Momoさんの映画レビュー・感想・評価

Momo

Momo

映画(160)
ドラマ(5)

魔女がいっぱい(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

製作陣でちょっと期待しすぎたかもしれない
ロジャーラビットにあれだけ驚き感動したのは、2Dアニメーションだったからなのかな?

主人公が人間に戻れないラスト、ロアルドダールぽいな
ねずみとして生きるの
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

悲しみの種類が沢山ある映画
1h46mあたりで父が泣き、娘が慰めるシーン
心がぎゅっとなる映画

Nonverbal communicationが沢山
悲しいシーン作るときレファレンスで何度も見返す作
>>続きを読む

ウルフウォーカー(2020年製作の映画)

4.2

画面の中はもっと自由だ

線も構図も動きも、もっともっといろんなことができるってことを見せてくれた

最近作ってる3D作品の講評で「この構図、こうしたらもっと面白くなる」と言われて、「いやでも3Dで作
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

スターウォーズは大好きなんだけど、宇宙ヒーローものが好きなわけではないと教えてくれた映画

音楽いい!






何が気に入らなかったのか自分の中で反省してみる

驚きがないこと(見たことある宇宙船
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.8

待ってました

飛行機のシーンが1番好き
チーズシュレッダー、いつ見ても痛そうだなとは思ってたけどさ
消防車好きにはたまりませんでした
ああいう悪い顔の男が悪い役してるの良い

字幕付きで見てからもう
>>続きを読む

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)

-

これホラー映画やん
何も出ては来ないけど怖い

カメラワークが怖い
会話が絶妙にかぶさるの「違和感」の表現に効果てきめん

犬が怖い怖い
突如挟んでくるアニメーションかわいい

静かに車の中で話してる
>>続きを読む

Adam and Dog(原題)(2011年製作の映画)

-

こういうの好きだ!!!

犬が人間ぽくなくてただひたすらに犬らしいのに感情が伝わってくるアニメーションって魅力的

フェイフェイと月の冒険(2020年製作の映画)

3.5

グレンキーンの血統であるディズニーぽさが根底にありながら、新しいことやろうとしてる感じ

チャンウーがアイドルみたいになってるの可愛すぎか!声エライザやし!!

フェイフェイの家族と親戚の顔が、こうい
>>続きを読む

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

-

メリーポピンズ、サウンドオブミュージックのマリアか!そりゃドンピシャですわ!!!

リターンズを先に見てからこっちを見たけど、リターンズがいかにリスペクトしてたからわかる

軽い男じゃないのよ(2018年製作の映画)

-

ひどく混乱した

最初は「女が」「男が」を頭の中で変換してみてたんだけどだんだんできなくなってきて、どっちがどっちなんだ?ってなる

フランス語が完璧にわかるなら、きっと女性名詞男性名詞をかけた面白さ
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.9

ベン・ウィショーみたいなと思ってみたら、想像の3倍くらいハッピーな作品だった
楽しくなっちゃうね
イギリスの魔法、って感じがする

2Dアニメーションと実写の組み合わせ、見ててめちゃくちゃ楽しいし、や
>>続きを読む

The Platform(英題)(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

設定が面白い!

あれからどうなったんだろう
考えさせられる

人に無闇に進めるかと言われたらわからないけど、好きな人には刺さるのでは

メッセージとして何かを送るうんぬん以前に、レベルゼロの人たちっ
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

-

映画館でやってるというので満を辞してみた

これみた後に、アニメーションを作り続けようと思った当時の人に頭が下がる

これみたら、「超えるもの作れない」って軽く絶望しそう

後半は宗教映画みたいな、人
>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

怖い怖い怖い

エンドロールがポップな曲で救われる
全然理解が追いつかないままに終わってしまった
怖い

話題を微妙にそらしてたりしたとことかそうなのか?
犯行動機がピンとこなかった
なんでやったんだ
>>続きを読む

ギャラクシー・クエスト(1999年製作の映画)

-

冒頭のアランリックマンで笑い、最後まで観ることを決めた

マルコヴィッチの穴(1999年製作の映画)

4.0

見る前に何やねんこのタイトルと思ってたけど、見たら納得
英題の方がもっとストレートだね

予測できないの一言に尽きる
Adaptationの時も思ったけど、どういうインプットや思考回路でここに行き着く
>>続きを読む

ブラザー・ベア(2003年製作の映画)

-

えー!めちゃめちゃいいやん!
しっぽ!可愛すぎる!!!!!
事実をしっかり告白するところがいい
監督アーロンブレイズだったのか
さすが動物キング

こういう民族テーマなものをディズニーが作ったならもっ
>>続きを読む

ハミルトン(2020年製作の映画)

3.5

夜中に見て半分寝ながら見てしまったけど、それでもこの作品の斬新さとパワフルな構成とストーリーの感じが伝わってきた

劇場で見たらもっとすごいんだろうな

ダララダッダーィ
ダーララィラィアィアアィ
>>続きを読む

グラディエーター(2000年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

長い〜〜〜
傷口をアップで映すのはやめてくれ...

ベンハーを思い出した

ホアキンフェニックスのキャラ、どうしようもない悪者やんと思いつつ、ここまでこじらせると引けないだろう、とも思う

矢尻を握
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

4.0

良かった。オススメ...!

観た後に見ると、Filmarksのサムネのポスターはあんまりしっくりこない

この2人の絶妙な「距離感」が映画のメインだと感じたので、私だったらぴったりくっつく画よりあの
>>続きを読む

アダプテーション(2002年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーの構成を理解するのに大半使ってしまったので、ぜひもう一度見たい。

手品のトリックを知ったうえで、確認したい感じ。

最後こうなるの?!え?
しかもこれ実話に基づいてるの?
どこまでメタなの
>>続きを読む

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

-

お酒を飲んだ昼下がりとかに観るのが向いてると思う
別に特に何も起こらない

ロングショット多め

あと30分短くてもいいな

I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE(2015年製作の映画)

4.8

すごい、、

子供の時にどっぷり見ていたスヌーピーが、3Dになっている
3Dが「あの絵」を再現するために全力を尽くしていて、技術革新が進む中でこういう方向に進む作品があるのがとても嬉しい

原作や2D
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

4.5

ジョーカーって、この作品への多大なリスペクトだったんだ...
この2作品の関係について全く知らずにみたので、驚いた
ルパートをやったロバートデニーロが、37年後にジェリーのポジションをジョーカーで演じ
>>続きを読む

卒業(1967年製作の映画)

3.6

卒業のラストシーン、ってこれか!

The End of F***king Workdを思い出すシーンが多々ある

プレステージ(2006年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

ひぇー
脱帽

最後に一瞬映るの怖い

クリストファーノーランの作品は、ホームズを夢中で読んでいた時の興奮とワクワクとトリックや巧妙な伏線にいつも魅入られる

男性・女性(1965年製作の映画)

2.0

勉強

ヒロインいい
ゴダールは男性主人公がいつも好きになれない

大地のうた(1955年製作の映画)

4.6

とてもよかった、、

何で今まで観てなかったんだとも思ったけれど、小さい時にこれを観てもわからなかったと思う
今のタイミングで見れてよかった

ビーズのネックレスの話の後、Durgaが叩き出された時の
>>続きを読む

若草の頃(1944年製作の映画)

4.0

かわいい...!

クラシックハリウッドそのものな作風とともに、観てるとクラシックディズニーを思い出す。
あと、ルノワールの「ピアノを弾く二人の少女」の絵。

ノーマンロックウェルの絵がそのまま映画に
>>続きを読む

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

-

冒頭のユーミンのシーンが大好き!
そしてラストも好き!

ジブリはもはや、感想を事細かに書くことができない

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

-

大好き!!!!

空に何かあるっていうロマンは本当に好物だし、空から女の子が降ってくるっていうロマンチストなスタートも好き。

でも1番を選べと言われたら絶対に渓谷でのチェイスシーン。ジブリの立体建造
>>続きを読む

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

-

大好きな要素が沢山ある。

千と千尋が大ヒットした後に、これを作って期待を裏切らないジブリ本当にすごい

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

4.5

映画館で見た列車が忘れられない。
やっぱりハリポタは前半は映画で、後半は本で楽しむのがいいと思う。
どっちもできたらそりゃあ1番なんだけどね