kazさんの映画レビュー・感想・評価

kaz

kaz

映画(300)
ドラマ(0)

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.5

海外版東宝特撮祭りって感じがしててよかった。シンプルながらもダイナミックだった。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.6

Tジョイプリンス品川 IMAXシアターで鑑賞。
ジャック・ブラックの演じる女子高生がツボに入った。ゲーム内のキャストも高校生感が出ててよかった。ただ、けっこうあっさりしてた気もする。もう少し時間をかけ
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

他のイェーガーの戦闘シーンが前作と比較して増えているのは良かった。欲を言えば人物像、特に候補生たちのバックグラウンド、ストーリーをもっと掘り下げて欲しかった。

デトロイト(2017年製作の映画)

4.3

最近実話系で最後には救われる系が多かっただけになかなかにきた。

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.9

ストーリーは暗めだったけどアクションが凄すぎた。主人公の過去と人物像もわりと掘り下げられててよかった。

マンハント(2018年製作の映画)

3.0

ストーリー自体は割とシンプルだけどもう少し登場人物のバックボーンが見えると良かった。アクションにどこか懐かしさを感じる。

アウトサイダーズ(2016年製作の映画)

3.2

クライムアクションかと思ったら全く違うものだった

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

やっぱりイーストウッド監督すげぇや。前情報なしで行ったらメインキャストが実際この事件の現場にいた本人だったことに衝撃。前半ロードムービーだけど後半一気に引き込まれる。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

新たな王の誕生を見届けてきた。今回のヴィランは感情移入しやすいタイプかと思ったらやってることはやっぱり悪役だった。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

美術、音楽、世界観も含めて美しくも愛おしかった。形はいろいろあると思うけどこれも一つのラブストーリーなのではないかと思う。

舞台となったのが時間軸が時間軸だけに観終わってからオールディーズが聴きたく
>>続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

5.0

終盤泣きっぱなしだった。ほんとによかった。思い出しただけでも目頭が熱くなる。

作中の出会いと別れに儚く、そしてどこか切なさを感じつつも観た後に温かさを残してくれる作品だった。

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット(2017年製作の映画)

3.1

愛すべきB級映画。
部隊の成長とかそういうところが観れたのは良かった。もう少し時間長く使っても良かったのではないのかなとも思った。

ロープ/戦場の生命線(2015年製作の映画)

3.5

普通にサスペンスかと思ったらユーモアありのドラマだった。
組織の限界、意見の相違、ある意味日常を描いてた。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

松岡茉優がかわいくて美人だった。割とカオスな感じがあるけど不思議と引き込まれていくし、同じ場所でも見方、見られ方次第でかなり変わるのだなと思ったら。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

最初から最後までスクリーンに釘付けだった。スタートからもう世界観に魅了されて観終わってからも十分余韻に浸れてホント文句なしの一作。

不能犯(2018年製作の映画)

3.1

原作が原作だけに2時間の映画一本でやるよりも海ドラみたいにシーズンで区切って1話完結とかで長くやってほしかった。詰め込みすぎてパンクしてると思ったら思いの外詰まってなかった。
松坂桃李はハマってたしそ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.4

思ってた以上に面白かった。
上手く説明できないがアメリカが舞台だけど街に住んでる人の人間関係や雰囲気なんかが何か...村社会、事なかれ主義、蒸し返しは悪といったところに通じるものがあったと思う。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.0

劇場でずっと予告編やってたので気になって鑑賞。
予告編の印象とはまた違う感じだった。過去作未見でも十分に楽しめた。散りばめた伏線を回収して行く様は見事。
そしてエンドロールの豪華さよ。

>|