Sakiさんの映画レビュー・感想・評価

Saki

Saki

映画(43)
ドラマ(9)

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

2.9

大人になれば嫌でも現実ではヒーローになれないことに気づく。オチどうこう抜きにしても、浅い。
佐藤健の声よかった。

手紙(2006年製作の映画)

3.9

山田孝之がいい

犯罪者とその家族、色々考えさせられた。

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.5

物語よりも画を期待して見に行ったけど、終始フィックス、ワンシーンワンカットがほとんど。テンポもゆったりで途中ウトウトしてしまった。
子供の演技はナチュラルでよかったけど、台詞に子供らしさがなくて、大人
>>続きを読む

Girl/ガール(2018年製作の映画)

3.8

あまり感情的になることもなく、ひたすら練習してる姿が強かったけど、ラストでの行動がララの感情、思い、悩み、全てを物語っていたと思う。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.2

好き
ギャビーギャビーがかわいかった
新キャラみんなかわいかった

ホットギミック ガールミーツボーイ(2019年製作の映画)

3.2

初が見てて理解できない。
登場人物それぞれに狂気さを感じた。

途中途中、意図的なのかわからないが画質が急に落ちたり、前後のカットで日の暮れ方、時間経過がつながらなかったり、大きめの劇場で上映するには
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

3.4

思ったほど怖くなかった。
CGの黒い人影が怖さ半減してて残念だった。
ラスト、あんまり中心人物じゃなかったというかそこまで問題に関わってなかった人が恐怖体験しててかわいそう。
やっぱり一人暮らしで和室
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.1

音楽好きでも好きじゃなくても楽しめると思う。
街中でレコーディングしてるのが最高。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.7

食事中に見てしまったのを深く後悔…
なんだかんだでストーリーは面白かった

プロメア(2019年製作の映画)

4.0

ついていけない部分もあるけどキャラデザかわいいし、音楽も色彩もよかった

アラジン(2019年製作の映画)

4.0

ディズニー行きたい
私も心がキレイな人になりたい

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

4.1

強盗を計画してるときが青春なんだと思う。
憧れて入った環境が実際はどうしようもないとこだったり、期待してた生活とは違ったりするのはよくあることだと思う。ただそんな日が変わるんじゃないかと強盗をした主人
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.3

自分の悩みを誰か他に当たり散らすこともなく、歌にしていて、遠回しだけどちゃんと周りに伝えられている。
バンドをやってくれる仲間がいてよかった。
お兄ちゃんが素敵な人でよかった。
歌声がすごく好きだった
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.5

期待しすぎたせいか、そこまでじゃなかったけど、埼玉愛が溢れていて面白かった。

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.6

字幕で見たけど終始喋り続けている印象。
ストーリーもそこそこだったけど、ポケモンたちがかわいかったしそれ目当てでもあるのでよしとする。

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

3.5

エンドゲームの前に見ておこうと思ってシリーズ一気見しようと思ったけど、1日1作品でお腹いっぱい感がすさまじい。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

3.4

息が詰まる教室、菊地の見てて痛い感じとか、学園祭で歌わないこととか、もう2人で音楽をやることはきっとないんだろう、とか。

BLEACH(2018年製作の映画)

3.6

福士蒼汰の身長の高さ、顔立ちが生かされてて、言われるほどミスキャスティングじゃなかったように思う。
原作をまったく知らないけど楽しめた。
何度斬られても死なないのには笑ってしまった。

キングダム(2019年製作の映画)

4.0

役者の印象がプラスになった。
映画っていいなって思った。
続編がみたい。

荒野にて(2017年製作の映画)

4.0

人生ハードモードすぎる。
競走馬はペットじゃない、きっとチャーリーもペットだとは思ってなくてだから最後まで絶対乗らなかったし、何でも話せた存在で。
夕焼けと夜空の間の荒野を歩く画が綺麗で孤独でよかった
>>続きを読む

赤い雪 Red Snow(2019年製作の映画)

3.5

10年に一度と言われた脚本らしく、話としてはまとまっているし、いいとは思うけど、そこまでではない感と、なんか、とても、暗い。

10年に一度ならもっとハッピーになれるのがいい…

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

3.7

かなり期待高めで見たので。
窓から入る光の描写とヘミの踊るシーンが好き。何が本当だったのか、結局、真実をすべて観客側に委ねてくる。
ボイルが想像の数倍かわいい猫だった。

チワワちゃん(2018年製作の映画)

4.2

長いMVを見てるみたいだった。
私はたぶんパリピとか陽キャにはなれないと思うけど、青春の自爆テロという意味がわかった。

フォルトゥナの瞳(2019年製作の映画)

3.6

画がきれい。
人の死がわかるのに止めようとすると自分が死に近づくなんて、何のために透けて見えるのか考えてしまう。少なくとも大切な誰かが透けて見えたらどうにかしたいと思うだろうな。
最初は主題歌目当てだ
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.8

お客様が最優先のホテルマンと人を疑うのが仕事の刑事が次第にお互いの仕事を理解していくのがよかった。
いろんな犯人候補が1度に集まるのかと思いきや、1人ずつ問題のある客の正体がわかっていく。最初から犯人
>>続きを読む

21世紀の女の子(2018年製作の映画)

3.2

女の子とは
普段ジェンダーについて考えることって意外とほぼなくて、自分のことは女性というより人間としか思ってないことに気づいた。
ポスタービジュアルとかまさにかわいくて女の子って感じだけど、もっと女性
>>続きを読む

青天の霹靂(2013年製作の映画)

4.0

わかりやすくいい話だった。
本当はもっとできるのにテレビ局の人の前で披露しない場面、チャンスでもあるけどわかる気がした。
1番最初、寝てるお客さん相手にマジックするシーンは引き込まれた。

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

2.9

特別面白くもつまらなくもないけど、思ってた内容と違った。
それぞれの死にたい理由はわかるが、理由を話してるってだけで痛みとか苦しさとか本当に死にたいって気持ちとか、あんまり伝わって来なかった。そもそも
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.8

面白かった
それぞれ演技が濃い
グータラだけどちゃんと信念がしっかりしていていいと思った
会社ってどこもこんな感じなのかはわからないけど闇回収とか不正はいくらでもあるんだと思う。

出てくるドーナツが
>>続きを読む

>|