醤油さんの映画レビュー・感想・評価

醤油

醤油

映画(91)
ドラマ(0)

アイスと雨音(2017年製作の映画)

4.7

こいつはすごかった。演劇を見てる+αの緊張感と感動があった。MOROHAのライブを知らない人にはちょっとごちゃっとしてたかもしれない。アフロさんが、ケータイの宣伝の人、になっちゃうのが嫌だなあ。

細雪 ささめゆき(1983年製作の映画)

3.9

吉永小百合しゃべ〜〜と思ってみてたけど石坂浩二しゃべえ

春なれや(2016年製作の映画)

3.5

外山文治短編作品集の3本目
永遠はないのに、みんな永遠を期待してしまうんだな

わさび(2016年製作の映画)

4.2

外山文治短編作品集の2本目
芳根京子うまい。とても好き。

此の岸のこと(2010年製作の映画)

3.9

外山文治短編作品集の1本目
老老介護をリアルに描いている。ほとんど台詞はなくて、感情の描き方が好きだった。

わたしに会うまでの1600キロ(2014年製作の映画)

3.7

序盤、装備の無謀さにストーリーがまるで入ってこなかった、小屋のオジサンに救われたのは観ているこっちの方だ。
痛みは贖罪になるか。人によるんだろうが、すべてを歩くこと、というか、フィジカルな苦痛、に投影
>>続きを読む

将軍様、あなたのために映画を撮ります(2016年製作の映画)

4.0

面白い。ドキュメントであり、サスペンスであって、拉致という割と身近なテーマに引き込まれた。リアリティがあるし、緊張感がある。

否定と肯定(2016年製作の映画)

2.9

ホロコーストの存在が論点の映画かと思っていたけどそうじゃなかった。反ユダヤ主義のおじさんを論破するというスカッと系の映画。歴史を裁判で裁く設定自体が面白いってことなのかな。

Ryuichi Sakamoto: CODA(2017年製作の映画)

3.9

音ひとつひとつに敏感に反応する坂本龍一の表情がすごくかわいい。
内容は、津波、原発、ガン、自然に対して音楽家が考えること。手掛けた映画音楽の話など。

悪魔祓い、聖なる儀式(2016年製作の映画)

2.9

宗教色の強い世界を期待して観に行ったけど、引くほど現実的で現代的。妖怪のせいなのねーそうなのねー、ということらしい。最初のおばちゃんとか、ちゃんと呪術的なものを感じるシーンもあったけど、この映画で絵描>>続きを読む

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

3.9

サスペンスだ。ほろ酔いで見てしまった。分からなかった。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.6

年末にテレビで見たけど、酔っ払っていたので見直した。宮沢りえとオダジョは外さないし、子役がよい。杉咲花も伊東蒼もよい。脚本がちょっとクドいのも、このキャストだから嫌味がない。オチがちょっとえぐい。

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)

3.7

音楽がほとんどついてなくて、エンドロールも街の音で、日常におきた事件とそれによって変わった人たちがただ描かれている感じが好き

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.9

なんだよ〜終盤よかったわ〜キャストもよかったし〜

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.4

最終回だった。見られてよかった。
ゲイの人って、時間に流されないような、感じがします。純で。それが作品としてあると、羨ましいのか哀れんでいるのか解らないけど、心地いいんだよね。音楽もすごくよかったし、
>>続きを読む

>|