スターさんの映画レビュー・感想・評価

スター

スター

フォローは、自由にしてください。フォロー外しも気にしないので、無言で外していただいて大丈夫です(^-^)
映画は劇場でも観ますが、DVDで観るのが多い。国籍関係なく観るけど、洋画がやや多いです。性別は男。関東在住。
涙腺弱く、感動系の映画を観ると、すぐ泣きますw

映画(137)
ドラマ(3)

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.0

冷戦末期のベルリンが舞台。主人公はイギリスの諜報機関MI6のスパイ。東ドイツから西側への亡命希望者に協力するシーンとか、ベタだけど良かったです。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

面白かったです。近未来のアメリカ。アメリカという国自体も、主人公のウェイド・ワッツも、あまり上手くいってない。
ウェイドはオアシスと呼ばれるVR空間でのエンタメにはまっていた。オアシスを作り出した人
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.0

銃規制をテーマにした、考えさせられる作品。ヒロインは、やり手のロビイスト。銃規制法案を成立させるために手をつくすが、その手法が仲間からも問題にされてしまい・・・。

県警対組織暴力(1975年製作の映画)

4.0

面白かったです。仁義なき戦いの、深作欣二監督作品。メインキャストも、菅原文太、松方弘樹、梅宮辰夫と、仁義なき戦いとかぶります。
実際にあった事件が元ネタだそうで、物語は、西日本の地方都市が舞台。松方
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

5.0

最初そこまで観たいと思わなかったけど、珍しく近所のTSUTAYAで3回連続全部貸し出し中だったので、逆に観たくなったw
ベタだけど良かった。涙腺弱いという事もあるけど、途中ホロリとさせられた。

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

4.0

それなりに見せ場があり、楽しめました。キャプテン・アメリカ、いいところで登場するわ。ハルクが科学者だとは知らなかった。

イカリエ-XB1(1963年製作の映画)

3.0

チェコスロバキアの古いSF映画。モノクロです。宇宙船が円盤型だったり、宇宙船が飛ぶ時の効果音がテルミンだったりするところに、時代を感じました。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

近所のTSUTAYAで見かけた時、もうレンタルになってたので、驚きました。こないだ劇場で予告を観たばかりだった記憶があるんだけど💦
上映時間104分と、やや短めで、もうすこし作品世界に浸りたかった。

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.0

ジェフリー・ラッシュ演じる鑑定士オールドマンが主人公。鑑定士として成功を収めた彼は、ずっと独身で生きてきたが、ひょんなことからある女性と出会い・・・。
美術品のオークションなんて映画でしか知らないけ
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.0

 全体的に台詞が早口で、予備知識もないので、物語についていけないところあり。大河ドラマをよく観てるような人なら、理解しやすいのかもしれないけど(;^ω^) 機会があれば、司馬遼太郎の原作を読みたいとこ>>続きを読む

VIKING バイキング 誇り高き戦士たち(2016年製作の映画)

3.0

 ロシア映画ですが、何となくアメリカ映画の影響を受けてる気もします。バイキングが建国した大昔のロシアを舞台に繰り広げられる合戦絵巻。どことなくいい意味で土臭いというか、泥臭いのが、ロシア映画の魅力とい>>続きを読む

大統領の陰謀(1976年製作の映画)

4.0

吹き替え版で観ました。古い映画なので、当時はテレビ放送時にカットされた部分は吹き替えがなく、英語のセリフに字幕がありました。
舞台はニクソン政権下のアメリカ。民主党本部への侵入事件が勃発。ワシ
>>続きを読む

大統領の執事の涙(2013年製作の映画)

4.0

冒頭で、事実に着想を得た作品という字幕が出てたので、まるっきり実話というわけでもなさそう。
舞台はアメリカ。主人公の黒人セシルは少年時代、綿花農場での過酷な生活を逃れて家出。
逃亡先の屋敷で執事と
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.0

期待しすぎたかも。旅客機のパイロットが、ひょんなことからCIAの手先になった話。

荒野の七人(1960年製作の映画)

4.0

良かったです。オリジナルの、七人の侍とは、ところどころ違う点があり、そこも興味深いです。
七人の侍だと、集まる侍は、基本善意で参加しますが、荒野の7人のガンマンの中には金欠で、6週間で20ドルの安い
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

4.0

ベタなSFアクションでしたが、楽しかったです。前半は、ユーモラスに描かれますが、後半はシリアスに。
物語は、惑星ミュールから始まります。ミュールで平和に暮らしていたパール人ですが、突如ミュールの上空
>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

4.0

面白かったですが、私は用心棒の方が好きです(^◇^;) 藩の汚職を告発するため立ち上がった9人の若い侍。
その9人を助ける、謎の浪人を、三船敏郎が演じてます。

さらば愛しき女よ(1975年製作の映画)

4.0

良かったです。昔原作読んだけど、あまり覚えてないので、比較はできないです💦主演のロバート・ミッチャムは、顔もかっこいいけど、声も素敵。
舞台は1930年代のアメリカ。私立探偵のフィリップ・マーロウは
>>続きを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦(2017年製作の映画)

4.0

面白かったです。ギレンの発案で、地球連邦軍のジャブロー基地攻撃のため、コロニー落としを決行。
目標のジャブローに墜落しなかったが、オーストラリアやカナダに破片が落下。地球人口の半数が死亡する。
>>続きを読む

劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ(2018年製作の映画)

4.0

テレビ版の映像の流用はあまりなく、基本設定とストーリーは、ほぼ同じながらも、新たに1から話を作った感じですが、良かったです。
フレイアの誕生日の場面では、テレビ版同様涙腺崩壊しました(T ^ T)
>>続きを読む

赤ひげ(1965年製作の映画)

5.0

久々に観たけど良かった。途中から感動のあまり泣き通し。舞台は江戸時代の小石川養生所。貧乏な患者を無料で診察するこの場所に、父親に行けと言われて、加山雄三演じる保本が訪れるところから物語が始まります。 >>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

5.0

幼い頃から、天才的な数学の才能を発揮した黒人女性のキャサリン。NASAで、宇宙開発に関する数字の計算をするスタッフになる。
1960年代の、人種差別が制度化されていた時代だが、数字の才能を生かし、徐
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.0

世界最大のインターネット会社ブルーブックで働くケイレブは、社長のネイサンが所有する別荘に一週間滞在するチャンスを得る。
そこにいたのは女性型ロボットのエヴァと、謎の女性キョウコ。ロボットの容姿ばかり
>>続きを読む

キング・オブ・エジプト(2015年製作の映画)

4.0

古代エジプトを舞台にした荒唐無稽なファンタジー。ザヤ役のコートニーが可愛かった。ジェラルド・バトラーが珍しく悪役。

スペースウォーカー(2017年製作の映画)

3.0

世界初の宇宙遊泳を成功させたソ連の宇宙飛行士レオノフとベリャーエフを描いた作品。
ちょっと長いかなと感じた。もう少し切り詰めても良かったような💦
宇宙開発の黎明期だけに、思わぬ障害が横たわ
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

4.0

クリント・イーストウッドの息子、スコット・イーストウッドが主演。ニヒルな雰囲気が漂う親父と違い、息子はさわやかなイケメンという感じ。
スコットは車泥棒役を演じてます。驚いたのは、車泥棒を捜査するのが
>>続きを読む

七人の侍(1954年製作の映画)

5.0

面白かった。3時間半あるけど飽きなかった。志村喬や三船敏郎、千秋実など、役者がいい味出してました。

用心棒(1961年製作の映画)

5.0

久しぶりに観たけど面白かった。三船敏郎は、出てきただけで、絵になるかっこよさ。ストーリー展開どうなるかわかってても、主人公のピンチには、ひやひやしました💦
珍しく、志村喬が悪役を演じてます。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

通称ベイビーと呼ばれる青年が主人公。彼は天才的なドライバーで、銀行強盗の逃がし屋として、生計を立てていたが・・・。
ベタな作品ですが、面白かったです。

THE PROMISE 君への誓い(2016年製作の映画)

5.0

良かったです。主人公は、トルコ南部に住むアルメニア人のミカエル。彼は薬の販売で生計を立てる若者ですが、婚約者の持参金でコンスタンティノープルの大学に進学します。
その後トルコは第一次世界大戦に参戦。
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

5.0

とても良かった。めっちゃ泣けました。ちなみに原作は、読んでないです。主演の阿部寛はじめ役者さん達も、とても良かった。最後まで展開が読めなかった。

大脱走(1963年製作の映画)

-

第二次大戦中の実話を元に製作された戦争映画。ドイツ軍の捕虜収容所からの脱出を試みる連合軍兵士達を描く娯楽作品。

スターシップ9(2016年製作の映画)

3.0

コロンビアとスペイン合作のSF映画。環境破壊の進んだ地球を捨て、エレナは宇宙船に乗り込み、新しい惑星を目指していた。一緒に地球を出発した両親はすでに死亡。
思わぬ展開を見せる作品。

ジオストーム(2017年製作の映画)

5.0

評価はわかれてるようですが、私なガッツリ楽しめました。近未来の地球。人類は宇宙ステーションからのコントロールで作動するダッチ・ボーイと呼ばれる人工衛星を通じ、世界中の異常気象を制御することに成功してい>>続きを読む

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

5.0

久しぶりに観たけどやはり良かった。少し泣けました。ルパンと次元がパスタを食べる場面とか、オートジャイロの場面とか、前半のカーチェイスとか、印象的なシーンがてんこ盛りで、楽しめました。
正義感の強い銭
>>続きを読む

ナイロビの蜂(2005年製作の映画)

3.0

ケニアが舞台の社会派映画。社会派作品なのに、前半塗れ場があったりするのはどうかと💦

>|