Sohさんの映画レビュー・感想・評価

Soh

Soh

映画(640)
ドラマ(0)

狩人の夜(1955年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

カルトってこえーーー
1番怖いのは野次馬か
オリバーとかもそうだけど、犯罪者に対して民衆めっちゃ強気。暴動は関係なくね??


ガス燈思い出した
HATE LOVE

救命艇(1944年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

限界の時にどこまで倫理を守るか

デイビージョーンズのロッカーってまじで使ってたんだね

カメオ; 新聞のイラスト

噂の二人(1961年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

大人vs子供で子供が完全悪になってんの珍しい。それにしても全員演技力高すぎ、、
そして邦題が大勝利

「同性愛でもええやん!」かと思ったら「なんて不名誉な!」だった。時代だね

邪悪な子供と邪悪な老人
>>続きを読む

渚にて(1959年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

放射能舐めすぎじゃないかな😇
反核映画のふりをして、
核を落とした国が、自国に「そんな悲惨なもんじゃないよ〜やっぱ核落としてよかったね〜」っすりこんでるように感じた。
自分は思想が偏ってるわけでもない
>>続きを読む

夜の大捜査線(1967年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

黒人差別ものだけど、ニグロとかめっちゃ言ってんのが好き。言葉狩りとの狭間ってかんじ。


アカデミーとれたのはなんだろ?黒人ヒーローが新しかった?黒人意識のジャズ
ストーリーは刑事物として面白い。厳し
>>続きを読む

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

フローズンダイキリ
ラムコリンズ

グランドホテル
駅馬車
あと一つなんだっただろ















不幸ぶった女はどうも苦手。
それを擁護する囲いの男も。

全ての事がその場の感情だけで
>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

堀切の、荒川のほとり
香川京子が京子さんやってた
原節子のお勤め先、ブリヂストン

「子供というのは、いなかったらいなかったで寂しいが、いたらいたでだんだん親を邪魔にするもんだ」

子供からしたら、親
>>続きを読む

天井桟敷の人々 第一部:犯罪大通り 第二部:白い男(1945年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

プレヴェールの言葉は綺麗だと聞いて。字幕しかわからないけどなるほどたしかに綺麗!戯曲を観てるような構成
「美は醜いこの世に対する侮辱なのです」

パントマイム

「恋は簡単なものだ」このセリフは時代の
>>続きを読む

千年女優(2001年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

なんかの漫画か小説かインタビューかで、「俳優はいろんな時代、いろんな人の人生を歩める。」っていってた。しかも記録に残されるってことはそれは昔から未来へ、永遠の命かね

蜘蛛巣城

鶴は千年

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

終着点用意されてんのやさしー

クランクアップのときのミスリード好き

作画協力 大友克洋

「わたしは本物よ」

パプリカ(2006年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

かき込みすごーい

インセプションみたいに夢が現実かわからない、じゃなくて一緒になっちゃう感じ

あっ、恋愛に持ってかれた、、、、ってがっかりしちゃう癖

ジョニーは戦場へ行った(1971年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

トラウマレベルに感情移入する
オープニングめっちゃくちゃかっこいい

何度も考えたことある、「植物状態の人に意識はないのか?」
可視化されるとしんどい、、、
語彙が死んだ

MERRY CHRISTM
>>続きを読む

インランド・エンパイア(2006年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

テネットについていけたからって調子に乗りました。全然ダメでした。

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

trick or treat!

それでも犯罪者への同情は禁じ手?
ストックホルム症候群もこんなことがあったりするのかな

ドライビング Miss デイジー(1989年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

過激派だから、老害を結局いいもののように描くのムカつくな

モーガンフリーマンすでにおじいちゃん

白人が雀打ってんの初めて観た☺️


黒人差別について訴えてるってだけでアカデミーとれたんかな??
>>続きを読む

ウォルト・ディズニーの約束(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

メリーポピンズ原作者と映画製作のお話
原作読んでみたらだいぶメリーポピンズのイメージ変わりそう!

挿入されるディズニー曲のアレンジかわいかった
デモ感メリーポピンズ曲も最高

ベニスに死す(1971年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

暴力的顔面!!
タージオの妹もママも
娼館のエスメラルダも

偶然や自然によってできた美の前では人口的な芸術は無力

顔面強すぎて追っかけちゃうな〜って話かと思ったらガチ恋しててちょっと萎えた。
あん
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

とても忙しい
雑誌っぽい服と私服のバランス
先輩もメリルストリープもすっぴんのギャップかわいい

天国でまた会おう(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

マスクデザインはもちろん、音楽がとてもいい
シックで綺麗なのに加えて、時計の音やバネの音をいれた技師っぽい曲もあればジャズも声楽も

最後のクジャクマスク綺麗、、
鳥は自由の象徴
オッサンは臆病でおつ
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「与えられた中で最善を尽くす以外に何ができます」

エンドクレジットえぐ
赤ちゃん、ひまわりと同じ声だ

ムーラン(1998年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

リフレクションの日本語とてもいい☺️

タイプライターのクリキーかわいいな〜
ムーシューとのコンビも☺️

凱旋のシーン、ホールニューワールドの最後とつながってる??


ラストのダンスシーンとエンデ
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

犬かーーわいーーいなーーー
犬だなーーー

劇場版ポケットモンスター みんなの物語(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ポケモンパワー!!

わたしも“みんな”のなかに入りたいもんです
ポケモンの世界いきて〜〜☺️

芦田愛菜じょうず

ピーターラビット(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「それがボクってキャラの欠点だからね!」

メタいというかウィットに富んでるというか、めっちゃ面白いこといってた

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

むつかしって言われてたから身構えてたけど、意外とついていけた☺️メメントみたいにストーリーが難しいってよりは勢力図とか情勢が難しい

いつも発想に驚かされますね

今までのノーランならこの伏線は説明し
>>続きを読む

ペット・セメタリー(1989年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ホラーめっちゃ苦手だけど、「スティーブンキングはホラー作家じゃないよ!」を信じて観た。ファック!ずっっと不穏じゃん

子供から目離しちゃダメよ。
チャッキーになっちゃうもん

音楽がよかった

動物の
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

こういうチルい映画、はずかしくて好きって言いづらいけど好き

ロス; 整備工を目指す若い女運転手とキャスティング女
ニューヨーク; 運転初心者の外国人ピエロとおせっかい黒人
パリ; 差別に敏感な黒人運
>>続きを読む

バルカン超特急(1938年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ヒッチコックの中ではコミカルなほう??
シチュエーションとか懐疑的で難しそうな感じだから茶目っ気いれてバランスとってんのかしら。
すこしもったいなく感じた


死亡フラグ

カメオわかんかった

オペラ座の怪人(2004年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

オーバーチュアの演出がめちゃかっこいい
舞台みたいなぁ

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

音で怖がらすのやめて😢
臨場感持たせるためだろうけど、ハンディとアラウンド多くてすこし酔った

サリヴァンの旅(1941年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ヴェロニカレイクめちゃくちゃ美人

このとき世界恐慌はギリギリおわってるのかな?それで受け取り方がだいぶ変わる

貧窮は悪性ペストのように蔓延する
笑いだけを支えに生きる人々がいる

スイング・ホテル(1942年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

アステアさん他作品のせいで軟派な部分に嫌悪感あったけど、負けてくれて嬉しい☺️

オープニングきいたことある
万華鏡みたいなレンズ
カートゥーン

邂逅(めぐりあい)(1939年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

セリフ回しが素敵、、、
エンパイアステイトビル!

ばーちゃんの「ここがわたしの小さな世界の境界線なの」が泣かす。ばーちゃん大切にしよ

パパ語録
「願いは起きている時にみる夢だ」
「おかしな話だが、
>>続きを読む

狂へる悪魔(1920年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ジキルとハイド見たことなかったし、せっかくだから初代☺️
80分版

オルガンのペンペンした音が印象的。外はシルバー、室内はセピア、昔はモノクロ

「手が2つあるように、人間には二面性がある。右利きだ
>>続きを読む

ニノチカ(1939年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

バキバキに共産批判してんね☺️スターリン政権からなんも言われなかったのかな。国民に見せなきゃセーフ?

ニノチカが笑うのめっちゃかわい〜

社会主義国家での会話すき
「国の政策を証明するのね。1人だと
>>続きを読む

忘れじの面影(1948年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

展開と構成上手

男思い出さないで同じ質問するシーン、思い出してないだけじゃなくて常套句だったって悲しさもある。唖者の執事が重くなりすぎない柔らかな雰囲気をだしてる

リザのバイトなにあれ?娼婦?

>|