skm818さんの映画レビュー・感想・評価

skm818

skm818

感想も評価もテキトーです。

  • List view
  • Grid view

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.6

パンク高校生がお嬢様と恋をする話かと思っていたらチゴタ… これSFやん。しかもかなりカルト。
ライブ会場で騒ぐ場面などちょっと眠かったし(あの宇宙人の皆さんいつの間に)、宇宙人の設定などしょうもないっ
>>続きを読む

月と雷(2017年製作の映画)

3.7

高良健吾好きなので監督名を確認しないで見に行ったが、まあまあよかった。冒頭の子どもが遊んでいるところなどわざとらしいし、その他についても、なんかよくあるある種の日本映画だなって感じで、特に目新しくはな>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.9

どうかなーと思いながら見に行ったが、よかった。
天才少女の親権を巡って叔父と祖母(つまり親子で)が裁判で争うっつー話で、こういうのって子どもの意思はほとんど尊重されねえんだな。何を幸せと感じるかなんて
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.4

ステッペンウルフを倒すため、超人を糾合し、死んだスーパーマンを蘇らせてチームでの戦いに臨むバットマンの話っつうか。
前半はほぼメンバー個々の状況やブルースによるスカウトの様子を描いていたようで正直眠く
>>続きを読む

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

4.0

以前から見たいと思ってた作品。ヨノイの考えてることがよくわからんし、何故そこでいきなりジャックの回想入るのかもよくわからないんだが、幽霊が出てくるようなところ一つもないのに幻想的でなんかすごい。ボウイ>>続きを読む

永遠のジャンゴ(2017年製作の映画)

4.0

ジャンゴ・ラインハルトってミュージシャンがいたということ、名前だけは知っていたけど、こういう人で、こういう時代に生きていた人だったのだなあ。ロマなのか…  というわけで、映画は占領下のフランスでのロマ>>続きを読む

(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

音楽の使い方がちょっと変わっていて面白いと思ったが、あとは普通かなあ。特に前半の橋本マナミが出ている部分は辛気臭かった。こういう主人公の妻子キャラってほんと嫌い。不倫とかギャーギャーわめいて人を責める>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.8

登場人物の誰にも共感できないとか胸糞悪いとかいう感想も見ていたんで、どうかなーと思っていたけど、これは好みwww  十和子みたいな女その辺にいそうやし(少なくともああいう四六時中不機嫌でしょうもないこ>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

4.0

しょうもないけどなんかオモロイ。オーシャンズセブンイレブンのようなギャグや、刑務所の受刑者たちが職員ロックアウトして要求するのがゲームオブスローンズの原作でその新刊が出てない事情についてやり取りする場>>続きを読む

愛を綴る女(2016年製作の映画)

3.7

思い込みが激しく恋に暴走しがちな女とその夫と恋人?の話で、いわゆる不倫もの?
だからなんだという感じなのだが、オチが…笑。えーじゃああそこでいちゃついていた相手誰なん?と思ったら…いやいやそれは無理
>>続きを読む

悪魔のような女(1955年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

なんかやたらと眠かった上に途中でトイレに行ったので細かい伏線があったとしても見落としていると思うが、だいたいのことはわかった。この辺昔の映画って単純で把握しやすいよなー。小さな私立学校の校長の妻と愛人>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.8

実写で撮影したものを油絵タッチの動画にしているという、えらく手間のかかった作品。白黒の過去の部分は実写みが強いが、回想シーンでないところはゴッホっぽいタッチ。鮮やかな色彩で、オーベルニュの教会など、ゴ>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.7

ひでぇ邦題だ。
戦時下の英国で戦意高揚のための国策映画制作に励む人たちの話。戦意高揚国策つっても、映画つくってる人たちにとっては他と同様1本の作品であって、ああしろこうしろ色々と制約はあれど、最善を尽
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.7

スティーヴン・キングの小説の映画化。第1章ってことは続きがあるのか。この原作、出版当時はスティーヴン・キングのそれまでの作品の集大成みたいに言われていたような気がする。原作にどこまで忠実なのかわかんな>>続きを読む

ロダン カミーユと永遠のアトリエ(2017年製作の映画)

3.6

ロダンの人生をカミーユ・クローデルはじめ女たちとの関係とバルザック像の件を中心に描いたもの。
カミーユ・クローデルといえば、ロダンに壊された女みたいなイメージあるけど、この映画を見る限り、それだけでは
>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

3.9

日帝時代の朝鮮が舞台の映画。
独立を目指す義烈団のメンバーと、日本の警察官として彼らを取り締まる側にいる朝鮮人警務官。ひょんなことから警務官は義烈団と関わることになるのだが、そこに抜け駆けしようとする
>>続きを読む

グロリア(1980年製作の映画)

4.0

ちょっと2人の関係性の進み方がトートツな気はするが、よかった。これ昔ビデオで見たことあるけど、かなり忘れてるな。
もうちょっとアクション味が強いかと思っていたが、そうでもなかった。追いかけられる話では
>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

3.8

自分の出自を恥じて隠し、スウェーデン人になり切ろうとする女の子の話。でも見かけなどでバレバレだし、臭いとかあからさまに差別してくる人もいる中、好意的な人もいるんだけど、それだって、ヨイク歌ってくれとか>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.7

食事の後で前半眠く、ヴァルキリーに捕まったとこから気がついたら髪を切られる寸前だったですが、あとは起きてた。面白かった。冒頭からコミカル。
ソー好きだし、ソーとロキのビミョーな兄弟愛も好きだなー。今回
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

体調のせいか序盤から眠くなったりしたけど、なかなかよかった。
妻子を殺された男が復讐を果たす話と、その話を小説にしたものを元夫から送りつけられて読んでいる妻の話が交互に出てくる。小説を読みながら元妻は
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.9

途中かなり眠くて、パーティーがどうとかいうあたりまるっと見逃してるけど、起きてた部分は迫力あって素晴らしかった。そーいやありましたねゴキブリ型監視装置。
いったいどこからどこまでがスローンの仕込みなの
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

4時間しか寝てないし、賛否両論っぽいし、おいらはそこまでこの監督の作品に打たれたこともないので(好きだけど)、どうかなと思いながら見に行ったんだが、よかった。
あのどんでん返し、主人公カワイソス。木馬
>>続きを読む

セザンヌと過ごした時間(2016年製作の映画)

3.7

セザンヌとゾラの長年にわたる友情の話。舞台は19世紀後半。2人が10代の頃から50代あたりまでかな。
友情といってもいつもベタベタつるんでるわけじゃなくて、何年も合わなかったり行き違いがあったり愛想つ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

予告見て、これどうせロボトミーものやろと思っていたら、やっぱりそういう類だった。ロボトミーじゃなくて脳入れ替え? あの使用人2人にはローズの祖父母の脳が入っているということか。
驚くようなどんでん返し
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.2

女スパイのミッションもの。例によって内通者がいて後半何がどうなってるのかわけわかんないというお約束も健在なんだが、これ映像がすごい。なんだこのスタイリッシュさ、ブレードランナーかよ。SF要素一切ないの>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.7

パイロットとしての腕を買われてCIAや麻薬カルテルのために働いて大金を手にした男の栄光と末路。トム・クルーズ主演なのにアクションものでもSFでもない。すごい。トムが非常識な状況ではあるけども基本的には>>続きを読む

静かなる情熱 エミリ・ディキンスン(2016年製作の映画)

3.6

エミリ・ディキンスンの生涯。この人内気で大人しいイメージがあったけど、実際は違うみたいだな。映画を見る限り、潔癖で理想主義的で辛辣なこじらせ女子じゃねえか。フェミっぽいところもあったみたいで、当時の世>>続きを読む

50年後のボクたちは(2016年製作の映画)

3.8

はみ出し者の中学生男子2人が夏休みに盗難車で行き当たりばったりの旅をするというよくありそうな話だが、そのはみ出し感や無茶する度合いが適度でよかった。危ないことといえばたまに警察に追いかけられるくらいで>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

戦争で恋人を殺した男を愛してしまう女性の話で、だからなんやと言えば言えるし、特にひねった展開もなく、ちょっと眠くなったりしたが、なんていうか、悲しい話だよな。
あの手紙をもらった時の婚約者の両親の表情
>>続きを読む

天国と地獄(1963年製作の映画)

3.8

これ最後まで身代金の受け渡しの駆け引きで引っ張るのかと思ったら違うのな。金と引き換えに誘拐された子を奪還するのは前半で終わり、あとは仲代達矢演じる戸倉警部率いる捜査陣が犯人を突き止め逮捕するまでの話と>>続きを読む

ポルト(2016年製作の映画)

3.7

無職の男が発掘現場の手伝いに行って出会った年上の女と恋に落ちて云々。だからなんだという話ではあるし、途中ちょっと眠くなって記憶が飛んでるんだが、なんちゅーか可愛らしい話ですね。
セックスシーンがかなり
>>続きを読む

ダイ・ビューティフル(2016年製作の映画)

3.9

トランスジェンダーのミスコン女王トリシャの人生。時制が行ったり来たりしていることに最初気づかず、あれ?ってなったが、そのうち慣れた。
おいらはトリシャさん系の顔にあんまり魅力を感じないので(バーブスの
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.8

なんか知らんがむちゃくちゃ眠くて、前半ほとんど覚えてねぇ笑。女の人2人いたけど、この人たちの関係がなんなのか、後半主人公と一緒に逃げてたのが元々の恋人なのか、もう1人の女なのかもよくわかってない(もう>>続きを読む

野良犬(1949年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

1949年の映画。デジタルリマスターだが白黒でちょっと見にくい。セリフも聞き取りにくい。おいらの聴力のせいかもしれんが。
バスの中で拳銃を盗まれた若手刑事が所轄のベテラン刑事と組んで自分の拳銃で引き起
>>続きを読む

ブルーム・オブ・イエスタディ(2016年製作の映画)

4.1

罪悪感からホロコースト研究に励む糞真面目な男トトとエキセントリックな研修生のザジの話。いやほんと、罪悪感や対象への思い入れから社会派系人道系運動系のことに首突っ込むのはやめたほうがいいって。自己抑圧で>>続きを読む

ブランカとギター弾き(2015年製作の映画)

3.8

親がいないホームレスの女の子ブランカが盲目のギター弾き(多分ホームレス)ピーターと出会って家族と呼べる人を得るという話。ピーターがかけがえのない家族だということに気付く前に母親買いますの貼り紙をしてい>>続きを読む

>|