skm818さんの映画レビュー・感想・評価

skm818

skm818

感想も評価もテキトーです。

映画(759)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

希望の灯り(2018年製作の映画)

3.8

旧東ドイツ地区にある巨大スーパーの倉庫で働く人たちを描いた映画。主人公クリスティアンは無口な若者。前半は彼が仕事を覚えたり職場の先輩たちと交流したりする様子が淡々と描かれる。途中ちょっと寝てしまったの>>続きを読む

ドント・ウォーリー(2018年製作の映画)

3.8

実在の漫画家ジョン・キャラハンの半生を映画化したもの。キャラハンはアルコール依存症で、泥酔状態で飲酒運転の友人の車に乗って事故で半身不随になり、その後漫画家になった人らしい。一コマ漫画の人でポリコレな>>続きを読む

魂のゆくえ(2017年製作の映画)

3.9

伝統ある小さな教会で牧師をしている男が環境問題に向き合うことのできない立場に悩んで自分を追い詰めていく様子を描いた話。先祖代々の牧師で息子を戦場に送って死なせたりもしていて、もともとこの世は彼にとって>>続きを読む

ある少年の告白(2018年製作の映画)

3.8

同性愛の矯正のため矯正施設に入れられた少年の苦悩と父親との関係修復の話。同性愛は病気だとか矯正すべき何かであるという考えもおぞましいが、この矯正施設ってのがもうね。外部には一切プログラムの内容言うなっ>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

3.8

むっちゃ有名にもかかわらず見たことなかった。ポスター見ただけだとありえない大きさの怪獣みたいなサメが出てくるのかと思うが、サメはいちおー常識の範囲内だった。体長7メートル超え、体重推定3トンレベルの最>>続きを読む

荒野にて(2017年製作の映画)

3.8

父親と二人暮らしだった貧しい少年が父親の死後音信不通になっていた伯母に会うためにポートランドからワイオミングを目指すという話。お金がなくてホームレス状態になり泥棒したり保安官から逃げたりして大変な苦労>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.8

薬物依存症から立ち直ろうとする少年とその父親の話。現在の話と少し過去の話の境目がわかりにくい。途中ちょっと寝てしまったが、大体の話は把握。父親はなんとか息子を立ち直らそうと奔走するんだけど、多分息子に>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.8

ヘイリー・スタインフェルド大好きなので見に来たんやけど、話もよかった。後半は例によってサイバトロン同士の派手なアクションシーンになるけど、前半のチャーリーのキャラや環境などをしっかり描いてるとこよかっ>>続きを読む

サンセット(2018年製作の映画)

-

冒頭ちょっとだけ見て、その後1時間以上寝る。後半は見ていたが、前半の状況説明や登場人物紹介が入る部分で寝ていたので、そもそもなんの話かが分からん。とりあえずイリスという若い娘が帽子店に働きにやってくる>>続きを読む

リヴァプール、最後の恋(2017年製作の映画)

-

ほとんど寝ていたので話の進行がよくわからないんだよな。最終的にはこの人たちはリヴァプールのピーターの自宅で暮らしてたんだよな。冒頭グロリアが倒れた場面ってのはその次の、旅行に行くか行かないかでピーター>>続きを読む

たちあがる女(2018年製作の映画)

3.7

地元の土地を買い上げて建造された海外資本の巨大な製鉄所に抗議するため、ひとりで妨害行為に励む中年女性の話。前半ちょっと寝ていて、見落としもあると思うが、概ねどういう話かは把握。人のいない地域だからか、>>続きを読む

金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト(2017年製作の映画)

4.0

史実を元にした話で、政治的主張がはっきりしてるが、それ以前にバカップルでオタサーの姫やんけ笑。不逞社の仲間たちとワイワイやってるの楽しそう。この人たち若かったんだもんな。そりゃ青春だよな。金子文子は小>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.9

黒人と白人の刑事コンビが協力しあってKKKに潜入捜査という冗談のようだが実話ベースの話。政治的立ち位置と主張のはっきりしている映画で、なるほどこれはアカデミー賞に関してスパイク・リー監督が激怒するのも>>続きを読む

ふたりの女王 メアリーとエリザベス(2018年製作の映画)

3.7

メアリー・スチュワートとエリザベス1世の話。こういう話ってエリザベスの方が悪役になりがちだけど、この映画のエリザベスはできれば争いたくない系の人で、どっちかっつうとメアリーの方が傲慢で気位高くて美しく>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.7

破産した90歳の元園芸家が麻薬カルテルの運び屋をやってたって話。途中ちょっと眠くなって5回目あたりから12回目あたりまで飛んでんだけど、大体の話はわかった。これなんでいつまでも捕まらないかって言ったら>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.8

見た目も性格も全然違う2人の女をめぐるサスペンス、でいいのかな。しょうもない2時間ドラマみたいな内容で、メインの部分の真相もありがちなんだけど、アナ・ケンドリック演じるステファニーのしたたかさと闇の深>>続きを読む

マイ・ブックショップ(2017年製作の映画)

3.8

憧れの書店経営を始めた女性が嫌がらせにもめげず成功を勝ち取る話ではなくて、嫌がらせを受けて追い出される話だった。主人公ではない語り手がいるんだけど、この語り手っていうのがね、グッときますね。時代は19>>続きを読む

大統領の陰謀(1976年製作の映画)

3.7

ウォーターゲート事件の真相を追及したワシントンポスト紙の2人の記者の話。基本的には二人が取材している様子を淡々と追ってて、正直かなり眠くなったが、それでも新聞記者カッコいいなと思う。現実にはこういう大>>続きを読む

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

3.7

気難しい父親と祖母とともに暮らす牛飼いの青年。農場は昔ながらのやり方で経営されていて人手もない。ルーマニアからきた青年を雇うことになる。主人公とその青年は恋仲になる。ちょっと前半寝てしまってて、この2>>続きを読む

ともしび(2017年製作の映画)

3.6

子どもに対する犯罪疑惑で夫が収監されている女性の淡々とした毎日を追うだけの映画。シャーロット・ランプリングって口角が下がっているとこがいいよなあとか、ヨーロッパ系の人って肌のキメが粗いなあとか思いなが>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.7

1960年代。南部ツアーを敢行する黒人ミュージシャンと運転手兼ボディガードとして雇われたイタリア系白人の男の物語。アカデミー賞受賞が物議を醸しているらしいが、たしかに黒人は自らの黒人としてのアイデンテ>>続きを読む

狼たちの午後(1975年製作の映画)

3.8

ベトナム帰還兵の男が相棒とともに行き当たりばったりで銀行強盗をやらかすが云々。銀行強盗の話であるのは知ってたが、この主人公ゲイだったのか。野次馬の集まってくる様子や、主人公に煽られて大歓声が起きたり、>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.7

なかなか。記憶喪失なのにいきなり状況に馴染みすぎとか、話が上手いこと進みすぎとか、ツッコミどころはあるんだけど、テンポよくてスピーディでアリータは可愛い。なんとなく満島ひかりに似ていると思うのはおいら>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.8

過失を犯して緊急指令センターに回されている刑事が、ある一本の電話に事件性を感じて電話口の情報だけで勝手に相手を助けようとするが実は…みたいな話。ミステリ小説で言ったら叙述トリックになるのかなー。人の思>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

3.9

レイプ犯として収監されてる男性と彼の無実を信じて奔走する恋人とその家族の話。要所要所に2人のこれまでの日々が挟まる。それだけっちゃそれだけの話なのだが、黒人ゆえに受ける理不尽な仕打ちについてもしっかり>>続きを読む

ちいさな独裁者(2017年製作の映画)

3.7

脱走兵が偶然見つけた将校の服を身にまとい好き勝手する話で、なんでこれバレないんだと思ったが、薄々気がついている人はいるのな。でも総統と繋がってると言われると、もしかしたらがあるから強く出られない感じか>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.9

アン女王時代の英国の宮廷を舞台にしたドロドロ。女王役のオリヴィア・コールマン可愛いなあ。客観的には不細工なヒステリー女なんですが、その不安定で純粋なところをサラは愛したのかもしれず。この二人は幼馴染で>>続きを読む

マイ・サンシャイン(2017年製作の映画)

3.7

1981年のロサンゼルス暴動を題材にした話。ハル・ベリー演じるミリーの背景がよくわからんし、隣のブチギレ白人が突然こどもに優しくなったり、ミリーの妄想だのワイパー白人だのゴキブリだの街灯だの、やりすぎ>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(1984年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

さすが4時間超えの大作。無駄に細かく凝りまくってる。贅沢に尺を使って、一つ一つの場面が長い。正直後半女性が絡み始めてからはイマイチ感で、終盤のベイリーとの会見のとこはがっつり寝てしまったので、結局奴は>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.9

ある日突然誘拐されて監禁された挙句に殺されてしまった男の子と彼を探し続ける女の子がお互いを思いあって夢で会うという話で、こういう激しい若者の恋の話、昔よく翻訳物の小説で読んだなあと思い出す。ゴーストス>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

4.0

人類最初の月面着陸者ニール・アームストロングを主人公とした月面着陸に至るまでを描いた話なんだけど、プロジェクト成功ものにつきものの前向きな華やかさというのはほとんどなくて、主人公の内面に目が向けられた>>続きを読む

未来を乗り換えた男(2018年製作の映画)

3.8

小説っぽいテイスト。語り手はレストランの店主で、見てきたように語る。主人公の彼から聞いたということなのかな。だったらこれはすでに過去になっている話なんやね。元の話は1940年代のドイツ軍に占領されてる>>続きを読む

フロントランナー(2018年製作の映画)

3.8

1988年の米大統領選挙で民主党候補としていい線まで行きながら女性スキャンダルで出馬を断念したゲイリー・ハート上院議員と彼を取り巻く事務所の人たちやマスコミ人を描いた話。ヒュー・ジャックマンが、この人>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

3.7

かなり眠くてベンがどこから登場したのかよくわからんが、その後の流れも、だからなに?って感じだなあ。コケティッシュで謎めいた女の子とか、なにして生計立ててるのかわからないモテ男とか、それだけでもううわあ>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.6

体感時間がやたらと長くて肩が凝った上に前半1時間半は眠くて、例によって見落としているシーンが多い。とりあえず冒頭からしばらくの間と、ミアとヴィンセントがデートしているところやミアがぶっ飛んでるところ、>>続きを読む

ナチス第三の男(2017年製作の映画)

3.7

1942年のハイドリヒ暗殺事件を題材にした話。ハイドリヒについてもけっこう尺が割かれている。この人結婚相手の方が先にナチだったんだね。ただちょっと眠くて、パラシュート部隊の人たちが隠れ家に落ち着いたあ>>続きを読む

>|