kazさんの映画レビュー・感想・評価 - 7ページ目

kaz

kaz

映画(311)
ドラマ(0)

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

5.0

CGを使いながらも随所に残る古き良き特撮感が滲み出てた。あと個人的にエンドロールで鳥肌立った

FAKE(2016年製作の映画)

5.0

現代メディアの報道の在り方、メディアからの情報の受取り方、等についていろいろ考えさせられる作品だった。ただ、それだけではなく、世間を騒がせた一件と真剣に向き合い前に進もうとしてる1人の男の姿を写したド>>続きを読む

映画 闇金ウシジマくん(2012年製作の映画)

3.8

普通に面白かった。
山田孝之とやべきょうすけと崎本大海がええ感じだったのとファッションモデル系男子を徹底的に痛く描いてた感が痛快だった

レジェンド 狂気の美学(2015年製作の映画)

5.0

実在の人物の半生を映画にすると大抵オチが読めたり何かしらの違和感があるのだがこの作品はそんなことを気にせず観れる作品のうちの一本だと思う。
双子を演じ分けてるトム・ハーディも良かった。やっぱトム・ハー
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

5.0

己の正義と目の前にある現実、両方の間で揺れる主人公の心情が色濃く出てる作品だった。
エミリー・ブランドも去ることながらベニチオ・デル・トロとジョシュ・ブローリンがかなり際立ってた

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.0

事実を基にしてる分創作と違ったインパクトはなかったがそれを差し引いても何か考えさせられるものはある作品だった。

エンド・オブ・キングダム(2016年製作の映画)

4.3

前回より作品的な意味でも装備的な意味でもグレードアップしてた。銃撃戦は必見。
ケツアゴがセクシーなアーロン・エッカートとヒュー・ジャックマンレベルのゴツさ(?)のジェラルド・バトラーを一度に味わえるの
>>続きを読む

アウトバーン(2016年製作の映画)

3.4

ニコラス・ホルトがウォーボーイズ並みにアウトバーンしてた

KING OF PRISM by PrettyRhythm(2016年製作の映画)

4.5

応援上映なしver.塚口サンサン劇場重低音上映で鑑賞。

HK 変態仮面(2013年製作の映画)

3.5

どれだけ馬鹿げたことでも全力でやれば面白くなるいい例

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

5.0

重低音上映で鑑賞。良い意味でなんかすごかったしありとあらゆるものが飛び散ってた。何より重低音で観たから音がしっかり響いてた。