ぺいるまいさつきさんの映画レビュー・感想・評価

ぺいるまいさつき

ぺいるまいさつき

映画(313)
ドラマ(24)

TENET テネット(2020年製作の映画)

-

とりあえずもっかい見ないと評価もできないし感想も書けない。




昨日インセプションとインターステラー見て今日朝一でTENET。エキスポIMAXでノーラン堪能した。映え。
あとダークナイトもエキスポ
>>続きを読む

ナンシー(2018年製作の映画)

-

サンダンスやから期待してたらうーん🙄ブシェミ。

レディ・オア・ノット(2019年製作の映画)

-

タイトルコール超かっけえ。
ラストのタバコ吸ってる姿かっけえ。
流し見するのにちょうどよかった。
もっかい流し見でみたい。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

-

めっちゃええ話やった…。爆泣き。
お父さんかわいすぎる…🥺
まじかわいすぎてずっとニヤけながら映画見てた。まかせてぴょん!
ファイナルファンタジー14始めよかな…。わたしもオンラインゲーム仲間ほしい…
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

-

没 入 感 。
2時間緊張しっぱなしやった。
心臓に悪い。


マーク・ストロングかっこよすぎ案件。


IMAXで見たけど昼間の色鮮やかな映像美とか、夜の暗闇とか、ドルビーシネマ向きやった気がするの
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

-

胸が締め付けられた。涙がとまらない。チャーリーの独唱でいちばん泣いた。
まず見始めて3分くらいで泣いた。冒頭のお互いの好きなところを挙げていくシーンが好きすぎる。

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

-

近年のワイスピよりよっぽどワイスピしてた。アツい展開にワクワクがとまらない。クリスチャン・ベイル今回もだいぶ仕上げてきてる。

ただナットのとこだけがうーん…。ここも史実なのかな…。胸熱な気持ちに水を
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

-

▽きのうジョジョ🐰見たとこやったからサム・ロックウェルへの愛が止まらない。

このクオリティの映画を作り続けてるイーストウッド凄すぎる。

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

-

なかなかの良作ミステリー。
9人の翻訳家が全員集合、去っていくとともに出てくるタイトル!ここ最近で一番かっこいいタイトルコールだった。
主人公がZEDDにしか見えなかった。

スリーパーズ(1996年製作の映画)

-

タイトルすら知らなかったけど、隠れた名作。スタンドバイミーとショーシャンクとミスティックリバーを組み合わせた感じ。ところどころ構成が変わってておもしろかった。映画冒頭パートの語りがとても好き。後半もサ>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

タランティーノ流おとぎ話。たられば。
ラスト13分は最高すぎて笑いがとまらない。シャロン・テート事件予習必須。最後にOnce Upon a Time...とタイトルコールが出てくるのが良い。素敵なハッ
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

-

やっぱジェイク・ギレンホールはしっかりやってくれると信じてた!!!よ!!!!!!!!!!

ジェイクらぶ。最高。世界で一番すき。






ジェイク信者としては、存分にジェイクの良さが味わえる映画だ
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

-

最後のタイトルコールからのエンディングの曲かっこよすぎ震えた。ここだけあと10回くらい観たい。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

-

3000回泣いた。




4/26 109シネマズ大阪エキスポシティ IMAX 9:25
5/8 TOHOシネマズなんばIMAX 16:15
6/27 梅田ブルク7ドルビーシネマ 15:00

ザ・バニシング-消失-(1988年製作の映画)

-

これは良作。
サイコパスも自主練が大事やねんな。

90年代前後のサイコサスペンスめっちゃ好こ。

魂のゆくえ(2017年製作の映画)

-

原題がシンプルに教会名の『First Reformed』であるのに対して、邦題『魂のゆくえ』。間違いなく洋画邦題オブザイヤー2019にランクインするであろう素晴らしき邦題。

イーサン・ホークの演技が
>>続きを読む

ダンボ(2019年製作の映画)

-

予告編を見るたびに涙していた私、本編では身体中の水分が全て失われるほど号泣した。ダンボたんが健気すぎて映画中1/3は泣いた。サーカスの音楽にノってるダンボたんがかわいすぎて忘れられない。なお、ダンボた>>続きを読む

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

-

前世でどれだけ徳を積んだらアーミー・ハマーが弁護士兼主夫になってくれますか?

タイトルon-the-basis-of-sexが音楽に合わせて一単語ずつ出てくる感じおしゃん。

フェリシティ・ジョーン
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

-

コミックとアニメのフュージョン。いろんな意味で次元を超えている。全体的におしゃんすぎた。センスの塊。今までのスパイダーマンの中で一番成長の過程が好き。大好きなスパイダーグウェンちゃん、超かっこかわいか>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

-

ねこ無双。

Gでとんでもないポーズになってるグースがかわいすぎた。エンドロールでグースの配役に4匹のにゃんこの名前があることを見逃さなかったぞ。ねこアベンジャーズ。

冒頭のジュード・ロウがセクシー
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

-

アリータの表情やら仕草やらが可愛すぎてずっと悶えてた。胸きゅん。

アクションシーンが超カッコいい!IMAX映え。

最後にタイトルが出てくるタイプ。
最後にアリータが登場してからタイトルが出てくるま
>>続きを読む

バガー・ヴァンスの伝説(2000年製作の映画)

-

フォレスト・ガンプやビッグ・フィッシュを見た後の気分。良作。名セリフの宝庫。

バガー・ヴァンスという名前がどうしても覚えられない…。

運び屋(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

最後の台詞は全シニアに響く。私にも響いた。あとエンドロールの曲が最高すぎる。これはシニア世代大号泣。

予告やポスターのシリアス感は何だったんだと思うほどのポップな内容。おじいちゃんチャラいしなかなか
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

-

優等生的な映画。

とりあえず、マハーシャラ・アリかっこよすぎな。麻薬の売人から、インテリピアニストに。ドクター・シャーリーはエリートゆえに黒人ではあるけれども、黒人文化に馴染みがないアイデンティティ
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

-

登場人物全員たくましすぎわらた。
わたしはめっちゃ好きです。
レビューとか見ずに、何も考えずに気軽に見に行ってほしい。見終わった後の爽快感が最高。おすすめ。

キャスティングが秀逸。ブレイク・ライブリ
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

-

いちにち2本デンマーク映画を観ていたことに気づいた。デンマークブーム。🇩🇰

アイデア勝負系サスペンス。とても練られた脚本だとおもいます。88分おっさんのどアップ。今思えば「The Guilty」て良
>>続きを読む

特捜部Q カルテ番号64(2018年製作の映画)

-

今一番続編が楽しみなシリーズ。待ちに待ってました!第4作目カルテ番号64。

昨今のアイデア勝負系サスペンス(←こういうのも好き)とは違ったかなり正統派サスペンス。セブンだとか羊たちの沈黙だとかが好き
>>続きを読む

笑顔の向こうに(2019年製作の映画)

-

舞台挨拶付き上映会。
高杉真宙きゅんに超絶癒された。

映画に関してはノーコメント。

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

-

(いい意味で)意味がわからなくて、奇妙で、後味残りまくりの独特なランティモス監督の映画たち。今まで見た中では一番わかりやすかった。🐇

けど凄い面白い。エマ・ストーンは今作も顔芸炸裂。8章構成で、各章
>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

-

とてつもなく美しくて、切なくて、とてつもなく純粋な寓話的恋愛映画でした。
残酷なほど美しいシチリアの景色に、不快で不穏な音楽。手紙の文章が素敵すぎた。

見てから一日経ったけれど、消化しきれないこの気
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

-

圧倒的な世界観…!!
海の場面がどれも綺麗すぎてファイナルファンタジーXを思い出した…。
そして地上(サハラとシチリア島)の場面で見え隠れするワイルドスピード感と、突然の(海溝)ホラー展開。ジェームズ
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

-

ただ単にニール・アームストロングの伝記映画やと思って観たらもうすこし楽しめたかもしれないけれど、セッション、ラ・ラ・ランドのあのデイミアン・チャゼル監督の最新作だ!と思って行ったらちょっと拍子抜け。前>>続きを読む

>|