ショーゴさんの映画レビュー・感想・評価

ショーゴ

ショーゴ

映画(522)
ドラマ(2)

PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR(2020年製作の映画)

4.3

これはもう見応え十分でございました。
PSYCHO-PASSシーズン3の最終回直後から始まる本作。2時間越えで頭をフル回転。相変わらず哲学的なセリフ廻し満載で、敵も味方も孤高過ぎ。
今作はハリウッド作
>>続きを読む

人生の特等席(2012年製作の映画)

4.0

もう9年も前の作品になるんですねぇ…。

MLBアトランタ・ブレーブスのハイパーベテランスカウト、ガス・ロベル。
ベースボールに人生を捧げてきた老練のスカウトは、体力の衰えと共に、大事なその眼も不調を
>>続きを読む

フッド:ザ・ビギニング(2018年製作の映画)

4.3

思い掛けず、またまたジェイミー・フォックス。

期待してない作品が思いの外面白かったやつ。幾度も描いたであろう大衆の味方"ロビン・フッド"
今作は若手人気俳優のタロン・エガートンを主演に据えて、ロビン
>>続きを読む

マイアミ・バイス(2006年製作の映画)

3.5

再レビュー。

パッケージからも迸る2人のカッコ良さ!
そのカッコ良さだけで☆3つ。
内容で☆0.5(^_^;)

マイアミ警察に所属するソニー・クロケット(コリン・ファレル)とリカルド・タブス(ジェ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

4.0

再レビュー。

ある意味思い出深い作品。
斯斯然然で当時の愛車をちょっとぶつけてしまった日に観に行ったんだよな〜( ̄▽ ̄;)

と言う事で、今回のミッションは謎の組織「シンジケート」の壊滅。
今回も窮
>>続きを読む

マーシャル・ロー(1998年製作の映画)

4.0

少し前から無性に見たくて……Netflixに無くて……凄いタイミングでWOWOW^_^

ひと昔前のテロ(中東)対アメリカの構図。国内で頻繁に起こるテロを相手に奔走するFBIの面々。しかし、無情にも立
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.8

いや〜〜凄い!
息をも吐かせぬアクション!!とは正にこの事でしょう。
撃つ!殴る!蹴る!避ける!走る!跳ぶ!の連続!!トムは一体何処までやるんだろう( ̄▽ ̄;)

今作でも、前作で対峙したシンジケート
>>続きを読む

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

5.0

今年1発目の映画館は上の子とこの作品💡
本日の館内は結構な人混み。「ちょっとマズったかなぁ…」
それらのお客さんはほぼ鬼滅。この作品のシアターは疎ら。

絵本は正直ネタ半分で買ったんだよなぁ。4年ぐら
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

4.3

私の劇場鑑賞はこの作品と次作品。
で、これね〜。この前の作品が好きだったのもありますが、ロシア/クレムリンの爆破だったり、ドバイ/ブルジュ・ハリファのスカイアクションだったり、どっちもこの作品のハイラ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

4.0

前作から更に6年。
この歳月を経てイーサン・ハントは見かけ人並みの生活を手に入れる!?ところから作品がスタートします。

そして私のM:Iシリーズはこの作品から。
当時印象に残ってるのは、やっぱり闇世
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.8

やっぱりジョン・ウーは二丁拳銃(笑)
前作から4年の時を経て、パワーアップした今回のミッションは"キメラ"と言う極悪ウイルスを回収or破壊すること。

悪者はこのキメラをばら撒いた後、セットで開発した
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

3.5

何故か3、4、5は観てます。
という事で初見のこの作品。親父が1は作風が違うんだよな〜って言ってたのを覚えてたので、ごり押しのアクション大作になってしまった最近の作品と比べても違和感は感じずに済みまし
>>続きを読む

Vフォー・ヴェンデッタ(2005年製作の映画)

4.0

これDCコミックスだったんだぁ。
マトリックスのウォシャフスキー兄弟脚本という事で、当時大分期待して観に行った作品。

舞台は独裁者に支配されて久しいイギリスが舞台。タイトル通りV(ヴィー)がVend
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

4.0

相変わらず長いの作るぜ〜。
巨匠マーティン・スコセッシ渾身の
いつもの作品💡

くぅ〜〜。3時間29分かぁ…。しかもお馴染みのこの面子かぁ。
カジノもグッドフェローズも正直面白いと思わなかった自分には
>>続きを読む

マクマホン・ファイル(2020年製作の映画)

2.8

何か思ってたのと違った(⌒-⌒; )
もっと単純なジャーナリズムを押し出した作品かと思ってた。

と言うことで、序盤から中盤に掛けては意外な展開の連続で興味を唆られたんですが、途中から最早何を見せられ
>>続きを読む

ローグ・シティ(2020年製作の映画)

1.8

う〜ん。フランス人は何を考えているのかよう分からん。
男と女の関係。脅迫。酒。
まぁ脅迫と酒はいーよ。物語る上で大切なら。もう不倫的な情事は不要でしょう。
見てて必要な描写に映らん。
本当フランス人は
>>続きを読む

アンダーカヴァー(2007年製作の映画)

3.7

ありがちなストーリーにちょっと捻りを加えて。
親父は警察署長。
兄は優秀な警察官。
弟は夜の街に生きる男。でも駄目な奴では無い。成功してるし。

兄は薬の元締めを捜索する為にナイトクラブで一斉摘発。報
>>続きを読む

STAND BY ME ドラえもん2(2020年製作の映画)

3.3

大作っぽい通常の映画作品とは違う、ある種の日常をハートフルに描いたこのシリーズ。(……と言っても1は未鑑賞です(^^;))

特有のCGに違和感は無かったです。寧ろ新鮮に見れて良かったかも。
個人的な
>>続きを読む

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者(2005年製作の映画)

3.0

以前他の映画作品を見た事があっての鑑賞。これはちょっとアニメシリーズを見てないと100%は楽しめないんだろうな〜。アニメ作品からの延長なんでしょーか?
エドとアルしか分からんよ(^_^;)
あと、辛う
>>続きを読む

ピースメーカー(1997年製作の映画)

4.2

先日BS?で昼のロードショーやってました。それをチラ見して、大分前に録画したWOWOW字幕版を鑑賞^_^

悲哀のテロリストと、それを追う核専門の博士と米軍大佐。
悲哀って表現するのはちょっとアレです
>>続きを読む

プロヴァンスの贈りもの(2006年製作の映画)

3.7

南フランスの田舎町プロヴァンス。
少年は叔父さんと楽しい一時を過ごし、ワインの水割を飲み……。
そして大人になった少年は、ロンドンでクソ金を稼ぐクソトレーダーに( ̄▽ ̄;)

叔父さんの死をきっかけに
>>続きを読む

シャフト(2019年製作の映画)

3.7

これね。
前作は中々ハードボイルドを醸し出して、期待し過ぎて拍子抜けした記憶がありますよ( ̄∀ ̄)

だから
今回はそれなりに楽しめました。真面目なシャフトの息子と、息子を思う破天荒なシャフトの物語(
>>続きを読む

ウォンテッド(2008年製作の映画)

3.5

1000年に亘って世の秩序を保って来た謎の暗殺組織"フラタニティ"

主人公はしがない毎日を只々生きるだけのウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)。
ある日ウェスリーのもとに組織の人間フォックス(アンジ
>>続きを読む

コブラ(1986年製作の映画)

4.0

いや〜〜やっぱり「コブラ」ですよ。
Netflixで配信……
久しぶりに見るしかない!って事で、いざ鑑賞^_^

吹替で見よーか迷ってたんですが、吹替で始まったのでそのまま見ました💡
やっぱり佐々木
>>続きを読む

Darc/ダーク(2018年製作の映画)

3.3

程良い感じのB級映画。
肉弾戦にガンアクション、刀を使ったそれまで、中々良い感じ^_^

アメリカ人娼婦の母親がヤクザに殺されて、成長した主人公は紆余曲折奴らに復讐するっていう……。
まぁストーリーは
>>続きを読む

ラストデイズ・オブ・アメリカン・クライム(2020年製作の映画)

3.3

この手の作品にしては長い、148分の長作Netflixオリジナル作品。エドガー・ラミレス主演で何を見せてくれるのやら。
冒頭派手な爆発シーンに、転がる死体。期待してないだけに期待しちゃいます(笑)
>>続きを読む

スノーマン 雪闇の殺人鬼(2017年製作の映画)

3.2

舞台はアメリカでも良かったんじゃね!?
でも製作はイギリスだからしょーがないのか……。と言う事で、舞台は極寒の地、北欧はノルウェー。
見渡す限りの雪景色、正に白銀の世界❄️
そこで起こる女性をターゲッ
>>続きを読む

バッドボーイズ フォー・ライフ(2020年製作の映画)

4.2

この2人のコンビはやっぱり面白い🤣
まぁ……マーティン・ローレンスの出落ち感とハッキリしない感は相変わらずでしたが(^_^;)
しかし太り過ぎだし声も変わっちゃったんじゃないか(・_・;

脚本はぶっ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

う〜〜む。
こりゃ難解(~_~;)

冒頭いきなり緊迫感MAX。シーンを盛り上げる音楽と共に、これから見られるであろう映像体験に胸を震わせる。

単純なタイム・トラベルではない。この「逆行」をテーマに
>>続きを読む

ピノキオ(1940年製作の映画)

3.0

誰しもが知っているであろう名作。
ゼペット爺さんが作った、嘘を付いたら鼻が伸びる木人形。「ピノキオ」
彼を導く良心ジミニー・クリケット。コオロギなんだ(笑)
この作品、きっとこの"良心"がテーマなんだ
>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

4.5

不死の人間。不死の部隊。
「オールド・ガード」
何世紀にも亘り、表舞台を影から支えてきた彼ら。しかし不死である事は狙われ、調査の対象になる事と同義……。まぁ手短に云うとそんな作品。

不死の部隊のリー
>>続きを読む

リミット・オブ・アサシン(2017年製作の映画)

3.0

米中合作か……。
あぁ……。いきなり出たよ中国人が……。
大体最初のクレジットもイーサン・ホークの次に出てたな(;´д`)

レッドマウンテンという組織に属していたヒットマンの主人公=トラヴィス・コン
>>続きを読む

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

4.2

いや〜。
このジャンルの作品を劇場に見に行くとは……。
ふと、何となく見てみたいと思って劇場に足を運びました。

予告編通り、戦闘シーンは物凄い迫力。
しかし、何だろう…。歳取ったからなのか、何なのか
>>続きを読む

オペレーション・フィナーレ(2018年製作の映画)

3.3

アドルフ・アイヒマン。
ナチス・ドイツのユダヤ人大量虐殺、ホロコーストに関わった責任者の一人。
戦後、ブエノスアイレスで身分を隠して暮らすこの男を、イスラエルの諜報員(モサド)達が密かに祖国へ連れ帰る
>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

4.3

これは有りそうで無かった設定。
しかもシリアスに転がっても行けそうな……。しかしこの作品はガッツリアクション・コメディ(^_^)

ベラルーシの独裁者、デュコビッチが国際司法裁判所で裁かれる。しかし有
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.3

実は公開当時ちょっと気にしてた作品。
緊迫感のある予告編から、キャスリン・ビグローがどんな具合で作っているのかと……。
あぁ……。はぁぁ…。
具合悪い(~_~;)

時は1967年、黒人への差別と社会
>>続きを読む

>|