eriさんの映画レビュー・感想・評価

eri

eri

  • List view
  • Grid view

銀魂(2017年製作の映画)

3.4

原作未読。出演している男性陣が皆かっこよく映っていた。好きな俳優でなくてもかっこいいと思わせる見せ方をしていて巧みだった。橋本環奈ちゃんああいうキャラもできるのかと驚いた。彼女にはらんま2分の1のシャ>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

3.5

思ったよりも面白かった。あと思ったよりもポップすぎて笑った。伊勢谷友介がとてもよかった。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.1

ジブリをもう少し子供っぽくした、みたいな印象。主人公のメアリのドジ加減にイライラしてしまった・・・。大竹しのぶさんのおかげで終始アリエッティ感でした(笑)感動とか衝撃とかわくわく感は特に感じなかったか>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.7

4DXにて。この映画は映画館で見るべきものだと改めて感じた。船の揺れ方の再現が絶妙だった。今回は切ない感じでした。

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.6

おばあちゃん役の人が「バンテージ・ポイント」の敏腕ディレクター役の人だと気づいて「おお〜」ってなった。あんまり印象に残るシーンはなかったかなぁ

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.9

客席にきかせる音にこだわっていたのか?音のきかせ方が独特でした。
藤原竜也が話し始めるとなんか「おっちゃんと見なきゃ」みたいな緊張感を思わず感じるあれなんだろ。犯人に告ぐ的な重さはなかったけどデスノー
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.4

タイトルの「ルーのうた」っていう歌の想像が思ったより違ってかなりポップでおどろいた!(笑)絵のタッチが可愛くてポストカードにして手元に置いておきたい感じ。カラフルな傘がキレイだった

メッセージ(2016年製作の映画)

3.3

見終わったあとに考えちゃうほど深い作品ではなかったかなぁ。爽快感とかそういうものもなかった。エイミーアダムス出てるの知らなくてどっかで見たなぁって考えていて「魔法にかけられて」のジゼルだと思い出した時>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.3

ほかの映画見に行った時に何回も予告見たけど絶対見に行かないかなーって思っていた(笑)面白くなくは無いけど映画にするほどかなとは思った。永野芽郁ちゃん可愛かったです。

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.6

前編が将棋の世界に引き込まれる感じの勢いがすごかったので後半ももちろん良かったがすこしだらっとしていた印象。深く重かったがそこが良さでもあったと思う。有村架純以外のキャストがとてもよかったと思う。

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.2

吹き替え。シンデレラ実写版見ごたえがあった印象!エマワトソンがとても可愛く美しかった。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

楽しいだけじゃなくて切なさもある大人な映画だった。可愛いワンピースを着て街に出たくなった!

暗黒女子(2017年製作の映画)

3.6

冒頭の清水富美加の語りが不気味なのにきいていてなぜ心地よかった。ストーリーは別としてキャストが皆よかったなと思う。

ひるなかの流星(2016年製作の映画)

3.6

永野芽郁ちゃんが可愛い。マンガだなぁと笑ってしまうんだけど振り切れてるから割り切って見れてしかもだんだんハマってしまった。思ったよりも綺麗に美しく撮ろうという感じがうかがえてよかった。特に最後のシーン>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.9

将棋の知識ゼロでもおもいのほか楽しく見れた。最後まで飽きない。なかなか見入ってしまった。将棋ってこうやって練習するのかと新しく知ること多し。多く出てくる対局シーンはやはりスクリーンで見た方がよい!!!>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.7

吹替。期待はしていなかったし絵があまり好きではなかったけど見たあとの気持ちよさはとてもあった。歌も聞き心地がよくミュージカルのようでたのしかった。海が綺麗だった。映画ライフ・オブ・パイのような綺麗さが>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

3.7

市川由衣をこの作品で久々に見たなぁ。前評判で重いと言われていたけど個人的にはこれくらいが好みだった。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

4.0

期待よりも面白く見入ってしまった!映像の綺麗さと迫力が思ったよりもあってそれに奇妙さも相まって魅力的な作品に。時間を行き来する話は最近の流行りなのかな。美しい奇妙さがよなったです。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

4.2

IMAX 3Dにて
主人公がドクター・・・今TBSでやってるキムタクが演じてる沖田先生と言動が重なるところがあり日本版やるなら木村拓哉でやってるの想像できた(笑)
見たあとによくよく考えたら実写版NA
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.7

戦争を描くのではなく日常生活を描いたら戦争も写っていました、という感じ。悲惨さとか悲しさを過剰には描いてなくて悲しさを淡々と受け入れている様子が印象的だったけど当時を生きる人は悲しんでいる暇もなかった>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.5

世界観とか設定とかよりもCGが自然で迫力が見たあとも残る感じ。とりわけ感動するでもなく何回も見たくなるという感じでもなく。映像のうまさのおかげでさらにレベルアップした魔法が魅力的だった。

何者(2016年製作の映画)

3.0

すっきりするような終わり方ではなかった。予想を反する展開でもなくなにかどんでん返しがあるわけでもなく。あの俳優さんたちは実際就活したことがあるのかなぁなんて考えた。就活の間で垣間見える上辺の関係とか嘘>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.2

日本のドラマでは欠かせない俳優さんが贅沢に使われていたのが画的に面白かった。有り得なそうな話なのになんか起こってもおかしくないって思ったのは日本がココ最近特にいろいろ経験しているからかなって思った。映>>続きを読む

ルドルフとイッパイアッテナ(2016年製作の映画)

2.3

井上真央ちゃんの声がただただ可愛かった映画であった。なんだかデジタルっぽい映像に冷たさを感じでしまった。イッパイアッテナの「 ルド」呼びがなんだかよかった

君の名は。(2016年製作の映画)

4.5

曲や映像、見せ方がとても現代ぽい映画であり、そこがよかった。観終わったあと妙に自分ももしかしたらこんな体験するんじゃないかという感覚になるような映画。

MVPは長澤まさみ。

ペット(2016年製作の映画)

2.5

話の展開が大道だった。途中であれ?これファインディング・ドリーだっけ?となったくらい似ている所が多かった気が・・・ストーリーはなにかひねってあるとよかったかもしれない。ただ音楽と映像はよかった。

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.2

ロックに馴染みがない物からすればうるさいと思ってしまいそうなのに曲がよかったので聴いていて心地が良かった。笑えるんだけどキュンとするところもあって、皆がそれぞれ全力で生きている様がとてもよかった。
>>続きを読む