かよさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

かよ

かよ

映画(250)
ドラマ(0)

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.0

ファーストデーとはいえ金曜の昼間に満席とはすごい。

しかし見始めて数分、なんで自分これ観たいと思ったんだっけ…?エドガーライトのTwitterをフォローしてるから…?となったのは、アクション不感症だ
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.5

美しいファーストカットに引き込まれた後、素顔のエルファニングが出てきて安心しつつも意外と普通のお話なのか?という冒頭に受けた印象はある意味正しかった。

モデルの嫉妬とか、主人公がのまれていく感じとか
>>続きを読む

ダゲレオタイプの女(2016年製作の映画)

3.5

黒沢清監督がダゲレオタイプという「装置」に出会ってしまったら、映画が生まれるのは必然、などと言いたくなる黒沢清監督らしい作品に思えた。

人間の値打ち(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

パーティの片付けのシーンから始まるのだけど、そのパーティのタイトルが示されてもそれが何なのかわからない。
と思っていると小者なおっさんの章が始まり、強欲なくせに他力本願な小者っぷりにイライラしつつ、や
>>続きを読む

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

3.5

ひとりのジャズトランペッターの話ではあるが、私はラブストーリーとして観て、胸が潰れた。苦い。

マダム・フローレンス! 夢見るふたり(2016年製作の映画)

3.3

予告編を観たとき、これはまさに私の見たいヒューグラントでは⁉と思い、いざ観始めたら、あらら?純愛物語ではないの??と戸惑ったけれど、結局それも含めてヒューグラントにぴったりの役柄であった。

て、ヒュ
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

4.0

ジジイがジジイに復讐する、というのは最近うっすら流行りの感じかしら、と思いきや、ラストに衝撃。

うまい。

最初に電車で少年と乗り合わせるエピソードは、少年が良い子でほっこりされられるが、そういうシ
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.5

原作未読ながら、原作の感じが想像できる。その少女漫画的な表現や話の運びが受け付けない人もいるだろうけれど、私はうまく映像化しているように感じた。読んでないけど。

菅田将暉と小松菜奈の二人がキャスティ
>>続きを読む

ハイネケン誘拐の代償(2014年製作の映画)

3.0

金か友人か。というテーマは描かれていたけれど、アンソニーホプキンスの存在感が強すぎて、むしろ「あれ?それだけ?」という拍子抜け感。もっと犯人たちをビビらせたりするのかと思ったけど、そこは実話ベースの限>>続きを読む

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ(2014年製作の映画)

3.8

私はこういう話にめっぽう弱い。
落ちこぼれの生徒たちが新しい教師との出会いによって、学ぶことに目覚める姿。しかもその学ぶ相手がアウシュビッツときたら。

FAKE(2016年製作の映画)

3.3

公開当時話題になっていたのでずっと気になっていたのだけど、なんだか結局、この映画を見たこと自体、彼に振り回されたのだな、という感想。

オマールの壁(2013年製作の映画)

3.8

パレスチナを舞台にしつつ、愛やら友情やら政治やらに翻弄される。

愛を読むひと(2008年製作の映画)

3.8

久しぶりに再見。
年の離れた女性との恋の話。と思って見ていると、罪か恥かという難題へ。

沁みる映画。

将軍様、あなたのために映画を撮ります(2016年製作の映画)

3.5

タイトルから、おかしみ交じりの作品かと思いきや、ガチで背筋が寒くなった。

アスファルト(2015年製作の映画)

3.8

この映画はどこへ行くんだろう…寝てしまうかも…と思っていたところ、宇宙飛行士の登場で覚醒!

ユーモアありつつ、しみじみと、あたたかい映画でした。

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.5

これは絶対映画館で観た方がいいやつだったな…。
DVDでながら見するもんじゃなかった。オチが良かった!

イン・ハー・シューズ(2005年製作の映画)

4.0

HDDに録画されていたので観て消そうと思ったのに、また観たくて消せなかった。

最初に観たときは、e.e.カミングの詩がすごく印象的で心に残ったのだけど、今回はそれ以外にもビリビリくるシーンがいくつも
>>続きを読む

アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生(2014年製作の映画)

3.5

いつから人は大人になり、おばさん、おじさんになり、おばあさん、おじいさんになるのか。
年甲斐もなく、とはどういうことなのか。

登場する女性たちは、自分をキャンバスにして完璧な絵を描き、そんな姿を見せ
>>続きを読む

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

4.0

映画館で観たときに大好き!と思い、ムービープラスでやっていたので再度鑑賞。

TSは、大人も太刀打ちできない頭脳を持っているけれど、体も心も子供。ロードムービーの面白さあり、家族話のあたたかさあり、そ
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.0

出だしは、あ、これ『チョコレートドーナツ』かな?と思い、邦画では少ないとはいえ、セクシュアル・マイノリティを描いた映画はあまた観ているのでちょっとやそっとでは驚かないぞ、と構えてしまったのだけど、とて>>続きを読む

太陽の蓋(2016年製作の映画)

-

当時の感覚がまざまざとよみがえり、こんなことがまた起きたらもう精神がもたないよ、という気持ちにさせられる、記録として価値がある映画。

扇情的なフィクションを織り込まなかったところに、作り手の真摯さを
>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

3.8

役者がみんながみんな素晴らしくて、今まで?だった女優もよかった。赤堀さんさすが。

中でも、あの三浦友和さんがこんなに嫌な男になれるとは。
これを見た後で「就活家族」を見たらドキドキしてしまった。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.2

良い映画であろうことは疑いもしていなかったのだけど、最後まで観て、なんていい話なんだ…とじんわり。

デイミアン・チャゼル監督はあの細い体と小さな頭にどれだけのものが詰まってるんだろうか。
ライアンの
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.6

時間を感じさせないエンターテイメント作品。ただ、気になるところもチラホラ。あの原作の世界観を実写にするのは難しいだろうなぁ。

神木くんの零ちゃんはもちろん、加瀬さんが良かった。登場は、ハチクロで恋に
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

3.8

塚本監督が素晴らしくて素晴らしくて。まったく芝居を感じさせなかった。

少し前に篠原正浩版を観たのだけど、まったく違ってとても興味深かった。当たり前なんだろうけど、同じ原作からこうも違う映画が出来るこ
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.5

ギスギスする家族が、わかるだけに見たくない気持ちが強くて、観ているのがしんどかった。もうやめて、と何度思ったか…。

ほとんど室内劇だけど、役者を含めて映像はさすがの美しさ。

映画としてこういうもの
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.8

パクチャヌクの新作、グロいものが出てくると覚悟(期待)してたけど、全然グロさはなく、展開を素直に楽しむ物語だった。
騙された~!
(ただし、やや長い)

導入部は、犬神家的なものが始まるの⁉というわく
>>続きを読む

ローリング(2015年製作の映画)

3.5

冒頭のナレーションで、は?(悪い方)と思ったのだけどすっかり騙された。

エスコバル 楽園の掟(2014年製作の映画)

3.5

麻薬もの(?)はドキュメンタリーっぽいつくりのものが多いけど、これは恋する若い白人男性目線で話が進むのでとても見やすい。話は安易ではないけど…

疾風ロンド(2016年製作の映画)

3.5

コメディか…と除外していたけれど、鑑賞券を頂いたので鑑賞。
失礼ながら、まっとうに面白かった。笑いも悪のり感はなく、ストーリーはシンプルながら二転三転させて、何よりスノーチェイスの映像が良い。
東野さ
>>続きを読む

天空の蜂(2015年製作の映画)

2.5

ストーリー、モチーフは悪くないはずなのに、いちいち登場人物たちがポエミーな長台詞で感情を吐露するのでげんなり。

裸足の季節(2015年製作の映画)

3.8

姉妹がキラキラ!
古い慣習に閉じ込められている五人姉妹をめちゃくちゃきれいに撮っているので、その因習から解き放ってあげたい気持ちがこちらにも湧いてくる。説得力がある。

マクベス(2015年製作の映画)

3.0

マイケル・ファスベンダーとマリオン・コティアールということで見たけど…
戯作を映画にうまく転換できていなかったように思う。とにかく狭い。心情劇だからそうと言ってしまえばそうなのだけど、画も単調に見えた
>>続きを読む

孤独のススメ(2013年製作の映画)

3.8

「おみおくりの作法」のようなテーマかと勝手に思い込んでいたこともあり、予想外の展開が心地よかった。