yukiekntmさんの映画レビュー・感想・評価

yukiekntm

yukiekntm

映画(276)
ドラマ(35)

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

5.0

なんて切ないんだろう。
ベルリンの壁が生まれ、崩壊して
彼等はそれぞれの道をどう生きたのだろう。

愛することは、そっとやさしく
手放すことだ。
自由とは、逃走であり不安定なものだ。
だからこそ愛と自
>>続きを読む

ステイ・コネクテッド つながりたい僕らの世界(2014年製作の映画)

4.0

現実のセックスのレベルでは満たされないほどのポルノ依存とその若年化、iphone依存、SNS依存、摂食障害、機能不全家族、中年の危機、子供をペットのように私物化理想化する、GPSで監視するほどの過干渉>>続きを読む

幸福なラザロ(2018年製作の映画)

4.0

人間は搾取や洗脳のために、
信仰を使ってきたが
真実の正直さや、愛は
搾取も信仰もあれやこれやも関係なく
生きる上で尊きものである。
しかしそこにある
まさに目の前のそのものに気付かず、
衝動や利益の
>>続きを読む

戦争より愛のカンケイ(2010年製作の映画)

4.0

“政治的娼婦”の彼女はファシストを嫌う。
しかし、彼女自身がファシストでもある。

宗教対立、移民問題や人や動物の大量殺処分につっこんでいて面白いのと、
普通のふりしてイカれていたり
イカれているけど
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

5.0

“内戦”がコスプレ大会で
終わらないのが素晴らしい。

大いなる力には大いなる責任が伴う。
全員がなにかを犠牲にして、
信念のために必死に生きている姿の
美しさと切なさがたまらない。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.0

血縁関係のない宇宙人たちが
ひとつ船のもと、互いを大切に想う。
まぎれもなく家族。
全員ロマンチストで
ヒットソングがうまく活用され
楽しかった。
オープニングが最最最最最高。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.0

グルート親子、なんて愛しいの。
ロケットにつられてちょっと泣いた。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.5

ワカンダの戦いでのブルースに対する隊長の冷たい目と、ソー様とキャプテンが髪切った?って話すところ大好き。

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

5.0

アクションの質(お金のかけ具合)と、話の濃密さ、演出の濃淡のセンスが、抜きん出ていて、最高だった。バッキーとスティーブの駆け引きのせつなさよ!
ゴールデンウィークにどこにも出かけず毎日(心で)ヒドラと
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

4.0

エンドゲームの伏線がことごとく散りばめられていて、本当によくできているなぁと楽しいです。楽しい。
バッキーとキャプテンの対照的な運命が見どころ。

アイアンマン2(2010年製作の映画)

4.0

このときのスカーレットヨハンソン
鳥肌がたった。
美しすぎる。

アイアンマン(2008年製作の映画)

4.5

2008年は、イラクとアフガニスタンの関係を示す証拠はなかった、という発表があった年。2008年製作の、架空の世界での本作の筋書きが現実的で、贖罪ファンタジーなのだろうか、と引き込まれた。
エンドゲー
>>続きを読む

ザ・トゥルー・コスト ファストファッション 真の代償(2015年製作の映画)

3.8

安ければいいのか?
自分を着飾れさえすればいいのか?
ちがう。
“つながり”から目をそむけてはいけなかった。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

1回目は、かっこよすぎて言葉を失いました。
2回目は、号泣しました。




食糧や水や資源がなくなる未来がくるかもしれない。
半分またはすべての人口が消えれば、
格差・市場社会のそれが秩序だろうか。
>>続きを読む

ビッグショット・ダディ(2009年製作の映画)

4.2

突飛な設定だけど、
どの思春期の青年も感じる上手くいかなさ
、機能不全家族、中年の危機、
“孤独を感じさせ感じされられる世界”
そしてロビンウィリアムズのあのなんとも言えない含み笑いが、
巧くて惹きつ
>>続きを読む

Guava Island(2019年製作の映画)

3.8

アフリカ系アメリカ人の実存主義を長編ミュージックビデオにしているだけなのだけど、とにかく、
this is Americaがクソかっこいいのと
リアーナのラストのオーラが
やっぱりリアーナじゃないと出
>>続きを読む

俺たちニュースキャスター(2004年製作の映画)

4.0

70年代にこだわるアダム・マッケイのコメディ。

台詞にもあった

ダイバーシティ&インクルージョンって?

がテーマであり、2000年代の作品だが、今観ても楽しい。
(ダイバーシティは昔の木船だよっ
>>続きを読む

大統領の料理人(2012年製作の映画)

3.8

美味しくて洗練され完成された食事をとりたい、
というフランス人の食に対する姿勢を
真似たい。
(もちろんあんな手の込んだフランス料理はつくれないけれど)
大統領のように、美味しいものは
心の中にある。

VOGUE ファッション誌、モードへの昇華(2012年製作の映画)

4.0

いやぁ、カッコいい。あの眼差し。

着る服とファッションとは
物質的に同じでありながら
全く違うものであると解る。
相対性理論とかそういうものに近い
宇宙観を彼女たちから感じた。

スーパーモデルから
>>続きを読む

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

5.0

泣き噦りました。

主人公の語りによる序盤、
あれこれはよくあるパターンの
つまらないやつかもしれない、
と思ったのですが、
敢えて、無知無関心な層を取り込むために
そうしてあるのだと思い知らされまし
>>続きを読む

マローボーン家の掟(2017年製作の映画)

5.0

本当に怖いのですが、
それ以上に美しくて悲しくて、涙が止まりませんでした。感慨無量。御見事。

荒野にて(2017年製作の映画)

4.5

チャーリーほんまにええ子じゃ。
親含め、大人の
ろくでなしと、そうでもない、の割合が
ひとりの人間性についてみても
社会の中の人間数でみても
どんずばで、リアルじゃ。

奇跡的な美貌のチャーリープラマ
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

4.0

ジョセフゴードンレヴィットの話し方、
スノーデンにめちゃくちゃ寄ってる
凄いなぁ。

え、情報とられてるの!?嫌だな
というよりもはや、
そんなに取り込まないといけない世の中なのか
え、なんでだっけ
>>続きを読む

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ(2015年製作の映画)

4.5

マイケルムーアの作品を観たことがなくて、
過激なおじさんという印象しかなかったのだが、
この一本で彼のことがとても好きになった。

自虐的で批判的でありながら、
どこか温かく、強いメッセージ。
いやら
>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

5.0

息子がドラッグをやり、
父親はやめさせたい一心で
息子に関わろうとするなかで
つい、ドラッグが存在しない昔のことを
振り返ってしまう。
何が悪かったのか。
何が狂わせたか。

2時間、ただその繰り返し
>>続きを読む

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

4.5

グレダ・ガーウィグが大好き。
あのちょっと変な感じが愛おしい。

ビル・へイダー他キャストも
全員愛おしいキャラクターでした。

ヤッピーなアダルトチルドレンたちの
恋愛と結婚と家族。
(アダルトチル
>>続きを読む

スーパーサイズ・ミー(2004年製作の映画)

3.0

わざと駐車場で食べて吐くような
ディレクターのいやらしさが嫌だ。

無防備な人間が否応無しに依存する味に
目をつけた警鐘には賛同する。

マクドナルドを目の敵にしているが、
内臓にダメージを与えている
>>続きを読む

マックイーン:モードの反逆児(2018年製作の映画)

4.5

マネキンが着る服を観て
涙が出たのは初めてです。

服そのものがエモーショナルなのだ
という感情を初めてもちました。

一人の人間が真に命を削ってつくった
重み、憂い、儚さと美しさを持つ“服”。

>>続きを読む

フード・インク(2008年製作の映画)

4.5

先日初めて人間ドックで
バリウムを飲んだのですが
直後から、どうも体調が悪く、排出もできず、
“っていうかバリウムって何?”
と思って、いろいろ調べていたら
病気を発見できる可能性は低く
見つかっても
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

主演3人に加え、撃たれた乗客はとりわけ
どんな気持ちで演じている(再現している)のか、
とても気になるし、不思議な気持ちになった。


銃に唯一対抗できるのは、
知識があり使える人間、“銃を制する者”
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

5.0

粋だなぁ。
この叔父さんの発言。
と思っていたら、やっぱり。

猫、証明、経歴、家族構成などの
きれいな伏線の回収と、
マークウェブの優しい演出に
感動しました。

“親子”の脆さ。脆い絆。
自分の
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

5.0

邦題がださくなくて本当に良かった。
「彼女と不思議な水の世界」とか
「シェイプ オブ ラブ」とか笑そういうのに変えられなくて本当に。

THE SHAPE OF WATER

“水”
あるときは、一滴
>>続きを読む

あまくない砂糖の話(2015年製作の映画)

4.5

欧米のお土産のお菓子って甘いよね〜
そりゃあんなの食べまくってたら太るわ〜
くらいの人ごとで見始めたんですが、

!!!!!!!!!!!!!

グラノーラ・ヨーグルト・調味料・製菓
・パン・和菓子・缶
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

5.0

タピオカミルクティに小一時間並び、
口を開けば「ハワイ行きたい」「ライブ」「映え」
そういう人間への風刺で締めくくられた。
私はまだ若いから、俺は古い人間だから、病気だから、母親業で忙しいから、そんな
>>続きを読む

>|