タブちゃんマンさんの映画レビュー・感想・評価

タブちゃんマン

タブちゃんマン

彼女について私が知っている二、三の事柄(1966年製作の映画)

3.8

難しいが、ハッとさせられた台詞が多い。
続けてと言われれば続けられるけど…意思はどこから?

コントロール(2007年製作の映画)

4.7

ジョイディヴィジョンが好きなので。
揺れ動き沈んでいくイアンの心の中がよく伝わってきた。
彼の高校時代から23歳までの出来事の、
重要な部分ほとんどが再現されている。
普段映画であまり泣かない私が泣い
>>続きを読む

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

4.5

家族愛の作品。みんないい人だった。
道の両側を歩くシーンが好き。

皇帝ペンギン(2005年製作の映画)

4.0

ナレーションがなんともフランス映画らしく、
静かで美しく完成されている。
音楽も氷の世界にぴったりでペンギンの世界に入り込める。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.8

それぞれ個性が違う4人が本当に良い。
特に、やっぱりクリス。
そして、胸に響くセリフがたくさんある。
いかに子供時代が大切だったかは、大人にならなきゃわからないよな。
時代を感じれる選曲も良い。
気に
>>続きを読む

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

4.2

ベルセバの音楽を、そのまま映像にしたような、傷の痛みと美しさでした。

好きにならずにいられない(2015年製作の映画)

4.4

いい映画でした。"冴えない主役"の映画の中でも妙にリアルな物語。
最後の最後、飛行機に乗ったフーシの表情に、ホッとした。
ほんとに日本版ポスターどうしてこうなっちゃうの…

アメリ(2001年製作の映画)

3.8

子供の頃にみた作品。
これをきっかけにフランス映画が好きになった。

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

3.5

歌やダンスが好きな6歳の娘が、気に入って見てます。
自分の気持ちにまっすぐに、どんな自分でも誇りを持つこと。映画を通して伝わってきます。娘にもそう思って生きていて欲しいけど、伝わってるかな?
楽しい生
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

4.5

人種差別や偏見がテーマにありますが、子供が見てもそれはしっかり伝わります。ディズニーのプリンセス系の映画は好きではないけど、これは本当に素敵な作品。

キャロル(2015年製作の映画)

4.7

2人が出会うシーンから最後まで、
すべてが美しくて苦しくて愛おしい作品。

家族ゲーム(1983年製作の映画)

4.3

食事シーンが印象的で好き。
脚本、構図、照明の暗さ、横一列の食卓、咀嚼音、音楽なし、すべてが絶妙な気味の悪さ。
好きな日本映画は?と聞かれたら、真っ先に思い浮かぶ作品のひとつ。

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

4.9

キャメロン・クロウ監督で一番好きかな。シングルスも好きだけど、こちらのほうが登場人物に惹かれる。ズーイーデシャネルかわいい。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.5

この映画のレイチェル・マクアダムスに似てると夫の両親に言われて、気になり見てみたが、話がそんなに好きじゃなかった。

>|