namiさんの映画レビュー・感想・評価

nami

nami

アマンダと僕(2018年製作の映画)

3.7

突然日常がこんな風に壊されてしまうこともあると思うと、やりきれない思いがする。アマンダ役の子役の女の子の演技が、自然でとても良かった。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

実話に基づくストーリーとのことで、差別の様子を見て辛くなった。トニーとシャーリーの友情が深まっていく過程がとても良かった。

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.8

話自体はたんたんと進んでいくけど、カーリドの境遇は壮絶。ラストの解釈が難しい。。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.7

料理がすごく美味しそう。父と子の物語でもあって、ほっこりする映画だった。

新聞記者(2019年製作の映画)

3.7

ラストシーンの意味が気になった。シム・ウンギョン、松坂桃李の演技が良かった。

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.8

怖いの一言に尽きるけど、どうなるのか予想がつかなくて目が離せない映画だった。

A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー(2014年製作の映画)

3.7

一杯のコーヒーができるまでに、たくさんの人々が携わっていることを改めて知った。これからコーヒーを飲む時は意識が変わりそう。

世界で一番しあわせな食堂(2019年製作の映画)

3.6

フィンランドにすごく行きたくなる。。今日は、中華料理を食べようかなと思います。

私をくいとめて(2020年製作の映画)

4.2

勝手にふるえてろ、に続く綿矢りささん原作、大九監督の作品でずっと見るのを楽しみにしてた。期待を裏切らなくて、最高だった!のんちゃんはかわいいし、やっぱり魅力的。女性の生きづらさがよく表れてて、特にみつ>>続きを読む

フェアウェル(2019年製作の映画)

4.1

見てよかったと心から思った。家族を大切に過ごさなくてはと改めて感じた。

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.7

ビートルズの曲ってやっぱり素晴らしいなと思った。エド・シーランががっつり出演していて驚いた。

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

4.1

前からずっと気になっていた映画で、ギンズバーグ判事が亡くなられたとのニュースもあり鑑賞。性別による不合理な差別を是正するために戦った主人公がとてもかっこよかった。

藍色夏恋(2002年製作の映画)

4.1

10年以上前に見て、久しぶりに見た。当時も好きな映画と思ったけど、やっぱりすごく好き。自分が年をとったせいか、高校生の瑞々しさが可愛くてたまらなかった。主人公たちが自転車を漕ぐシーンが何回か出てくるけ>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.8

人間の頭の中って、本当にこんな感じなのかもしれないと思った。ヨロコビだけで生きていけたらいいかもしれないけれど、感情は当然それだけでは表せなくて、カナシミや他の感情も大事にするのが大切だと教えてもらっ>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

3.7

主人公のウニにあまりに辛いことがつづくので、若干見ていて辛くなった。先生みたいな存在がいたことだけは救いだけど。。

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.7

面白かった!旅行に行けない今、香港にものすごく行きたくなった。

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.8

ジョーの生き方を見てると、すごく昔のお話なのに、現代と通じる部分があると思った。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.1

最後は泣いてしまった。主人公たちと過ごしていた時のマルコの笑顔が忘れられない。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

主人公が最初は頼りない感じだったのに、どんどん成長していく。音楽もかっこいい。ラフィーナは可愛いし、お兄ちゃんのキャラも好き。

かもめ食堂(2005年製作の映画)

4.0

10年以上ぶりに見たけど、変わらずすごく面白かった。去年、フィンランドに旅行に行ったので、見たことある場所も出てきて更に楽しめた。サチエさんの生き方が素敵。そして、料理がどれも美味しいそう。。

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

3.7

頻繁に会うわけでなくても、学生の頃の友達との関係は特別でよいものだなと思った。大人になったサニーたちが、みなそれぞれ問題を抱えながら生きている様子がリアルだった。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.7

あきらがかわいい。店長のキャラが絶妙で、あきらが好きって思っちゃう気持ち、分からなくもない。

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.8

もうちょっと未来になれば、OSとこんな関係を築くこともあり得るかと思った。スカーレット・ヨハンソンの声の演技が素敵。

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.7

ずっと見たいと思ってた映画。ジェーンはすごく強い女性だと思う。エディ・レッドメインが本物の博士に見えた。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.9

映像がすごくきれい。家族っていいなぁと思えるし、音楽も素敵。

おかえり、ブルゴーニュへ(2017年製作の映画)

3.6

ブルゴーニュのワイン畑が素敵。ワインってこんな感じで作るのか。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

子どもの目から見ているので、一見ポップだけど、戦争について深く考えさせられる映画。ジョジョをはじめ、お母さん、友だちなど、出てくる登場人物が魅力的。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.9

主人公に共感はできないけど、そんなに夢中になれるって純粋にすごい。まもちゃん、ひどいなぁ。。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

韓国の格差社会の根深さを知った。予想外の展開に終始目が離せなかった。

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.9

吹き替え版で鑑賞。姉妹っていいなぁと思った。歌が良い!

家族を想うとき(2019年製作の映画)

4.0

本当にこんな家庭ありそう、と思った。主人公も奥さんも家族のためにあんなに頑張っているのに、歯車が噛み合わずせつない。この家族の未来について考えてしまう。

幸福路のチー(2017年製作の映画)

4.0

台湾の歴史とともに、チーという女性の半生を描くアニメ。ほのぼのとしたタッチはかわいらしいけど、内容は深く、台湾をもっと知りたくなる。藍色夏恋のグン・ルンメイの声も良かった。

パターソン(2016年製作の映画)

3.8

おしゃれな映画。大事件は起きないけれど、日常の大切さが感じられる。そして、犬がかわいすぎる。。

細い目(2004年製作の映画)

4.0

マレーシアが舞台のマレー系の女の子と中華系の男の子の恋の話。主役の二人が本当にかわいい。。二人を取り巻く家族たちも素敵だった。

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.9

見てハッピーになる映画ではないが、とにかくすごい映画だった。。

>|