yotaonさんの映画レビュー・感想・評価

yotaon

yotaon

この国を開国した人は〜の人。

2017再鑑賞
「WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜」
「シンゴジラ(8回)」
「ガーディアンズオブギャラクシー」
「太陽を盗んだ男」
「サイコ」
「ガーディアンズオブギャラクシーvol.2(2回)」
「海街diary」
「この世界の片隅に」
「カン・フューリー」
「ベイビードライバー」
「アンダーグラウンド」

ベスト10は2016年に劇場で見たものから。

美しい星(2017年製作の映画)

-

天気予報雑になるところ面白かった
ウルトラセブンオマージュ
そして、水ビジネス!

天国と地獄(1963年製作の映画)

-

10年ぶりくらいに見たけど最高しか詰まってなかった。
ラストに至るまで面白過ぎる。

用心棒(1961年製作の映画)

-

10年ぶりくらいに見たけど一切褪せてなかった。
オープニングの格好良さは抜きん出てる。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

5.0

オープニングのタイトルが出る時点で星が10000000個出てるので、スコア5.0じゃ足りません。あと50000000個追加出来るようにして下さい。

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

『リトル』
「Every Nigger is a star」が優しく響くオープニングと共に、売人・フアンの仕事ぶりと街の景色が映し出される。彼が部下と話している最中カメラがぐるぐると周り、ぬるい悪夢を
>>続きを読む

銀河ヒッチハイク・ガイド(2005年製作の映画)

-

何回も見てもオープニング本当に最高。

siriに「生きるって何?」と聞くと返ってくる言葉の元ネタ。

黒い十人の女(1961年製作の映画)

-

こいつはもう救いようのないバカだ、と思わせるあの男

マリアンヌ(2016年製作の映画)

-

じっくりと見せながらも音の演出で緊張感が維持され、シーンもどんどん劇的になっていく。ゼメキスお得意の疑惑のシーソー演出(白か黒か、本当か嘘か)が陶然とする程の素晴らしさ。あのラストは泣くしかないし、ま>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

5.0

星が足りない、5つじゃ足りない。
ムビチケ3枚買ってよかった

オープニングのあの曲の訳詞を見てから2回目見ると、最初っから泣ける

SING/シング(2016年製作の映画)

-

最初の曲でもってかれる

洗車シーンめっちゃ笑った

エドガーライトはヤギ役らしいです。🐐

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦(2002年製作の映画)

5.0

一応子ども向け映画のはずなのに、合戦描写、ギャグ、シナリオ、人物の細かな仕草、全てが最高水準

ストップ・メイキング・センス(1984年製作の映画)

5.0

まさかネトフリにあるとは!

大学の図書館で見て以来。
次第に増えるメンバー、組み上がるセット、素晴らしい。

意味なんかいいんだ。

ご自宅の環境が許す限りの爆音で是非。

くすぐり(2016年製作の映画)

-

面白びっくり人間ドキュメンタリーかと思ったら、途中から明らかに状況が変わり、サスペンスになっていく。真相が明らかになればなるほど引き込まれるのだが、それがまた怖い。なんなんだこれは。闇が深すぎて戦慄す>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

5.0

正方形の制作会社ロゴが出て、「TECHNICOLOR」の文字と共に画面が広がっていく、渋滞の高速道路、それぞれの車から流れる様々な音楽とクラクション、運転席の女性の鼻歌をきっかけに始まるオープニング。>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

5.0

毎回落語のような映画を作る方だなぁとは思っていたが、これはもう突き抜けてしまっている。「落語のような」ではない、他の誰にも撮れない西川美和映画。

>|