そうたさんの映画レビュー・感想・評価

そうた

そうた

  • 70Marks
  • 0Clips
  • 1Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

2.4

ナターシャはただのすごい人間で、血清を打たれたわけでも、アーマーを開発したわけでも、ガンマ線を浴びたわけでも、ブロンドのハンマー使いでもないから、超人相手には戦えないのよ。だからこの精神的な洗脳してる>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.3

期待しすぎたんだなと思った。サマーウォーズのような感じは一切ない。主人公の内面やトラウマの部分がメインの話。なぜかバスでメールするところが印象深い。合唱のおばさんたちいるか?もっと主人公のトラウマとか>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

4.4

メインがイヌではなくファッションなのが良かったと思う。全ての要素に無駄がなく、すげえの一点張り。最高。どんどんエステラが見えなくなって怖くなっていくがそれも含めてまじでおもろかった。あまり映画館のふか>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.5

笑っていいのかわからんところがあって、それも含めてリアルなのか、、、?スベッてただけか、、、?わからんけどとにかくめちゃめちゃおもろかった

くれなずめ(2021年製作の映画)

4.4

みおわったらすぐ大学時代の友達に連絡してすぐに飲みに行って、カラオケに行った。俺らはまだ誰も死んでないから、誰がいつ死んでも後悔しないようにいつでも電話は出れるようにしておくから。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.5

大きく叫んで泣いてもいいんだと思う。おかあちゃんありがとう。だいすきだ!

ターミナル(2004年製作の映画)

3.9

誠実な男がやり遂げる話。さすが、おもろかったあ。

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.5

イカれた女の人の復讐劇みたいな感じでみにいったんだけど、それより頭のいい女の最高な復讐って感じだった。めっちゃおもろかった

猿楽町で会いましょう(2019年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

なんだろうな、キショいあげまんなだけの女が男を振り回して、家がなくなったからたまたま好きになってくれた男の家に転がり込んで生活する話。
雨の日に家に来るシーンなんてこいつのせいで自分のやりたい仕事の電
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

5.0

カーチェイスとか、ゴリゴリのアクションの苦手なポイントは激しいシーンの見づらさだと思っているのですが、これはそれが一切感じさせないものだった。ひとえに、凄かった。おしゃれな音楽で括られた映像作品、とい>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

-

おもしろかったーって感じで映画館を後にできたのが久しぶりだった。
実際自分がタイムループしたらこうなるんだろうなって感じで、とても説得力があったと思う。

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

5.0

シスーが可愛くて可愛くて、愛しい。ストーリーはまあわかりやすい感じで悪くはなかったと思う。シスーがとにかく可愛いので5点

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.7

スピンオフとして、すごくおもろかったと思う。小ネタがこねこねしてたわ

キングスマン(2015年製作の映画)

4.5

好き。この映画で人になるためにはマナーが大切だと学んだ。あのシーンだけじゃなくともほとんどのシーンが好きだった。

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

2.2

そんなにおもろいか?映画ではなく、日曜の昼にテレビでやってるものくらいだった。映画館にわざわざ足を運ぶことを考えるとそんなにいいものだとは思えなかった。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

2.3

面白くはなかったと思うんだけど、周りで面白くなかったのは俺だけだったからもう面白くなかったって言わないようにする

ザ・マジックアワー(2008年製作の映画)

4.1

おもろかったけど映画見てる感じとは違って、コントを見てるような。

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)

-

これを年越しに合わせて、年末に見た。
いろんな出来事が大量に並行して起こるからたのしくて、気づいたら年越してた

short cut(2011年製作の映画)

3.5

ワンカットなのはすごいと思った。だけどもっと三谷幸喜らしさがあったと思う。この場合のらしさというのは小ネタとか伏線ではなくて、ストーリー展開とか出来事のリアリティとかそういうところ。

大空港2013(2013年製作の映画)

4.5

ワンカットだから話が全部リアルタイムで動いていく感覚に陥ったのが作品の力としても、技術力としてもすごいと思った。

清須会議(2013年製作の映画)

4.2

鈴木京香のお歯黒を見られるのはこの映画だけ

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.6

良かったけど、もっと三谷幸喜な部分が欲しかったと思った。

モテキ(2011年製作の映画)

4.0

最初見た時は中学生だった。大人に憧れた。

次に見た時は大学生。全ての曲も小ネタも知ってた。嬉しかった。大人に憧れなかった。

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.5

これの影響すごくあって、他の世界の自分とか、自分に似た境遇のやつがいるんだと思うと自分も頑張れる。

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

4.5

ゾンビものはアメリカが一番良かったのは過去の話だった。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

4.5

痛みの涙とか、感動の涙とか、涙にも色々あると思うけど、「そう、大切なのは今なんだよなあ」の涙だった

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.3

どんでん返しとまではいかないけど、相当良かった。形容するなら「ちゃぶ台返し」

>|