Hallyさんの映画レビュー・感想・評価

Hally

Hally

映画好きです。心から。かなり忙しくなってきたのでマイペースに。大学で政治学を専攻。気軽にフォロミー。Netflix中毒患者。

映画(361)
ドラマ(50)

リリィ、はちみつ色の秘密(2008年製作の映画)

3.5

大学のアメリカ研究の授業で鑑賞。人種問題と奴隷制の観点から。

視覚的、潜在的、当たり前とみなされている差別。今作だったら映画館の入り口が白人と黒人で違うところ。『ドリーム』だったらトイレやポット。そ
>>続きを読む

闇の列車、光の旅(2009年製作の映画)

3.5

大学のアメリカ研究の授業で鑑賞。Filmarksには明記されてはいないが製作アドバイザーとしてガエル・ガルシア・ベルナルとディエゴ・ルナの2人が関わっています。この2人が関わる意味、伝えたいメッセージ>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.4

何も語れない。二作目としての役割を果たしてる。いい意味でも悪い意味でも。小説・映画全部持ってる、考察めっちゃ考えてるみたいなヲタクに向けてはもう土下座したいくらい興奮の連続だけど、ハードルが高すぎる。>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.4

ラスト21分。私は映画館にいなかった。私は、間違いなく"あの"場所にいた。"あの"空間に…。夢心地。

YouTube で繰り返し見てきたQueenのライブエイドでのパフォーマンス。ロックファンの中で
>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

4.2

公開を楽しみに楽しみしてたけど、やっぱり日本では公開されなかった。なんとかレンタル化は果たしたので念願の鑑賞。


青春映画好きならチェックしなゃいけない良作をまた発見。アメリカの青春映画要素はしっか
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

4.2

あの季節にとらわれて

今作も見よう見ようと新宿で乗り換えのたびに思うのに結局見る時間を確保できずスルー。レンタル待ちでやっと鑑賞。

空気感がとても好きな映画。構図や展開、音楽の使い方から何処と無く
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.8

スターウォーズ大好き人間の私が劇場見逃しました。いつのまにか上映終わってた。評判の悪さを耳にしてたから、結構警戒して見たけど楽しめた。予告編でも思ったけどスターデストロイヤーの出現の仕方がかっこよすぎ>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.5

遂に今年は劇場で見れなかった…。ってことでレンタル開始してたので鑑賞。

去年も一昨年も思った。「あれ…俺はワイルドスピードを見てるのかな?」と。もう無茶苦茶です。面白いからよしですが。

あのコの、トリコ。(2018年製作の映画)

2.5

女友達に付き合わされて鑑賞。
今作で誰の演技が1番上手いかと聞かれたら間違いなく古坂大魔王ですね。昔だったらこの手の恋愛映画は面白いとは思わないにしても見れたのにダメだ。見てるこっちが恥ずかしくなって
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.5

悪魔版ラ・ラ・ランド?

大好きなミッチェル監督作品が地元近くの映画館で観れる日が来たことに何よりも嬉しく思います。『アメリカン・スリープオーバー』を見るのにどれだけ苦労してそれこそ機会を逃しに逃して
>>続きを読む

トンマッコルへようこそ(2005年製作の映画)

3.4

大学の授業で鑑賞。

先生がこの作品を私たちに見せた意義としては韓国、北朝鮮。そこにアメリカを加えた関係性を尚且つ 朝鮮戦争を直接的に描くという事をこの時代に行い、それがしっかりヒットした事を考えさせ
>>続きを読む

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

4.2

黄色い水仙

幼い頃に『チャーリーとチョコレート工場』を見て以来、ティムバートン監督が苦手であまり手が伸びない。ファンタジーは大好きで監督の世界観は嫌いじゃないはずなのに一度持った苦手意識は中々拭えな
>>続きを読む

抱きたいカンケイ(2011年製作の映画)

3.4

ナタリー・ポートマンがこういうキャラを演じるのは中々新鮮で面白かった。なんにも考えずに観れるラブコメ。グレタ・ガーウィグも出てるし中々豪華。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.1

怖さの向こう側

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』なんとも印象的な題名だ。9.11で父親を亡くした少年が父の残した鍵を見るける。あの日に囚われた彼は父親と触れ合っていられる"8分間"を少し
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

4.6

"風にさらわれた"

GATTACA。こんなにお洒落な映画タイトルがあるだろうか。遺伝子の塩基配列だ。G:グアニン。A:アデニン。T:チミン。C:シトシン。私たちのDNAの中の配列を構成する分子だ。こ
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.7

氷の軋む音。二人で寝っ転がり星を眺める。一瞬が永遠に感じられた。消したい記憶になっても心が許さない…。脳内で記憶消去から逃れる画や記憶消去の描写が残酷で視覚的でとても好きだ。潜在意識の中で消したくても>>続きを読む

おかあさんにないしょ(2015年製作の映画)

-

ヤバイ。YouTube で観れる短編と知って、試しに見てみたらとんでもねぇ。頭がグルグルするぜ。3分なのでまぁいいけど。絶対に1人で見ることをオススメします!!!

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

4.2

"大切なものを守る人には誇りと勇気がある"

抱きしめたくなる作品。とてもテンポが良く非常に見やすい。が故にもっと時間を割くべき問題もポンっと飛び越えてしまっている。彼の家族の話をもっと見たかったけど
>>続きを読む

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

2.8

過去鑑賞

ティムバートンが私は苦手です。世界観とか作風とか何故か幼い頃から苦手だった。小学生の頃、今作に出てくる小人がとっても苦手で泣きそうになったのを覚えてる。何回か見てるけど、苦手なんだよな。ほ
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

4.1

"世も末"

紳士淑女の時代が死んだ?そんなの御構い無しに乱れ咲くおっぱいとEarth,Wind&Fireは素晴らしい。ついでに巨根自慢の少年もな。そんな世界で暴れる探偵と示談屋(?)。そして探偵の娘
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.6

不朽の名作

ありふれたこの文句が1番似合う。私が生まれた1998年に世界中の映画賞を総ナメにした"誰もが"見た事のある作品。恥ずかしながら初鑑賞…。凄かった。いや 今更こんなありふれた感想書きたくな
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.9

オリジナル版へのリスペクトを感じられる。本当の意味での"リメイク"作品?

オリジナル版大ファンかつ90'sポップス大好き人間だ。はっきり言ってオリジナル版の方が好き。場面展開の上手さと自然さは正直
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.2

"HERO"である前に"父"である!

IW後、1作目として何を示すか。絶望の中で終わったIWに対して何らかの"策"、"ヒント"が確実に示された。妄想が止まらん。ここ4カ月程 考えていた考察が白紙に戻
>>続きを読む

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

4.0

"この世でいちばんの幸せは誰かを愛し、その人から愛されること"

ミュージカル映画で個人的に重要だと思うのは序盤にどれだけ見てる者の心を惹きつけられるかだと思う。終始 歌い踊るというストーリーが2時間
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.4

原作の大ファンです。まだ大学生の私にとってのジャンプ黄金時代は『ONE PIECE』『NARUTO』『バクマン』『銀魂』『黒子のバスケ』etc…。なんですね。世の中がキラキラ、毎日生きるの最高!って思>>続きを読む

アドベンチャーランドへようこそ(2009年製作の映画)

4.1

夏の終わり…。

アメリカは新学期が秋から始まる。海外の青春モノが好物の私はこれに物凄く憧れる。大学2年の夏を迎えた私もこんな夏の終わりを目指したい。ジェシーとクリステンのコンビはいつだって最高だし、
>>続きを読む

リトル・フォレスト 冬・春(2015年製作の映画)

3.9

螺旋を描いて…

人生が一本道でないなんて分かってる。それこそ大学生にもなれば大人と子供の狭間の"あの"時代が終わりに差し掛かる。その苦しみに私は直面している。大人になりたくないのに現実を突きつけられ
>>続きを読む

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

3.9

空気が香る映画

生まれてこの方、都会にしか住んだ事がありません。今は毎日往復4時間かけて新宿を経由して大学に通っております。本当に頭がおかしくなりそうになる事が多々あります。

そんな今の私にはこの
>>続きを読む

建築学概論(2012年製作の映画)

4.0

イヤフォンの共有は心の共有。

いや好き。めっちゃ好き。大人になって素直になれない男女を描いた作品が大好きです。そこに学生時代の恋も描いてくる。そう大好き。韓国映画特有の場面展開の巧さも引き立ってる。
>>続きを読む

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

3.5

お久しぶりです。夏休みにやっと入りました。人生で1番壮絶な半年でした。こんなに映画を見れない時期が続いたのは始めてでした。こっから夏休みは見まくるつもりです。よろしくお願いします。

夏休み1発目が今
>>続きを読む

セットアップ: ウソつきは恋のはじまり(2018年製作の映画)

3.6

ゾーイ目当てで鑑賞。
Netflixお得意の丁度いい恋愛映画。飛び抜けて面白くもドキドキするわけでもないけど。あんまり考えずに見れた。あんな上司は嫌だよ。仕事の為に生きたくない。生きる為にしょうがなく
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.2

人は何かを抱えて傷ついてる。それに気づいてあげる目を持ちたいし、育てたい。

構成の良さが光る作品。何が凄いって、主人公だけじゃなく周りの人間にもしっかり光を当て、描ききっていること。特にお姉さんのヴ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.9

"勝手にふるえてろ"

いや凄かった。壮絶に感情をボッコボッコに動かされ、疲労感が凄かった。

前半は、見てるのが恥ずかしくなるヨシカの行動にドキドキして。そのドキドキは鬱陶しさじゃなくて、自分にあま
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

4.1

あぁ 好き…。そんな声が漏れる。

人間の弱さが見える作品。
人の弱さが"悪いもの"だと教わってきた。その弱さは直さなければならないと。それは違うとはっきり思うようになったのは最近だ。完璧な人間なんて
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.4

"血"ではなく"絆"

パルムドールは伊達じゃなかった。いや、ちょっと衝撃的だった。完璧のハードルの低い自分は、あまりレビューで使わないよう自制してるんですが、今作のキャスティングに関してはもう…。完
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.2

"あの時代"の話。
私にとっては"今も"な話。

大人と子供の狭間。愛して欲しくて、愛したくて。だけど愛し方、愛され方が分からない。全然上手くいかない。何かを成し遂げたいけどその"何か"が見えなくて。
>>続きを読む

>|