凪さんの映画レビュー・感想・評価

凪

映画(300)
ドラマ(17)

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

4.3

『もう終わりにしよう』から

ジョン・ナッシュの人生を追体験するための映画
総合失調症の症状をうまく映像で表してるんじゃないかと思う

オクラホマ!(1955年製作の映画)

2.0

他の男性からキスをされても拒まないアニーが旦那が他の女にキスをしたらキレるのはなんなん笑
筋通ってないなあ
全体的にやりたい放題なキャラクターばっかりで観てられない。。。
時代柄、世間体を気にして結婚
>>続きを読む

クローズ・アップ(1990年製作の映画)

3.7

実際の人物がドキュメンタリーを演じるという斬新な方法で撮られたフィクション

複雑だけど面白い

アカルイミライ(2002年製作の映画)

4.0

結構好き
クラゲが毒のある目的がない若者を象徴してておもしろい

ハッシュパピー バスタブ島の少女(2012年製作の映画)

3.0

難しいし退屈に感じてうとうとしてしまったのでしっかり観ることができたのは3回目だった

13th 憲法修正第13条(2016年製作の映画)

4.6

ドキュメンタリーの傑作
BLMに至るまでの背景が細かく描かれている

ミセス・ダウト(1993年製作の映画)

3.5

7年越しの再鑑賞

音楽がいいね
家族、人間関係にはそれぞれ色んな形がある

失くした体(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最初見たときは、手が一人で虫のように動く様を見てグエっとなったが、今回は課題で鑑賞

ガブリエルがフランス人、ナウフェルがモロッコ移民ということを考えると、この作品も『ダンサー・イン・ザ・ダーク』と同
>>続きを読む

フォーリング・ダウン(1993年製作の映画)

3.0

あんなに暴れまわってたくさんの人を巻き込んで
そうだよね辛かったもんねとは思えない、、、

警官優しいだけに奥さんにも部下にも舐められてるけどその中でもサンディだけは彼のことを尊敬し慕っていて、その関
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.9

課題で鑑賞

だんだん面白くなる
シリアスな社会問題を上手く映画にしている

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

2020年4月9日
★3.6
Netflix
初鑑賞 

映画の世界観を表すタイトルが秀逸
グリーンマイルを観た後と同じ気持ちになる
切なく虚しい
純粋すぎる純粋なセルマが酷い目に合うのはやりきれない
>>続きを読む

ブレイブ(1997年製作の映画)

2.8

ジョニー・デップが考える「ネイティブアメリカン」の映画

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.0

6時間睡眠+冒頭から難解設定でちんぷんかんで眠気が押し寄せてきたため、睡魔と戦いながらの鑑賞

寝て起きて寝て起きてだったからストーリー全部終えなかったけど、最後はおおーってなった
最初のワーナーブラ
>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

3.5

「生まれた時と同じように何も持たずに死んでいく」

何も分からず生まれて歳をとって認知症になり何も分からず死んでいくベンジャミン

唯一残したのはデイジーとの間に生まれたキャロライン

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.0

2019年7月26日

★3.2
?????

【追記】
2020年10月8日

精神分析とか表紙について考えたらおもしろかった
蛾がクラリスの口を塞いでいること、蛾の背に書かれているのがダリの『裸の
>>続きを読む

フェアウェル(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

隠す方は辛いよなあ、、、

会話ばっかりで途中寝ちゃったけど、最後のおばあちゃんが車を見送るシーンは去年の自分の状況とリンクして泣けた〜

最後は「6年生きたんかい」ってなったけど、それを見たら自分の
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

4.5

「人は愛を求める」

最高

豪華キャストたちの確かな演技力
人々が欺き合う群像劇
いかにもアジアな香港の街並み
『ローマの休日』や『ゴースト』のオマージュ

ストーリーが終わるかと思ったらそこから二
>>続きを読む

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

赤いチューリップの花言葉は「真実の愛」
白いチューリップの花言葉は「失われた愛」

劇中には赤と白のストライプのチューリップが希少な商品として取引される
しかし、一夜にしてチューリップバブルは崩壊し、
>>続きを読む

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

「生と死、若さと老い」

すごいの一言
これまでの人生でこんな映画は観たことがない
ただのホラーでも、ただのドラマでもない
信用できない語り手の元で繰り広げられるミスリーディングの謎、何一つ意味が分か
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.0

作家が書いた本の物語、という設定だが、本当に本を読まれている感じの映画 

基本苦手なサスペンスだけど、これは飽きずに最後まで引き込まれた(途中寝てて二回見直した)

時代設定が昔ということを忘れてし
>>続きを読む

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

3.8

みんながワクワクするクリスマスの空気が溢れてて素敵 

ドラマからのSF展開が急すぎて、、、伏線はあったけど読めなかったなあ
そこがマイナス0.2点

去年アメリカ留学中に公開されててずっと見たかった
>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

3.5

「どうにかしたい、でもどうすることもできない」

根強く蔓延る人種差別問題
物語の舞台である1970年代から50年経った今でもなくならない

ティッシュの家族が強く優しいことだけが救い

この作品も『
>>続きを読む

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

3.5

重くて止めながら観てたら観終わるまでにかなり時間かかってしまった、、、

絶望から希望に向けての旅立ちイコール家族との永遠の別れになるのはキツいなあ

自分だったら家族と離れる覚悟で向こう側に行けるの
>>続きを読む

ラスト・ムービースター(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

何十年後に見返したい映画

共感できる部分はあんまりなかった
リルがクズ男を捨てて幸せになれてよかったな

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

4.6

「真実の愛」

ストーリーはシンプルで、ラブストーリーと若干サスペンス要素もあって最初から最後まで引き込まれた

終始2人の絆が感じられて、有名な陶芸のシーンと、終盤の抱き合うシーンはうるうる

さす
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

「結婚の難しさ」

移住→都会で恋愛・結婚→地元で浮気→結婚したことバレる→都会に戻り夫と再会しハッピーエンド(???)

上京したエイリシュの気持ちもトニーと恋愛して浮き足立つ気持ちも分かる。まるで
>>続きを読む

メアリー&マックス(2008年製作の映画)

4.4

「友達とは何か」

色のないマックスの世界でメアリーが彼に送ったものだけが色づいていて、反対に色があるメアリーの世界でマックスからの贈り物は色がない。彼女だけが彼にとっての「色」であり希望であることが
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.0

哲学的SF恋愛映画

蒼井そらはグローバル
友達のハン・サンベクはいいやつ
上野樹里は激アツ

揺るがない友情と、波がある恋愛

自分がウジンの立場でも、どんなことも受け入れ愛してくれるイスが目の前に
>>続きを読む

スティング(1973年製作の映画)

1.0

古めだけどレビューが高いので、これはいけるかも、と思って鑑賞
しかし、カタカナの名前と外国の方の顔を覚えるのが苦手な私にとっては難易度が高すぎました、、、
最初から最後まで何が起こっているのか分からず
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

カッコよくて優しくて仕事ができるジュールズ、最高

ハイヒール履いてキメキメファッションに身を包んで颯爽と歩いてたジュールズが、最後にはスニーカーとTシャツジーパンのカジュアルなスタイルでベンと一緒に
>>続きを読む

>|