こやまさんの映画レビュー・感想・評価

こやま

こやま

レビュー書いたり書かなかったり。

映画(404)
ドラマ(0)

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.7

割と大人向けのコナン。ストーリーがしっかりしているタイプのコナン映画ですね。

夢のチョコレート工場(1971年製作の映画)

3.9

チョコレートの川を船で移動してるときの、ワンカのアップのカットがめちゃくちゃかっこいい。サイケデリックな照明によってワンカの表情がくるくる変わる。
あとウンパルンパの歌はとにかく怖い。

マシニスト(2004年製作の映画)

3.2

このあと4ヶ月で体重45kg増量したとかクリスチャン・ベイルおそるべし

天使と悪魔(2009年製作の映画)

3.7

「宗教には欠点がある。人間にも欠点があるのだから」っていう台詞が響いた。ダヴィンチコードよりも謎解き要素は低めだけど人間味があるかな。あと近衛隊の金髪のにーちゃんがかっこいい。

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

3.8

わたしがキリスト教徒だったらもっと楽しめたんだろうなぁ。それともぶちギレてたのかな?

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.0

安定した面白さをもちながら、新しさを取り入れている。アニメ版よりも女性の社会進出とか、他者と異なることへの肯定とか、現代的な要素を増やしつつうまくまとめている。あとエマ・ワトソンがかわいくて美しくて自>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.0

登場人物たちがおしゃべりしてるシーンが、なぜそんなに面白くなさそうにしゃべるの?ってくらい異様な雰囲気

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

3.2

これはミステリーと言っていいのかなあ、ミステリーのつもりで見るとがっかりする

メメント(2000年製作の映画)

4.0

最初はものすごく混乱する。あれ? この話さっきしてたよね?ってなりながら、あっこれ時間が戻っていくのか、って気づく。
この時間が戻っていく、という構成が、レナードの症状を追体験しているような錯覚を生ん
>>続きを読む

ローズの秘密の頁(ページ)(2016年製作の映画)

4.2

最初のほうはちょっと退屈かも。見ていてつらい場面も多いが、それだけに一瞬の幸福な記憶が鮮やかに残る。

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.1

姉と妹の対比が弱い気が。ヒトに恋した姉とヒトを食べる妹との間で中途半端になってる感じかなあ。どっちにも振りきれてない。歌はよかったし、人魚が想像以上にお魚だったのもよかった。

デトロイト(2017年製作の映画)

4.2

めちゃくちゃしんどい。モーテルに警察が乗り込んでからのシーンが、人ってここまで残酷になれるのかってくらい、きついものだった。

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.3

オチは結構最初の方で察してしまったけどおもしろかった。カウンセリングやってた先生がなかなかいいキャラ。

複製された男(2013年製作の映画)

3.0

他の方の解説を読むまでは宇宙からの侵略物だと思ってました(´・ω・`)

>|