skm818

skm818

感想も評価もテキトーです。

  • List view
  • Grid view

天使の入江(1963年製作の映画)

3.7

最後がちょっと唐突だが、よくできた話と思う。
金欠の銀行員がギャンブル狂の同僚の手引きでギャンブルにはまってしまい、親に勘当されて出かけた先の南仏でこれまたギャンブル狂の女に出会い…うわーうわー。ギャ
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます。

戦闘シーンはイマイチの感じがしたが(ちょっと眠かった)、ヒーローやってる高校生の学園青春ものとして面白かった。ネクタイ結ぶ練習しているピーター見ながら、ああこうやってアメリカの高校生は大人になっていく>>続きを読む

少女ファニーと運命の旅(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます。

当時のフランスの細かいことを知らないので状況がややわかりにくいきらいはあったが、緩急がよくハラハラしながら見ることができた。誰も死なないところもよい。
もうちょっと支援者の言動や立場に関するフォローが
>>続きを読む

幸福(しあわせ)(1964年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます。

絵に描いたように仲が良い若夫婦。健康で2人の子にも恵まれ、近所や親戚との仲も良好、仕事も順調で、贅沢はできないながらも休日には湖畔にピクニックなど、幸せというのはこういうことなのだろうなあと思わせてく>>続きを読む

3つのボタン(2015年製作の映画)

3.5

短編。ちょっと何が言いたいのかよくわからないシュールな内容だが、ボタン収集家のおっさんと、埋めたボタンに水をかけたらヒヤシンスの花が咲くところは良かったな。あの女の子は田舎の農家暮らしだが、都会の生活>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.7

食事のせいか前半眠く、協力者に匿われて女の子と知り合ったと思ったらもう襲撃の前日になってるような状態でしたが、その後の展開は迫力があった。
ヒトラー爆殺計画なんかもそうやけど、なかなか計画通りにはいか
>>続きを読む

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます。

末期がんで余命短い男のところへカナダから親友が突然マドリッドまで会いにくる。彼との4日間を描いた話。
その4日間で死にゆく男フリアンは、愛犬の引き取り先を探し、自分の葬儀の手配をし、アムステルダムに留
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.7

うーん、登場人物(オートボットたちも含む)が多すぎて何が何だかわからないぞ。特にトランスフォーマーたちは主なメンバー以外誰と誰が味方で敵だか見分けがつかん(それ以前にこのシリーズ途中からしか見てないん>>続きを読む

夜明けの祈り(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます。

第二次世界大戦終結後、ソ連兵にレイプされて妊娠した修道女たちと彼女たちを診察するフランス赤十字の医師。赤十字って誰でも分け隔てなくたすけるのかと思ったら、縄張りがあるのか? それとも赤十字ではないのか>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.6

なんかもう、ゾンビだの、吸血鬼(というより生体エネルギー吸い上げるスペースバンパイヤ的な何か)だの、ジキルとハイドだの、十字軍騎士団だのいろいろ盛りすぎ。基本的には、墓から蘇った古代エジプトのミイラ王>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.9

マクドナルドの創業者とされるレイ・クロックがいかにしてシステムを考えたマクドナルド兄弟の事業を乗っ取ったかという話。
成功の鍵は野心とマメさとハッタリと出会いの運だなあとしみじみ思う。金はそのあと。事
>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

3.7

久々にドキュメンタリー見た。
キャリアの終盤に差し掛かった人の集大成的伝記じゃなくて、現時点でも20台後半のアーティストのドキュメンタリーなだけあって、映像素材が豊富。子どもが何かしているところを写真
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

4.0

コメディであるというような紹介を見た気がするが、かなり深刻な話だった。確かにゲラゲラ笑っている人は何人もいたが、セクシュアリティが原因で友人関係に亀裂が入っていく話のいったいどこが面白いのかよくわから>>続きを読む

ヒトラーへの285枚の葉書(2016年製作の映画)

3.9

戦争で息子を失った職工長とその妻が、ヒトラー体制を批判するカードを作成しては道端に配置する形で配りまくっていたという話。同じアパートのユダヤ人女性のことなど、近所に住んでる人たちの様子も結構描かれてい>>続きを読む

ビニー/信じる男(2015年製作の映画)

3.8

鉄板のボクサー再起もの。首の骨を折って再起どころか歩くことすら危ういなどと言われていたボクサーがカムバック試合で世界チャンピオンに、という嘘のような本当の話だが、描き方があっさりしているせいか、あまり>>続きを読む

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

3.8

ブレーキが壊れた車が高速道路を暴走するというしょうもないバカ話ではあるのだが、よくできていてスリルがあった。何でもかんでもコンピュータ制御にするのは考えものということだろう。いつぞやの、プリウスが暴走>>続きを読む

ボンジュール、アン(2016年製作の映画)

3.6

要はちょっとロマンチックが入った観光映画。それ以上でも以下でもない。ただまー結構よくできていて、飽きることはなかった。
お金持ちだが仕事仕事で余裕のないアメリカ人と金がなくても余裕を持ってゆっくりと食
>>続きを読む

コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝(2016年製作の映画)

3.7

サモ・ハン関係と聞いていたのでサモ・ハンが出るのかと思っていたら、出なかった。でもまーそこそこ面白かった。この手の映画のお約束はちゃんと押さえられていて、アクションシーンにも工夫があった。
中国のアク
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

すげー。こんな救いのない話久々に見たわ。ハリウッド映画って絶望的な状況でも最後にはなんとか切り抜けるってのがお約束だと思うが、これはそうじゃない。しかも今後場合によってはありえない話でもないってところ>>続きを読む

マイ ビューティフル ガーデン(2016年製作の映画)

3.9

ガーデニングの話だと思わせといて変人の話か!と思わせといてやっぱりガーデニングの話か。しかもヒロインの変人っぷりは結局最初の方だけで、中盤からはふつーによくある展開の話に。あのすっぽかしの一件もどうせ>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.9

冒頭5分でいったい何人殺してんねんまだタイトルも出てねーぞっつー凄さだったが、意外と話はあっさり感。世界中の殺し屋に狙われるという触れ込みだったが、そこについてはあれだけかい。姉を殺せと依頼しといて、>>続きを読む

草原の河(2015年製作の映画)

3.8

チベットの高原地帯で放牧や農業しながら暮らす一家の生活。両親と幼い娘。母親は妊娠している。娘は幼稚園児くらいの歳に見えるが、未だに母親の乳をねだる。断乳させようと乳首に炭を塗って怖がらせる母親笑。
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.7

予告では気持ちの悪い扮装の親父が娘の周囲をうろつくところが強調されていたが、実際に見たら、そういう場面はごく一部で、全体的にはべたついたところもなく、面白く見られた。
時間に追われて汚いことして働かな
>>続きを読む

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

3.8

うーん、なんであの校長があそこまでバカにされるのかよくわからない。確かに器の小さいしょうもない奴であることは見ているうちにわかってくるので、嫌われるのはわかるんだが。
この人のアホなところは、チャーリ
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.9

追われて川に飛び込んだチンピラが産廃(放射能廃棄物? なんでこんなところに?)の入ったドラム缶を踏み抜き、汚物まみれになるが、代わりに不死身の身体と怪力を手に入れる。ドラム缶から流れ出した産廃で怪力が>>続きを読む

おじいちゃんはデブゴン(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます。

コメディかと思っていたらけっこうシリアスな内容だった。認知症気味の元要人警護員が近所の女の子に慕われ、彼女を守るために地元のゴロツキたちと戦うというもの。
昔自分が目を離したせいで孫娘が行方不明に、と
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます。

特にむちゃくちゃ面白いということもないが、こういったゆるい映画にモーガン・フリーマンやマイケル・ケインが出ておバカなことをやってるってだけで楽しめる。マット・ディロンも久々に見た。
働いていた会社の都
>>続きを読む

ミューズ・アカデミー(2015年製作の映画)

3.7

登場人物全員が全編理屈っぽいことを喋り倒していて途中眠くなったが、だんだん人間関係がきな臭いことになってきて、目が離せない展開に。本妻が夫の愛人をカフェに呼び出してマウンティングってバルセロナではフツ>>続きを読む

残像(2016年製作の映画)

3.7

第二次大戦後の社会主義がぶいぶい言わせてた頃のポーランドで迫害されたストゥシェミンスキという画家の話。最初の迫害がいきなり窓にかけられたスターリンの肖像画を破ったということだったし、党の芸術方針に真っ>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

3.8

あまり評判になってないので、どうかなと思いながら見にいったが、ケッコーよかった。この手のものにはありがちな感じではあるが、手に汗握る展開。
トンネル崩落というから、笹子トンネルみたいなことかと思ってい
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

ミステリとしてはちょっとひねりがなさすぎるしアンフェアな感じもするが、多分これ犯人探しが主眼じゃないから。
これって妻を思いやってるようでいて、実は自分の憤懣しか見えていなくて暴走しちゃう夫の話ですよ
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

銃に触れるのも拒否する良心的兵役拒否者がなんで志願入隊すんのよというその矛盾が理解できんが、人というのは時としてよくわかんない行動をしてしまうということだろう。多分ドスは戦争自体は否定してないんだと思>>続きを読む

オリーブの樹は呼んでいる(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます。

ボケてしまったおじいちゃんのために昔売られた樹齢2000年のオリーブの巨木を取り戻そうと、ボーイフレンドや叔父を巻き込んで大型トラックでドイツまで旅するスペイン娘の話。
と言っても旅路自体には困難はな
>>続きを読む

家族の肖像(1974年製作の映画)

3.8

画面が暗くて見づらい。これはおいらの目のせいなのかそれとも上映設備のせいか。何れにしてもデジタルリマスターのありがたみがあんまりないなあ。イタリアの話なのに英語というのも今となってはちょっとしらける。>>続きを読む

イヴの総て(1950年製作の映画)

3.7

数名の登場人物が場所を変えて喋り倒しているだけの会話劇で、途中かなり眠くなった。芸能界の話で女優が主人公なのに、舞台で演技している場面がほとんどない。マーゴのすごさもイヴのすごさも、女優としての実力は>>続きを読む

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男(2016年製作の映画)

4.0

南北戦争真っ只中の米国南部で戦争の意義に疑問を持った男が脱走して家に帰る。軍に追われる身となった男は沼地に隠れ住む逃亡奴隷たちに助けられる。その後脱走兵や地元民も仲間に加え、彼らは収穫を奪いに来る南軍>>続きを読む

>|