SSTKさんの映画レビュー・感想・評価

SSTK

SSTK

映画(402)
ドラマ(0)

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.4

非常に独特な世界観でアーティスティックに作られたSF映画でした。
大まかなストーリー筋は単純なので、それに即して観ていけば雑な理解としては話を追えますが、この映画で表現したいものが非常に観念的なので、
>>続きを読む

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

4.0

非常によかったです!

ゲーム世界で体験される出来事はただの空想夢想の非現実などではなく、ある種の科学的真理すら内包していると感じさせるような読後感でした。(真面目に言ってます!)

「ドラゴンクエス
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

4.2

あの日、あの数日の間に、どれほどの事が起き、どれほどの人が事態の凄まじさに直面したのか。

起因は自然災害であっても、原因は人災である原発事故。人間の力はかくも非力なのだ。

映画は限りなく事実を基に
>>続きを読む

音楽(2019年製作の映画)

3.5

音楽のアンサンブルの、その気持ち良さを一度でも味わってしまうと、辞めたくても辞められないのが音楽の「中毒性」。
そう、この映画は音楽というやっべー「クスリ」に手を出して「ヤク中」になった研二(他たくさ
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.6

なんてものを観せられたんだろう。
圧巻、なんて言葉じゃ軽すぎます。
アンビリーバボーなノーカットの超絶長回しは神業の域。ほんとにどうやって撮り切ったのでしょうか。さすがに「全編ノーカット」というわけで
>>続きを読む

TIME/タイム(2011年製作の映画)

3.9

舞台は人類の根源的な欲望である不老不死を叶えた近未来世界。遺伝子操作によってあらゆる人間が「無条件に生きられる」のは25歳までとなり、そこから先は1年の猶予だけが与えられ、無情にもスタートする死へのカ>>続きを読む

尾崎豊を探して(2019年製作の映画)

-

映像だけについて表面的に言えば、ほぼミュージッククリップです。
一本の本人独白映像を軸に、ライブビデオによる往年の名曲(選曲、その順も素晴らしい)が押し寄せるように流れます。
またその歌をバッサバッサ
>>続きを読む

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

4.0

血統や出自で人生の大半が決まるインド社会の中、その最下層スラム街で暮らしていた一人の男ムラドが音楽との出会いによって夢を叶えるサクセスストーリー。久々にズシンと胸に来る厚みを感じられた映画でした。2時>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

3.9

ブッシュ政権下で絶大な権力を振るったチェイニー副大統領の、知られざる姿に迫った映画です。

今となって振り返るに、あのイラク戦争とは一体何だったのだろう。アルカイダ、ビンラディン、イラク、フセイン政権
>>続きを読む

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.0

もちろん全て見ているスターウォーズ。とはいえこれだけの作品になるとおいそれと物知り顔で批評するには怖気付くほどの深い歴史のあるシリーズの完結編。

なので、熱烈なファンにあらずの僕なりに感じた点を少し
>>続きを読む

パラレルワールド・ラブストーリー(2019年製作の映画)

2.8

途中まではとても面白かったです。
パラレルワールドが同時並行で進んでいるような構成や、その二つの世界を行ったり来たりする中で何かの記憶がリンクしていく不思議な感覚表現が、シーンの繋げ方や微妙な質感の使
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.0

全体的に抑揚が少なく、引き込ませるだけの深みに大きく欠けている印象。
エルトンの大成功の裏にあった苦悩や様々な人間関係の軋轢を描くが、波乱というより堕落、という印象を植え付ける描き方になっていて、エル
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.0

「A GHOST STORY」🎥

今年最初の鑑賞映画です。

僕らがいるこの世界は、何回目の「現在」なのか?
今の宇宙が終わって、また始まって、それを何千何万何億回と繰り返すこの世界。未来のずっと先
>>続きを読む

小さな恋のうた(2019年製作の映画)

3.5

バンドっていいなぁ。
爽やかでした。とても直球な青春バンド映画。
山田杏奈の控えめだけど情熱的、決して前に出過ぎないお芝居に引き込まれて、それが一番心に刺さってほっこり。

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

4.1

「バタフライ効果」簡単に言うと、蝶の羽ばたき一つがあるかないかで、地球の裏側に台風を起こすほどの遠隔的影響を及ぼす、というカオス理論。そこから転じて、「もしあの瞬間こうしてたら、こうしなかったら」があ>>続きを読む

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(2014年製作の映画)

1.5

観る気をどん底まで削ぐほど評価が悪かったので、今の今まで手を出せなかった作品。原作のファンなだけに。
でも、きっと避けては通れないんだろうなってことで遂に手に取ってしまいました。恐る恐る、きっと巷の悪
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.5

これはホラー映画です。
ゴーストやゾンビよりよっぽど怖い。
顔だけでなく、静かに確実に人生を乗っ取られてしまう恐怖。

予想以上にシュールに作られていたことには少し驚きです。土屋太鳳と芳根京子の主演で
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.2

ある一定のルール下で、コーヒーが熱を持っている間だけ時間を行き来できるというタイムトラベル映画。

主人公、時田数(有村架純)とその母(石田ゆり子)との母娘に秘められた親子のストーリーと、カズに寄り添
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.3

面白かったです。この漫画は僕も大好きな一つ。原作へのリスペクトを細部まで感じる力作だと思います。よくここまで実写化したなと感心。しかも今の日本の俳優界において、これ以上なく漫画とマッチングしたキャステ>>続きを読む

>|