バーニーさんの映画レビュー・感想・評価

バーニー

バーニー

映画(909)
ドラマ(2)

ツインズ(1988年製作の映画)

3.7

シュワルツネッカーのキャラが見ていて面白い。

見た目は全く似ていない2人だけれど、時々同じ行動をする所が愛らしかった。

色々と都合の良い展開ではあるけれど、締め括りも良かった。

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.6

天才達が奏でる音楽に圧倒された。

コンクールであるにも関わらず、お互いを称賛し、助け、高め合っている。

天才にしか見えない景色。世界。

全体としては、もう少し繊細で、シャープなものにしてほしかっ
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.8

危なげで、どこか悲しげなジャックが私には非常に魅力的に映った。

これはアリーの物語であると同時に、ジャックの物語りなんだと思った。


ブラッドリークーパーの瞳は本当に綺麗。

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.2

展開が遅く、ダラダラしていた。

登場人物がみんな自己中心的で、イライラしてて、観てるこっちまでイライラしてしまった。

ただ、最後の10分は良かった。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.1

最初はキレもあって面白かったけど、後半はダレて一気にB級映画感が…。

主人公の愚かな行動で何人(ミイラにされた上)死んだと思ってるんだ…

見えない目撃者(2019年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

冒頭から引き込まれた。

終始ハラハラしっ放し。

犯人に追われる中、ビデオ通話を使い、春馬に時計の時刻で方向を伝えてもらって逃げるシーン

停電を起こし、見えない状況を作って犯人の動きを鈍くし、音を
>>続きを読む

マイ・ガール(1991年製作の映画)

3.6

マコーレカルキンが異常に可愛い。
小学生の男女の親友って良いね。素敵。
2人の物語かと思ってたら、ベーダの成長物語だった。

エアフォース・ワン(1997年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

20年ぶりくらいに観たけど、やっぱり面白かった!
こんな大統領いたらカッコ良過ぎる。

大統領を守るためにミサイルの盾になった戦闘機のパイロット…泣きそうになった。

曇天に笑う(2018年製作の映画)

3.8

原作未読。
評価めちゃくちゃ低いけど、私は結構好きだった。3兄弟の感じとか、山犬とか。

BLEACHや銀魂より楽しめた。

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(2019年製作の映画)

3.3

予告篇にもあった唇のシーンはちょっとドキッとした。

想像はしてたけど、やっぱりこれで笑えるのは相当の笑い上戸というか、ツボが異常に浅い人かな…。(平野くん目当てだから笑えなくても良いんだけど)

いなくなれ、群青(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

原作未読の私には少し難解だった。

正義感が強かったり、ヒーロー気取りだったり、理想主義だったり。
鬱陶しいとすら感じてしまう彼らこそが、現実の自分によって捨てられた"人格"だったというのは読めなかっ
>>続きを読む

ういらぶ。(2018年製作の映画)

2.8

平野紫耀だから観たけど、何がしたいのか分かんないし、こじれすぎててめんどくさい。
あとセリフがいちいちダサい。
流れ星ヤバすぎw

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.4

子供の想像力は無限大。
ボスベイビー可愛かったー笑

七つの会議(2018年製作の映画)

4.2

組織の中で生きると、色々なものが見えなくなり、見たくなくなり、見なくなる。
問題にメスを入れる勇気、真実を追求する強さ。
八角が知る真実とは何なのか?会社は何を隠しているのか。
私が知る池井戸潤の作品
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.1

シャロン・テート事件を知らないと、この映画の凄さは解らない。

怒涛のラスト13分。
この13分でぶっ飛びます。

映画って本当に面白い。

グリンチ(2018年製作の映画)

2.6

ナレーションのせいか、教育番組みたいで退屈だった。

クリスマスの光、街並みはとっても綺麗だった。

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.7

知念くんのキザなセリフとドヤ顔は無理だったけど、セッションは最高だった。

中川大志は天馬くんも出来れば、こういうガキ大将みたいな(真逆の)役も出来るからすごい。

机でセッションするシーンが1番好き
>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

3.7

原作未読でなんの予備知識もなかったのと、元々期待してなかったせいか、普通に面白かった。

こういう終わり方好きなんだよな…。

福士蒼汰ってアニメキャラクター演じても不自然じゃないのが凄い。

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

牛の肝臓を食べたい🐄www
岡田将生のNO MORE映画泥棒ww

本篇に入る前からふざけ過ぎてて笑った。

そしてエンディング…
納豆ネバネバwwwwwww

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

3.6

終盤に気付いたけど、これ観るの2回目だ…。

切り裂きジャックとの対決とかやった方が面白かったんじゃないかな…?

ワトンソンってこんな強くて優秀だったっけ…?

ライオン・キング(2019年製作の映画)

4.1

超実写。動きとか、もう本物にしか見えない。

幼少期にアニメーションで観たけれど、アニメ版をなぞっている感じは否めなかった。

アニメでは良い味を出しているハイエナが、実写版では魅力がなかったのは残念
>>続きを読む

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

3.8

2度目の鑑賞。

視点が変われば話も変わる。

人の記憶は曖昧だし、人から聞いたことを鵜呑みにすると危険。

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

4.4

エディレッドメインの演技は、演技と思えない程リアルで、「アカデミー賞主演男優賞」に相応しいものだった。

ホーキング博士の生涯を描いた本作。
ALSを発症してから、彼がどう生きたのか。

悲しい話だろ
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.9

前作より圧倒的に面白かった!

(パディントンの想像で)飛び出す絵本にパディントンと叔母さんが入り込んでいるシーンは、見せ方が上手いなーと思った。

なんでも良いけど、途中シェイプオブウォーター意識し
>>続きを読む

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.7

「畜生」で何になるのかをワクワクしながら見てたw

八重歯カッコ良い。

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.0

思いやりから始まり、途中は取り憑かれたようになって、周りからも変態扱いされたけど、最後まで諦めず、欲にも溺れることなく、思いやりで終わった。
信念があって、素晴らしい。

コーチ・カーター(2005年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

封鎖解除された体育館で、生徒たちがバスケをせずに机を並べて勉強していたシーンには感動した。

シュートが決まる度に興奮したし、バスケしたくなった。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.3

完璧なエンディングを迎えた「トイ・ストーリー3」から9年。

何故4を作ることにしたのか?
トイ・ストーリーを観てきたファンの多くがそう思ったのではないか。
私もその1人だ。あの集大成を崩して欲しくな
>>続きを読む

ReLIFE(2017年製作の映画)

3.7

過去に戻りたいっていうのは、殆どの人が1度は思ったことあるんじゃないかな。

青春だなーってシーンが結構あって、切ない感じも心地良かった。

ラストはちょっと物足りなかったかな。

アメリカン・ハッスル(2013年製作の映画)

3.3

詐欺師の話なのにテンポ悪いし、スリルもないし、ワクワクしないし、正直面白くなかった。
ロザリンの行動にも結構イライラしてしまった。

きょうのキラ君(2017年製作の映画)

3.3

内容は微妙。
でも中川大志はカッコ良い。綺麗な顔。
花晴れの2人だーと思いながら観てた。

天気の子(2019年製作の映画)

3.8

今年130本目

世界の形、決定的に変えてるね。
雨が少し好きになりそう。

暗黒女子(2017年製作の映画)

3.7

まぁまぁ読めちゃったから、ブチ壊されるほどではなかったかな。

見せ方が上手い。

僕らのごはんは明日で待ってる(2017年製作の映画)

2.0

久々の駄作。

冒頭から単調。
セリフが不自然過ぎる。(脚本どうした)
役者が話しづらそう。

『まさかここで言わないよね、言わないでね、うわ、言ったよ』みたいな。

素人かよ。

新木優子が好きで観
>>続きを読む

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

3.3

吉沢亮の涙が美しい。

原作未読。
前半は疾走感もあって、キュンキュンできて、楽しく観られていた。(こんなイケメンが隣の部屋にいたら、そりゃ楽しいよね。)

しかし後半で急激に失速。ダラダラとした印象
>>続きを読む

>|