ユーキさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

ユーキ

ユーキ

海が近い町

映画(566)
ドラマ(9)

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.0

声優さんを使ってくれたらなぁ、もっと良かったなぁ…

西田さんのクマ感可愛かった、絶対弱そう〜って萌えた。
伊勢谷さんは頑張ってたけど、でもなぁ、プロに任せてください、引き込まれないんですよー

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.0

少年と対話する怪物。

映画で語られる童話と、学校生活、不仲な祖母、薄情な父親、病気の母親。


少年の孤独さが切なかった。

羊の木(2018年製作の映画)

2.5

「羊の木」は偏見の象徴のよう。
一度持った偏見や恐怖は簡単に拭えない。

のろろ様がキーとなっていて面白いんだけど、キャストや題材がいいのに、スリリングやヒューマンドラマなとがなくて、ダラダラしてるの
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

1.0

映画ってどんなか知ってるか?これは映画じゃない、ただの動画。作品じゃない。俳優がかわいそう。

銀魂(2017年製作の映画)

2.5

ずーっとギャグがいいし、それは実写だからとかじゃなくて、アニメと漫画にも感じるやつ。

五日物語 3つの王国と3人の女(2015年製作の映画)

4.0

三つの国の三人の女たちの昔話で、題材は不妊、恋の憧れ、若さと美貌というありふれたもの。
三つの国で色々な血が出るシーンがあり、どれも強烈。

岸辺の旅(2015年製作の映画)

2.0

死んだ夫が家に帰ってきた、生きているうちは帰って来なかったのに、という冒頭。

仄暗い、だけれど死者との別れを繰り返す映画だった。

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.0

安室の女になってきました。これは、名探偵コナンではなく、公安 安室透の映画です。間違えてはいけません。執行されて来てください。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.5

女神の見えざる手が全てを表していた。
女神なのだ、人間じゃない。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.5

蒼井優のヤンデレ具合がッパネェのと、阿部サダヲのヤンデレ具合がッパネェでした。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.5

サイコパスと愛がテーマのユリゴコロ。
ケンイチが可愛くて、吉高との愛に泣けた。

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.0

まず、映画の美術が美しい。
そして、無垢のような少女たちのエロスが妖艶。
ただ、長い…上映時間長い。

メッセージ(2016年製作の映画)

2.0

言語をキーワードに話が進む中、「なぜ、地球外生物が来たのか?」という謎を解明するのだけれど、定石のサスペンスやSFとは違う起承転結で、わたしは大分戸惑った。そして、見終わった今もモヤモヤして戸惑ってい>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

映画のセリフで、広告を出したことはチェスの一手、みたいなのがあった。
娘が殺されたこと、警察の無能さ、家族の関係性、母親の怒号、そして現実の不条理を淡々と描いてた。
でも、要約すると母親の強さ、ッパネ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

忘れられない恋って、誰もがひとつくらいある。現実は、結局、無難に落ち着いて終わる。

ある天文学者の恋文(2016年製作の映画)

3.0

わたしは嫌いじゃないけど、お母さんは男のエゴって感じで退屈だったって言ってたよ。

人生フルーツ(2016年製作の映画)

5.0

こんな夫婦になれたら、どんなにいいか。でも、あまりに自分が未熟で、きちんと暮らすこと、人を愛することの尊さが、本当に素敵だった。

帝一の國(2017年製作の映画)

2.5

みんなの学ランに違和感があったけど、菅田くん可愛いし、竹内くんも可愛い。

電話で抱きしめて(2000年製作の映画)

4.0

メグライアンがキュートで、ダイアンキートンはかっこいいし、リサクドローが出ていて驚いた。
話は三姉妹と妻に捨てられた認知症の父の家族がテーマなんだけど、泣いちゃった。
大好きな人がどんどん変わってっち
>>続きを読む

潔く柔く(2013年製作の映画)

1.5

原作読んだことないので、漫画読んで泣きますね。