maaaaaaar1nさんの映画レビュー・感想・評価

maaaaaaar1n

maaaaaaar1n

映画(212)
ドラマ(0)

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.8

驚きという意味では、少しばかり期待を上回るものではあった。
貧しさを知っている人間であれば、どこかしら共感する部分もあったのではないか。

ただ、無駄に長く感じるシーンは多く
設定は良くとも物語の運び
>>続きを読む

無伴奏(2016年製作の映画)

2.9

だからこの手の邦画は見ない…と改めて思わされた。
好みはあれど、得られるものは大して無かった。
成海璃子、池松壮亮、斎藤工、この3人が非常に良い演技をすることは知っている。
でもしばらく邦画はお腹いっ
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

4.5

THE・続編といったところ。
ファミリー層が多かったイメージだけれど、お子さんには少々難しい程度のストーリーだったように思う。
矛盾もなければ無理矢理間もない。
それぞれのキャラクターがしっかり立って
>>続きを読む

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

3.8

1作目しか見てないのにこれを見てはいけないとは知らなかった。
2作目を見ていなくても割と楽しめたのは有難かったけれど。
ドウェイン・ジョンソンとジャック・ブラックが出ていれば何とかなる感は否めなかった
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

2.2

キャストは非常に豪華、音楽とダンスはハイクオリティで魅力的。

ただ、それだけだった。あくまで、個人的には。
キャッチコピーとは異なり、人生を変えるどころか
何ひとつ揺り動かされなかった。

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.8

主演女優、これが相当よかった。
ダークナイトからのジョーカーとは違い、求めていた通りのストーリーを心地よく全身で感じることが出来た。

シリーズの他作品に比べて迫力には正直劣るものの、
1.2を争う良
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.3

キャストがなかなかピタリとハマり、満足のいく一作に仕上がっていた。
テーマソングやカメオ出演も楽しむことが出来る。
鑑賞後の気持ち良さがある。

神様の思し召し(2015年製作の映画)

3.8

衝撃を禁じ得なかった。
けれど、全ては神様の思し召し。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.8

トム・ハンクス主演の作品はどれも、個人的にはハズレを引くのが難しい。
もっと早く出逢いたかったとも感じるけれど、今だからこそ出会えてよかったと思えるのかも知れない。
自分を失うことなく生きる強さと美し
>>続きを読む

ラン・オールナイト(2015年製作の映画)

4.0

やはりリーアム・ニーソンが好きすぎる。
ファントム・メナス的な役は珍しいようで、
今作の主人公のような役がとても合っているように思う。
エド・ハリスもまたマフィアのボスがやたら似合う。
親友や家族との
>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

4.5

単純に好みの映画だったのに加え、
久し振りに感情移入ではなく第三者的な目で見られた作品だった。
主人公のジャマールは心底愛せる人間だったし、
舞台となったインドではこれはどんな感覚で見られてたのか気に
>>続きを読む

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

5.0

何もかもが、予想通りと言ってしまえばそれまでだったし
スターウォーズらしからぬ…といった表現も出来てしまうけれど

しっかりと最終章としての役割を果たし、前2作における消化不良を解消させる作品に仕上が
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.0

やはり世界観はスティーブン・キング。
青春映画、少年たちの成長や心の動きを描いた作品としては
これ以上ない描き方だったように思う。

割と淡々としていることもあり、途中でだれてしまったのが悔しかった。

青の帰り道(2018年製作の映画)

4.7

1日1映画を目標として、最初の1本。
普段あまり見ない、邦画をチョイス。

前知識ゼロで鑑賞し、大好きなアーティストが主題歌・挿入歌を提供していた事に、驚きと感動も増した。

地元県をひとつの舞台とし
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.9

充分な時間を取った割に、ラストにかけて若干の駆け足だった感じはした。
ありきたりと言ってしまえばそれまでではあるけれど、
ラストで結果満足してしまう。

家族だからこそ壊せてしまうものがあり、
家族だ
>>続きを読む

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

3.8

当時様々なメディアで取り上げられていた、映像の美しさ。
DVDでも十分美しかった。
アバターを思わせる映像美。

ストーリーがおざなり過ぎる事もなく、パイの人生が分かりやすく描かれている。

悪の法則(2013年製作の映画)

2.1

ファスベンダーがカッコいい。

俳優人が豪華であるだけに、残念で仕方ない仕上がりに。
ツーリストの方がまだ面白かったかも。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.1

何も考えずに見るのが1番かと。

キーラ・ナイトレイはこんな役も合うのかという発見と、
カンバーバッチはこの手の人間の役が多いなという印象。

時代背景が大きく物語を左右しており、一点においては今の時
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.9

予告編やあらすじからは、見当もつかない方向へ向かうストーリー。

ラドクリフに関してはハリポタでは有り得なかった見せ方でなかなかに面白いなと感じる作品。

テラフォーマーズ(2016年製作の映画)

3.5

ただひたすら山Pと山Pの能力が良すぎた2時間弱だった。

山Pに★3.5。

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

2.4

エンディングの和楽器バンドは非常に良かった。
あれは、MVも非常によかった。

本編に関しては、もはや覚えてもいないくらい印象の薄いものだった。

スケルトン・キー(2005年製作の映画)

4.2

確か高校生くらいの頃、ジャケットのケイト・ハドソンが美人だなあ…という理由でレンタルして鑑賞したはず…。

黒魔術的な要素が強く、閉鎖された空間での演出が一層恐怖を駆り立てた。

結末が存外納得いくも
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.8

ドクター・スリープを観たいが為にようやく初鑑賞。

なるほど人によっては謎しか残らないと批判もありそうだと思う。
その辺りはドクター・スリープで解明して欲しいところ。

映像や音楽や古めかしさが目立つ
>>続きを読む

LIFE!(2013年製作の映画)

5.0

キャラクター、展開、結末、全てが自分にどハマりした。

横暴な上司に対しての、最後の言葉のチョイスも100点。

主人公の幸せな未来を想像することができ、且つ願えるのが個人的最良の作品。

ショーン・
>>続きを読む

ダイバージェント(2013年製作の映画)

2.5

確かもう3作終わったはずだけれど、

未だに2作目を鑑賞できていない。

1作だけで正直よかった。あれで終わりにしたら綺麗だった。

パイレーツオブカリビアンと同じ、1作目だけで終わりにすればよかった
>>続きを読む

ドクムシ(2016年製作の映画)

3.0

グロテスクと胸糞悪さを好む方にお勧めしたい一昨。

ストレイヤーズ・クロニクル(2015年製作の映画)

3.6

思ったよりもシリアスな上、しっかり作り込まれていた事に驚いた。

子供、理不尽、というワードがからむとどうしても悲しく遣る瀬無い気持ちになる。

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.8

ベン・スティラーの【LIFE!】の対極、という感覚。

クライマックス、怒りとも悲しみともつかない感情がゆっくり波打つ思いがした。

undo(1994年製作の映画)

2.1

リップヴァンウィンクルの花嫁の鑑賞に挫折した為、短編から入ろうと鑑賞。

分かったのは、岩井俊二の世界観は靄がかってうまく掴めない。

エネミー・ライン(2001年製作の映画)

4.0

非常に好きなタイプのアクション。

似た系統でいうと、スターリングラード(ENEMY AT THE GATES)などが大変好み。

スカイ・クロラ The Sky Crawlers(2008年製作の映画)

4.5

原作をなにも知らないまま、公開当時好きだった絢香の主題歌に惹かれて鑑賞。

11年経ち改めてHuluで鑑賞し、何度でもこの世界に帰って来られるなと実感。

完成度の高い、青少年と大人の為の、心が捻じ切
>>続きを読む

こどもつかい(2017年製作の映画)

-

致命的なのは、恐怖の元凶が全く怖いないこと。

門脇麦は、相変わらずとても良い女優さんだなと。

>|