Skramlifさんの映画レビュー・感想・評価

Skramlif

Skramlif

  • List view
  • Grid view

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

1.3

クラシックと休日課長
何も知らずに火曜に観た奇跡
淡々と終わってしまったよね…ちょっと勿体ないよな
火水木と月日土金て月曜だけ逆流して時空おかしい設定なの?

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

時間は想像よりずっと早く流れる
追いつかれないためには最も難しそうなアイディアを選んで実行するしかない

マグノリア(1999年製作の映画)

1.2

このレビューはネタバレを含みます

こういう群像劇って最後はみんな繋がるんだろうなとか空から無数の蛙が降ってくるのもここのレビューを見て知ってしまった(ちゃんとネタバレにしてほしい)ので、3時間何を観てたんだろうという気持ち。途中2回寝>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

2.3

声の罪

40年くらい前の事件だけど、焦点が事件ではなく犯行に使われた声のストーリーというところが斬新で面白い。

ライアー×ライアー(2021年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

気付いてなかったせってーい!

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

1.4

シンデレラストーリー↘︎不穏↘︎狂気
この流れ最後まで退屈しなかった
土屋太鳳こういう役の方が似合う

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

2.5

そうだよ。普通って大変だよ。

あれ???
同じ大変なら普通じゃない方が生きやすいじゃん…(笑←大野先生みたいに笑いたい

普通なんてどうでもいい!!

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

1.3

このレビューはネタバレを含みます

正直退屈だったんだけど、今日を生きるのはみんな初めてだから失敗してもうまくいかなくても仕方ないよなって思った

あと結婚式が大雨なの素敵だった
と思ったらジャケットだった

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

2.1

夏から秋へ季節が移り変わりそうな今日
この映画を選んだのはただの偶然

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

1.4

シーツを被ったゴーストが抜群の存在感を放っているんだけど、作中では見えない存在なのが皮肉。

定点長回し台詞少なめ情報なしのこの作品は考えることが苦手な人には退屈かもしれない

レディ・バード(2017年製作の映画)

1.1

ティモシーシャラメが最高すぎる
彼氏に親友に進学どれもとてもかわいい青春の葛藤

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

これは面白い。
全編デバイス越しの徹底も斬新。

あれ?この子f&cじゃない?と思ったあたりからずっと鳥肌でした。

想いのこし(2014年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

岡田将生のウェディングドレス姿見れます

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ゼインの家庭については国も社会も制度も関係ない。"心がない"親が悪い。

大人たちに聞いてほしい
世話できないなら産むな
僕の思い出はけなされたことや
ホースやベルトで叩かれたことだけ
一番優しい言葉
>>続きを読む

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

1.3

普段なら選ばないけど高評価につられて

後半の展開から面白くなった

mellow(2020年製作の映画)

2.1

加工されてない自然な彩度の映像がよかった

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

2.1

このレビューはネタバレを含みます

リングネームなんだね

私も応援したい!!

架空OL日記(2020年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

面白い!リアルすぎる!

自分のだらしなさを自分のだらしなさが救った
今のうちらに必要なのはさ、真実じゃなくて矛先だから

ワードセンスもあだ名センスも抜群

女同士の会話もよく見てんな
私はアスパラ
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

2.0

よろしくお願いしまぁぁぁすっ

いつも地上波ながら見で3回目くらいかな
正しい表記を知った

センセイ君主(2018年製作の映画)

1.0

ニッポンの恋を明るくします。か。
振り切っててぐっど!

連続5本観て頭疲れてたのでチェイサー的鑑賞

ムーンライト(2016年製作の映画)

2.0

リトルもシャロンもブラックも目が印象的
とにかく、目!!

カツベン!(2019年製作の映画)

1.1

活動弁士はかっこいいし、素晴らしい芸術であり文化だよなー

でもこの類のドタバタが苦手

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

1.8

2008年の実話なのか…
こんなに凄惨な事件なのに記憶になくて恥ずかしい

お客様は神様って諸外国でも使われてることに驚いた。これも宗教と同じだと思っている。

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

1.6

このレビューはネタバレを含みます

えー、そのオチかぁ…からもういっこあった。意外とシンプルで、この理解であってるのか心配になってしまうほど。

セキュリティーの最大の欠陥は人間だよ🖕

ダークネットの世界を可視化してるのよかったなー。
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ニットちんこ108個作って供養するの最高じゃん!

終始お淑やかなリンコさんに対し、女たちはトモちゃん筆頭に口悪かったりガサツだったりだらしなかったりする。
リサイクル話のあとの、すーーげぇーーーーー
>>続きを読む

終わった人(2018年製作の映画)

1.4

このレビューはネタバレを含みます

今までの10年が無駄になるより一生を無駄にすることを防ぎたい。
終わった人○日目ってテロップすきだな

どんな老後を過ごすんだろう
ぜんっぜん楽しみじゃないや

さんかく窓の外側は夜(2021年製作の映画)

1.4

このレビューはネタバレを含みます

なんか惜しい…
設定は面白いけど、陳腐さが拭えない。
最後、「事故物件」みたいに除霊大バトルにならないかひやひやしながら観てた。

ファーストラヴ(2021年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

二人とも父親がトラウマなのね
それぞれの家庭に潜む異常さは他人には到底理解できないんだよね

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビ映画だったんか…

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

2.1

このレビューはネタバレを含みます

第6行政区と鍵穴探検
没頭することで救われてたんだね。

母親が先回りしてて、ブラックさん達について語り合えたのよかった。

半分観た段階でテレビが壊れた為、後半観るのに間が空いてしまったからかさほど
>>続きを読む

>|