素晴らしき哉映画人生さんの映画レビュー・感想・評価

素晴らしき哉映画人生

素晴らしき哉映画人生

たにこゆうのようなもの。

映画(423)
ドラマ(27)

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.2

作品を通して、歪んだ家族像を提示し続けたポール・トーマス・アンダーソン。
最新作もきちんと歪んでます笑

異常な世界観ではあるが、ポール・トーマス・アンダーソンの演出やジョニーグリーンウッドの音楽、ダ
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

-

内容がほぼ旧約聖書でビビった。
こんなに宗教色の強い映画とは。
人間も猿も同じ歴史を繰り返すのですね。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

正直、あんまりハマらなかった。

80年代をどうせ体験するなら、自転車にまたがり、ラコステのポロシャツを着て、北イタリアの街を観光したいのです。

とは言いつつ、若者たちが当たり前のようにオーソン・ウ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

-

控えめに言って、エイナウディの音楽が最高すぎる。エイナウディとシガーロスの音楽は映画以上に映画的だから大好きです。
是枝監督の次回作の『万引き家族』は、細野晴臣さんだし、これまたサントラが楽しみだー。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

この映画が好きすぎて、観た後、ラコステのポロシャツを買ってしまいました。

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

-

『風立ちぬ』と『かぐや姫の物語』。
似たテーマでも宮崎駿と高畑勲それぞれの描き方は正反対。
でも、どちらも魅力的なのです。

パターソン(2016年製作の映画)

-

ハリウッドの大作映画ような作品をどんどん作ってしまうNetflixオリジナルに対して、Amazonスタジオは、作品数は少ないながらも、映画愛に満ちた作品を届けてくれるので好きなのです。リンチやポランス>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

-

20年経っても変わらない。昔のまま。
素敵なことだなァ。
ただ一つ変わった点をあげれば、ダニー・ボイルの映像センスが以前に増して、イカしてることかな?

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.2

ナ・ホンジンの新作以来、久しぶりの韓国映画。やっぱり凄いなぁ、と。

ラストは切なかったけど、もし作り手がセウォル号沈没事故を意識して制作しているのなら、あのラストはまだ希望のある終わり方なのかもなぁ
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

-

インフィニティ・ウォーの前に鑑賞してて良かった。こんなにつながるとは思わなかった。

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

-

期待値高めで鑑賞して、期待通りだった!
それって最高なことだけど、ひねくれ者だから、期待値以上であって欲しかったのです。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

10年間MCUを追いかけて良かったと心から思い、こんな気持ちになるくらいなら、一本も観なかった方が幸せだったんじゃ…と思う。
ただこんなにも複雑な心境なのに、これからもずっと追いかけたいのです。

ダークタワー(2017年製作の映画)

3.3

原作既読。
キングが生み出した世界観が映像化されて最高に嬉しいのだが、全7部にわたる超長編小説を90分にまとめてしまったため、内容が無い。。(このキャストのまま、原作を忠実に映像化すれば、きっとLOT
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

3.8

トッド・ヘインズとブライアン・セルズニックの監督・脚本コンビという最強の布陣(少なくとも僕にとっては)。
1927年と1977年という二つの時代を生きる少年・少女を描くにあたって、27年はモノクロ×サ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.7

往年のメロドラマ映画のオマージュでありながら、現代のアメリカ社会の風刺が存分に効いた傑作。最高に楽しかった。

口の聞けない女性と怪物とのラブストーリーという奇妙な物語だが、物語の中心にいるのは、女性
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.7

黒人をはじめとした人種や障がい者の差別、LGBTQやフェミニズムの課題と、現代のアメリカが抱える諸問題を、一本にギュッと詰めたような作品。

そんな闇の部分は理解できている一方で、解決するのが難しいだ
>>続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.8

・終末世界を生きること。
・ジョン・グッドマンとシェアハウス。
だけは、人生で経験したく無いや。

赤ひげ(1965年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

2018年一発目の作品は、黒澤明の『赤ひげ』。

胡麻麦茶のイメージが強すぎる本作…笑。

身体の病を治すのが、医者であれば、人々の精神の病を治すのは、私たち人間であると言うまっすぐな程の黒澤流人間賛
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.6

すんばらしい映画を観てしまった!
心に穴があいてしまった者同士にしか分からない絆。
作品内では十分な程、説明はされないが、されないからこそ生まれる静寂によって、何故か満たされた気分になる。不思議な感覚
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

これは傑作!

ヴィルヌーヴは前作の『メッセージ』を見て、商業監督になりつつあるのか、と悲しかったが、人間のエゴイズムを描き続ける姿勢は変わってないみたい。良かった〜。

前作では、デッカードという一
>>続きを読む

マネーモンスター(2016年製作の映画)

-

ジョージ・クルーニーのダサいダンスシーンが始まり、見たことを後悔してたけど、物語が進むに連れ、格差社会、情報社会といったアメリカの現代の社会問題が浮き彫りになっていく。面白い!
今作が制作されたのは、
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.3

『ラ・ラ・ランド』の方が、間違いなく観ていて楽しいのだけど、本作ほど、大切にしたいな、と思う映画も珍しい。この映画がいつか社会派映画と呼ばれなくなる日が来ることを願うばかり。

>|