かよさんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

かよ

かよ

映画(250)
ドラマ(0)

さざなみ(2015年製作の映画)

3.5

「さざなみ」って邦題がうまい。人の感情って、その人自身にも説明できないように動いたりするものだけど、ちょっとした"さざなみ"がやがて津波になってしまう、というこおをシンプルに丁寧に描いている。
そして
>>続きを読む

下衆の愛(2015年製作の映画)

3.5

全員が下衆。とはいえ、映画の登場人物としての下衆度は低いというか、「いるいる」だし、自分の中にも少なからずそういう部分はあるなぁという地に足の着いた下衆ぶり。(なんだそれ)

みんなが「映画という厄介
>>続きを読む

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)

3.3

冒頭の、ファンジョンミンとオダルスの老けメイクに笑ってしまうけれど、正統派の良い話だった。そりゃー韓国人はみんな観るでしょうっていう大河ドラマ。

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.0

森田剛が見事だった。カサカサしてそうな肌さえ森田。

ストーリーは何もない。最後のあれが何か言ってるっぽいけど、あれがあったところで納得も同情もできないから、取って付けたように感じた。

ある人物を、
>>続きを読む

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気(2015年製作の映画)

3.5

チラシに書いてあったストーリーそのままなのに、グッときた。
ローレルが遺族年金を残すために必死になるのが最初はわからなかったステイシーの心境の変化もよくわかる。そこが、見ている私たちも共感できる作りに
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

一番最初だけ、声と画が合ってない??と思ったけど、その後はすごかった。こうのさんの漫画の特徴らしい、にへら~みたいなところの声の当て方なんて、ああそれ!それなんだ!って感じ。
のんびりしたのんさんの声
>>続きを読む

あまくない砂糖の話(2015年製作の映画)

3.8

漢方の先生に甘いもの(と辛いもの)を止めるように言われて一ヶ月。毎日食べていた甘いものを週一に減らす努力をしたものの、今のところ症状に改善の兆しもなければ、体重体脂肪も変化なしで、これなら食べてもいい>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.6

いや、何度涙を流したことか。
これは難病モノではなく、「家族」の話。

とはいえどこか冷静に観てしまったのは、主人公ができすぎに見えたからかなぁ。まあ、あれやこれややらなきゃいけないし、すべてがうまく
>>続きを読む

フォロー・ミー(1972年製作の映画)

3.7

生まれる前からこんな女性像が描かれていたということに驚いたけれど、時代は関係ないのだと気がついた。

ミアファローの魅力的なこと!
ラストの展開がいい。素敵。

消えた声が、その名を呼ぶ(2014年製作の映画)

3.5

美容師さんが、他のお客さん(つまり見知らぬ他人)に奨められたと教えてくれた作品。

第一次世界大戦中に行われた、オスマン帝国によるアルメニア人虐殺を扱っている。
(知らずに見始めたのでググった)

>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.3

嫌なやつだなぁ、だけど自分にも思い当たることがあるっていうこの居心地の悪さが、西川美和監督の「永い言い訳」とも通じていて、どちらにも演劇人である岩井秀人さんが出ているのが興味深いところ。

これまた演
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.5

いやぁ素晴らしかった。
グサグサ刺され、ザクザク斬られたのだけど、笑ったり泣いたりもして忙しかった。
西川監督が「映画は妻で小説は愛人」というようなことを言っていたけれど、私は小説よりも断然映画を評価
>>続きを読む

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(2015年製作の映画)

3.0

コリン・ファースの帽子がずっと気になつていたけど、そう使ったか、と納得。
しかし肝心のジュード・ロウが全然愛せず…。
ラストシーンは良かったけど、それまでの悪行を覆すには至らなかったなぁ。私的には。

ケンとカズ(2015年製作の映画)

2.5

うーん、ストーリー的には新しさを感じず。
アクションシーンで睡魔に襲われる癖のある私は、喧嘩が始まるたびに寝てしまった。

カズと組長の役者さんは良かった。

淵に立つ(2016年製作の映画)

4.0

怖いシーンがあるわけではないけれど、観ている間ずっと恐怖心に支配されていた。"普通"の人たちが何かやらかしそうでずっとハラハラ。見事なサイコスリラー!

帰り道に運転しながら、ふと自分が狂気に走る可能
>>続きを読む

アンナ・カレーニナ(2012年製作の映画)

3.5

舞台のような見せ方が時折あるのが面白い。

まず、年寄りで魅力のない夫役がジュード・ロウというところにびっくり、少女漫画そのまのようなルックスの相手役にびっくり、これがキックアスことアーロン・テイラー
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.5

伏線はあったのだけど、どうも最後のエピソードが唐突に感じてしまって、オムニバス感が否めなかった。最初から最後まで飽きることなく見られたのだけど、大根監督には新鮮な驚きを期待してしまうからか。

濡れ場
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.8

イーストウッドらしく、品の良い抑制の効いた映画だった。

ブレイキングバッドの女優さんが出ていたことに、おっ!となったのはどうでもいい話。

レイヤー・ケーキ(2004年製作の映画)

3.0

ロックストック、スナッチの流れで映画館で見た覚えのある本作。
ガイ・リッチーが監督を降板したから、マシュー・ボーンが初監督することになったといういわくつき。

久しぶりに見たら、登場シーンのダニエル・
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.6

疲れた。
緊張感がずっと続いて。

のっけから映像がすごいし、後半はデルトロオンステージで、ホント怖い。
怖い夢見そう…。

エル・クラン(2015年製作の映画)

3.5

アルモドバルがこんな映画をつくるとは…。

えええ!の連続だったけど、ラストが衝撃、そして最後にテロップで出た、それぞれのその後も衝撃だった。
パパ、何者⁉

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

4.3

素晴らしい!
私が今観たかったのは、これだった気がする。
そもそもなんで観たいと思っていたのか忘れるくらい思い入れはなかったのに、どハマり。
蒼井優の魔性っぷりがすさまじくて、行動だけを説明されたらド
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

三時間があっという間で、生カラオケのシーンは、今どきiPadが楽譜になるのかなぁなんてことも含めてとても良かった。

ただひとつわからないことが…。
義母が安室に依頼したことと、ランバラルさん=安室が
>>続きを読む

シーモアさんと、大人のための人生入門(2014年製作の映画)

3.0

ひたすらシーモアさんのお話を聞き、ときどきピアノを聴く。寝不足だったのでほぼ寝てしまった。イーサン・ホークがシーモアさんに弟子入りする設定でやり直して!

イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

3.0

一秒たりとも飽きさせないって監督が言ってた気がしたけど、正直飽きた。タイトルから、こういう形でつながっているのは予想できたけれど、タランティーノ的な上手さを期待してしまった私が悪いんだな。

怒り(2016年製作の映画)

4.0

役者陣がみんな凄まじい。メインの7人に加え、池脇千鶴、瀧さん、三浦貴大、高畑充希、原日出子。そんな中で、沖縄の少年、がんばってたなぁ。
濡場とかではなく、ブッキーの色気がとんでもなかった。歳を重ねてま
>>続きを読む

悪人(2010年製作の映画)

3.6

逃亡する話なのに、逃げ切れるかどうかというサスペンスは避け、あり得たかもしれない幸せと、残された人の人生が狂わされていく様を描いていて、人間を描くのだ、という気概を感じた。
欲を言えば、主役はだらしな
>>続きを読む

真田十勇士(2016年製作の映画)

2.5

私のための映画ではないと知りながら、試写会へ…。

ケイゾクは大好きだったのに、その後どんどん合わなくなっていく堤監督。お寒いギャグの罪滅ぼしのように、アクションシーンはかっこよく見せている(ただし、
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

作り手が楽しんで作ってるのが感じられるところは好感。
この国を救えるのはオタクなのだ、と。
表現として、人の死は全く見せないと決めたんだろうなぁ。その効果がどうだったかは疑問。

ストリート・オーケストラ(2015年製作の映画)

3.5

シモンボリバルユースオーケストラの話がすごく好きで、そのブラジルファベーラ版のような感じかな、と勝手に物語を想像してすごく高まった状態で観てしまったので、あれれベタな展開⁉とちょっとガッカリしたけど、>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

見終わった時は、AIが人間の敵になるって話かぁ、とややがっかりしたのだけど、振り返ってみると、何が真実か、本音か嘘か?って人間同士では当たり前にある話で、それが人間とAIの間でも起こるっていうのがまさ>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.2

いやー素晴らしい!
ジョン・カーニーという人は、なんて素晴らしい曲を書き、なんて多幸感溢れる映画を作れるのだろう。

出てくる彼らに重ねるような実体験を持たないのに、それでも胸をわしづかみにされるこの
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.5

人生はベターな選択をしていくものなんだなぁ、と感じた。
恋の相手がどちらもタイプでなかったのが乗りきれなかった原因かも。