へいさんの映画レビュー・感想・評価

へい

へい

映画(217)
ドラマ(0)

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.2

テレクラキャノンボール以来です。
ウンコが出てくる映画で面白かったのは。

聖なるもの(2017年製作の映画)

3.3

ある意味「トゥルーマン・ショー」のような、観ているのか、観られているのか、平行感覚のおかしくなる、宇宙のような映画でした。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

5.0

邦題がダサすぎる。
タクシードライバーでいいよ。
スコセッシに遠陵しなくていいよ。
引け劣らない映画史に残るであろう傑作だよ。

モッシュピット(2016年製作の映画)

4.0

青臭いと鼻で笑う自分と、生温い嫉妬が摩擦して、観終わった後には自然と体温が上がっている。

「愛してるんだったら会いに来いよ、嫌いだったら嫌いだって言いに、会いに来いよ。」そう言われているような気がし
>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

3.8

印象に残ったのは、ISは組織ではなく、思想だという言葉。
だとするなら、彼らは「リング」の貞子と戦っているようなものなのかもしれない。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

愛に溢れすぎている、超超映画。
新しいものにネガティブになるのではなく、どう共存していくか。
その先にオアシスがあるんだ。

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.8

冴えない男を描かせたら流石のマーク・ウェブ。
でも、500日のサマーの方が好きだなぁ。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

右隣の男の人は香水つけすぎやし、左隣のカップルは終始いちゃついてて、映画館で映画を観る環境としては最悪だったが、作品が素晴らしくて、そんな事はどうでも良くなった。

欲望の翼(1990年製作の映画)

4.0

又聞きした人の話を物語にしたような、どこか朧げで儚い映像の連続。
そして最後はちょっとしかでてないトニー・レオン様が全て持っていく。

時をかける少女(1983年製作の映画)

4.0

今観ると古臭さは否めないが、やはり大林宣彦。
その時代にちゃんと爪痕を残したであろう作品。
エンドロールのMV風の映像も秀逸。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.4

魚人は形や姿を変えて身近に、世界中に存在する。
それらにどう向き合うのか。
直接的に傷つけることも、無関心でいることも、どちらも罪なのだ。

ラン・ローラ・ラン(1998年製作の映画)

4.0

海外版「時をかける少女」。

未来は、無数の偶然と選択と、わずかなミラクルと運命でできている。

重要なのは、歩む先にしか、それらは訪れないということ。

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

1.0

ダサい、ダサすぎる。
セリフも、仕草も嘘くさい。

大人の力だけで業界に残っている、歌もたいして上手くない大物歌手のコンサートを120分見せられているような感じ。

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

4.0

アニメ的なご都合主義感はあるが、圧倒的な熱量は◎
この映画を観てディスるなら、日本に溢れてるポンコツ映画をもっとディスってほしい。

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.5

体が伸びるのは、ワンピースのルフィぐらいかと思っていたが、ゾンビもなんですね。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.9

メイドインアメリカの古着のように、所々に雑なところが。。
でも、エルトンジョンの使い方は◎

坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async(2017年製作の映画)

4.5

音を楽しむ濃密な時間。

突き詰める分野が何であれ、携わる時間が長ければ長いほど、形式や道具に囚われがち。

でも、そうじゃない、それに出会った子供の時のような、無邪気で、純粋な感覚が蘇る。

ただ、
>>続きを読む

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

2.3

安藤政信の無駄遣い。
でも、甲本さんの死に方は面白かった。

初恋のきた道(1999年製作の映画)

3.8

貧しい村にタイタニックのポスター。
タイタニックの影響力のすごさと、これからはじまる物語が純粋な愛である事を感じさせる。

そして、おさげ髪にたどたどしい走り方。
これはきっと、となりのトトロのメイの
>>続きを読む

アイスと雨音(2017年製作の映画)

3.5

森田想の、森田想による、森田想のための映画。

早春(1970年製作の映画)

5.0

童貞は、もしくは初恋は、スーパマリオブラザーズでいうところの、スターをとって、キラキラしている状態なのかもしれない。

アイドル・イズ・デッド -ノンちゃんのプロパガンダ大戦争(2013年製作の映画)

3.7

以心伝染。
体温以上の熱を発信し続ければ必ず、感染する。

名言
「吐いたら痩せたんだ!
この、ヘルタースケルターが!」

MOOSIC PRODUCTS!/アイドル・イズ・デッド(2012年製作の映画)

3.6

始まりはいつも突然だし、不完全であることも含めてアイドル(人間)なのだ。

これを観てディスっている人は、物事のディテールばっかり気にしている、ある意味美男美女が多そう。
あと、最高とか言っときながら
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

1.0

何の旨味もない、ただただ面白くない、うんこ映画。
近年見た中でダントツのワースト1。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

今年で言うなら、にゃんこスターのような映画。
あとで、振り返って、内容がどうかと言われたらわからんが、なんか、見せつけられた。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

2.0

本当にローリングを撮った冨永監督なのか?
これが南瓜とマヨネーズなのか?

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.5

最高。
これを観て何も感じない人は、劇中に出てくる白髪の老人と同じだ。

最低。(2017年製作の映画)

3.7

全然エロくない絡みのシーンを引っ張るぐらいなら、そこはバッサリ切って話の筋を見せた方がいい。

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.0

「未来は一方向だけに進んでるわけじゃないわ。私達にも選べる未来があるはずよ。」

>|