さかもさんの映画レビュー・感想・評価

さかも

さかも

2015年以降に見たやつ

2017年は58本
2016年は105本
2015年は177本(2015-2017で338本)

映画(381)
ドラマ(0)

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

4.0

人生でこの人と出会えて幸せだったなとか、この人とこの人が出会えたことは幸せだなとか、そういう積み重ねを大事にしていきたいよね

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.8

記録忘れてた

セリカが可愛すぎてずっと「好き…」って感じだった

愛の新世界(1994年製作の映画)

4.0

夜明けの渋谷にはいつだって青春の残滓がある、90年代も、もちろん今日も

銀魂(2017年製作の映画)

3.2

小ネタはすげー面白いけど逆に言えばそこ以外は冗長で退屈、本筋のテンポが悪い

新訳紅桜篇観てなかったらもろもろ腑に落ちなかったような気がする

てか今思えば新訳紅桜篇もテンポ悪かったな…そもそもの問題
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.8

楽しい映画だけどずっと死の影がちらついていて人はつねに個別の存在なんだと言われているようだった

タンジェリン(2015年製作の映画)

4.3

ことがどんどんやばくなっていく時の心のざわめきも、ひと段落ついて「これからどうしような…」ってなる夜更けの空気感もすげーリアル

国も肌の色も性指向も違うのにほとんど同じ感情ってすごいね

紅き大魚の伝説(2016年製作の映画)

3.4

中国アニメ映画の進歩を強く感じる

全編にわたって展開の飛躍が多いので「えー…」ってなりながら観るのだけど、ビジュアルワークが神がかり的に素敵なのでNetflix入ってれば観る価値あり

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

いやー面白かった、番狂わせの無能(a.k.a. マット・デイモン)がいないと安心して見てられるから良い。それが欲しい人もいるとは思うけど笑

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.1

めっちゃ笑った
序盤のホラー映画あるあるも面白かったし言わずもがな後編が素晴らしい

構成、脚本、素敵だー!
知り合いの知り合いが撮った映画で、話を聞く限り人柄が出ている

走れ、絶望に追いつかれない速さで(2015年製作の映画)

3.3

絶望に追いつかれたその時に目の前に何があるかも重要で、「崖」なのか「すき焼き」なのかその差ひとつであっさり道が変わってしまうよね

ただ漣も薫も鋭利で独善的で自分を重ねられる人ではなかったからあくまで
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.4

めたくそ面白かった
これがピクサー…なんたる安定感…すごみ…!

エンドロールのイラスティガールたまんねえ!!

羅生門(1950年製作の映画)

3.6

虚ろな善悪・陰陽の描き方が本質的で、60年近く経った今でもイーブンな気持ちで観られる。

京マチ子が狂気的

さよなら歌舞伎町(2015年製作の映画)

3.5

極私的愛しのブスが揃ってて胸が苦しい…
エンドロール後の祝福に俺も沸いた

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.7

見たの2回目なのに、今回も見終わった時には内容がほとんど記憶から抜け落ちている不思議
見ているときはすげー興奮しながら見てるんだけどな…

他の映画だとそれはあまりいいことではないけどこの映画の場合は
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.9

生煮えの作品という印象で、まだ公開していいレベルじゃない駄作。
これが細田守の今なのだとしたら言い方はとても悪いけど「終わった人」だと思わざるを得ない。大人の力が働いたんだと思いたい…。

※悪いのは
>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

3.8

脳をゴシゴシ洗いあって早10年、気づいたら後戻りできないところまできてるし仲間も目キマってるしどうしよう…って状況痺れる

でも人はいつでもやり直せるし、どんなにかっこ悪い形でも踏み出したもん勝ちだよ
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.0

「あの日、彼(彼女)はどんな夜を過ごしたんだろう」って人生の伝説的な夜をいくつも巡らせて、来るべき新しい伝説の夜にわくわくさせられた映画でした。
偽電気ブランを飲みたい。

アリスのままで(2014年製作の映画)

3.8

スピーチの中であった「I'm not suffering, I'm struggling.」って言葉に凝縮されるものがある
そして最後まで忘れなかったことが愛だと言うのももののあはれ

人は何をもって
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

恋人と名前を交換するのすごいエロい…

ストレートでもゲイでもバイでもその他諸々なんでも、先読みも深読みもしない関係が一番美しいよ

見栄を張る(2016年製作の映画)

3.5

泣き屋で働き始めてからの良さがすごい
良い邦画

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

3.4

ドラマを2時間見てる感じ以上のことは特にないんだけど暇な土日にネットフリックスで観る映画としては最高

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.6

狂気がコミュニティの中央値からの距離の遠さだとすると、トラビスは今の時代の中央値からはかなり離れているけど、当時でいえばさほどなのではないかと思う

あとジョディフォスターが可愛すぎてな…
レオンのナ
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

歴史とは流れゆくものじゃなく重なりゆくもの、織られゆくものなのなんじゃろねえ

よかったよかったって何がよかったんじゃって言葉を飲み込みきれないよ

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

ヒューからザックへの引導とか、ゼンデイヤとザックの共演とか、個人的に胸熱ポイントがいくつもあった。。

曲ばっか聴いててあんま気にならなかったけど、筋書き、思い返せばこれほぼSINGだ
気になる部分は
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.3

多様性のディケイドの過渡期に答えを迫ってくる映画だった
「理解はするが共感はしない」が模範回答な時代はじきに終わりを迎える

デルトロ大先生のクリーチャーデザインはいつも琴線にビンビンに触れてくる、今
>>続きを読む

欲望の翼(1990年製作の映画)

4.0

レンタルがVHSしかなくて観れていなかった王家衛映画、リマスターされてしかも劇場公開…!
至福…アーメン…

GF*BF(2012年製作の映画)

4.4

生を肯定された気がした
とてもいい映画だった

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.0

小説よりは良かった
12年後は蛇足

主人公の名前が「志賀春樹」なのがすげー腹立つ

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

潔いまでの死にっぷり、たくさんの死がある割にすこぶるヘルシーなのはマシューヴォーンの良さですね

ジュリアンムーアの発音クセになる

>|