シリーズの2作目らしい。1作目は未見。これ3作目も続く気満々やん。
例によって前半眠くて、再結成+追加での仲間集めのあたりイマイチ把握できてないんですが、後半の展開はバッチリ。遺跡の
>>続きを読む

エヴァ(2018年製作の映画)

3.6

前半かなり眠く、主人公とエヴァが付き合い始めたきっかけの部分がよくわからないんだけど、これ最初は作品のネタにするためもあったんだろうな。でも途中から本気でハマっていく。恋人にも浮気されるし、なんだかん>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

4.1

無駄と思えるところがほぼなく適度にコミカルで演出も台詞もかっこよくで楽しめた。悪役3人菊藤竹でめでてえな。
城代家老の奥方がただたすけられてきゃあきゃあ言ってるだけじゃなくて、むっちゃ天然なんだけど本
>>続きを読む

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

4.0

とある作家のサイン会に現れた少々強引な女。そこから始まる2人の関係。
もうのっけからこの女ヤバすぎ。やることなすこと全部ヤバい。ストーカーじゃねえか。何でこの人気がつかないの〜 ヤバいヤバいヤバすぎ!
>>続きを読む

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

3.7

カリフォルニアに実在するお化け屋敷にまつわる話の映画化。巨大な迷宮みたいな屋敷、いきなり飛び出す亡霊(振り向いても誰もいない)、眠ったまま歩き回る子ども、死霊との戦いなどなど、ホラーなんだが、こわいと>>続きを読む

マルクス・エンゲルス(2017年製作の映画)

3.8

マルクスとエンゲルスが出会う直前の1843年あたりから「共産党宣言」が出版される1848年までの話。エンゲルスってブルジョワの息子だったんだね。
前半のブリュッセルあたりでマルクスが議論で気炎を吐いて
>>続きを読む

男と女、モントーク岬で(2017年製作の映画)

-

前半を中心に寝てる部分が多かったんだが、だいたいのところはなんとなく把握。
営業活動でNYにやってきたドイツ人作家がかつての恋人と出会い、よりを戻そうとするが、彼女はその後結婚した夫のことを忘れられず
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.8

1時間ほど強烈に眠く、前半の細かいところはわからないが、大筋はだいたい把握した。キャロラインはあばずれではなく真面目な女の子だったし、ミッキーもチャラ男というのとはちょっと違いますね。
ケイト・ウィン
>>続きを読む

用心棒(1961年製作の映画)

3.9

前半1時間ほどほとんど寝てて村の人間関係や力関係、登場人物の名前などよくわからんところはあったが、後半すごかったので、まあいいやって気になった。仲代達矢が無駄にニヒルでカッコよすぎる。なんだあの最後の>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

3.8

毎晩同じ雌雄の鹿が森の中で戯れている夢を見ている男女の話。男のほうは食肉工場の管理職。片腕が不自由で人生を諦めているところがあり、女のほうは優秀な検査技官なんだけど多分この人発達障害だね。セックスにつ>>続きを読む

リミット・オブ・アサシン(2017年製作の映画)

3.7

怪しげな(表向きは社会貢献しているが裏では都合の悪い人物を消してまわってる)企業に雇われている暗殺者が任務に失敗して命を落とすが、情報を回収するためだけに蘇生させられ、組織に復讐しようとする話かな? >>続きを読む

薔薇の葬列(1969年製作の映画)

3.7

途中やたらと眠くなったが大体のところはわかった。
メインの部分は、エディというゲイボーイがオーナーの寵愛を得てママの座を得るんだけど実は、っていうありがちの話。
それに当時の風俗、サイケデリック映画を
>>続きを読む

ドグラ・マグラ(1988年製作の映画)

3.6

難解な原作をざっと把握する目的で見に来たが…やっぱり難解過ぎた。途中結構眠い。
これ多分、事件自体はそんなに複雑じゃないのよ。でもそこに幻覚だとか先祖の残した絵巻物だの過去シーンだの教授同士の駆け引き
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.6

バグダッドで任務中に亡くなった息子の遺体に対面するため、ベトナム時代の戦友を訪ね一緒にバージニアまで行くが、そこで息子の死の真相を知った男は息子を故郷で埋葬したいと言いだして…ってここまででまだ上映開>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

冒頭ちょっとわざとらしい感じがするのと、体感時間がだらだら長くてトイレに行きたくなるけど、ある程度展開が読める割には緊張感の持続するいい映画だった。
ある一家の一年の暮らしを描いた話で、特に大きな事件
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと不思議な、ある種の日本映画みたいな雰囲気のある映画。単館系で上映される暴力映画みたいな趣がある。
家出人の奪還を生業としている殺し屋の男がいつものように依頼を受けて議員の娘を奪還しにいくが、そ
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

どうかなーと思っていたが、意外とよかった。
一番いいなと思ったのは、ヒロインの周囲にくだらない人がいないということだろう。ヒロインは若い時期にありがちの自意識過剰や見栄っ張りや自信過剰で、周囲を少々見
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

天才的な腕を持ち世界中に上流の顧客がいる仕立て屋(デザイナーでもあるのかな)と彼のミューズとなったウェイトレスのアルマの話。
最初のうちはレイノルズの姉のシリルが怖い。不気味に弟を支配している感じで「
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.7

1973年に起きた大富豪ゲティの孫息子の誘拐事件を題材にした話。事前にある程度この事件のこと知っていたので、展開に関する驚きはなく、途中あちこち眠かったりして、むちゃくちゃ面白いというほどではなかった>>続きを読む

オール・ザット・ジャズ(1979年製作の映画)

3.6

うーん、これすごいっちゃすごいんだけど、おいらジャズにもミュージカルにもショービジネスの世界にも実はイマイチ興味がないせいもあってか、全編かなり眠かった。
家族のことを愛しているがいつも忙しく仕事と女
>>続きを読む

修道士は沈黙する(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

著名な経済学者?の主催で私的会合を装った財務相サミットが開かれることになり、カモフラージュに修道士や絵本作家も招かれている。修道士が到着した晩、主催者は彼に告解をきいてくれと頼むが、翌朝ビニール袋をか>>続きを読む

ロンドン、人生はじめます(2017年製作の映画)

3.6

前半眠く2人が仲良くなる過程がイマイチわかってないけど、エミリーは環境問題市民運動に足突っ込んでてドナルドの存在も知っていたってことだわな。ドナルドの生活を知ってみればマンションに住むブルジョワたちと>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.7

元女子モーグルの選手が賭博場を開いて成功するが、ロシアンマフィアとの関係を疑われてFBIに逮捕されて云々。
すごいのは彼女は顧客の名前だの彼らに関する情報だのをすでにほかの逮捕者が喋ったこと以外は一切
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.8

フロリダのディズニーワールドの近くにあるモーテルに住んでる人たちの話。メインは無職の母親とその娘。母親は娘を可愛がっているけど、しつけをほとんどしてなくて、娘はいたずらし放題。面白がって空き家を火事に>>続きを読む

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

3.9

冒頭近所に引っ越してきたアフリカ系一家がご近所に波紋を呼び起こしているところを見て、これはゲーテッドコミュニティの人種差別の話か?と思っていたら、メインの話はそこんちの隣の白人一家の大惨事だった。妻の>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.8

女子フィギュアスケーター、ナンシー・ケリガン襲撃事件を扱った話。この事件うっすら覚えているような。選手の名前は覚えてる。もう20年以上前の話だが、関係者は皆存命なんだよな。結局ジェフが首謀者だったとい>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.8

ひとり暮らしの高齢男性ラッキーの毎日を淡々と描いた話。それだけなんだが味があって深い。年老いている以外は健康上の問題はない(医者も呆れるレベル)。朝起きて顔を洗って髭を剃って歯磨きして体操してダイナー>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.6

うーん、イマイチ面白くない。綺麗事ばっか言ってカッコつけてるインテリ階層を皮肉ってるのはわかる。あとは社会の冷たさだの格差だの偽善だのスノビズムだのアートの存在意義だの。
あのチンパンとか野人とか、マ
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.3

夫と子どもを爆殺された女のその後の日々を描いた映画。
正直、家族を殺されたとか復讐がどうとかって話、もう腐る程見てるんで、ストーリーに関しては特に驚きはない。ラストについても、あれはあれでありだろう。
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.6

1983年の夏、北イタリアの小さな町で出会った若い男2人の一夏の恋。周囲にバレてどうこうみたいなメロドラマ展開一切なくて、正直前半ちょっと眠い。が、互いの気持ちを確認して関係が発展してからは、特に何が>>続きを読む

>|