SoVaさんの映画レビュー・感想・評価

SoVa

SoVa

映画(169)
ドラマ(0)

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

3.8

なんでもやり切ることの大切さと
エンターテイメントとはなんぞや
という部分を考えさせられる映画

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.3

毎度毎度思うが、この数のキャストを使いこなせる構成力は凄いとしか言えない。
ラストが否定的な人は事前情報足りなすぎ

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

若干の説教臭さはあるものの
ゲーム文化をここまで理解して描ける
おじいちゃんは世界でスピルバーグだけやと思う

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

純粋に楽しめる映画
全てのネタを把握できる知識が無いのが
後悔につながるレベル

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.4

原作既読済
ラストの展開が個人的に納得いかなかった

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

2.5

前作大好きなだけに
どうしてこうなったのか
全てにおいて裏切られた感が凄い

リビング ザ ゲーム(2016年製作の映画)

4.2

現在急激に拡大しつつあるeスポーツシーン
潜在的に内包してるゲームは悪(言い過ぎかもしれないが)という世間的な印象の中
このシーンの先駆者達の苦悩や葛藤がリアルに伝わる映画
大会の空気感や海外の盛り上
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.9

ビジュアルコンセプトが一貫していて
非常にオシャレで解り易い
ブラックパンサーでこのクオリティなのは
DC陣は本気で危惧したほうが良いと思う

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.7

可もなく不可もなしといった印象
ジャックブラックのおかげでクオリティが保たれてる映画

ライフ(2017年製作の映画)

3.8

B級パニック×ジェイク
この時点で大好物なので最後まで飽きずに鑑賞
普通に良くできているので、展開が予想できまくるけど問題なしに見れました
ライアンレイノルズの扱いもイイ!

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.8

話の筋が通っててシンプルだか色んな意味で見応えのある青春映画
人間のモラルの究極部分に触れているので
それを隠れ蓑に色んな濃い表現があるものの、割とすんなり受け入れて見てしまえるのが不思議。
ただこん
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

設定と展開が非常に斬新な映画
映画としての完成度は恐ろしく高いし
面白かったです。
ただ自分には刺さらないというか
アメリカという国を肌で体験し
生きてきた経験がないと、話の本質は
解らないのではない
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.0

前作同様安定の面白さ
構成や設定は安易というか古臭さを感じるものの
ぶっちゃけアクションシーンが全てを持っていってしまう作品なのでオールオッケー感が凄い。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.0

スターウォーズの冠を取ったらなにも残らない映画
全ての展開に納得いかないので、映画として褒める部分が1つもない
そう言った意味でもスターウォーズな気もするが期待してた分落胆は大きい
賛否別れるのかもし
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

4.0

前作以上のアクションシーンの凄さ
テンポの良さ等々、やはり安定のマーベルクオリティ
もうクソダサ衣装とは言えない、むしろカッコ良いぜキャプテン

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower(2017年製作の映画)

3.7

前作のとんでもまとめ映画に比べると
非常にクオリティが高く
さすがufotableと言わざるを得ない。
ただ、かなりのフォローはいれてるが原作を全て把握していないと話が理解できない部分等々敷居は低くな
>>続きを読む

愛の渦(2013年製作の映画)

3.8

恋の渦とはまた違う喋くり映画の2作目
個人的には恋の渦の方が好きだが
こちらも間を楽しむ映画としては秀逸な作品
自分の中ではもう濡れ場名人の域に達した池松が今回も良い味を出している
脇を固める役者もみ
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.6

衣装のダサさから倦厭していたけど
いざ見ると、かっこよく見えるから不思議
設定もあってか少し古臭く感じたのが
個人的には倦怠感を生んでしまっていた。
次回作に期待

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.4

バットマンvsスーパーマンより上、ワンダーウーマンより下な印象
いかんせん全てが説明過多でテンポが悪く
ヒーロー達の致命的なアホさを演出で行なってしまうところが痛い
個人的にはDC好きなので
アクショ
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.9

韓国オリジナル版鑑賞済
率直にクオリティはオリジナルの方が高いと感じたが、非常に楽しんで見ることができた
テンポ感、構成も良く飽きずに観れたのが好印象
そんなの、最低限のことではないのか?と思いがちだ
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.1

ギャク色強めだけど、そこを上手く昇華している
ここらへんからもDCタイトルとのクオリティの差が見えてしまう。
なんといってもケイトブランシェットのヘラが良かった、そして浅野も良かった!
カンバーバッチ
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.9

事実は小説よりも奇なりを地で行く映画
ルーニーマーラ目当てな部分もあったが
それ以上にニコールキッドマンの演技が良かった

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.2

あまり期待してなかったが
予想を裏切る秀作だった
ホラー映画と青春映画の見事なまでの融合
ホラー要素を少年たちの成長のキッカケにし
それを高いレベルで昇華できてる作品
しかもホラーとしてちゃんと怖いの
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.2

期待を裏切らないメルギブソン
絶対俳優やるより監督業に専念した方が良い
作品の質は、映像、構成と全てのクオリティが非常に高い
個人的には、アンドリューガーフィールドの演技がとても良かった。
あの、少し
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.8

ピーターとマークの実話物第2弾
このコンビは実話物は外さないのではと
思わせてくれる程作品としてのクオリティが高い
映像効果のレベルが非常に高いので
世界最大クラスの人災の凄まじさを
的確に描けている
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.9

事件の存在は知っていたが
まさかこれほどの事件とは思ってなかった
ドキュメンタリーとエンターテイメントの要素が高次元でまとまってる作品は中々ないのでは

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.9

完成度がめちゃくちゃ高い王道リメイク
ただ、随所にキレのある演出であったり台詞が非常に印象的な作品
役者陣も魅力的なメンツ、イーサン・ホークが異常にカッコ良い
もう少し、仲間になる動機の部分を掘り下げ
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.0

納得のR15指定
サムライが尾を引いて全く期待してなかったが
想像以上のデキに驚いた
ラストの盛り上がりの部分が物足りないのが
非常に惜しい、そこが上手くいっていれば間違いなく傑作だっただろう

ハードコア(2015年製作の映画)

4.3

POV映画の現時点での最高峰
題材もあってかテンポ感が異常に良い
エッジの効いたユーモアも上手く機能していて
制作陣のやりたいことがシンプルに伝わってくる点も好印象
色々な点で見て損はない映画

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.4

続編目当てのユーザーに的を絞り
徹底的に新規を拒否するスタンス
商業的には微妙だったかもしれないが
個人的にはよくやってくれたと賞賛したい
1からの正統な続編でありレプリカントと
人間の境界というテー
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

日本人にはあまり馴染みのない
題材だが彼等の抱える不安や怖さを
上手く表現できてると思う
メイド役の演技が異常に上手いのが目立つ

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.8

もう実写とCGの区別がつかない
前作、前々作に比べると脚本、構成はイマイチだがアンディサーキスの演技を見るだけでも
見る価値は高いと思う。
ウッディハレルソンの古臭い軍人の感じも好き

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.2

滑稽さと生々しさのバランスが秀逸
そのバランスが見る人の感情を不安定に
させつつ物語を進め、最後にその不安定さが
一番の肝になるというなんとも、高次元な映画。
同時進行の場面の構成力は、目を見張るもの
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.8

ベンアフレックを最大限生かす映画
バットマンやってる場合じゃない

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.6

パクチャヌクに期待して見ると肩透かしを食らう映画
役者陣は頑張って日本語で演技しているがどうしても滑稽さが拭えない
ただ、映像の見せ方、構成力は非常に高く
流石パクチャヌクと言わざるおえない。