maiさんの映画レビュー・感想・評価

mai

mai

http://twitter.com/sonicmainic
SF LGBT+Q 香港 中東 北欧ミステリー ミュージカル 70-90's B級ゾンビ映画などなんでも観ます

映画(370)
ドラマ(22)

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.1

妻が亡くなるが涙も流さない冷酷な夫
感情が出せなくてもこころは限界を迎えていて、突然すべてを破壊しはじめる
自分を取り戻すには逃げていいし、全てを破壊して、解体して、リセットして一つ一つ組み治せばいい
>>続きを読む

好きだった君へのラブレター(2018年製作の映画)

3.8

アジア系の女の子ララジーンがヒロインBlood OrangeやWild Nothingなど流れてる音楽もロマンチックで、ララJのバサバサまつ毛に散らかった部屋すべてが魅力的でキュート
ティーンエイジの
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

幸せとは風船とハチミツであるプーになりたくなる映画 人生は働く事ではないし、自分の愛する人との時間を大切にする為に仕事をするべきだ

MEMORIES(1995年製作の映画)

4.0

オムニバスSFアニメ、一話目の彼女の想い出は元恋人への未練がある死人が宇宙空間に楽園を作り
そこに訪れる人間に幻覚やトラウマを見させ閉じ込めようとする... AIの末路のように感じる
今敏が脚本に携わ
>>続きを読む

ロッキー・ホラー・ショー(1975年製作の映画)

3.8

まじめな人間がトランスセクシャル星人に出会い、性の快楽に目覚めるぶっ飛びミュージカル映画

ミルピエ パリ・オペラ座に挑んだ男(2015年製作の映画)

3.9

”パリ・オペラ座”の芸術監督に史上最年少で就任した天才振付師バンジャマン・ミルピエ。舞台初日までの40日間で白人主義の旧体制や常識を、物凄いスピードで改革しようと彼は闘う
あぁ本当に才能あっても開花で
>>続きを読む

ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ ア・トライブ・コールド・クエストの旅(2011年製作の映画)

3.8

彼らがどうやって売れたかまでのヒストリーがビッグドリームで面白い
PharrellやCommonがBonita Applebumのメロウさに影響受けたとかアルバムに参加するのが夢だったと語ってたり、ブ
>>続きを読む

バスキア(1996年製作の映画)

3.9

「有名になりたいなら同じものを作り続けろ 誰もがお前だと分かるようなものを 4年で有名に 6年で金持ちになれる 一度有名になったら最後 同じことをし続けなきゃならない 有名人はバカがなるもんだ お前は>>続きを読む

トムボーイ(2011年製作の映画)

3.9

男の子になりたい少女ロール、男の子として振る舞う時はミカエルと名乗る、そして女の子に恋をする
リバーフェニックスのような中性的な美しさを持つ少女のうっすらと続く葛藤、子供だけの世界でピュアな笑顔と柔ら
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.7

試写会にて、ケイト様はもちろん格好よかったけどアンハサウェイがスーパーキュートでセクシーで可愛かった💋

パリ、夜は眠らない。(1990年製作の映画)

4.2

80年代のニューヨークのハーレムで生きるゲイたちは、夜な夜なファッションコンテストを開く。社会から受け入れられない彼らが苦しみ 差別 貧困などを忘れ豪華に着飾りダンスで美しさを競い、何者かになりきる。>>続きを読む

天使たちのビッチ・ナイト(2017年製作の映画)

3.7

はちゃめちゃでカルトムービーっぽくて面白かった
Fワード炸裂の修道女サイコー!

ホンモノの気持ち(2017年製作の映画)

3.8

アンドロイドと人間の恋ってほんとうに切ない
こんな可愛いレア・セドゥは初めて見た…Cigarettes After Sexが流れたり音楽もロマンチック
Herに似てるって声が多いけど、ブレードランナー
>>続きを読む

テルアビブの女たち(2016年製作の映画)

3.8

レインボーリール東京2018で鑑賞。イスラエルのテルアビブでルームシェアするパレスチナ女性3人がお洒落して夜遊びしたり、酒にドラッグをキメたり、テルアビブの街に驚いた。
それでも保守的な男性権威社会で
>>続きを読む

29歳問題(2017年製作の映画)

3.9

レスリーチャンやウォンカーウァイ好きな人は見て欲しい、花様年華のポスター欲しくなっちゃった。
2人の29歳の女性の物語があまりに対照的で、仕事での出世や結婚など人生に悩んでいるキャリアウーマンの女性の
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.8

何も知識がなく誘われて鑑賞したらLGBT要素がある映画だった、そしてウーマンリブが題材にされてるのも良かったし女性が力を持つ事が今の日本よりこの時代のアメリカの方が認められてる気がする

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.9

人魚の姉妹が人間に出会い、歌ったり恋をしたり殺したり食べたり。ミュージカル調で80年代カルト映画を見てるシュールさがあり、好きだけど愛し合えない、人間になれない残酷な切なさに溢れてる。「わたしの鱗でベ>>続きを読む

ガザの美容室(2015年製作の映画)

3.6

パレスチナの美容室に閉じ込められた女性たちの会話が永遠と続く

彼女たちはお洒落をすることで少しでも現実から逃げているんだけど、少しずつ狂っていき、爆音で鳴り響く銃声が恐怖だった

真っ赤なマニキュア
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.1

いっぱい爆笑して最後は感動して泣かされた... 間違いなく今年ベスト。
SFや映画が好きなピュアな気持ちが蘇ったし、マーク・ハミルがいい味だしてる。

シェルターに閉じ込められてアニメを見て育った青年
>>続きを読む

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

3.8

高校生という若くて多感な時期の偏見や集団意識により、美しい青春を過ごしている男女3人の関係性が一瞬で変わる残酷さ...もし転校生がゲイだったら?と問題定義する社会派映画な気がする。
里親の言葉が主人公
>>続きを読む

ザ・ダンサー(2016年製作の映画)

3.6

モダンダンスを生み出した実在した女性を歌手のSokoが演じ、肉体の限界に挑む狂気的な美しさを表現していた。ギャスパー・ウリエルがグザヴィエ・ドラン映画の時とはまた違う、高貴で美しく繊細な内面にドキドキ>>続きを読む

アレックス・ストレンジラブ(2018年製作の映画)

3.9

彼女が居るが自分がゲイやバイじゃないかと悩む少年。パンセクシャル・Aセクシャル・ポリアモリーなど多様なセクシャリティを理解するアメリカの10代凄い、周りが寛大な良い子達ばかりで感動する。LGBTQを率>>続きを読む

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル(2016年製作の映画)

3.9

若き天才と呼ばれた彼の苦労や映像裏話 芸術への情熱が分かり更に好きになった。

音楽から作品を考えたり、雑誌の切り抜きからファッションのヒントを得たり、彼の頭脳や才能の全てに引き込まれる。

ドランは
>>続きを読む

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

3.7

ストーリーが荒々しくて、理解し難いフランス映画みたいって思ってたけど、ドランのドキュメンタリー映画で語ってた内容が良くて改めて観た。

19歳で脚本監督主演をしたマイマザーで評価されるも資金が無かった
>>続きを読む

オマールの壁(2013年製作の映画)

3.8

騙し騙されのサスペンス映画みたいだ。
パレスチナの人々が土地を奪われ殺され壁の向こう側に置いやられて来た歴史は本当に不憫で仕方なくて苦しくなる。ガザ無差別攻撃が起きてる今、もっと彼らの文化や生活や娯楽
>>続きを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

4.1

トランスジェンダーロック歌手が失恋の喪失感を胸に、愛を探しに旅に出るロードムービーのような映画。

主演のジョン・キャメロン・ミッチェルのメイクや女装がとにかく美しい、ファッションも可愛い、曲や歌詞も
>>続きを読む

>|