アカネさんの映画レビュー・感想・評価

アカネ

アカネ

洋画がすきです。備忘録。

映画(138)
ドラマ(0)

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~(2018年製作の映画)

4.0

主人公2人が美男美女で、、もう絵面がきれいすぎる(笑)

パパも友達も優しく見守っているのが微笑ましい。
最後あんなにきれいに終わるはずないのにキラキラしたところしか見せないのはハリウッド版だからなの
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.7

邦画の恋愛映画なんてほとんど観ないけれど、友達にすすめられて鑑賞。

松岡さんの表情がころころ変わるところが可愛かった。こじらせというより、不器用なだけかなと。早口でたたみかけるシーンは気持ちよかった
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

DC作品をまったく観ない者として、高評価なのに疑問を感じるレベルだった。
やっぱりある程度予備知識が入ってないと理解できないと思う。

心苦しい状況から、どんどん狂人になる変化を見せられていて、階段で
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.6

最後に一捻りほしいなぁと思ってたところで、あの衝撃のシーン!
怪しいと思ってたのでやっぱりか!となった。
あんな歳で女性に(しかも美女に)やられちゃったら人間不信でもう一生立ち直れないでしょ。

オー
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.8

なかなか死ねない頑固じじいのお話。
ジャケット写真からもっと和やかな感じかと思えば、孤独感多めの、でも温かみも感じるものだった。
オーヴェは不器用すぎるだけの人だった。奥さんへの強い愛情に感動した。

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

4.0

まだベルリンの壁ができる前の東西ドイツ。たった2分の黙祷で、高校生の人生が大きく変わった実話。

はじめは軽い気持ちでした行為が、あれよあれよとおおごとに、クルトやテオの「やべぇことになった…」って顔
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.5

恥ずかしながらアニメを観たことがなく、前情報ほとんどなしで観たけど、かなり楽しめた!魔法のキラキラした感じと歌と街が好き。利己的な願いはよくないって教訓も得られる。

愛すべきキャラがたくさん。アブー
>>続きを読む

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.8

ストーリーがわかってても引き込まれる!ドレスやセットも美しい。。

シンデレラの正直さや純真無垢なところがかわいい。フェアリーゴッドマザーの茶目っ気もかわいい。

クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅(2018年製作の映画)

3.9

日本にはあんまりない、底抜けに明るいのがインド映画のいいところ!

波瀾万丈な旅だけれど、くじけたり卑屈になったりしない。人生は運やカルマに頼るのではなく、自分で切り開くもの!なるほど。。

家具屋で
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

4.0

原作ファンも、読んだことがない人も満足できる!キャストも想像以上にはまっててすごいなぁと。

個人的には楊端和が大好きなので、長澤まさみが美しかった。。あと吉沢亮も。

続編に期待!

小さな恋のうた(2019年製作の映画)

4.2

モンパチが好きで観に行ったけど、いい意味で裏切られた。単なる青春キラキラバンド映画じゃない。沖縄のリアルな現状も含まれてて、ただ観てよかったって思うだけの映画じゃない。

山田杏奈ちゃんの透明感と歌声
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.5

過酷な訓練や悲しい経験、それでもなお月を目指す宇宙飛行士のお話。圧迫感と緊張感で呼吸しづらくなった。あと長丁場で静かなところは眠くなる。

初めて月に足を踏み入れる瞬間ってどんな気持ちなんだろうとか考
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.0

前情報ゼロ、予習なしで観てしまい、まったくわからない状況だった。。
異能力者ものかつダークな感じ。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.5

クイーンを知らない世代にも響く映画だと思う。
実際に数曲しか知らないわたしも鳥肌立ったし楽しめた。

切なさ多め、最後のライブシーンは胸アツだった。。

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

3.6

クリスマスといえば、コレ!って作品だなぁ。何年ぶりかに、、

基本痛そう。でも賢いなぁ。近所のおじいちゃんとの関係もよかった!

アメリカのクリスマスの雰囲気が好き、羨ましい。。

アイデンティティー(2003年製作の映画)

3.9

グロくてどんよりしてたけど、どんでん返し+ひねりが加えられてて、楽しめた。まんまと騙された。。(むしろわかるはずない)

大雨、モーテル、コインランドリー、、怖い。

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

3.6

オニール親子、ふとした表情が似てる!お互い素直じゃないところも。

観終わって改めてジャケット写真を見ると感慨深い。

本編はモノクロなのも新鮮。

ジュマンジ(1995年製作の映画)

3.9

呪いのゲームすぎる!
ジュマンジってどういう意味なんだろう…。

20年以上前の作品なのに色褪せてないし、真新しく感じる。

サイコロを振るまでどんなマスがあるかわからない、次々に襲ってくるハプニング
>>続きを読む

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

3.6

観終わったあと、シェリーを口ずさむくらい気に入ってしまった。

トミーは中身はクズだけど、魅力的な人がなんだと思う、好きにはなれないけど。人を巻き込むのが上手。

バンドやグループって売れれば売れるほ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.7

冷静にゾクゾクする感じ。何かが変。
伏線回収もできたけど、まだある気がする。。
差別要素のある、問題提議の作品でもあった。

「やりすぎでは?」って思うぐらいの最後。

怒り(2016年製作の映画)

3.8

俳優陣が豪華すぎる…!みんないい味がでていてリアルだった。

個人的には好きな作風ではなかったけど、犯人に近づくにつれて引き込まれていって、最後まで犯人がわからないのがすごい!!

世界最速のインディアン(2005年製作の映画)

4.0

夢を追い続けるおじいちゃん、ステキでかっこいい!!ユーモアもあって、絶対に諦めない姿がよかった。
出会う人たちがみんないい人で、それもまた泣ける。心温まるロードムービー。

" 夢を追わない人間は野菜
>>続きを読む

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.6

そんなことある?!?!の連発。バカすぎるし、ぶっとんでるし、あと下品。あとから答え合わせしていく感じが観ていて楽しかった。結婚式前夜の独身パーティーって楽しそう、、やりたい。

酒は飲んでも飲まれるな
>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.6

ゾンビコメディー映画を初めて観た。

ショーンはポンコツ、でもやるときはやる。その友達はクズ、でもいい奴。

なんで街中がゾンビだらけになったのかわからなかったけど、なんか楽しかった。

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年製作の映画)

4.0

草を煎じて飲んだり家出したり、、危なっかしい行動に母親目線でひやひやしてた。笑

斬新な人形遊びや浮き輪で川を下ったり、楽しそうだった。スニーカーを抱いて寝るシーンも好き。(お別れの時も)

最後の1
>>続きを読む

ロード・オブ・ドッグタウン(2005年製作の映画)

3.8

70年代の街並み、音楽、ファッションとスケボー、サーフィンがマッチしててかっこよかった…!

カメラワークが躍動感ありすぎて途中酔うかと思った…….

やんちゃすぎる主人公たちだけど、スケボーのことだ
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

新しい映画の撮り方。みんなでPC画面を一緒に見ている感じ。

お父さんが娘を探すために娘のSNSをチェックするけど、、自分のSNSを見られるのはすごく嫌だな〜って思いながら見てた(笑)

緊迫感とか真
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.6

冒頭の30分くらいのおもしろくなさは、後半への前ふりだった。ところどころ変なところがあって、裏ではそんなことがあったんだ!と後でわかるおもしろさ。

映画撮るのって大変。。。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.9

爆音映画祭にて鑑賞。
コンサートに来ているような、音楽が映画館全体を包むような感じ。

ロマンチックの塊みたいな、ふわふわしているところもあれば現実的なところもあったり。夢を追いかけるのも大変だなって
>>続きを読む

旅猫リポート(2018年製作の映画)

3.7

ところどころ冷めて観てしまう部分もあったけど、動物を飼っている人は思わず感情移入しちゃうような作品。

早くうちへ帰って猫に会いたくなった。うちに来てよかったって思ってもらえるように、もっともっと大切
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

3Dや4Dで観たかった。
世界観も映像も音楽もよかった。
VRの世界ってわかってても、はらはらドキドキしたし、一緒に戦ってる気分になる。

おなじみのキャラがでてきたときは、つい笑ってしまった。

>>続きを読む

LIFE!(2013年製作の映画)

3.6

最初はダサい妄想癖のおじさん。最後すごくかっこよく見えた。やっぱり旅は人を変える。映像も壮大だしきれいだった。

LIFEのモットーがいい。

25番のネガもステキだった。
粋な計らい!
でも全体的に
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

フランクの不器用だけどメアリーを想う気持ちがステキだった。

音楽もよかったし、街並みも海も夕焼けもきれいで、あんなところでのびのび暮らせるのいいなぁってしみじみ。。

最後、メアリーの7歳の子らしい
>>続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

4.0

そこまで期待せずに観たのに、最後30分で引きこまれていった。
予想せずにハラハラドキドキして、最後そういうこと!?って全部持っていかれた。。

テンポもよくてスリリングなところもありつつ、ちょっと冴え
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.0

大好きなアマンダのかわいさが健在だったのと(歌声も超かわいい)、前回と変わらず明るくて楽しくて元気になれた!

影響されてすぐ踊りたくなる…!

ペイ・フォワード 可能の王国(2000年製作の映画)

3.5

人から受けた善意を他の人へ渡す、繋げていけば、世界はより良くなるよね。理屈は簡単、でも実践するのは難しい。人はそんな簡単に変われないから、失敗することもある。

お母さんと先生のくだりはちょっと長く感
>>続きを読む

>|