strmmyさんの映画レビュー・感想・評価

strmmy

strmmy

龍三と七人の子分たち(2015年製作の映画)

3.3

極めてシンプルで予想を裏切らない、悪く言えば小学生レベルの分かり易いシナリオ。年寄り仲間が悪さすると言う意味では「ジーサンズ」にも似てるが、あちらと比べて流石にチープさは否めない。見所の一つは、仁義を>>続きを読む

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

3.5

前作はかなり前にテレビで観ている。今作は、本木雅弘の昭和天皇がとても良かった。恐らくは、玉音盤を含めて現存する本人の声を聞き込んで、話し方を研究したのかと思うが、色々な意味で難しい役を演じ切っていた。

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.6

最初キツイのが段々と麻痺してくるが、グロいのが苦手な人は決して観てはいけない映画。テンプレ的なシナリオだが、最後まで飽きさせない。原作漫画は見てないが、主人公のキャスティングはハマってる感じ。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

杉咲花と妹役の子が好演。ラストでちょっとビックリ。そういう事だったのね…

グラスホッパー(2015年製作の映画)

3.0

鯨と蝉がメインのストーリーから浮いていて違和感。原作読んだのは9年前なので内容覚えてないが、伊坂幸太郎なので、さすがにそう言うことはなかったはず。出演者が無駄に豪華だが、シナリオとセットが色々チープ過>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

飛行機で鑑賞。実話に基づく話とのこと。とても面白かった。電子計算機登場以前、"computer"が計算を担当する人達の職種名だったと言うのを初めて知った。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.0

飛行機で鑑賞。どんでん返しもそんなに意外性無し。時差ボケもあって何度も寝てしまったせいかもしれないが…

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.3

飛行機で鑑賞。まずまず面白かったけど、これだけの3人集めたんだからもっと、と言う感じは否めず。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

飛行機で鑑賞。現代版ビッグブラザー。色々ちょっと端折り過ぎな感じで、ラストも今ひとつピンと来なかった。

の・ようなもの のようなもの(2015年製作の映画)

3.3

途中まで観て、公開時に観た「の・ようなもの」を観直した。お陰で、冒頭シーンに始まる、前作へのオマージュシーンが楽しめた。森田芳光作品でお馴染みの俳優達のカメオ出演も多数。エンドロールは主題歌だけでなく>>続きを読む

の・ようなもの(1981年製作の映画)

3.8

公開時に映画館で鑑賞。料金995円で、1000円出すと「ご縁」にかけた5円玉が入った小さな袋が貰えました。YMO「BGM」の歯ブラシとか(次のカットでジャケットが後ろに)、師匠が「ハンバーガー」の話を>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.8

掛け合い漫才の様な小ネタの連続。各エピソード共、ちゃんと伏線を回収していて気持ち良い。途中挿入されるアメリカオオコノハズクの姿に吹き出してしまった。
学校帰り、樫村さんに後ろから追いかけられたい…

第9地区(2009年製作の映画)

3.6

普通ならエイリアンの姿を見せるところまでを引っ張るところだが、この映画ではあっさりと見せてしまう。そこからが話の始まり。色々ツッコミどころはあるものの、意外と良かった。

チョコリエッタ(2014年製作の映画)

3.2

森川葵目当てで観たいと思ってが、Amazonのプライムに入ったので、ようやく鑑賞。長回し多用で、特に中盤のチョコのモノローグは圧巻。とは言え、尺がちょっと長すぎ。睡眠不足のせいもあるが、何度も寝てしま>>続きを読む

大人ドロップ(2013年製作の映画)

3.8

想いを行動に移せる彼らが眩しいが、自分の青春の時代は遥か昔。
橋本愛より、断然、小林涼子が光る。冒頭、渡辺大知がワンカット出て来たが、挿入歌と主題歌が黒猫チェルシーだった。

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.5

是枝裕和らしい作品。樹木希林になぜか自分の母を見た気がするのは、普遍的な日本の老母を演じていたからか。姪役に「ゴーイングマイホーム」の蒔田彩珠が出てたのは少し嬉しかった。

信長協奏曲(2015年製作の映画)

3.0

ドラマ放映時、続きは映画と言うのに、それは無いよと思っていたが、ようやく鑑賞。期待はしていなかったが、その通り…
柴咲コウの演技が大河の役そのまんま。

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.7

岩井俊二ワールド満載。最初の一時間、主人公のやることなすことにイライラ(黒木華は好きな女優さんです)。Coccoが出てきて漸く落ち着いて観られるようになった。チョイ役で野田洋次郎が出てきたのは少しビッ>>続きを読む

おと・な・り(2009年製作の映画)

3.8

やっぱり麻生久美子は良いなあ。エンドロールであの湖が宮ヶ瀬湖だと分かったので、今度行った時に確認してみたい。

僕達急行 A列車で行こう(2011年製作の映画)

3.6

昭和感満載のストーリー、セリフ、演出。やや過剰な効果音とBGMの小技が「の・ようなもの」を思い起こさせ、森田芳光らしいと思った。終盤、健太(瑛太)の着メロの種明かしが、さりげなく入ってたりするのが、ら>>続きを読む

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

3.9

公開された頃、飲み会の席で年配の方が最近観てお目白かった映画として話されて、それからずっと観たいと思っていた。重い話になるかと思ったら、そうでもなく救われた感じ。リリー・フランキーに共感したのは初めて>>続きを読む

福福荘の福ちゃん(2014年製作の映画)

3.6

大島美幸が男にしか見えないのが凄い。水川あさみはそんなに好きではなかったが、結構好きになった。脇役も味がある人ばかり。

モヒカン故郷に帰る(2016年製作の映画)

3.7

沖田修一監督らしい、トボけた笑い満載のホノボノとした作品。終盤、台所で包丁を使う後ろ姿で、もたいまさこが左利きである事を知るが、同じく左利きの前田敦子が魚を捌くシーンで包丁をどちらの手で持っていたか思>>続きを読む

トイレのピエタ(2015年製作の映画)

3.8

杉咲花は言うまでもなく、野田洋次郎が好演。「100万円の女達」の彼は今ひとつだけど… リリー・フランキーは相変わらず良い味。最初の頃のスケッチシーンの教室が、武蔵美っぽいと思ってたら、やはりそうだった>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.5

週末まで待ちきれず、仕事帰りに映画館へ。期待半分、所詮は第2弾と言う覚悟半分。ラストちょっとモヤモヤ残ったけど、良かった! Amazon primeにもあるので、一作目の予習は必須。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.8

日本公開時に渋谷のシネマライズで観たが、2を観る前におさらい。印象の強いシーンは部分的に覚えていたが、ストーリーをよく分かってなかった事を知る。自分にとってはユアン・マクレガーと言えばこの映画。ラスト>>続きを読む

さようなら(2015年製作の映画)

3.0

公開時にちょっと興味を引いていたが、今ひとつ。どうしてもチープな感じは否めない。「ほとりの朔子」の監督だったのね。

天地明察(2012年製作の映画)

3.3

原作既読。スタッフロールのキャストに原作者の名前があったが、どこに出てたのか分からず。

桜、ふたたびの加奈子(2013年製作の映画)

3.3

不安を煽る劇伴。何ともやりきれない重いテーマ。冒頭繰り返され、終盤に再び現れる○の形。ラスト、劇中に何度も出てくる知恵の輪が外れたような感覚になるが、果たしてそれは救いと言えるのか?

空中庭園(2005年製作の映画)

3.3

何とも薄ら気持ちの悪い話。小泉今日子が若いと思ってたら、12年も前の映画だった。

ハルチカ(2017年製作の映画)

3.3

自宅の目の前に中学校があり、週末はそこの吹奏楽部の練習の音が聞こえてくる。毎年、4月の新入生の基礎的な練習の音が目立つが、段々高度な曲になって行く。定番の曲だけでなく、流行りの曲も取り入れていて、飽き>>続きを読む

博士の愛した数式(2005年製作の映画)

3.3

高次脳機能障害により長期記憶がない人を扱った他の作品(「ガチ☆ボーイ」や「忘却探偵」シリーズ)では、話を単純化する為に「寝たらリセット」としていたが、80分間だけの記憶の場合、目の前にいる人をどう認識>>続きを読む

セーラー服と機関銃 卒業(2016年製作の映画)

3.0

リメイクではなく、その後の話と言う設定。橋本環奈は小さくて可愛いが、ちょっと何かが足りない感じ。その意味では、色々言われてる声は逆に悪くないと思う。「奇跡」と「殺人教室」を観ているので、今週末あたりに>>続きを読む

イン・ザ・ヒーロー(2014年製作の映画)

3.0

クライマックスは蒲田行進曲。唐沢寿明が若い頃スーツアクターをしていたと言うのは観てから知った。

>|