minoさんの映画レビュー・感想・評価

mino

mino

映画(438)
ドラマ(11)

ユ・ヨルの音楽アルバム(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

この人の顔クセになるなぁ....と思ったら、キム・ゴウンという名前なのね。ウンギョの人と同じかなぁと思ってだけど、同一人物でした。もう、覚えましたよ。この、ちょっと暗いとこが、いいんですわ。

ときど
>>続きを読む

マルモイ ことばあつめ(2018年製作の映画)

3.8

実にしんどい日本統治下の韓国のお話。
言葉を大事にしない国民は落ちぶれますぞ。

今の政治家のいい加減な言葉遣いが、ホントゆるせねーぜ。

さて、映画だ、ちょっとエンタメに寄せちゃって、割とうるさい。
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと序盤に油断してうつらうつらしてしまった。もう一度見ないともったいないな。

フレームがほとんど動かないので、ずっと淡々と。僕ら見るだけしかできないんだ、と思い知らされる。

上質な漫画を見たよ
>>続きを読む

パラダイス・ロスト(2019年製作の映画)

-

午後3:00からの鑑賞。

その前のビールとカツサンドですぐに眠たくなってしまった。

で、睡魔の完全勝利。

ほんのちょっとだけしか見れなかった。

たまに目を覚まして見ても、淡々としていて、映画と
>>続きを読む

プラネティスト(2018年製作の映画)

3.6

小笠原の海と山と人と。音楽をたっぷりあじわった。イルカ・くじらと遊びたい。一生に一度は行って見たい島。

雑木林と同じように、人が自然と暮らすためには、人の手が必要なんですね。

所々に残る戦争の残骸
>>続きを読む

破壊の日(2020年製作の映画)

-

直前にお昼食べてハイボール飲んでたから、ちょくちょく寝ちゃった。

もうちょっと意識を持って見ないとよくわかんないなぁ。目を覚ますといつも不穏な空気が流れてたみたい。

ということで評価保留。

もう
>>続きを読む

秘密のキッス(2014年製作の映画)

3.8

スペイン映画はなかなか見ませんが、ずいぶんオシャレでやんした。

ソルはまあ目がデカくて、魅力的です。毎日マニキュアの色が違うみたいに性格自体カラフルな女の子。ネガティブを抱えているから、その輝きが眩
>>続きを読む

シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

まあ、ありがちなお話ですわよ。ただし、めっちゃフランスっぽい。

人の病気や仕事をバカにして蔑んで見るのって、人間としてどうよって思うぜ。だからって、それに向かって云えなかった本音を思い切り言ってスッ
>>続きを読む

ブリット=マリーの幸せなひとりだち(2019年製作の映画)

4.8

まず、この映画は音楽が最高!
全編にわたって、過剰さのないジャストな選曲で映画を惹きたたせています。
アメリを初めて見たときの衝撃と、ローカルヒーローのほのぼの感が蘇ってきましたよ。

絶対サントラ買
>>続きを読む

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

3.5

なんの予備知識もなく録画を見ておりました。

ツンデレなお姉さん、なかなか素敵。どうしてもキャピキャピした華やかな子より影のありそうな子に惹かれちゃうのは、現実と一緒ですな(笑)

京都の通信制の大学
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

原作未読。

もう、痛い話すぎる。
思い出したくない若い時代の記憶が蘇る。

同じ靴だね。
違うよ。

二人乗りで自転車に乗るシーンの寂しいこと。
同じ靴。
違う靴。
本当に彼女に言っている?
独り言
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.5

思っていたより違和感なく見ました。実写よりいいかもね。ってか実写じゃ難しいか。

アリータのプロモーション映画ですね。ええ、それでいいんでしょうね。ストーリーは添え物程度でした。

昔の職場仲間の高橋
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2019年製作の映画)

2.8

結局、全部、言っちゃうんだ。
言葉でセリフで言っちゃうのね。

こぼれて滲み出てくる、言葉じゃ言えない何かが見たかったな。日本でリメイクしてんだからさ。

最後のいい話にまとめすぎなのもうーーーん。
>>続きを読む

ステップ(2020年製作の映画)

4.3

コロナで上映延期だったんですか?ちゃんと映画館で見ることができました。

橋、坂、交差点、何度も出てくる景色がその時々に違って見える。
子供も親も日々自分を更新している。

今から過去を振り返れば、良
>>続きを読む

ウンギョ 青い蜜(2012年製作の映画)

4.3

こういうの好きなんですわ。

もう、色々ともどかしいのです。

私はもう、大先生の方に年が近いのですが、コレはドキドキしますよね。いくら歳をとっても、汚らしいスキャンダルと罵られようが、ときめきはある
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.0

謎の失踪、父が追う。
しつこい。
ネットから嗅ぎつけてしつこく探る。
どこまでも気になる。納得いかない。

なんか違う、なんか違うぞ、なんか変なんだー!

妻は死別してもう長い。
あの子を育てたのは俺
>>続きを読む

ヒョンジェ〜釜山港の兄弟〜(2017年製作の映画)

2.5

どうして今の時代にこんなストーリーの映画を....。

と、いうぐらいレトロ感のある、どうでもいい感じのストーリー。コレじゃ救われない。くそったれすぎるぜ。

なんか、日本の任侠モノにかぶれた輩が作っ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

うーん、アレがcoolなわけね。

あの若さでジョナサン・リッチマンのエジプシャン・レゲエなんか聞くわけね。ダムドを最初から聞きたいわけなんだ。

ブライトンロックとか、お、渋いのきたー!!と思ったけ
>>続きを読む

SKIN/スキン(2019年製作の映画)

3.8

レイシスト集団は血の気が多い。仲間内でも殴り合い殺し合う。

ましてや敵以上に憎らしいのが転向した奴らだ。

もともと自分たちの存在意義が危うい。自らの組織を強固にするためには敵が必要だからだ。その敵
>>続きを読む

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

あの日、同日に爆破事件があったとは知らなんだ。

そりゃ、怖いでしょうな。

殺人にだって理由が欲しい。

犯人が何を目的に、何人で、誰を殺そうとしてるのか分からない。けど、巻き込まれてしまったら逃げ
>>続きを読む

きみと、波にのれたら(2019年製作の映画)

3.0

なんだかね、ポニョみたいに水がグニョグニョ、気持ちもモニョモニョなのね。

全編通して、うっすらと、「耳をすませば」みたいな感じも薫ってきますぜ。

信じる、守る、頑張る、みたいな循環って、もひとつ壊
>>続きを読む

女の機嫌の直し方(2019年製作の映画)

-

開始20分ぐらいでもうダメ。
私、辛抱足りません。

作為的で説明的それでこの音楽。厳しいなぁ。

美人が婚活してみたら(2018年製作の映画)

3.0

なんなんでしょうね。
いろいろこじれた青い服の女の話。

ほとんどドラマ、時々映画。

映画っぽい時は、なかなかやるなお主と思ってしまうけど、すぐにストーリーに引っ張られて説明的セリフが多くなってしま
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.5

若草物語読んだことありません。
アメリカの歴史よくわかりません。

最初のうち、時間が行ったり来たりしてよく分からなかったけど、だんだん馴染んできて、どんどんあの家族に引き込まれていきました。

病弱
>>続きを読む

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

3.2

おいら、もうダメだ。
歳を取りすぎたね。

後ろのカップルにはずいぶん受けてたけど、おいらそうそう笑ってられない。

子供たちの話だからって、ふざけてていいのかと思う。それも、下ネタばっかり。

おね
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.7

これは、リメイクして別の映画になれた稀有な例だと思う。

設定は引き継いでいるが、いろんなものをカットして、別の映画にしようとしている。それはいい選択だと思う。

脇役陣の堅さはいい感じ。警察っていう
>>続きを読む

グリーン・ライ 〜エコの嘘〜(2018年製作の映画)

-

最初寝ちゃいました、ごめんなさい。映画の評価はなしで。

前半パーム椰子の油の話だったんだね。多分。

この手の話はいつもセット。

作物(遺伝子組み換え+除草剤)→炭水化物過剰摂取→糖尿病その他生活
>>続きを読む

星屑の町(2020年製作の映画)

3.8

いわての久慈を舞台にしたローカルムービー。主演ののんは6年ぶりに実写で銀幕にカムバックなのだった。

俳優陣は豪華ですよ。お笑い系が多いけど脇役オールスターズって感じです。でんでんがいつ、牙を剥くのか
>>続きを読む

白い暴動(2019年製作の映画)

-

パンクの時代のイギリス。

たしか私は1977年にセックスピストルズの洗礼を受けたはず。(教育テレビでピストルズ見たけど、NHKではイギリスの様子を見た記憶がない)
当時のイギリスがこんなにネオナチと
>>続きを読む

his(2020年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

やられたー!

もう、迷惑な奴がいきなりきて、普通にズケズケ入ってくるの、もう、無理!って思ったよ。

でも、ダメやろうなのにどんどんいい感じに見えてくるからね。自分にはできない(したことのない)子ど
>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.2

映画でしたね。
実に映画。

踊る、走る、そのシーーンが説明要らずに映画です。

ストーリーは御都合的なところも多いのですが、まあ、いい。

で、あの女の子だれ?(パク・ヘスですって)
すごい可愛い。
>>続きを読む

21世紀の資本(2017年製作の映画)

-

寝ちゃったのでスコアなし。

映画で見る必要あったのだろうか?
何人かのインタビューは挟まるものの映像で伝わるものはほとんどなかったような。だから引き込まれなかったし、寝ちゃってたから、ちゃんと見てな
>>続きを読む

見えない目撃者(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

まずは中国版を。

イケメンさんが出てくるので、目の保養になりますた。しかし、動機がね。そんな執着でここまで面倒なことやりますかいな。

むりが後半にきてたたりました。無理に無理重ね過ぎたね。

刺さ
>>続きを読む

インスタント・ファミリー ~本当の家族見つけました~(2018年製作の映画)

4.0

子どもなしで仕事に打ち込み、もう40歳を過ぎちゃった夫婦が子ども欲しくなっちゃう話です。
今から妊活・出産となれば、可能性も低い上に老けた親になっちゃって、子どもの成長時にはもう結構な年になっちゃう、
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.3

鶴見辰吾のお父さんが昼から酒飲もうと言ったシーン。その時のお母さんの受けが普通で素晴らしい。

コレはもう、安心できるっていうサイン。

大事なことは教えない。
いつか自分で気づく。

ねらわれた学園(1981年製作の映画)

2.5

コロナ自粛明け最初の映画館鑑賞。たまたま時間があったので飛び込んだ。

この間、時をかける少女見たときはあらためていいなーと思ったけど、コレはいけません。全然、ときめかない。紙芝居を動画にしたような、
>>続きを読む

>|