すさんの映画レビュー・感想・評価

す

映画(470)
ドラマ(0)

ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-(2020年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

本人が死にたくて選んだ選択だったのか、遺された者に迷惑をかけたくなくて選んだ選択だったのか。遺された者はそのことを問い続け責め続ける。難病だった若者の父親が犬養に想いを打ち明けるシーンが胸に来た。
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.6

別に何も特別じゃない
不思議なことに
2ヶ月も経つとみんな興味を失い
すべて忘れちまう

まだ全部終わってない
このすべてが終われば
その結末は 人には理解しにくいが
認めざるを得なくなる

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ひたすらに冴えず勇気のないおっさんが奮い立ち護り抜ける人間へとなる図を表すのが巧すぎ。見た目はおっさんのまま変わってないのに、ラストゾンビの残骸の中で帽子をかぶり直ししっかりと立つ大泉洋がめちゃくちゃ>>続きを読む

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

3.0

冒頭のテーマ曲が流れたところでハッとした。これ小学生の時に学校の授業で見た。当時は何言ってるか全然わからなかったな。
改めて観賞。小学生に見せるには刺激が強すぎないかと思う反面、敵に利用され生き延びる
>>続きを読む

時をかける少女(1983年製作の映画)

3.6

観ながら、知人に時かけの原田知世を絶賛する人がいたけど、そんなに魅力的かな?と失礼ながら思っていた。が最後には落ちてた。この気持ちは何?と問う少女はあまりに純で泣けてしまった。
アニメの時かけも見返し
>>続きを読む

シャレード(1963年製作の映画)

3.9

オードリヘプバーンの可愛さだけでなく、読めない真相と伏線回収と騙し合いとラブとスリルと、盛り沢山で大満足な映画。最後の最後まで楽しめた。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.5

観覧車に夜の車道、廃墟、ボートと印象的なシーンが多くあるのが上手い。純愛すぎた。

めぐり逢えたら(1993年製作の映画)

3.7

音楽や場面、登場人物と全体的に愛おしくずっと見ていたい。現実ではありえないからこそ浸りたくなる。眠れぬ男の妻と子どもに対する愛が切なくて良い。

罪の声(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ハンカチ握りしめすぎてぐしゃぐしゃにした。
大きな見せ場があるわけではないのに終始釘付けになる、ドキュメンタリーのような映画だった。と思ったらモデルとなった事件があるのか。大規模な事件について子どもの
>>続きを読む

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

3.6

廃墟でピアノを弾くシーンを見て、以前音楽番組で芸人さんが「何も音楽には敵わない」と言っていたことを思い出した。

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.6

室内に舞う雪が綺麗だったので一時停止してココアを淹れたが、その後怒涛の展開とグロシーンで飲むタイミングはなかった。
散りばめられた違和感と人間関係、小説のような構成、絵になる場面の多さであっという間に
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

公開日とその翌日、彼の名前がずっとトレンド入りしてたから死んじゃうんだろうなと察していた。けど泣いた。この前登場したばかりじゃない…もっと見ていたかった… 彼の漢気と炭治郎の悲痛な叫びとボロボロと泣く>>続きを読む

トリック 劇場版(2002年製作の映画)

3.0

神であることをトランプで証明しようとすな。
今も美しいけど若かりし仲間由紀恵、美人すぎる。

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.6

終盤、目紛しく難解な展開とドデカい音響とさらに前から2番目の席で観たので画面を追うのに精一杯になったことも重なり放心気味だった。
あ〜なるほどな…と思いながら映画館を出たけど考察を読んだらちょっっっと
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

凪沙をはじめどの登場人物にも感じ入るものがあったが、特に一果の友人りんを想うと悲し過ぎた。
自分より遅く始めたのに才能開花し先生に気に入られている主人公に対し、嫉妬しいじめ抜くという話はよくあるけど、
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

3.7

私たちは何にでもなれる

豪華すぎる舞台・キャストにどんでん返しでとても面白かった。ラスト、この騙し合いの発起人にしてやられた。

ドラマを見ていなかったので映画も見る予定は無かったが、もう映画館でお
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.5

不運な子供たちを助ける方が意義がある
苦しみなどどうでもいいの


実話。再会も感動ながら、養母の覚悟とタイトル回収が見事だった。グドゥを想うと切ない。

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

辛すぎ……………
もう一回見たら伏線のシーンがたくさんあって楽しいだろうけど精神的にしばらくは見れない。
見終わってすぐ考察サイトを漁った。ラストレストランで1人待つシーンが時系列的に最後なのか、それ
>>続きを読む

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

つい妹に感情移入してしまった。母親のケガが自分でやったものでなくて良かったなあ。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.6

大ヒット作だったのでわかりやすいハッピーエンドかと思ってた。予想外で胸が締め付けられた。
見惚れる程絵になる場面も多くて映画館で観なかったことを後悔。

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

まさか会えないで終わると思わないじゃん… 父との思い出が無く、側から見たらなんてことない「一緒にやりたいこと」をリストアップして楽しみにしてる主人公が、自分が求め続けた人への想いよりも、自分を大切に想>>続きを読む

茄子 アンダルシアの夏(2003年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ラスト街を見下ろす主人公を見て、これぞ人生……と感じ入ってしまった。
好きだった人が兄と結婚しても、落ち目と思われている中レースで優勝しても、この先も人生は続いていく。

映画ドラえもん のび太の恐竜2006(2006年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ラストピー助を振り切ってタイムマシンに乗ったのび太が「出せ!早く!急いで!!」って叫んでるのがもう。

映画ドラえもん のび太の新恐竜(2020年製作の映画)

3.5

きらきらしてた。ミスチルはずるい。
本編ももちろん良かったけど、予告編作る人上手過ぎるな。
恐竜ちゃんと見てから行けばよかった〜

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.6

慈悲なく死んでく… ひやひやっぷりが楽しめた。高杉真宙好きになっちゃう。

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

3.4

可愛くて癒された。声優陣が豪華すぎる。もう藤原さんの声が聞けないと思うと切ない…

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ドラマ化かスピンオフ制作してほしい。要望書を送りたい。

人格によって棚、机、服、靴、食器までそれぞれ違って並んで置いてあるのがなんだか可愛かった。事故に遭ったシーンや人格が入れ替わるシーンが芸術的で
>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

3.7

ハンソロが…レイアが……歳取ってる……
CGで歳取らせてるんじゃなくて役者さんが実際歳取ってるってことで、それだけの長い年月この作品は続いてて、しかもずっと人気なんだなと考えたら感動した。
迫力がすご
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ダースベーダーは死ぬときパドメのことを思い出したりしたんだろうかとか、3POはある意味アナキンからルークに継がれた遺品なんだなとか、4でオビワンが妙に簡単にやられたなと思ったけどそれはダースベーダーが>>続きを読む

>|