maoさんの映画レビュー・感想・評価

mao

mao

映画(436)
ドラマ(0)

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

3.6

ありそう。アメリカならこんな実験本当にやってそうで怖い。
最後まで実態が見えないまま話が進むから、その命が雑に扱われてるのか、貴重に扱われてるのか紙一重。
そこに良心との葛藤からの、、、、。
ストーリ
>>続きを読む

聖者たちの食卓(2011年製作の映画)

4.8

素晴らしい。
BGMなし、ナレーションなしで1時間。
こんなに見入れるなんて。
インドすげぇ映画。

108~海馬五郎の復讐と冒険~(2019年製作の映画)

3.3

だいぶ前に観たからあんまり覚えてないけど、松尾スズキのやりたい放題。
って言う事だけは確かに覚えている。

ハウスシャーク(2017年製作の映画)

2.0

最高か!!
素晴らしいに尽きる。

ただ要らん所多過ぎて無駄に長い。
80分くらいでサクッと行って欲しかった事くらいで、後は最高の時間とお金の無駄遣いになりました。

月に囚われた男(2009年製作の映画)

3.9

単純に、純粋に、良かった。
生きたい気持ち、帰りたい気持ち、嬉しさ、悲しさ、やるせなさ。
何が現実で現実で無くて、いろいろ。
いい映画だ。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.6

ジャンル見てコメディなんや、と思って観たら大間違い。確かに要所要所笑けるところはある。
出だしのラドクリフ水上ジェット、中学レベルの下ネタばんばん。人間ポンプ飲む。などなど。
そして全部シュール。
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.9

原作を読んでたから流れと結末を思い出す様に鑑賞。
ただ原作を読んでたから流れと結末がわかっていたので、後半は睡魔との闘いの末、負けた。
でも原作を読んでいたから言える事は、とても面白い作品である。寝た
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

うん。
最近アホな映画しか観てなかったからか、なんだか新鮮な感じ。
ナチス、戦争がもろ背景にあるにも関わらず凄く優しくて可愛くて、ちょっぴり寂しい作品。
ジョジョ、オカンのスカーレット・ヨハンソン、ヒ
>>続きを読む

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.8

最強コンビですね。
良い奴ら。

チェーンソー制御出来ずに振り回してるシーンが良い。

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.5

設定からキャッチーでコミカルでただただ面白い。
香川さん最高。
堺雅人も広末涼子も荒川良々も流石の最高。

ヘルライド(2008年製作の映画)

2.6

期待薄からのタランティーノ期待でトライ。
うーん。
デニス・ホッパーの無駄遣い。
乳が良く出る映画でした。

スーパーティーチャー 熱血格闘(2018年製作の映画)

4.0

ドニー様と言うだけで加点。
スーパーティーチャーやわ。
僕も先生についていく。
ポイズン。

無敵のドラゴン(2019年製作の映画)

2.8

そもそもの設定が笑ける。
先生とやりそうでやらない。
マカオタワーでの死闘からのマックス・チャン高所恐怖症からの覚醒、バンジー死闘はやり過ぎててまた笑ける。
内容はほぼない。

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

3.5

スミス大量発生→メタルクウラ大量発生。
最後の決戦→デススター倒しに行く決戦。
プラスαトリニティーとのラブストーリー。

サスペクト 哀しき容疑者(2013年製作の映画)

4.1

全てはドンチョルの執念の凄さ。
政府組織の裏の極悪。
と真っ直ぐな大佐の漢らしさ。

北の工作員同士(敵同士)の駆け引きも一々見所。
助けてやりたいけど、殺さなきゃいけない。

キル・ビル Vol.1(2003年製作の映画)

4.8

10年以上振りに観直しました。
当時はタランティーノ?誰?ユマ・サーマン?は?くらいの感じで観てインパクトだけ残ってましたが。

改めると全部最高でした。
オープニング、挿入歌、エンディング、エンドロ
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.5

不気味で面白かったし、テーマも凄く良かった。
けど期待し過ぎたかもで、もう一つ抜き出ずあと一歩。
ゾッとする感じがもうちょい欲しかったです。ね。

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

4.4

ジョン・ウィック更にキレッキレ。
一人一人が超格好良い。
レイド組の敵役まで格好良いし、何より敵の癖してちゃんとジョン・ウィックを尊敬してる感が素敵。

ほぼ300 <スリーハンドレッド>(2008年製作の映画)

2.6

確かに【ほぼ300】ではありましたね。
ほぼ違う、とも言える。
もう無茶苦茶。やりたい放題。
そう言う意味では最高です。
ただ久々に時間の無駄でした。
いや、無駄なんて一つもない。と信じたい。

男たちの挽歌(1986年製作の映画)

4.4

男。いや漢。熱い。熱苦しいくらい熱い。
タイトル通り。期待通りの漢臭さ。
タクシー会社のボスですら熱い。
こんなにカッコよく生きれるでしょうか。

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

4.0

トリニティーとのSFラブアクション。
愛し合ってるのは良く分かった。
ネオの功夫が一段と強くなってる。
続きが楽しみてす。

ノーカントリー(2007年製作の映画)

4.1

はーん、そう終わりますか。
アメリカの映画であんまり出会わない感じのエンディング。

終始静かに迫り来る恐怖ですね。
バビエル・バルデムがいい感じに怖い。

マトリックス(1999年製作の映画)

4.0

今更ながら初めましてマトリックス。
こんなにも超SFだったのですね。
めっちゃおもろいやんか。
そら皆んな観るわ。
何で観てへんかったんやろ。

ターボキッド(2015年製作の映画)

4.0

最高やないか。
全員のどんくささ、キレの無さ。
純粋さ。

荒廃した地球で繰り広げられる壮大なSFヒーロースプラッター。
全員チャリンコはカッコつけてなくてマジでリアル。ガソリンなんか無いもんね。
>>続きを読む

FLU 運命の36時間(2013年製作の映画)

4.0

このタイミングでこのパンデミック感染物はやばやば。
少し前の作品なのに今現在の世界を物語ってる所がリアル過ぎて怖いし、作中やり過ぎな所もあるけど、実際それに近い所は多いにあると思うから更に怖い。

フルスロットル(2013年製作の映画)

3.8

アルティメットと同じやん、って思ってたらリメイクだったんですね。
どおりで同じ。

ダヴィッド・ベルのパルクールは相変わらず凄い。もっとアクション映画出て欲しい。
彼女可愛い。

ポール・ウォーカーも
>>続きを読む

ムカデ人間3(2014年製作の映画)

3.3

1観て何で観たんやろ。と思って。
2観て3は絶対観ーへん。と思って。
3〜4年経って忘れた頃に。
観てしまった。
まぁ二度と見返す事は無い作品ですね。
お腹一杯です。

何故か3のキャスト豪華。よく集
>>続きを読む

ゾンビーバー(2014年製作の映画)

3.8

久々に良い物観ましたね。
調子乗ったビッチが焦る姿って何であんなに楽しいのでしょうか。
人間がゾンビーバー化した前歯には圧巻。
エンディング素晴らしいです。
きっと作り手、現場は皆んな楽しかったでしょ
>>続きを読む

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

4.2

待ってましたネクストレベル。
安定感ありありですね。
ベースは同じでもしっかり飽きさせない面白さ、キャラ設定からの展開。
ジャックブラックはやっぱりベサ二ーじゃなきゃね。
マイロは最高です。

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

3.4

情報ゼロのジャケ&キャストでチョイス。
警察、マフィアで最近流行りの女性リベンジアクションかと思いきや、そうでもあるけど、そうでもない。

深い様な深く無い様な。
あり得る様なあり得へん様な。
100
>>続きを読む

ドラキュリアン(1987年製作の映画)

3.9

スタンドバイミー的スリラー。
いやスリラーでは無い。
ドラキュラもミイラも狼男もフランケンもギルマンも皆んな出て来る出て来るモンスターオンパレード。
そして皆んなのクオリティが良すぎず悪すぎず丁度良い
>>続きを読む

ファイナル・デッドコースター(2006年製作の映画)

3.5

日焼けはしたいけど、日焼けマシーンにだけは入らない様にしようと思う作品です。
最後の地下鉄のシーンが福知山脱線事故を連想させて日本公開延期…は確かにそらそうなる。
エキスポのジェットコースター事故もあ
>>続きを読む

>|