stanleyk2001さんの映画レビュー・感想・評価

stanleyk2001

stanleyk2001

映画(96)
ドラマ(0)

みじかくも美しく燃え(1967年製作の映画)

4.2

1897年スウェーデン騎兵部隊に所属していた妻子あるシクステン・スパーレ伯爵とデンマークの綱渡り芸人のエルヴィラ・マディガンが心中した実話。というタイトルから本編が始まる。

ファーストショットは樹の
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

口コミの評判通りとても面白かった。

浄水場だった廃屋でゾンビ映画を撮影するクルー。なんと撮影中に本物のゾンビが出現して、、、後は言えない。

三谷幸喜の様だという感想もあったが、三谷幸喜の師匠ビリー
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.5

4歳の男の子「くんちゃん」。妹が生まれて両親の愛情を妹に奪われた様に感じて拗ねる、暴れる。

家の中庭の樹木が時空を超えた空間との入口になっていてくんちゃんは人語を話す飼い犬、女子高生の姿をした妹、曽
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

4.8

「焼肉ドラゴン」

「良い春の宵だ。
昨日まで嫌なことがあっても
明日はきっと良い日になる」

沢山の演劇賞を受賞した戯曲を原作者の鄭義信自ら映画化。

大阪豊中の在日韓国、朝鮮人の街の小さな焼肉屋の
>>続きを読む

息もできない(2008年製作の映画)

5.0

イスラム系の両親のもとノルウェーで生まれた女性監督が、ヨーロッパで生まれたイスラム・ジハーディストのテロリストにインタビューしたら、こんなことがわかった。

・テロリスト達は、父親から虐待されていたか
>>続きを読む

ハッピーアワー(2015年製作の映画)

3.4

小説を映画化する場合、全く削除しないで映画化できた一例が「時計じかけのオレンジ」だと思う。現在入手可能な完全版原作本は邦訳で318ページ(映画化後に発表されたエピローグを含む)。映画の上映時間は2時間>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

5.0

1980年5月私は東京千代田区の私立大学の二年生だった。

その大学は中核派が力を持っている大学で、とは言っても学生部運動が盛んだったのはすでに昔の話で狭い校庭でデモをしている中核派はどちらかと言うと
>>続きを読む

続・黄金の七人/レインボー作戦(1966年製作の映画)

3.6

ルパン3世の元ネタとか。

シリーズ第2作はなんとアメリカ当局の依頼で中南米の共産主義独裁国家に潜入して独裁者を誘拐するというもの。

数年前に始まった007の様に奇想天外な秘密兵器が沢山出てきて楽し
>>続きを読む

サボテンの花(1969年製作の映画)

4.0

だんだん輝き出すイングリット・バーグマンが素敵。ミンクのショールをまとってゴーゴーを踊ってる!

ゴールディ・ホーンの役は少し前ならマリリン・モンローがやる役だな

奇跡の丘(1964年製作の映画)

4.0

南イタリアの城塞遺跡でオールロケ。いつもの素人俳優のみのキャスティングでドキュメンタリータッチ。

守護天使の役回りのベタニアのマリアがハシバミ色の謎めいた瞳の神々しい美少女。後年小説家になったナタリ
>>続きを読む

バグダッド・カフェ 完全版(1987年製作の映画)

4.7

ラストのヤスミンの台詞でこれはブレンダmeetsヤスミンというバディストーリーだと気がついた。「男は特に居なくてもいいかな」という先進的なお話だった。保安官がネイティブアメリカンだったり権力を持つWA>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

5.0

「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」2017

能天気な冒険ものから始まったはずのシリーズなのにとんでもないモノを観せられてしまった。

「共和国のスパイがデス・スターの設計図を盗んだ」という一行から
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.8

「アンドロイドは電気彼女の夢を見るか」

原作と映画一作目は沢山の相違がある。
・デッカードには奥さんがいる。
・デッカードは賞金で電気動物を飼うのが楽しみの庶民的警官だ
・自分がアンドロイドではない
>>続きを読む

>|