strmmyさんの映画レビュー・感想・評価

strmmy

strmmy

映画(679)
ドラマ(0)

孤高のメス(2010年製作の映画)

3.5

手術シーンがリアル。ナース役の夏川結衣がとても綺麗。

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

4.0

レベッカ・ファーガソン目当てで、2作目まで観ていたシリーズを、3作目から立て続けに鑑賞。「グレーテスト・ショーマン」では華奢な歌姫の印象だったので、意外とがっしりした体つきに少しびっくり(それもまた良>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.2

ずっと観なければと思っていたので、あえて内容を知らないようにして来たが、ようやく鑑賞。冒頭のタイトルスクリーンで、原題がShawshank Redemptionと知る。ボブ・マーリーの歌でRedemp>>続きを読む

今度は愛妻家(2009年製作の映画)

3.8

遥か昔、薬師丸ひろ子に会いたくて、進学先を変えて上京し今に至る自分には、オバさんになってしまった彼女を見るのはちょっと複雑。
最初、豊悦が田口トモロヲに空目。最初の方で気付いちゃうけど、白黒つけないま
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

3.7

前作までと相棒達は総入れ替えだが、ロシア、ドバイ、ムンバイと世界を股にかけるのは今まで通り。サンフランシスコのビルにぶつかった音に笑ってしまったが、その後のシアトルのシーンで、それがネタにされてた(直>>続きを読む

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.8

評価が高かったので、全く予備知識無しに観始めた。中盤、あるシーンで、大泉洋のボケ&ツッコミが続くと思ったら、そのままスルー。そこで一瞬混乱して、筋を見失ったまま話は続くが、ちゃんと伏線が回収されるのが>>続きを読む

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

3.6

説明無しの冒頭のシーンから一転、時間を戻して、それまでの経緯を辿ると言う趣向。フルフェイスマスクを作る装置は今なら3Dプリンター?

帝一の國(2017年製作の映画)

3.4

紅一点の出番が少ないので残念だが、それを補って余りあるエンドロール。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

こういう役をさせたらリリーフランキーは天下一。終盤の安藤サクラがとても良い。子役二人は「誰も知らない」の兄妹に重なる。チョイ役の俳優達も豪華。

百瀬、こっちを向いて。(2013年製作の映画)

3.2

早見あかりが好きなので、ウォッチリストに入れたものの、学園モノのアイドル映画はチョットと思い、ずっと観ないまま放置してました。良い意味で裏切られました。早見あかりの横顔、ちょっとふくよかな顎の線が大好>>続きを読む

スマグラー おまえの未来を運べ(2011年製作の映画)

3.2

予備知識無しで観始めたので、サブタイトルからタイムトラベラー的な話かと誤解していた。主人公の砧(妻夫木聡)の役者設定のエピソードがもう一つくらいあっても良かったかも。満島ひかりが可愛くてカッコ良い。カ>>続きを読む

いしゃ先生(2015年製作の映画)

2.8

エンドロールで、モデルとなった医師の姿が流れるが、写真だけでなく映像も残っていて、劇中のシーンのいくつがが、それを再現したものである事が分かる。また、順不同で流れる、映画化に協力した個人、団体の数の多>>続きを読む

お父さんと伊藤さん(2015年製作の映画)

3.7

明らかにダメオヤジとして登場のリリー・フランキー扮する伊藤さんが、だんだん頼もしくなってくるのを見る作品。上野樹里が「虹の女神」の時のようなフラットな感じで良かった。

桜ノ雨(2016年製作の映画)

2.6

主人公役の存在感がこれだけ無い作品も珍しいかも。むしろ友達役の三浦透子が気になってしまった。コンクールの話は流れから想像できたが、それ今じゃないでしょ…

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.3

109の日なので、時間が手頃で、劇場予告で何度か観たこれを選択。たまたま先日観た同じヒュー・ジャックマンの「レ・ミゼラブル」は正直それ程かと思ったが、こちらは文句無しに良かった。大画面で観たのもあるけ>>続きを読む

白河夜船(2015年製作の映画)

3.1

原作未読。「かぞくのくに」で兄弟役だった二人が、今回は不倫している恋人役。長回し多用で、俳優達に任せてる感じ。昭和っぽいセリフも含めて、いつもと違う、初めて見るような安藤サクラだった。

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.0

アン・ハサウェイ目当てで鑑賞したが、メリル・ストリープがとても綺麗。

救いたい(2014年製作の映画)

3.1

三浦友和演じる医師の夫が、妻である鈴木京香に言う、「たとえ女房でも、俺の女房を悪く言うのは許さん」の台詞が良かった。

探検隊の栄光(2015年製作の映画)

3.2

Amazon prime見放題が終わるというので。こんな映画があったのは全く知らなかった。主演の藤原竜也だけでなく、ユースケサンタマリアもハマってて、意外と面白かった。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

Amazon Videoで100円で観られたので。主人公二人が手を繋ぐまでにかかった時間の長さが、もどかしいけど何とも良かった(最後に手を繋げなかったボニーとクライドを何故か思い出してしまった)。ライ>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.5

ずっと観たいと思ってたが、Amazon Vodeoで期間限定100円というので。ピエール瀧の出番が思ったより少なくて残念。

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

3.6

Amazon primeの見放題から外れると言うので、アマンダ・サイフリッド目当てで鑑賞。小学生の頃に「ああ無情」の子供向けの本を読んだかどうかと言う程度の知識だったので、ミュージカルの映画化と言うの>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.7

期待してなかったけど、なかなか良かった。小松菜奈がとても可愛い。中川大志ってこんなに大きかったっけ?と思ったら、知念侑李が小さいのだった。小松菜奈を間にして、三人でほぼ10cmずつ身長差があるみたい。

蛇のひと(2010年製作の映画)

3.3

そこに居ない登場人物を探すうちに、知らなかった人物像が見えてくる、というパターンの話。

ジヌよさらば かむろば村へ(2015年製作の映画)

3.5

松田龍平演じる主人公が、真面目なカタブツと思ってたらまったく違った(笑) 若さで攻める二階堂ふみより、松たか子の色気の方が圧勝。

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.4

結果が分かってても、最後まで飽きさせずにうまくまとめてる感じ。有村架純がハマってるのと、あがた森魚が良い味を出してた。

しあわせのかおり(2008年製作の映画)

3.5

Amazonで評価高かったので期待したけど、それほどでもなかった。冒頭、藤竜也の包丁捌きと鍋の振りに感心。中華料理が食べたくなるし、卵とトマトの炒め物はぜひ作ってみたい。

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.9

こんなにカッコ悪い本木雅弘を見たのは初めて(体重増やしてる?)。灯ちゃん役の子が可愛かった。

short cut(2011年製作の映画)

3.5

足場の悪い中、丸々2時間ずっと演じ続ける二人もさることながら、それをずっと追い続けるカメラも凄い。鈴木京香のスタイルの良さに目を惹かれた。
タイトルが上手い。

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

4.0

原作が良かった(読後に中田永一が乙一と知ってビックリ)ので、観たいと思ってた作品。既にストーリーの詳細は忘れているが、原作とは色々違ってるような気がする。合唱ものの黄金パターンと分かっていても、最後の>>続きを読む

チチを撮りに(2012年製作の映画)

3.6

短いけど、しみじみする。主演の柳英里紗は、先日の「ローリング」でも観たが、なかなか雰囲気のある女優さん。

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

3.6

偶然にも連続して中村義洋監督作。細かい笑いが続くと思っていたら、人情話だった。冒頭の、実話に基づくと言う解説に観終わって改めて驚き、エンドロールで流れた曲にビックリ。

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

4.3

先に読む派なので、映画の評判を聞いて5年前に原作を読んだが、なかなか観る機会が無かった。今回、丁度良い位に内容を忘れた絶妙なタイミングでの鑑賞。時間が色々飛ぶが、薄っすらと筋が見えてきたところに来る、>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.5

浅野忠信の不気味さもさることながら、筒井真理子の前半と後半の変貌も凄い。役作りのために13kgも体重を増やしたとの事。

ユダ(2012年製作の映画)

2.7

最初のシーンで、この娘が主人公??と思ったが、段々と綺麗になって行った。大宮のボーイ役の田島優成が一番良い所を持って行った感じ。

>|