かなたさんの映画レビュー・感想・評価

かなた

かなた

映画(267)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

破壊の日(2020年製作の映画)

5.0

感想というか、
感情とか自分の想い、立ち位置や目線や温度や感触を
観賞後に新しくするというか、
ここが、出発点になるような

思い入れが強すぎて、ひとに勧められないという、、、

2020年7月24日
>>続きを読む

プラネティスト(2018年製作の映画)

5.0

ずっと待ってた映画。
豊田監督のライブシネマ「怪獣の教え」を観てから、ずっと小笠原に憧れてる。
GOMAさんや達也さん、ヤマジさん、それぞれ全然違うのに、小笠原な自然はみんなを受け入れて、セッションす
>>続きを読む

イップ・マン 完結(2019年製作の映画)

3.7

ちょっとドニーさんなのかイップ師匠なのか区別がつかなくなってきて、ドニーさん、、、死なないで、、、てなりすぎました。
差別が出てくる映画、最近多いような気がする。

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

3.8

悪の偶像を観てちょっと疲れたから、今日は早く帰ろうと思ったけど、今週で終わっちゃうし、ヘレンミレン様出てるし、T34の顔のいいひとも出てるので、がんばってみることにしたけど、、、、よかった!!さいこう>>続きを読む

悪の偶像(2017年製作の映画)

4.0

韓国ノワール。
韓国映画お得意のグロゴア詰め合わせ。
ほんとありとあらゆるグロが。
ビョンホンの「悪魔を見た」を思い出しつつ。
もう一回観たいけど、こわくて観れないやつ。

韓国映画は韓流キラキラしか
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.5

何度も観てるのに、毎回スターーーーーーローーーーーード!!!!!!ってなって泣いたり笑ったりできる。
映画館で観るとやはりさいこうですね。

ナイチンゲール(2019年製作の映画)

3.8

思っていたのと違ってたけど。

ルースエドガーの後に観たので
「あっちもこっちも差別ばかり!にんげんは馬鹿か!!!!!」という怒りが。

クレアはほんとむちゃくちゃ、怒りにまかせて怒りまくりだけど
>>続きを読む

ルース・エドガー(2019年製作の映画)

3.8

ほんとにタイムリーだった。
差別、固定観念
アメリカは自由な国、というイメージ。
これもほんとうじゃないんだろうな。
黒人とは、白人とは、アメリカとは、アジアとは。
わからないことしか、ない。

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.0

たしかにゆるい。
こわくないゾンビ映画。
ゾンビも人襲うんだか襲わないんだかなんかゆるい。
ティルダ様に驚くけど、えええ!じゃなくて、あっはい、くらいの驚き。

15年後のラブソング(2018年製作の映画)

4.0

イーサン・ホークすきなので、冒頭のダンカンの部屋でもう無理、字幕入ってこない、、、あの部屋さいこう、、、
もうさいこうのイーサン・ホーク、設定がさいこうすぎる
誰と付き合っても絶対浮気しそうだし元カノ
>>続きを読む

暗数殺人(2018年製作の映画)

3.2

ジフ二、一癖ある役がほんとうに、イラつくけどハァー顔が良い(怒)という気持ちになる。
韓国実話系は本当に、フィクションよりヤバイ。

グランドピアノ 狙われた黒鍵(2013年製作の映画)

3.6

イライジャウッドがみたくなったので。
劇場公開のころ、これとブラック・ハッカーを同じ頃に観て、イライジャウッド好きになった、、、


おもしろ展開満載なのに、ドキドキしちゃう
イライジャウッドがさいこ
>>続きを読む

太秦ヤコペッティ(2013年製作の映画)

4.0

配信映画祭にて。
前に映画館でも観てて、グロい、という印象はすごく強いけどすきで。

無職なのに全然不安を感じさせない百貫さんと
こどもはたくさんいたほうがオモロイ、っていう百貫さんの奥さんと
めちゃ
>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

どうしても映画館で観たくて。

なんで電車が走り続けなきゃいけないのか?てこと
ウィルフォードが鉄オタだから、じゃないかと思った。
停まるとか、折り返すとかじゃなくて、「ずっと走ってる電車に乗ってたい
>>続きを読む

ジョーカー・ゲーム(2015年製作の映画)

3.0

深キョンかわいいし、亀梨くんもかわいいねぇ。

深キョンも亀梨くんも、TVドラマで見る分にはなんともないのに、映画だとなんか違う感、、、
亀梨くんはさすがの運動神経て感じだった。

渋川さんや山本さん
>>続きを読む

ろくでなし(2017年製作の映画)

3.5

公開当時映画館で観たけどもう一度。

好きなところいっぱいあるけどとりあえず

渋川さんエッッッッッッロ!!!!!!

年の差プラトニックが好きすぎるので
レストランにご飯食べに行くふたり
となりに座
>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

3.8

私は観た映画を勝手に想像して補完するのがすきなので
あまり詳しく語られない文通の内容なんかも問題なく。
ドランとは男の顔の趣味があうので
ひーキットハリントン男前〜ドランわかってる〜てなりましたね。
>>続きを読む

ムルゲ 王朝の怪物(2018年製作の映画)

3.9

細かいことはどうでもいい!

パッとしない猟師コンビが、まさかのスーパー強い武士!
血が繋がらないのに強い絆の家族!しかも美少女!

ムルゲも、重量感たっぷりなのに超素早くて強い!

韓国の衣装、ひら
>>続きを読む

酔うと化け物になる父がつらい(2019年製作の映画)

-

うちの父も酔うと化物です。
酔わなくても化物だけど。
うちは本当に毎晩飲んでたし、暴力もあるし、定年してからは昼も夜もなく飲んでる。

「私に呪われて死ぬんだってわかって死んで」
ほんとにこれ。

>>続きを読む

彼らは生きていた/ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド(2018年製作の映画)

-

死んだじいちゃんが戦争に行ってだけど
戦争のことは絶対話さなかった。
じいちゃんは犬を飼うと、オスでもメスでも「チコ」名前をつけてて、家族みんな、テキトーにつけてるんだと思ってた。
じいちゃんが少しボ
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

3.5

売れっ子で実写化みたいなイメージだった三池崇史
私調べ「チャラそうな映画」のイメージで敬遠する日本人監督ベスト3に入っている三池崇史(あとは福田なんとかと誰か)

フライヤーのムラジュンが最高に好みの
>>続きを読む

子どもたちをよろしく(2019年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

ムラジュンはだいたいアル中だし、だいたいDV(すき)
アル中のムラジュン
DVのムラジュン(でも優しいところもあるの、、、)てナチュラルにやるからすき。

お姉ちゃん、お父さんと出てったけど
ムラジュ
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.0

グロがファンタジーグロで、「お人形ですよーー」って感じでわたしは平気、というか残念。
画面がゆらゆらするところとかが視覚的に気持ち悪くなる。

ストーリーは、彼氏とその友達がクソすぎて、
ほんとクソ!
>>続きを読む

影裏(2020年製作の映画)

3.6

わ、きれいなおしり〜。と思ったら綾野剛だった。
日常生活を送る綾野剛がパンツ姿すぎて主にパンツ。
性的な綾野剛がたくさんみれる。
なんかそういうのの塊。ちょっと多い。

そばにいたいふたりが
恋人にな
>>続きを読む

PMC ザ・バンカー(2018年製作の映画)

3.8

ハジョンウ〜

ゴリゴリタトゥーに英語ペラペラで
ちょう強そうなハジョンウなのに
主に司令塔だったのに少しがっかりしてだけど
横から北朝鮮のスパダリドクターが現れてびっくりした、、、

韓国映画、選挙
>>続きを読む

スーパーティーチャー 熱血格闘(2018年製作の映画)

3.5

ドニーさんが先生?ありがちな設定、、、と思ってたら
ごめんなさい最高のドニーさんでした、ドニーさんが先生だったらこうなんだろうな、、、を最高の形で観た、、、
ドニー先生の生徒になりたいし、我が子がドニ
>>続きを読む

グッドライアー 偽りのゲーム(2019年製作の映画)

3.8

最高、最強で美しいヘレンミレン最高!

憧れの最強ババアヘレンミレン、私もヘレンミレンみたいになりたい!!!!

ヘレンミレンのためにあるような役で、ほんと、最高。

静かな雨(2020年製作の映画)

3.8

記憶がとどまらない彼女
分かっていても、覚悟したつもりでも、
辛くなること、好きだと思う気持ち。
ひとを好きになることは幸せで、やっぱり辛いことだなと。

太賀くんは相変わらず凄いし
ダメダメなムラジ
>>続きを読む

ファンシー(2019年製作の映画)

2.8

うーーん
よくわからなかった、、

窪田正孝くんがペンギン、、、?

よくわからないけど、永瀬さんがハチャメチャにカッコよくてセクシーだったので
とりあえずペンギンも後輩のヤクザ社長も郵便局員に抱かれ
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.3

一族のキャラが多すぎて
時々、どなた様、、、?てなりながら
口の悪いクリエバ、ITのビルとか、嘘つくと吐いちゃうマルタとかかわいくて、探偵が頼りなく感じたんですが、、、
でも面白かった。

*・*・*
>>続きを読む

さよならテレビ(2019年製作の映画)

2.9

こういう感じのドキュメンタリーは
森達也監督のFAKEを先に観てるので、、、という感じ

ピックアップされてた3人は
それぞれの視点があるだろうから
ほんとにこれでよかったんですか?と
監督とかプロデ
>>続きを読む

無垢なる証人(2019年製作の映画)

3.8

顔がいいだけでなく、人格も良いチョンウソン
ウソンに校門前で待ち伏せされてるのヤバいですね。

キムヒャンギちゃん、神と共にのドクチュンも可愛かったけど
この作品もすごい、ほんとに

ずっと腑に落ちな
>>続きを読む

スリー・ジャスティス 孤高のアウトロー/ビリー・ザ・キッド 孤高のアウトロー(2019年製作の映画)

3.5

悪役のクリプラ
格好良いイーサンホーク
格好良いデインデハーン
要所要所は格好良いのに、思ってたより盛り上がらなかった、、、映画作るのって難しいんですね、、、

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

はじめは交通事故にあった彼
お母さんの姉
娘の事故
あたりまではちょう怖い、ビクビクしながら薄目で観てるのに
そこから先はいいぞ!もっとやれ!!って盛り上がってしまうから
ホラーは最終的にすごく楽しく
>>続きを読む

>|