ゆいさんの映画レビュー・感想・評価

ゆい

ゆい

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.4

バス停で人より少し知能指数の低いフォレストがバスを待つ人々に話しながら過去を振り返る。

真っ直ぐで優しい心にほっこりする。
自然の景色もすごく美しかった。
母親やダン隊長など登場人物が素敵な人が多か
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.6

アン・ハサウェイをはじめ美人が多くて見ていて幸せになった。
ドレスも美しすぎる。

登場人物が多すぎず、分かりやすかったためオーシャンズシリーズの中では1番面白かった。

名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)(2014年製作の映画)

3.3

人間離れしたアクション多め。
最近の映画のコナンはアクションが多めなので、あまり楽しみではなくなってしまった。
赤井さんは相変わらずかっこよかった。
スカイツリーも本物と似ていて、すごく綺麗だった。

タイピスト!(2012年製作の映画)

3.7

見ていて明るい気分になる映画。
フランス人女性が可愛い。
街並み、服装、小物全てがオシャレだった。
タイプライターの音が心地良い。

ピンクがすごく似合うキュートな主人公がすごく良かった。
元気になれ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.4

前作よりもハリーポッターシリーズとの関連が多かったので、面白かった。
誰が誰か名前が覚えにくい。

魔法の世界の映像は美しく、
魔法動物が可愛かった。
続きが気になる終わり方だった。

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

1.0

集団安楽死のため廃病院に集まる12人の子供たち。そこには13人目の死体があった。

会話劇。
キャストが美男美女すぎる。
最後は読める展開。
原作よりはマイルドになった印象。
変わった人が多い。
原作
>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

3.5

有名な曲がたくさん出てきたが内容はあまり覚えていない…
めちゃくちゃなストーリー
車が潰れまくるカーアクション。
何も考えずに見るべき作品。

ラヂオの時間(1997年製作の映画)

3.4

脚本がいろんな人のわがままにより、少しずつ無茶苦茶になっていく。
三谷作品という感じで舞台っぽい。
最後は無理やりなんとか終わらせる。
俳優さんたちが若かった。

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

3.7

隣人のお医者さんたちが優しくて良かった。
主人公はヒロインの個人情報まで把握していたり、少し気持ち悪いところもあったが心の温かい人だった。

最後ハッピーエンドだったのが良かった。

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

2.0

舞台を見ているようで
違和感だった。
説明多め。
予想できるストーリー。
ゲームに面白みがなく、ハラハラしない。
天海祐希さんは良かった。

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(2019年製作の映画)

2.9

2人の顔が美しい。
終始何を見せられているのかと思うが、
頭を使わなくていいので気楽に見れるのが良かった。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

2.9

青春とホラー。
スタンドバイミー感が少しある。
全く怖くなかった。
流行っていたので少し期待してみてしまったので残念。

シャレード(1963年製作の映画)

3.3

オードリーヘプバーンが可愛く美しかった。
服装も素敵だった。
ただ登場人物の誰にも共感できなかった。
ツッコミどころが多い。
何も考えずに見ることのできる映画だった。

SPY/スパイ(2015年製作の映画)

3.1

CIAの分析官として働くスーザンが現場のエージェントを志願する。
キャラクターが個性的すぎる。

ジュードロウはかっこよかったが、ジェイソンステイサムの役がかっこ悪すぎた。
何も考えずに見ることのでき
>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1997年製作の映画)

3.7

前半はコメディ色強めで少し疲れた。
子供はすごく可愛かった。

主人公の奥さんや子供に対する行動が愛情に溢れていて素敵だった。
特に放送で奥さんに語りかけるシーンが良かった。
収容所で周りの大人が優し
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

3.8

久しぶりに鑑賞。
音楽が印象的。
トテが可愛すぎる。
ナウシカが聡明で強く素敵だった。
王蟲が昔から苦手だが、子供の頃に見たときよりは苦手意識が薄れていた。

人間は愚かだと痛感する。
原作漫画も読ん
>>続きを読む

オーシャンズ13(2007年製作の映画)

3.2

オーシャンズシリーズ第3弾。
オーシャンの仲間の1人がホテル王バンクに騙されて心筋梗塞を起こして倒れてしまう。

ハラハラしない展開。
キャストが豪華だった。

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

3.1

オーシャンズシリーズ第2弾。
キャストがすごくよかった。
ジュリア・ロバーツがジュリア・ロバーツの真似をしたり、ブルースウィルスも本人役で登場したりコメディ感強め。

盗み方もあっさり。
ストーリーの
>>続きを読む

ツナグ(2012年製作の映画)

3.5

原作既読。
もちろん原作の方が感動したが、
映画はキャストがぴったりだった 。

佐藤隆太と桐谷美玲の話が切なかった。
橋本愛さんも難しい役だが良かった。

一生に一度死者に会えるなら自分だったら誰に
>>続きを読む

マイ・フェア・レディ(1964年製作の映画)

3.4

オードリーヘップバーンが可愛すぎる。
ドレスも素敵だった。

女性嫌いの教授が最後まで好きになれなかった。教授と年齢差もありすぎてオードリーと釣り合わずピンとこなかった。

3時間近くあるのでとても長
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.0

すごく寒そうで過酷な撮影だっただろうとは思うが、こんなに評判が良いのにあまり刺さらなかった。

馬の体の中で暖をとるシーンは見ていてしんどかった…

あまりセリフがなく、ストーリーは復讐がメインで少し
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.2

とにかくエマ・ワトソンが可愛い。
ただ24時間監視されるのを承諾することが謎。プライバシーは大事。

主人公にあまり共感できず。
ラストもSNSから離れるのではなく、全てをオープンにすることにもやっと
>>続きを読む

フィールド・オブ・ドリームス(1989年製作の映画)

3.5

昔の野球選手に興味がないため、少しついていけないところがあった。

すごく理解のある奥さんが素敵で
娘もすごく可愛い。
最後心残りがあったまま亡くなってしまった父とのキャッチボールはすごく心が温まった
>>続きを読む

デジャヴ(2006年製作の映画)

3.9

久しぶりに2度目の鑑賞。
フェリー爆破事故で543名が犠牲となる。
捜査の結果、爆発がテロによるもので、爆発現場の近くで発見された女性の死体が、殺人によるものだということが判明。

ATFのダグは、F
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.8

三谷作品の中では1番見やすく面白かった。

小池栄子とディーンフジオカが特に良かった。
観ていると優しく明るい気持ちになれる。
何も考えず、楽しく観ることができた。

プラトーン(1986年製作の映画)

3.5

ベトナム帰還兵であるオリバー・ストーンが実体験に基づき、ベトナム民間人への虐殺、仲間内の殺人、麻薬汚染など現実のベトナム戦争を描く。

ジャケットになっているポーズがエリアスであり主人公ではないことに
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.7

貧困層が富裕層にパラサイトしていく。

貧富の差について考えさせられる。
そんな上手くいくわけないとつっこみたくなるが面白い。

社長の奥さんが可愛い。
ラストの計画はきっと叶わないのだろう。
観てい
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

年齢など関係ない2人の友情がよかった。
映画が娯楽としてこんなすごいものだったことに驚いた。

ラストシーンのアルフレッドの形見である捨てるはずのフィルムを繋ぎ合わせたキスシーンで泣いてしまった。キス
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.7

ただただオードリーヘップバーンが可愛い。
服装も可愛いし、曲も良い。
猫も可愛い。
男性もかっこよかった。
オードリーを含め、みんなタバコを吸っているのも面白い。

ストーリーよりもオードリーの可愛さ
>>続きを読む

恋愛小説家(1997年製作の映画)

3.4

不器用でひねくれた中年男性メルヴィンとウェイトレスのキャロルとの恋愛。
隣人のサイモンとの関係が良かった。
はじめは最低な主人公だったが、
少しずつ思いやりを持てるようになっていく。

周りが良い人ば
>>続きを読む

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年製作の映画)

3.5

ピカチュウが本当に可愛い。
ゼニガメもミュウも可愛い。
大人になってみると声だけでポケモンの感情を表現する声優さんがすごいと思った。

子供の頃に見ていた懐かしいポケモンがいっぱい出ていて嬉しかった。
>>続きを読む

許されざる者(1992年製作の映画)

3.6

夕焼けのシーンが美しかった。
クリント・イーストウッドが渋い。
はじめはキッドにイライラしたが、心が弱く人間らしかった。

善悪が曖昧な作品。
全員許されざる者。
ラストは良かった。

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.7

今作もほっこりな作品。
おっちょこちょいなクマが可愛い。
家族や囚人など周りの人がみんな優しくて素敵。
クマのもふもふ感もよかった。

松坂桃李と斎藤工の声は違和感なかった。

運び屋(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

陽気なお爺さんが麻薬の運び屋をする。
どれだけお金を手にしても失われた時間は戻ってこないのが切ない。

でも最後は家族との関係が少し修復できたのが良かった。
内容が重た過ぎず、見やすい作品だった。

ルパン三世 THE FIRST(2019年製作の映画)

3.6

映像がすごく綺麗だった。
「カリオストロの城」が好きな人にオススメだが、ヒロインとの関係が全く同じだったのは残念だった。

広瀬すずちゃんの声も可愛かった。
藤原竜也の声はそのまま過ぎて違和感…
ファ
>>続きを読む

ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008年製作の映画)

3.6

みんな若く、青春でキラキラしていた。
相変わらず市原隼人の声はかっこよかった。

おバカで見ていて元気が出てくる。
平和で悪い人が出てこない。
最後は心が温まる。
ファンモンの曲がぴったりすぎる。
>>続きを読む

>|