せいさんの映画レビュー・感想・評価

せい

せい

子供の頃冒険映画をみてから映画大好きになりました。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

太平洋戦争の時の日本とアメリカ。観ててかなしくなる。でもどちら側が悪いという映画ではなく1人の衛生兵の物語。日本の兵士も助けようとしたこの人物はただの言葉では言えない心を持っている。

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.5

んー!どうしてこんな趣味?になってしまったの?ベン・ウィショーがきもい

エレファント・マン(1980年製作の映画)

3.8

若いアンソニーホプキンス、特殊メイクのジョンハート
実際にこのような形で生まれてきて、心は誰よりも優しい。人は外見だけで判断しちゃいけない。

スナッチ(2000年製作の映画)

3.3

やっぱりスナッチよりロックストック&スモーキングバレルズ強し!ブラピの訛りは面白い

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.1

クリスマスなると見たくなる作品
ビルナイの歌を思い出す

フォロウィング(1998年製作の映画)

3.8

都会の孤独
クリストファーノーラン特有の複雑な時系列

父の祈りを(1993年製作の映画)

3.7

実話
ダニエル・デイ=ルイスの演技はもち素晴らしいけどお父さん役の眼差しがより素晴らしい。

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.5


フランス映画らしい、官能的な部分もあり、主人公のぶっけらぼうな感じもあり。

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

3.5

久々見た作品!オープニングカッコいい。タランティーノは選曲がうまい。

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)

3.5

主人公の考え方を中には批判的と思うかもしれないけど、主人公の育った環境なら主人公の選んだ道も仕方ないと思う。その結果大切なものをみつけたんだから。

アイム・ノット・ゼア(2007年製作の映画)

2.9

色んな年代のボブディラン
ケイトブランシェット凄い。痩せた骨格までにていた。

グローリー/明日への行進(2014年製作の映画)

3.1

非暴力 キング牧師
反対のマルコムxって書くとマルコムxが悪い人なってしまうかな。でも違うみたい。マルコムxをつぎみてみよう。
キング牧師、公民権運動、人種差別難しい内容だけど、勇気ある人物。

アバウト・シュミット(2002年製作の映画)

3.1

ジャックニコルソンの映画では1番好きな作品です。
定年、孤独、きっと今でもそういう人たくさんいると思います。
超感動作品ではないけど、、
こういう役が似合うジャックニコルソン好きです。

ターナー、光に愛を求めて(2014年製作の映画)

3.1

何となく手にとった作品。静かな感じと主人公の小汚い感じ。
不思議と引き込まれる作品。

南極料理人(2009年製作の映画)

3.5

南極で男性達が過酷な作業を行いながら、食べ物で癒されていく。食事や水の大切さを感じた。ユーモラスたっぷり何回見ても好きな作品。

太陽の帝国(1987年製作の映画)

3.1

懐かしい作品。クリスチャンベイルと山田隆夫?笑点の人?やりとりがくすりとした!

>|