strmmyさんの映画レビュー・感想・評価

strmmy

strmmy

しあわせのかおり(2008年製作の映画)

3.5

Amazonで評価高かったので期待したけど、それほどでもなかった。冒頭、藤竜也の包丁捌きと鍋の振りに感心。中華料理が食べたくなるし、卵とトマトの炒め物はぜひ作ってみたい。

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.9

こんなにカッコ悪い本木雅弘を見たのは初めて(体重増やしてる?)。灯ちゃん役の子が可愛かった。

short cut(2011年製作の映画)

3.5

足場の悪い中、丸々2時間ずっと演じ続ける二人もさることながら、それをずっと追い続けるカメラも凄い。鈴木京香のスタイルの良さに目を惹かれた。
タイトルが上手い。

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

4.0

原作が良かった(読後に中田永一が乙一と知ってビックリ)ので、観たいと思ってた作品。既にストーリーの詳細は忘れているが、原作とは色々違ってるような気がする。合唱ものの黄金パターンと分かっていても、最後の>>続きを読む

チチを撮りに(2012年製作の映画)

3.6

短いけど、しみじみする。主演の柳英里紗は、先日の「ローリング」でも観たが、なかなか雰囲気のある女優さん。

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

3.6

偶然にも連続して中村義洋監督作。細かい笑いが続くと思っていたら、人情話だった。冒頭の、実話に基づくと言う解説に観終わって改めて驚き、エンドロールで流れた曲にビックリ。

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

4.3

先に読む派なので、映画の評判を聞いて5年前に原作を読んだが、なかなか観る機会が無かった。今回、丁度良い位に内容を忘れた絶妙なタイミングでの鑑賞。時間が色々飛ぶが、薄っすらと筋が見えてきたところに来る、>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.5

浅野忠信の不気味さもさることながら、筒井真理子の前半と後半の変貌も凄い。役作りのために13kgも体重を増やしたとの事。

ユダ(2012年製作の映画)

2.7

最初のシーンで、この娘が主人公??と思ったが、段々と綺麗になって行った。大宮のボーイ役の田島優成が一番良い所を持って行った感じ。

北のカナリアたち(2012年製作の映画)

3.3

湊かなえの原作は既読。大人になった生徒同士の絡みがほとんど無く、彼ら豪華キャストが勿体無い感じ。それでも、ラスト近くのシーンで少しうるっと来た。70過ぎで40歳に見えてしまう吉永小百合はやはり凄い。

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.8

最初の事件捜査?の辺りで何度か寝てしまったが、後はしっかり起きて楽しめた。舞台となる時代がいつなのかが良く分からなかった。昭和40年代のようでもあるが、セリフに100均が出て来るし、一万円札と江ノ島の>>続きを読む

わが母の記(2011年製作の映画)

3.7

終盤、主人公と母のピントの外れた会話に声を上げて笑ったが、その直後、画面の主人公と共に泣くことになった。役所広司は流石で、樹木希林は圧巻。宮﨑あおいの女子中学生役にもちょっとビックリ(彼女の使うカメラ>>続きを読む

orange(2015年製作の映画)

3.3

最後までどうなるかと引っ張って、飽きずに観させられた。土屋太鳳は嫌いではないが、ずっと作り声なのがちょっと耳に付いてしまった。

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

3.2

ストーリーはそれなりに面白いが、途中で犯人が分かってしまう。と言うか、キャスティングから登場した時点で見当がつく。有村架純はやっぱり可愛い。石田ゆり子だけ歳取らないのはずるい…

ローリング(2015年製作の映画)

3.2

冒頭から繰り返されるカットの意味は最後までのお楽しみ。まさかそう来るとは。

後妻業の女(2016年製作の映画)

3.4

原作既読。大竹しのぶがいなければ成立いない映画。さすがです。

この国の空(2015年製作の映画)

3.0

生々しい映画。里子と市毛二人のシーンだけでなく、女所帯の食事シーン、ラスト近く、里子が市毛の食べ残しをつまんで皿に入れるシーン。途中まで、母親が工藤夕貴と気づかなかった。
最後の詩の朗読はとても良かっ
>>続きを読む

俺物語!!(2015年製作の映画)

3.6

期待してなかったが面白かった。永野芽郁がひたすら可愛い。高校サッカーマネージャーとその前の「テディ・ゴー」の時はそんなでもなかったのだが…
鈴木亮平の役作り(と言うか身体作り?)はいつもながら凄い。無
>>続きを読む

映画 妖怪人間ベム(2012年製作の映画)

2.3

実写ドラマは観ていないが、最初のアニメの放映を観ていた世代。なのでオープニングでテーマソングとラストの「早く人間になりたい!」の決め台詞が懐かしかった。ベラ役の杏はハマっていた。ベムの亀梨和也も健闘し>>続きを読む

人類資金(2013年製作の映画)

2.4

原作未読。長い原作を尺に収めたためか、所々説明不足で展開がよく分からなかった。森山未來の英語の演説は頑張ってた。ヴィンセント・ギャロが出ててビックリ。似てるなと思ってたら本人だった。

アオハライド(2014年製作の映画)

3.1

本田翼は少し苦手なのだが、本作は好印象。この前に観た「ストロボエッジ」の面倒くさい性格の登場人物達と違って、主人公は素直でイライラせずに済んだ。オープニングでタイトルの意味を知るが、まさに「青春に乗っ>>続きを読む

俺俺(2013年製作の映画)

3.0

三木監督作品にしては、笑い抑え気味と言うか、不条理感が強めで、笑いの前に困惑が来る感じ。主演の亀梨和也は健闘してて、特に三人や二人のシーンは、合成とは思えない自然な画面になってた。エンドロールが予想通>>続きを読む

ストロボ・エッジ(2015年製作の映画)

3.0

可愛いけど少し垢抜けない有村架純に比べて、黒島結菜の破壊力。相鉄が協力して横浜の旭区辺りが舞台と思っていたら、それ以外は高校の校舎を含めてほとんどが新潟でのロケだった。あの花火大会は長岡らしい。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.3

原作5年半前に読んでるが、一文字も記憶なし。
松岡茉優は大好きな女優の一人。最初に知ったのは「桐島」で、「あまちゃん」で再認識。そして「問題のあるレストラン」の演技に惚れました。でも、最近は演技過剰気
>>続きを読む

蜩ノ記(2013年製作の映画)

3.4

昨年末に亡くなった葉室麟の直木賞受賞作が原作。しばらく前に読んだので、別の作品と記憶が色々混じってしまっていて、思っていたのと違う展開だった。

高台家の人々(2016年製作の映画)

3.3

色々浅いけどこんなもんでしょう。主役より、脇の役者さんが良かった。良い意味で軽薄さを出していた市村正親と、年齢不詳の大地真央。夏帆も可愛い。それとシャーロット・ケイト・フォックスの話す英語がブリティッ>>続きを読む

天空の蜂(2015年製作の映画)

3.4

原作を先に読みたかったが、録画してあったのでやむなく観賞。最後まで飽きずに観られた。手を伸ばさなくても、技術者ならもっと有効な方法取るでしょ…
母親役の石橋けいさん、顔も声もスタイルも大好きです。

ピンクとグレー(2016年製作の映画)

3.3

映像としてのトリックは、一昔前の二本の映画(うち一つは同じ監督)を思い起こさせた。それ故に混乱はしなかったが、ラストがモヤモヤしたまま。ちなみに、先の二本は先に原作を読んでいたので、映画を観てそう来る>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.3

原作未読、前作も観ていない状態で観賞。寝不足だったわけではないが、途中何度も寝てしまった。
この前スターウォーズ観たばっかりなのに、ディジー・リドリーって気づかなかった…

杉原千畝(2015年製作の映画)

3.6

いわゆる「命のビザ」の話は聞いたことある程度。本作では、人々の救済が、彼だけでなく、それに続く他の人々のリレーのような形で成し得たこと、彼が対ソ連の諜報も行っていた事も描かれる。英題のPersona >>続きを読む

グッドモーニングショー(2016年製作の映画)

3.4

最後まで飽きずに観ることができた。濱田岳はこんな役やらせたらピカイチ。

蜜のあわれ(2016年製作の映画)

3.0

二階堂ふみがどれくらい好きかで評価が決まりそう。自分としてはややtoo muchな感じ。赤い色はとても綺麗。高良健吾の龍之介は、似てないはずなのにとても似せていたのが流石。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.8

今回は小ネタで笑いを取るシーンが多かった気がする。クリクリ目の鳥が可愛い。

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.8

好き嫌い分かれそうだが、とてもおバカで自分は好き。大好きな森川葵をもっと見たかったけど、流れから仕方なし(鼻のホクロが気になったけど後で分かる仕組み)。ワンシーンしか出てこない娘役の山田杏奈が、デビュ>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

5.0

設定とかぶっ飛んでて、最高! 大好き。そして、ザン役のエル・ファニングが死ぬ程可愛い。

覆面系ノイズ(2017年製作の映画)

3.3

中条あやみ、可愛いは正義。時々混じる関西弁がまた良し。小関裕太が好演。水玉のマフラー欲しい…

>|