かよさんの映画レビュー・感想・評価

かよ

かよ

映画(254)
ドラマ(2)

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

-

全然わからなかった(^^;
仕事はどう?ってひたすら聞かれるのは、深読みしなくていいやつなの??なんなの!?(苦笑)

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.5

観終わった印象は華やかで爽快なラブコメ。
しかしながら、本質は冒頭で紹介されるナポレオンの言葉「中国が目覚めるとき、世界は震撼する」、そしてファーストシーンにあるのだろう。

こんなゴージャス(≒バブ
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.4

主人公(※表記は2番手だけど彼女を主人公として描いている)のことが全然愛せず、亮平はなぜこんな失礼で挙動不審な女を好きになる?顔???ともやもやしながら迎えた大転換。
途端に朝子が魅力的に転じた。客観
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.8

物語が始まる瞬間(≠ファーストカット)に心を捕まれた。
アドリブかのような3人のモラトリアムな時間。台本読みたい!

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

3.6

スリービルボードを連想させる作品だと聞いて。

確かに、二人のいさかいがどんどんあらぬ方向に広がっていくところとか、善いことだけをする善人と悪いことだけをする悪人なんていないのだ、という感じは共通して
>>続きを読む

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

3.0

豊田監督にはヒリヒリしたものを求めてしまうのです。
松田龍平、新井浩文は青い春組で、他の豪華キャストたちも
豊田監督だから集まったのだろうなぁと思うのだけど
コレジャナイ感…

ストーリーは
タイト
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.9

「何言ってもネタバレになるから言えない。ただめちゃくちゃ面白い!」という評判ばかりを目にして、高尚なヤバイものを想像して観に行ったのだけど、その想像とは全く違った。

地に足のついた、しかしアイデアと
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.5

時代的な背景もあり、胸くそ悪い台詞を延々と聞かされ、あの時代に生きてたら頭おかしくなるわ!いや、慣らされていたのか…と、彼女たちのお陰で今があるのだなぁと我がこととして感じさせられる。

あらすじには
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.7

小さな宇宙飛行士姿や、その声の愛らしさも含めて、この天才子役の持つ才能。
両親にジュリア・ロバーツとオーウェン・ウィルソン。そりゃいい家庭に違いないという、隙のないキャスティング。
色々と経験した大人
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

これぞまさに是枝印。
冒頭から、作り物とは思えない世界に衝撃を受ける。セリフを言っているように感じさせない、台本があるように感じさせない、段違いのリアリティ。

少しずつ明らかになる、ひとつ屋根の下に
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.5

偏屈だけど仕事に関してはストイックで一流。こういう人間像は大好物!ダニエル・デイ・ルイスって本当に色気があるよねぇ…

と惚れ込んだだけに、アルマよ!
足を引っ張るのだけはやめてくれ!
とか思ってしま
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.5

このお母さんへの思い…共感しかない。
連絡してみようかな。

イケメン役のティモテー、さすがのイケメンぷりでした。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.8

ウェス!ウェス!ウェス!
ウェス・アンダーソンはかわいいの王様だ。一度では見切れないほど細部までウェスの美意識が徹底している。
犬派でも猫派でもない私としては、そこまで入り込むことはできなかったけれど
>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

4.0

命がけで伝えてくれる人がいない限り、私たちは事実を知ることすらできない。日本人も斬首された。
命を賭けてまでやるべきことなんて世の中にあるのか?と思ってしまうのは、やはり遠い世界のこととしか実感できな
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.5

天才子役っていったい何人いるんですかね…。これ嫌味じゃなくて、本作のムーニーちゃんが素晴らしかった。

大人である自分は、子供のいたずらに「このクソガキが!」と見ながらイライラし、母親の「仕事を探せ?
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.0

「ソーシャルネットワーク」の脚本で衝撃を受けたアーロン・ソーキン。テレビドラマの「ニュースルーム」も刺激的だったけど、監督としては未知数。

冒頭はアーロン・ソーキン節とも言うべき早口で畳み掛けるナレ
>>続きを読む

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

3.5

2つの話が平行して進んでいて、
片方は
これこれ、これがコーエン兄弟!
とワクワクするんだけど、
もう片方はずっとシリアスで、最終的にコーエン兄弟的な「そう来たか!」と胸のすく結末に絡んでくるのかと期
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.3

ソンガンホだし、評判いいし、とメインビジュアルのイメージだけで観に行っちゃったのよ…
牧歌的な人情ものを想像してたら、なんてこった。どシリアスじゃないの。丁寧に伏線を張り(タクシーにいちいちカバーをか
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.3

美しい映画。
最初に出るスタッフクレジットからして美しい。
ティモシー・シャラメの横顔はギリシャ彫刻のようだな…と思っていたら、まんまかい!(笑)
前半はとにかくティモシー・シャラメ君の炸裂する美しさ
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

いやー、ジェニファーローレンスってやっぱりいい役者だなぁ。
笑顔をほとんど見せないキャラクターだけれど、とても魅力的な主人公。スパイものゆえの、どっちなの⁉というストーリーの読めなさを、わずかな表情の
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.8

序盤はなかなか映画に入っていけなかったけれど、あるシーンから引き込まれた。

どちらを取るか。そりゃ映画だからそっち取りますよねって話なんだけど、トップの肩にかかる重責たるや、そう簡単には決断できない
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.5

「ブラックスワン」のダーレンアレノフスキー監督が、いま私が一番好きな女優、ジェニファーローレンスでヤバい映画を撮ったらしい、しかも発表されたビジュアルが、心臓を持っている聖母のようなジェニファー!(ヤ>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.3

アメコミ好きでなくても楽しめる、などの高評価にひかれて観たけど、ちょっと期待しすぎたか。

国王の親衛隊が全員女性とか、面白いなぁと思った。
あとアクションが結構多いのだけど、アクションが苦手で寝落ち
>>続きを読む

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

3.3

プラダを着た悪魔のような、お買い物中毒の私のような、ファッションがメインの華やかで、プラスクリステンてことでスタイリッシュなお話だと思い込んでいたから、精霊⁉霊媒師⁉そういう話⁉と戸惑った…(バカ)

パターソン(2016年製作の映画)

3.8

コーヒー&シガレッツが好きなジャームッシュ好き。早く観れば良かった。

どういう映画か、何が見所か、説明するのが難しい。
造形として美しいものが映し出されるわけではないのだけれど、とても美しい映画。こ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.2

イーストウッド監督作という品質保証に加え、事件の当事者が演じるというのに興味を惹かれた。

パリ行きの電車で起こったテロ(ついつい新感染がよぎるのを振り払うのが大変だった)事件で、英雄となった3人の若
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.7

筋書きはオーソドックスで、すごく目新しいわけではないのだけど、声の出せない主人公と、仕事面で評価されずゲイであるために傷つけられたりする隣人にシンパシーを感じ、異形のものとの恋がすんなり受け入れられる>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.3

スーパーサイズミー的なドキュメンタリーかと勘違いしてたけど、マイケル・キートン主演のまごうことなき劇映画。
マクドナルド創業の経緯がわかったのは面白かったけど、読み物で読めば良かったなという感想。

犬猿(2017年製作の映画)

3.5

最近は毒親を描いたものが多いけど、こちらは兄弟姉妹の犬猿の仲。縁を切りたくても切れないのが家族なんだなぁ。

私には姉も妹もいないから同性兄弟の関係性は我が事としてはわからないし、人のことを羨んだり妬
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.6

ゾンビ映画は観ないけど、一味違うと皆さんがおっしゃる通りだった。

まず、頭が秀逸。
車で鹿を轢く、という描写は映画でよく見るので、ああまたか、と思いかけるとゲッとなる。

要約してしまうと、ゾンビ(
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.7

まず、元殺人犯のキャスティングがすごい。それぞれ、なぜ殺人を犯したかというのが言葉で語られるものの、過去の映像、あるいはイメージとして見せられることがないので、果たしてそれが本当なのか、本人によって歪>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.2

いやぁ面白かった。
救いのないデトロイトを観た後なので、でもこれフィクションだし、ね…と観てる間何度も思った。

世の中は善いことだけをする善人と悪いことだけをする悪人でできているわけではない、てごく
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.8

50年前のデトロイトで実際に起きた、白人警官による黒人青年射殺事件を、関係者の証言や当時の記録を元に映画化した作品。(当時のデトロイトの状況は、見た後に町山さんのレビューで知った)
武器を持たない黒人
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.3

レビューを書くまでちょっと寝かせている間に、週末のランキング2位に入ったこと、しかし酷評というか、怒っている人が多いということを知った。

怒っている人たちの中には、予告や宣伝から期待したものと違って
>>続きを読む

>|