yotaonさんの映画レビュー・感想・評価

yotaon

yotaon

2017再鑑賞
「WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜」
「シンゴジラ(9回)」
「ガーディアンズオブギャラクシー」
「太陽を盗んだ男」
「サイコ」
「ガーディアンズオブギャラクシーvol.2(2回)」
「海街diary」
「この世界の片隅に」
「カン・フューリー」
「ベイビードライバー」
「アンダーグラウンド」
「シングストリート」

ベスト10は2016年に劇場で見たものから。

演劇2(2012年製作の映画)

-

劇団青年団を主宰する劇作家・演出家の平田オリザを追ったドキュメンタリー映画。

前作 「演劇1」が平田オリザと青年団を中心とした作品で、平田オリザの内面に迫ったものであった。今作「演劇2」は平田オリザ
>>続きを読む

演劇1(2012年製作の映画)

5.0

久々に見た。素晴らしかった。
数年前の公開時に書いた感想が思いの外、しっかり書けていたので、こちらにも載せます。

平田オリザと氏が主催する劇団『青年団』を追ったドキュメンタリー映画。「演劇2」もある
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

-

香川照之も凄かったが、東出昌大が素晴らしかった。

あの部屋出てきた時点で最高だった。

「まだまだ行くぞぉー!」

新しき世界(2013年製作の映画)

-

「息もできない」以来、久々にたくさんの「シバラマ」を聞いた。

いちいち構図がかっこいいし、全員の顔付きが最高。
みんなも海に捨てられたドラム缶には気をつけよう。

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

-

真面目な人が真面目に悪意を込めて作った、極めて『皮肉』なコメディー映画。もう見れないし見たくない。

小さなセリフの伏線を最悪な形で拾ったり、クレジットにツイッターアカウントを載せるのとか、真面目にも
>>続きを読む

ホビット 決戦のゆくえ(2014年製作の映画)

-

そこら中で戦があっても分かりやすいのすごい
あの指輪とあのラスト、すごく良かった。

パターソン(2016年製作の映画)

-

自分の『言葉』がある事、それを伝えたい人がいる事、笑いあえる友人がいる事、憎たらしい犬がいる事、見た後にじんわりと効いてくる素晴らしい映画。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

5.0

これだけ心に残る映画だとパンフレットは必ず買う様にしているのだが、自分で感じた事をそのままとっておきたくて敢えて買わなかった。
こんな事は初めてで、とても嬉しい。
きっとこれからも何度も彼らの事を思い
>>続きを読む

イカロス(2017年製作の映画)

-

ドーピング検査に疑問を持った自転車選手が自分にドーピングをしまくって、検査で本当に陽性が出るかどうかを実験するというヤベー映画なのだけど、中盤からとんでもない大事件に結びついていくのでめちゃくちゃびっ>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

-

菅田将暉とヤンイクチュンが素晴らしいのはもちろんのこと、ユースケがすごくすごく良い。

ユースケに泣かされ笑わされた。菊地成孔みたいな風貌なのは新宿という街へのオマージュなのか。

もうこの3人だけの
>>続きを読む

スター・トレック BEYOND(2016年製作の映画)

-

たとえ惑星が違えどビースティーボーイズは最高なのだ!!!
あの曲かかるとこマジで最高!!!
っていうか宇宙VSビースティーボーイズじゃん!!!

サイモンペッグの脚本がめっちゃしっかりしててびびる。
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

-

天気予報雑になるところ面白かった
ウルトラセブンオマージュ
そして、水ビジネス!

天国と地獄(1963年製作の映画)

-

10年ぶりくらいに見たけど最高しか詰まってなかった。
ラストに至るまで面白過ぎる。

用心棒(1961年製作の映画)

-

10年ぶりくらいに見たけど一切褪せてなかった。
オープニングの格好良さは抜きん出てる。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

5.0

オープニングのタイトルが出る時点で星が10000000個出てるので、スコア5.0じゃ足りません。あと50000000個追加出来るようにして下さい。

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

『リトル』
「Every Nigger is a star」が優しく響くオープニングと共に、売人・フアンの仕事ぶりと街の景色が映し出される。彼が部下と話している最中カメラがぐるぐると周り、ぬるい悪夢を
>>続きを読む

銀河ヒッチハイク・ガイド(2005年製作の映画)

-

何回も見てもオープニング本当に最高。

siriに「生きるって何?」と聞くと返ってくる言葉の元ネタ。

黒い十人の女(1961年製作の映画)

-

こいつはもう救いようのないバカだ、と思わせるあの男

マリアンヌ(2016年製作の映画)

-

じっくりと見せながらも音の演出で緊張感が維持され、シーンもどんどん劇的になっていく。ゼメキスお得意の疑惑のシーソー演出(白か黒か、本当か嘘か)が陶然とする程の素晴らしさ。あのラストは泣くしかないし、ま>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

5.0

星が足りない、5つじゃ足りない。
ムビチケ3枚買ってよかった

オープニングのあの曲の訳詞を見てから2回目見ると、最初っから泣ける

SING/シング(2016年製作の映画)

-

最初の曲でもってかれる

洗車シーンめっちゃ笑った

エドガーライトはヤギ役らしいです。🐐

>|