たみ子さんの映画レビュー・感想・評価

たみ子

たみ子

鑑賞記録。主にAmazonとNetflixで観ています。

映画(435)
ドラマ(125)
  • List view
  • Grid view

パパVS新しいパパ 2(2017年製作の映画)

3.5

パート1に続いて観てみました。
継父vs実父バトルも落ち着いてたのにそれぞれの実父が遊びに来てまためちゃくちゃ再燃。なのにクリスマス映画として妙にまとまっていてとても楽しめる不思議。
今作の肝はマーク
>>続きを読む

パパvs新しいパパ(2015年製作の映画)

3.5

妹から勧められていた本作、やっと観ました。継父ウィルフェレルがちょっと気の毒に思えるツラみも多かったけれど、バイク暴走やスケボーのシーンなど、思わずえー!!っとなる荒々しいコメディに爆笑。細かな笑いも>>続きを読む

ブラザー(2017年製作の映画)

2.5

マ・ドンソク兄貴とイ・ドンフィさんを観たくて鑑賞。
コメディ・話はシンプル・大きな波も無いけれど、ラストはちょっとジーンと。
何かと張り合ってる兄弟って、結局仲良し。

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.5

とにかく愛。
この映画は愛でできてる。

これからも、何回も観る。

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.5

彼がいなくなっていく。
彼女が生まれていく。

その様をそばで見つめ、戸惑いながらも受け止め愛し続けた妻のあたたかい心は、リリーの笑顔と同じくらい本当に美しかった。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

5.0

前々から気になってた今作。面白くて、どちゃくそ泣きました。
昔なつかしい時代の良さもいいけど、やっぱりみんなで今と未来を楽しみたいよね、というテーマが分かりすぎて響きすぎてもう。素晴らしかったです。

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.0

久しぶりに西岸先生の原作読みたくなりました。
高畑充希ちゃんがかわいい。

あと、高畑充希ちゃんがかわいい。

ベンジー(2018年製作の映画)

4.0

健気でひたむきなベンジーの演技。その表情と賢さに涙。全体的にめちゃくちゃ切ない。最初の子犬時代のわずかなシーンも素晴らしかったし、少しでいいから僕を信じて…という歌が流れる場面はあまりにも歌詞と心情が>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

4.5

師走のワイスピフェアも、これにて終了です。1から通して観て良かった!楽しかったです。
毎回全ての要素を抜かりなくアップデートしてくる制作陣すごいなぁ。今作はファミリーの崩壊危機の緊張感と、ブライアンと
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

5.0

何度観ても、楽しくていい映画だなぁとしみじみ嬉しくなる作品です。
今思うと、私が初めてグランドホテル方式作品の魅力を体感した映画だった気がします。そして、いろんな愛のかたちに包まれる感覚がもうたまらん
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.5

遂にイサム参戦で、ハゲ筋肉祭りも最高なスカイミッション。車でスカイダイビングしたり、UAEの超高層ビルの上階から隣のビルへ車ごとダイブしたり、もう観ている間何回ぎょえー!と言ったか分かりません。コメデ>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

4.0

これは。観て良かった…。
台詞が少ないので余計にビシビシと伝わって来ます。主人公のやるせなさと痛み。
主人公から放たれる怠惰で淀んで重たい空気が、ある時からパッと変わるんです。そのスイッチが入った時、
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

ワイスピ観てガル・ガドットの美しさにすっかり魅了されてしまい、師走のワイスピフェアは減速して、こちらを鑑賞。
「ニューヨークの恋人」「ローマの休日」「エルフ」みたいな、挙げるとキリがないのですが、慣習
>>続きを読む

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

3.0

正直こちらはスルーしてもいいかな?と迷っていたら、心の中でロック様に「お前は本当にそれでいいのか?」と問われた気がしたので観ました。もっとひどいのかと思いきや意外と楽しめました!

シリーズ3作目であ
>>続きを読む

ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年製作の映画)

4.5

今作は有難いことに、家族がBlu-rayを持っているので見せてもらいました。ひゃ〜、毎回毎回、前作を上回ってくるワイスピすごすぎる。
カーアクションでは戦車や輸送機も登場してなんかもうめちゃくちゃなス
>>続きを読む

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

4.0

師走のワイスピフェアは、ついにロック様演じるホブス降臨のFAST FIVEへ。
追われる身のブライアン達のもとに、過去作からの仲間が集結!
そんなわくわくを上回ってくるFBIホブスの圧。パワーも頭脳も
>>続きを読む

ワイルド・スピード MAX(2009年製作の映画)

3.5

ドムさんミアさんカムバック。ブライアンはFBI捜査官に。スーツ着てる!
オープニングでクライマックス級のアクションが来てびっくり。
1作目の不信感を引きずるドムさんミアさん。2人の心をもう一度繋ぎとめ
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.0

純粋に楽しめた自分がいる一方、既視感とメッセージに満腹ぎみな自分もいて、なんだか混乱してます。
液状化した異形と折り合いをつける描写よりも、じっくり魅せるファンタジーを求めていたのかな私。でもフラナガ
>>続きを読む

ワイルド・スピードX2(2003年製作の映画)

3.5

結局今日もワイスピ観ちゃいました。第2弾はドムさんミアさん出ないんですね。遺伝子どうなってんの系の兄妹って好きなので、見られなくてちょっと残念。
敵が疑い深くてしぶとかったけど(ベローンて名前もすごい
>>続きを読む

スノーマン(1982年製作の映画)

3.0

スノーマンの絵本、小さい頃何度も読んでいた気がするけど、おばはんになってから改めてストーリーを知るとグッときました。
台詞はほぼ無く、音楽で流れを作ってるのが良かったです。
結構バッサリ終わるのはびっ
>>続きを読む

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

3.5

車関係はさっぱりで、食わず嫌いだったワイスピシリーズ。でも人気の理由が知りたいのと、イサムが出てるワイスピ観たいから追いつきたい!と意を決して1から鑑賞。ヤバイ、なんか熱い。
カーアクションもさること
>>続きを読む

クリスマス・クロニクル(2018年製作の映画)

4.0

アットホームなファンタジーコメディが好きな私にとって、もうたまらん作品!幸せに満ちてちょっと嬉し泣きしました。

街でよく見るサンタ(自分)の絵にいちいちイラつき、カーアクションに牢屋ギグ決行となかな
>>続きを読む

コン・エアー(1997年製作の映画)

4.0

よくBSで放映してるコン・エアー。しっかり鑑賞しないままでいたので、本日は腰を据えて。これは!好きなやつ!
凶悪犯達に護送機ジャックされる窮地から始まり、加速する暴走、爆発、破壊、不安をあおるブシェミ
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

ドラマ版を観てからこちらを観ました。どちらもとても好きです。

戦時中も、日常は続く。
この目線をまっすぐ保ちながら、苦しくてもどこかやわらかで、喜怒哀楽や人の営みを確かに描いている強さに胸打たれまし
>>続きを読む

最強の出前人(1994年製作の映画)

3.0

前に観た時は日本語字幕無しのDVDで、それでも楽しめたけれど、Netflixに来ていて細かい設定や台詞も日本語で知れたのでありがたいです。
私は若いチャウシンチーが笑顔で走ってるだけで笑えてくるタイプ
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.5

初めは随所で笑えていたのに鑑賞後、真顔です。
2014年のドイツに蘇ったヒトラー。初めて味わう様々な「現代」との出会いがとてもコミカル。あはは…って待って。うっかり笑って忘れてしまっていました。この人
>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ(2003年製作の映画)

3.5

ふぅ…これでジョニーイングリッシュシリーズ全部鑑賞というミッションをクリアしました。

ジョニーが日本語話すシーンがあると聞きつけ楽しみにしていた所、思ってもみなかった台詞が飛び出し、カオス過ぎて笑い
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

4.0

細かすぎて伝わらないモノマネ選手権を観たあとにこの作品を観たので、大笑いしてほこほこだった心身がスーっと冷たくなりました。
親友から聞いてはいたんです。ズーンと来るよ、と。
小さなひずみが集められ、修
>>続きを読む

エルフ 〜サンタの国からやってきた〜(2003年製作の映画)

5.0

せめてテレ東で放映してほしいなぁと毎年思う、日本未公開作品の帝王ことウィルフェレル主演の最高なクリスマス映画。
外見はそこそこおじちゃん・中身はピュアな妖精の坊やという設定だけでニヤけてしまう所に、ウ
>>続きを読む

私とあなたのオープンな関係(2017年製作の映画)

3.5

私の中の「邦題をもっとがんばりま賞」を贈呈。
マッチングアプリで出会った男女。燃え上がる季節を経て、新しい刺激を得る為に始めた事が、2人をだんだん変えていく話。
映像と音楽がとても私好みで良くて、SE
>>続きを読む

Ryuichi Sakamoto: CODA(2017年製作の映画)

3.5

鑑賞後、生活音や環境音に耳を澄ましてみたくなりました。
坂本龍一さんの2012〜2017年ドキュメンタリー。70年代のYMO(プラス、矢野顕子さん)の「東風」ライブ映像や3.11、9.11、自身の病、
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.5

主人公の少年少女が孤独を共鳴して駆け落ち。周りとうまく調和が取れなくて、無垢で真っ直ぐで静かだけどすごくエモーショナルな2人の世界が、いつしか周りの人たちをも能動的に引き連れ、変えていくのが魅力的。>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.5

青春映画を観るまでにはどうも腰が重くなりがちなアラフォーゆえ、むむむ…と思いながら夏のTV放映を録画したものを本日やっと観ました。ボロ泣き。
恋とも友情とも違う、もっと深いところで心が通じていく2人の
>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

3.0

色彩が鮮やか、話はほろ苦く。確かにララランドと通ずるものがあちこちに見てとれました。
ギイさんに同情します。雪が降るesso…うわーん。
ひとつの映画でこんなにたくさんの種類の壁紙を見たのは初。

しあわせのパン(2011年製作の映画)

3.0

もっとリアリティがあって台詞も少なくて、思考する映画かな?と勝手に思っていたのですが、絵本をパラパラとめくって眺めているような感じで観る作品だなぁと、観ながら気付いていきました。
あったかくて、ゆった
>>続きを読む

>|